検索結果 51 件中 1 件 〜 50 件 "店棚"
  1. 2020032509093

    NYC CORONAVIRUS Coronavirus outbreak in New York City A bottle of hydroxychloroquine 200 mg tablets sits on a pharmacy store shelf in Salem, New York on Monday, March 23, 2020. Hope has emerged for COVID-19 and Coronavirus around two anti-malaria drugs: chloroquine, discovered in 1934, and a derivative of it called hydroxychloroquine that is thought to have less severe side effects. The CDC is operating tests on these and other drugs to combat the Coronavirus pandemic. UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  2. 2020032509294

    NYC CORONAVIRUS Coronavirus outbreak in New York City A bottle of hydroxychloroquine 200 mg tablets sits on a pharmacy store shelf in Salem, New York on Monday, March 23, 2020. Hope has emerged for COVID-19 and Coronavirus around two anti-malaria drugs: chloroquine, discovered in 1934, and a derivative of it called hydroxychloroquine that is thought to have less severe side effects. The CDC is operating tests on these and other drugs to combat the Coronavirus pandemic. UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  3. 2018110130939

    Demise of Toys R Us creates retailing opportunities Demise of Toys R Us creates retailing opportunities Mattel‘s Barbie and other toys in a KMart store in Herald Square in New York on Tuesday, October 30, 2018. With the demise of Toys R Us retailers are jockeying to get a piece of the estimated $27 billion toy pie. Analysts predict that despite the loss of the major player consumers will now have even more places to spend their money. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  4. 2018110130935

    Demise of Toys R Us creates retailing opportunities Demise of Toys R Us creates retailing opportunities The toys and Christmas merchandise in a KMart store in Herald Square in New York on Tuesday, October 30, 2018. With the demise of Toys R Us retailers are jockeying to get a piece of the estimated $27 billion toy pie. Analysts predict that despite the loss of the major player consumers will now have even more places to spend their money. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  5. 2018110130876

    Demise of Toys R Us creates retailing opportunities Demise of Toys R Us creates retailing opportunities The toys and Christmas merchandise in a KMart store in Herald Square in New York on Tuesday, October 30, 2018. With the demise of Toys R Us retailers are jockeying to get a piece of the estimated $27 billion toy pie. Analysts predict that despite the loss of the major player consumers will now have even more places to spend their money. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  6. 2018110130877

    Demise of Toys R Us creates retailing opportunities Demise of Toys R Us creates retailing opportunities The toys and Christmas merchandise in a KMart store in Herald Square in New York on Tuesday, October 30, 2018. With the demise of Toys R Us retailers are jockeying to get a piece of the estimated $27 billion toy pie. Analysts predict that despite the loss of the major player consumers will now have even more places to spend their money. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  7. 2014033100922

    「帰還か、新たな生活か」 都路に開店予定の商店  福島県田村市都路地区に開店予定の仮設商店。棚にはこれから商品の陳列が始まる=31日 「大型サイド」福島の避難指示初の解除

  8. 1993091300033

    ”自然”昔の味に回帰 「経済ウイークリー」  店棚に並んだ数多くの食卓塩=東京都内のスーパー 平5国内 11328

  9. 2017080201310

    清水の土産物店  京都市東山区中部、清水寺に至る五条坂一帯は、坂が多く登り窯に適し、清水焼の産地である。また、京人形は京都各地で作られたが、特に京極の東、四条で多く作られ、また五条橋の西でもやや粗悪なものが作られていた。写真は、三年坂の土産物店で、「清水名産錦人形仕入所」「陶器売捌所」の看板をかかげ、軒先一杯まで道に張り出した台の上には、商品がぎっしりと並べられている。陶器店の売り台の横に子供が立っている。=明治後期、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐35‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  10. 2017081600801

    浅草通り  2276と同様に仲見世入口(現雷門のある位置)から北に向いて写している。雷門から仁王門の間に並ぶ商店街を仲見世という。発端は近くの住民に浅草寺の清掃を頼んだ見返りに出店を許可したもの。明治18年(1885)12月に銀座煉瓦街の影響を受けて煉瓦造りとなった。明治29年(1896)撮影と思われる。=1904(明治37)年、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐99‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  11. 2017080902690

    乾物屋  乾物屋の店先である。乾し鮭や昆布と共に様々な乾物が並べてある。鰹節処松坂商店の看板が掛けられている。横の看板は、「たこ」神奈川県特約大販売とある。=明治中期、神奈川、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号43‐9‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  12. 2017081501809

    蕎麦を食べる家族  これが蕎麦とは?ずいぶん太い。「蕎麦切り」のすっきりとした味とイキな感じが江戸趣味。籐火鉢を前にチョンマゲ頭の父親、まだまだ文明開化の散切頭とはいかないらしい。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐1‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  13. 2017081401529

    荒物屋  手提げ桶や手水桶が山と積まれた店先。軒先に小さな篭が串刺しに吊り下げられている。竹製の物入れ篭や一斗ショウケなども見られる。印袢纒の定員と頭巾を被った客が商談中で、それを見まもる小僧さんたちの風景。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐44‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  14. 2017081401335

    小間物屋  大きな屋内の小間物売場と思われる。日の丸の扇子、左三つ巴紋の小太鼓や作り花が背後の壁面に並べられ、色紙など小物が店いっぱいに要領よく並べられている。踊りの小道具か香などを売る店と思われる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号83‐3‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  15. 2017080902349

    塗物店  漆器を売る店。日本の漆器は中国の陶磁器と並んで、ヨーロッパでは名声が高く、ジャパンと呼ばれるほどである。中世以降、庶民の日常品にも用いられ、輪島塗りをはじめとして全国各地に産地が形成された。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐85‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  16. 2017081401151

    八百屋  小さな野菜屋である。竹篭に入れられた薩摩芋や根菜類が並べられている。大八車に米俵を積んだまま寄り掛かる人も見られるが、急ごしらえの店のようにも思われる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐92‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  17. 2017081400812

    骨董屋  算盤を手に商談中の古道具屋の店先風景。火鉢に手あてている人が客か。畳の間には、甲冑・仏具・刀剣・時計・角盆・葵の紋の入った小箪笥と掛け軸や色絵磁器が見られる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐16‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  18. 2017080200977

    亀戸天神の山門と藤棚  左手の茶屋は心字池の上にせり出していて、 そこで花見をしながら憩うことができた。 本堂に向かう道の先には太鼓橋。=撮影年月日不明、東京、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐17‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  19. 2017080201147

    江ノ島  相模湾の小島である江ノ島は古くから霊場として信仰を集めたが、江戸時代以降、庶民の間でも参詣が流行した。横浜開港後はこの島を訪れる外国人も多くなった。江ノ島、金沢、丹沢山中の宮ヶ瀬が外国人に好まれた三大行楽地であった。=撮影年月日不明、江ノ島、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐3‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  20. 2017080201792

    傘張り  和傘を干している風景。和傘は、竹骨に和紙を貼り、色を塗り、文字・模様を書き、油を塗って作る。傘には蛇の目傘・番傘・大黒傘等の種類があり、その需要は多く、また張り替え需要も多かった。そのため、傘屋は町内に必ず1、2軒は存在した。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐46‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  21. 2017080201377

    煙管屋  刻み煙草を詰めて吸う道具を煙管というが、語源はカンボジア語で管を表すクシェル(khsier)だとされる。煙草を詰める雁首、煙道である羅宇(ラオ)、吸い口の3部分からなる。写真の店は、煙管に限らず、喫煙具一般を扱っている。大正以降、紙巻煙草の需要が増し、煙管は遺物化している。=明治中期、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号13‐15‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  22. 2017080400583

    呉服屋  呉服屋の店先に座り呉服を手にとってみている女性。その向かいには女中らしい若い女性が座っている。店には2人の店員が座っており、背後には反物が一面に吊されている。(整理番号31-62と同じ)=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐70‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  23. 2017080200748

    横浜本町通り  英語で「本町通り(メインストリート)、横浜」と印刷されている。日本人市街のメインストリート、本町通りを撮影している。商家の構えは重厚であり、往時の財力をうかがわせている。路端には大八車が無造作におかれている。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号3‐4‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  24. 2017080902331

    善光寺参道  善光寺の仁王門へと続く通りに沿って立ち並ぶ、門前町の町並み。現在の仁王門は大正7年(1918)に再建されたもので、高村光雲らの手による仁王像などが納められている。=撮影年月日不明、長野、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐84‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  25. 2017080902258

    呉服屋  呉服屋の店先に座り呉服を手にとってみている女性。その向かいには女中らしい若い女性が座っている。店には2人の店員が座っており、背後には反物が一面に吊されている。(No.1166と同じ、ただし上下、左右が少しカットされている)=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐62‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  26. 2017080200799

    芝公園杉並木と茶店  明治6年に太政官布達によって指定された日本最古の公園の一つ。 戦後の政教分離までは増上寺の境内も含んでいた。 茶店は参拝客がくつろぐ場所だったのだろう。=撮影年月日不明、東京、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号4‐7‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  27. 2017082400705

    陶器屋  奥の出入口に小僧さんが、左手の棚の前に主人が座る。それぞれの店が工夫を凝らして店先にやきものを展示している様子がうかがわれる。品物は色柄と器の種類によって産地も異なるが、それが店の特色となっている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号77‐45‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  28. 2017080903386

    古道具屋  古道具屋は日用品から骨董品まで幅広く取り扱った。この写真には刀や甲冑などの武具や壷など価値の高そうなものが並んでいる。主人と思しき人物が羽織を着て算盤をはじいている。典型的な商人の装束である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐10‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  29. 2017080200976

    篭店  藁(わら)屋根の店先には大小さまざまの竹篭や竹細工品が並べられている。左の軒には藁草履も売られている。=明治中期、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号7‐47‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  30. 2017082400303

    路上の古道具売り  古道具の露地商いの様子。道端に茣蓙を敷いて、鉢など瀬戸物から柳行季・瓶子・漆器・刀など古物雑貨を売っている。主人は丹前を着て、煙管を手に持つ。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号69‐28‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  31. 2017080201737

    羽子板屋  露天の羽子板屋。間口を広くとり、羽子板を5段に並べて売っている。店前には3人の男が椅子に座って、こちらを見ている。男たちは手拭を頭にまいたり、頬被りをし、左と右の2人の男は煙管を右手に持っている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐48‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  32. 2017080201794

    荒物屋  荒物屋とは、日用雑貨を売る店のこと。この店には、軒下に金属製の鍋や釜が見える。鉄製の鍋や釜が登場するのは意外と古く古代からであるが、一般に普及するのは中世以降である。使用される日用雑貨は、その時代の生活スタイルと共に変化するが、雑然と商品が並べられている荒物屋の様は、今も変わらない。=明治元年、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐45‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  33. 2017080201598

    石灯篭と茶屋  茶屋の意味するところは多である。単に茶葉を売る店から、茶を飲ませる茶店、劇場近くの芝居茶屋、相撲茶屋、遊里の引手茶屋、料理茶屋、そして庭園内の茶室という具合である。写真は、建物の作り、規模からして、どこかの料理茶屋を庭から見たものであろう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐50‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  34. 2017082200868

    中山道桜沢の茶店  中山道の宿駅(詳細不明)の茶屋の様子であろう。道の両側に沿って多くの店が軒を並べている。右手には、休息中の旅人の姿も見える。=撮影年月日不明、長野、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号38‐30‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  35. 2017081401495

    下駄屋  数種類の下駄、草履、それらの鼻緒類をとりそろえた下駄屋の店先。向かって右端がこの店の主人、中央がその妻、左端は見習いの弟子であろうか。店には番傘もおいて商っているようだ。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐45‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  36. 2017081401555

    旧東海道神奈川宿  旧神奈川宿の台町を東から西方向に撮影したものであろう。宿場時代の面影を伝える写真である。左手の家並みの裏手の崖下は、袖ヶ浦と呼ばれる海で、江戸時代には風光明媚なことで知られた。右手の丘は高島台、坂を上り詰めた辺りに、明治4年(1871)まで関門が置かれていた。=撮影年月日不明、神奈川、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐21‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  37. 2017082400655

    古道具屋  甲冑、槍、刀、弓、陣笠や陣羽織などの武具や、大皿、壷など、価値の高そうな品々が並べられている。これらの品々には、没落武士たちが生活のために売り払ったものも多いと考えられる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号77‐40‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  38. 2017080201048

    玩具店  おもちゃという言葉は、「手に持って遊ぶもの」という意味の言葉を語源にしている。金銭でおもちゃを買って与えるようになったのは、比較的新しく近世になってからのことである。明治に入っても、専門の玩具店は極めて少なかった。写真の玩具店には、でんでん太鼓に刀、弓、面といった昔懐かしいおもちゃが並んでいる。=明治中期、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐41‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  39. 2017080201014

    篭店  屋根に通した竹の棒に商品である笊類を吊るしたり、屋根に乗せてしまっているのが興味深い。恐らく、写真右側に立てかけてある竹の棒を使って、上げ下ろししたのだろう。また、この店には、竹製品の他に、桶や三方の類まで置いている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐40‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  40. 2017081002410

    古道具屋  古道具屋は日用品から骨董品まで幅広く取り扱った。ここの店には、釜や手桶、瓶、箪笥、長持などの日用品が並んでいる。品定めをしている人物は草履を履き手拭を被り、店側の人間は鉢巻をしている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐131‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  41. 2017081401209

    陶器屋  右手棚の前に主人が座り、その後ろから小僧さんが顔を出している。店先の土間に甕類が積み上げられ、手前には皿類が並べられている。棚にはびっしりと皿類が見える。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号79‐47‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  42. 2017081401200

    荒物屋  鉢巻きをした男性店員二人。売り物は、お櫃・大小の箪笥類・羽釜・桶など。左手の箱は膳椀など揃いを入れるもの。右端に大太鼓が見られる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐91‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  43. 2017081401506

    陶器屋  店の子供と思われる3人が写る。その後で算盤を入れているのは店番の小僧さんか。手前に茶碗類が、奥の棚にも茶碗類がぎっしりと積まれている。軒下には大鉢が見える。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号83‐11‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  44. 2017080902858

    商店街の看板  全国的に有名になった道頓堀の「カニ」の例を出すまでもなく、大きな看板・広告によって他店よりも目立とうとする商法は、今も昔もかわらぬ大阪商人の伝統なのであろうか。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐72‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  45. 2017081400902

    横浜の商家  『ファー・イースト』1872年3月1日号に同一の写真が掲載されており、横浜の日本人街にある「芸州屋敷」と説明されている。また、元松平安芸守の御用商人が所有する典型的な日本家屋との説明もある。こうした櫓屋敷は、江戸時代にも日本橋界隈でみられた。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐47‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  46. 2017081401330

    八百屋  正面に中身が赤く熟れた大きなスイカが切り売りされている。定価表が付いて、胡瓜・玉蜀黍・蕪・生姜などが売られている。手前の桶は漬物かもしれない。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号83‐4‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  47. 2017081401337

    荒物屋  似たような家財道具屋が並ぶ店先。店主と思われる帽子に鉢巻きをした男性と物色中の男性が写る。二階の軒下には大きな活け篭が吊されている。売り物は、手提げ桶・羽釜・壷類を売る。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号83‐10‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  48. 2017081400862

    呉服屋  店員が客に反物を見せている。後ろには反物が掛けられ、帳場の中では帳面をつけるためか耳に小筆をはさんだ男性が算盤をはじいている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号89‐17‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  49. 2017080201735

    しめ飾り屋  注連縄は神聖な場所であることを示すために張る縄で、藁を左撚りに撚ったもの。各家庭では、屋内の神棚に張るほか、正月には年神がきていることを示すために家の周りに張り巡らした。輪注連はこれを簡略化したもので、門や屋敷の入り口に門注連として飾る。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐42‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  50. 2017080201217

    楠公寺  湊川の戦いで戦死した楠木正成の菩提寺で、正式名称は広厳寺。本殿に続く石畳の道の両側に、多数の出店が並んでいるようすが写し出されている。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号10‐28‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像