検索結果 383 件中 1 件 〜 50 件 "建築面積"
  1. 2020112709637

    開業に向け建設進む京雄都市間鉄道雄安駅  22日、建設が進む京雄都市間鉄道雄安駅。中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅は、建築面積47万5200平方メートルで、北京駅6個分に相当する。総投資額は約80億元(1元=約16円)。同駅は現在も建設が進んでおり、年末の開業を予定している。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020112709368

    開業に向け建設進む京雄都市間鉄道雄安駅  19日、建設が進む京雄都市間鉄道雄安駅。中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅は、建築面積47万5200平方メートルで、北京駅6個分に相当する。総投資額は約80億元(1元=約16円)。同駅は現在も建設が進んでおり、年末の開業を予定している。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020112709639

    開業に向け建設進む京雄都市間鉄道雄安駅  18日、建設が進む京雄都市間鉄道雄安駅の夜景。中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅は、建築面積47万5200平方メートルで、北京駅6個分に相当する。総投資額は約80億元(1元=約16円)。同駅は現在も建設が進んでおり、年末の開業を予定している。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020112008772

    戦国時代の建築部材の魅力に迫る河北省易県博物館  16日、易県博物館で展示されている燕下都遺跡出土の建築部材。中国河北省保定市易県にある易県博物館は、建築面積4100平方メートル。戦国時代の燕の都城跡「燕下都遺跡」から出土した棟瓦や板瓦、筒瓦、瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)など陶製建築部材を数多く展示しており、中でも瓦当の装飾は精緻で美しい。中国神話上の怪物を文様にした饕餮文(とうてつもん)瓦当は燕国特有で、燕の文化や中国の古代建築史を研究する上で貴重な資料となっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020112008774

    戦国時代の建築部材の魅力に迫る河北省易県博物館  16日、易県博物館で展示されている双竜饕餮文瓦当。中国河北省保定市易県にある易県博物館は、建築面積4100平方メートル。戦国時代の燕の都城跡「燕下都遺跡」から出土した棟瓦や板瓦、筒瓦、瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)など陶製建築部材を数多く展示しており、中でも瓦当の装飾は精緻で美しい。中国神話上の怪物を文様にした饕餮文(とうてつもん)瓦当は燕国特有で、燕の文化や中国の古代建築史を研究する上で貴重な資料となっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020112008716

    戦国時代の建築部材の魅力に迫る河北省易県博物館  16日、易県博物館で展示されている山形饕餮文瓦当。中国河北省保定市易県にある易県博物館は、建築面積4100平方メートル。戦国時代の燕の都城跡「燕下都遺跡」から出土した棟瓦や板瓦、筒瓦、瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)など陶製建築部材を数多く展示しており、中でも瓦当の装飾は精緻で美しい。中国神話上の怪物を文様にした饕餮文(とうてつもん)瓦当は燕国特有で、燕の文化や中国の古代建築史を研究する上で貴重な資料となっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020112601012

    戦国時代の建築部材の魅力に迫る河北省易県博物館  16日、易県博物館で展示されている双竜背項饕餮文瓦当。中国河北省保定市易県にある易県博物館は、建築面積4100平方メートル。戦国時代の燕の都城跡「燕下都遺跡」から出土した棟瓦や板瓦、筒瓦、瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)など陶製建築部材を数多く展示しており、中でも瓦当の装飾は精緻で美しい。中国神話上の怪物を文様にした饕餮文(とうてつもん)瓦当は燕国特有で、燕の文化や中国の古代建築史を研究する上で貴重な資料となっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020112709680

    開業に向け建設進む京雄都市間鉄道雄安駅  5日、建設が進む京雄都市間鉄道雄安駅。中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅は、建築面積47万5200平方メートルで、北京駅6個分に相当する。総投資額は約80億元(1元=約16円)。同駅は現在も建設が進んでおり、年末の開業を予定している。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020092303553

    蘇州高新区に省内初の「ヘリ5S店」を開設江蘇省蘇州市  蘇州捷徳航空技術の「ヘリ5S店」の一部。(資料写真)中国江蘇省蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)総合保税区はこのほど、エアバス「H225」などのヘリコプターの継続的な導入に伴い、世界のプライベートジェットに各種サービスを提供する「ヘリ5S店」を同保税区内に開設したことを明らかにした。「ヘリ5S店」の開設は、同省で初めてとなる。「H225」はエアバス製ヘリコプターの中で離陸重量が最大の機体の一つで、高性能、多用途、積載量が大きいという特長を持つ。新機の価格は2億元(1元=約16円)超で、客席の定員は24人。同機は蘇州捷徳航空技術が輸入した。省内初の「ヘリ5S店」でヘリコプター複合体事業となる同社の蘇州基地は、総建築面積2万3千平方メートル、今年第4四半期(10~12月)に運用開始を予定している。(蘇州=新華社配信/施為)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020092303483

    蘇州高新区に省内初の「ヘリ5S店」を開設江蘇省蘇州市  10日、蘇州ハイテク産業開発区総合保税区に輸送されるエアバスヘリ「H225」。中国江蘇省蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)総合保税区はこのほど、エアバス「H225」などのヘリコプターの継続的な導入に伴い、世界のプライベートジェットに各種サービスを提供する「ヘリ5S店」を同保税区内に開設したことを明らかにした。「ヘリ5S店」の開設は、同省で初めてとなる。「H225」はエアバス製ヘリコプターの中で離陸重量が最大の機体の一つで、高性能、多用途、積載量が大きいという特長を持つ。新機の価格は2億元(1元=約16円)超で、客席の定員は24人。同機は蘇州捷徳航空技術が輸入した。省内初の「ヘリ5S店」でヘリコプター複合体事業となる同社の蘇州基地は、総建築面積2万3千平方メートル、今年第4四半期(10~12月)に運用開始を予定している。(蘇州=新華社配信/施為)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020092303469

    蘇州高新区に省内初の「ヘリ5S店」を開設江蘇省蘇州市  10日、ヘリコプターを調べる蘇州税関駐虎丘弁事処の職員。中国江蘇省蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)総合保税区はこのほど、エアバス「H225」などのヘリコプターの継続的な導入に伴い、世界のプライベートジェットに各種サービスを提供する「ヘリ5S店」を同保税区内に開設したことを明らかにした。「ヘリ5S店」の開設は、同省で初めてとなる。「H225」はエアバス製ヘリコプターの中で離陸重量が最大の機体の一つで、高性能、多用途、積載量が大きいという特長を持つ。新機の価格は2億元(1元=約16円)超で、客席の定員は24人。同機は蘇州捷徳航空技術が輸入した。省内初の「ヘリ5S店」でヘリコプター複合体事業となる同社の蘇州基地は、総建築面積2万3千平方メートル、今年第4四半期(10~12月)に運用開始を予定している。(蘇州=新華社配信/施為)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020092303466

    蘇州高新区に省内初の「ヘリ5S店」を開設江蘇省蘇州市  10日、蘇州捷徳航空技術の蘇州基地にある管制塔。中国江蘇省蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)総合保税区はこのほど、エアバス「H225」などのヘリコプターの継続的な導入に伴い、世界のプライベートジェットに各種サービスを提供する「ヘリ5S店」を同保税区内に開設したことを明らかにした。「ヘリ5S店」の開設は、同省で初めてとなる。「H225」はエアバス製ヘリコプターの中で離陸重量が最大の機体の一つで、高性能、多用途、積載量が大きいという特長を持つ。新機の価格は2億元(1元=約16円)超で、客席の定員は24人。同機は蘇州捷徳航空技術が輸入した。省内初の「ヘリ5S店」でヘリコプター複合体事業となる同社の蘇州基地は、総建築面積2万3千平方メートル、今年第4四半期(10~12月)に運用開始を予定している。(蘇州=新華社配信/施為)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020092303565

    蘇州高新区に省内初の「ヘリ5S店」を開設江蘇省蘇州市  10日、蘇州ハイテク産業開発区総合保税区の大型保税格納庫に駐機するエアバスのヘリコプター「H225」。中国江蘇省蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)総合保税区はこのほど、エアバス「H225」などのヘリコプターの継続的な導入に伴い、世界のプライベートジェットに各種サービスを提供する「ヘリ5S店」を同保税区内に開設したことを明らかにした。「ヘリ5S店」の開設は、同省で初めてとなる。「H225」はエアバス製ヘリコプターの中で離陸重量が最大の機体の一つで、高性能、多用途、積載量が大きいという特長を持つ。新機の価格は2億元(1元=約16円)超で、客席の定員は24人。同機は蘇州捷徳航空技術が輸入した。省内初の「ヘリ5S店」でヘリコプター複合体事業となる同社の蘇州基地は、総建築面積2万3千平方メートル、今年第4四半期(10~12月)に運用開始を予定している。(蘇州=新華社配信/施為)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020082401111

    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市  19日、中国建築科技館の外観。(小型無人機から)中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020082400985

    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市  19日、中国建築科技館を見学する来場者。中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020082401001

    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市  19日、中国建築科技館で新型コロナウイルス感染患者を専門的に受け入れた、火神山医院と雷神山医院の建設に関する記録を見る来場者。中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020082401031

    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市  19日、中国建築科技館を見学する来場者。中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020082401022

    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市  19日、中国建築科技館を見学する来場者。中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020082400834

    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市  19日、中国建築科技館を見学する来場者。中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020082401108

    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市  19日、中国建築科技館で佛光寺東大殿の構造模型を見学する来場者。中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020082401036

    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市  19日、中国建築科技館で上海世界博覧会(上海万博)の英国館の模型を見学する来場者。中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020082401030

    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市  19日、中国建築科技館で新型コロナウイルス感染患者を専門的に受け入れた、火神山医院と雷神山医院の建設に関する記録を見る来場者。中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020082400917

    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市  19日、中国建築科技館で新型コロナウイルス感染患者を専門的に受け入れた火神山医院と雷神山医院の内部構造を示した模型を見る来場者。中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020081700825

    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市  7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020081700658

    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市  7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村の一角。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020081700659

    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市  7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村の一角。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020081700673

    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市  7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020081700752

    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市  7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村の一角。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020081700660

    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市  7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020081700678

    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市  7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020081700838

    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市  7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020081700499

    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市  7日、抓吉ホーチョ族村にあるホーチョ民俗展示館。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020081700742

    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市  7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020070611715

    中国ラオス鉄道のビエンチャン駅が着工  3日、中国ラオス鉄道ビエンチャン駅の建設現場。ラオスの首都ビエンチャンのサイタニー郡で3日、中国ラオス鉄道ビエンチャン駅の起工式が行われた。同鉄道は駅建設の段階に入った。同駅はプラットホーム4面7線と予備プラットホーム2面3線が建設される。建築面積は1万4543平方メートルで、乗降客の最大収容人数は2500人。中国の中鉄建設集団が建設を請け負う。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020070611729

    中国ラオス鉄道のビエンチャン駅が着工  3日、起工式を終え記念撮影する中国の建設関係者。ラオスの首都ビエンチャンのサイタニー郡で3日、中国ラオス鉄道ビエンチャン駅の起工式が行われた。同鉄道は駅建設の段階に入った。同駅はプラットホーム4面7線と予備プラットホーム2面3線が建設される。建築面積は1万4543平方メートルで、乗降客の最大収容人数は2500人。中国の中鉄建設集団が建設を請け負う。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020070611732

    中国ラオス鉄道のビエンチャン駅が着工  3日、ビエンチャン駅建設に使用される建設機械。ラオスの首都ビエンチャンのサイタニー郡で3日、中国ラオス鉄道ビエンチャン駅の起工式が行われた。同鉄道は駅建設の段階に入った。同駅はプラットホーム4面7線と予備プラットホーム2面3線が建設される。建築面積は1万4543平方メートルで、乗降客の最大収容人数は2500人。中国の中鉄建設集団が建設を請け負う。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020070611701

    中国ラオス鉄道のビエンチャン駅が着工  3日、ビエンチャン駅建設で使用される建設機械。ラオスの首都ビエンチャンのサイタニー郡で3日、中国ラオス鉄道ビエンチャン駅の起工式が行われた。同鉄道は駅建設の段階に入った。同駅はプラットホーム4面7線と予備プラットホーム2面3線が建設される。建築面積は1万4543平方メートルで、乗降客の最大収容人数は2500人。中国の中鉄建設集団が建設を請け負う。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020070611731

    中国ラオス鉄道のビエンチャン駅が着工  3日、雨天に行われた起工式に出席する中国の建設関係者。ラオスの首都ビエンチャンのサイタニー郡で3日、中国ラオス鉄道ビエンチャン駅の起工式が行われた。同鉄道は駅建設の段階に入った。同駅はプラットホーム4面7線と予備プラットホーム2面3線が建設される。建築面積は1万4543平方メートルで、乗降客の最大収容人数は2500人。中国の中鉄建設集団が建設を請け負う。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020070611754

    中国ラオス鉄道のビエンチャン駅が着工  3日、雨天に行われた起工式に出席する中国の建設関係者。ラオスの首都ビエンチャンのサイタニー郡で3日、中国ラオス鉄道ビエンチャン駅の起工式が行われた。同鉄道は駅建設の段階に入った。同駅はプラットホーム4面7線と予備プラットホーム2面3線が建設される。建築面積は1万4543平方メートルで、乗降客の最大収容人数は2500人。中国の中鉄建設集団が建設を請け負う。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020070611820

    中国ラオス鉄道のビエンチャン駅が着工  3日、ビエンチャン駅を紹介する看板の前を通り過ぎる作業員。ラオスの首都ビエンチャンのサイタニー郡で3日、中国ラオス鉄道ビエンチャン駅の起工式が行われた。同鉄道は駅建設の段階に入った。同駅はプラットホーム4面7線と予備プラットホーム2面3線が建設される。建築面積は1万4543平方メートルで、乗降客の最大収容人数は2500人。中国の中鉄建設集団が建設を請け負う。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020070611583

    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市  天津イタリア街にある中国の有名な書家、華世奎(か・せけい)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020070611595

    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市  天津イタリア街にある清末、中華民国の軍人、湯玉麟(とう・ぎょくりん)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020070611661

    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市  天津イタリア街にある清末民初のジャーナリスト、政治家、梁啓超(りょう・けいちょう)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020070611747

    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市  天津イタリア街にある実業家、楊豹霊(よう・ひょうれい)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020070611591

    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市  天津イタリア街にある中華民国の政治家、程克(てい・こく)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020070611736

    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市  天津イタリア街にある「中国の原子力の父」と称される核物理学者、盧鶴紱(ろ・かくふつ)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020070611592

    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市  天津イタリア街にある中華民国時代のジャーナリスト、劉髯公(りゅう・ぜんこう)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020070611582

    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市  天津イタリア街にある中国の劇作家、曹禺(そう・ぐう)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修築を行った。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020070611669

    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市  天津イタリア街にある清末、中華民国の政治家、龔心湛(きょう・しんたん)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020062508242

    カンゼ・チベット族自治州博物館を訪ねて四川省  21日、博物館内に置かれた彫刻「康巴児女」。中国四川省西部、青海チベット高原の南東端に位置する甘孜(カンゼ)チベット族自治州は、悠久の歴史と輝かしい文化を持つ、「康巴(カンパ)文化」発祥の地の一つ。カンゼ・チベット族自治州博物館は同自治州康定市にあり、敷地面積は1万8500平方メートルで、建築面積は1万2043平方メートル、宗教などに関する多数の文化財を収蔵している。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像