検索結果 82 件中 1 件 〜 50 件 "後押し内モンゴル自治区"
  1. 2020082400819

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、育てた黄牛を売る牧畜民。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020082400719

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛を買い付けるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020082400727

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、買い付けた黄牛を運ぶ準備をするバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020082400738

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛の販売手続きを行う牧畜民。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020082400813

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛を買い付けるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020082400824

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、賑わいを見せる成峰家畜交易市場。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020082400802

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、自ら飼育した黄牛の販売準備を行う牧畜民。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020082400934

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛を買い付けるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020061112146

    ラクダ産業で農村振興を後押し内モンゴル自治区  3日、内モンゴル自治区アルシャー右旗那仁布拉格ガチャ(嘎査)のラクダミルク基地で、ラクダに飼料を与える従業員。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗は近年、地元の実情に立脚し、資源としてのラクダの優位性を生かした「ラクダ小屋」建設補助金、ラクダ保険補助金、ラクダミルク購入補助などの一連の支援策を実施。ラクダ産業の発展を奨励することで、農村の振興を後押ししている。(アルシャー=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020061112176

    ラクダ産業で農村振興を後押し内モンゴル自治区  3日、内モンゴル自治区アルシャー右旗那仁布拉格ガチャ(嘎査)にあるラクダミルク基地。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗は近年、地元の実情に立脚し、資源としてのラクダの優位性を生かした「ラクダ小屋」建設補助金、ラクダ保険補助金、ラクダミルク購入補助などの一連の支援策を実施。ラクダ産業の発展を奨励することで、農村の振興を後押ししている。(アルシャー=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020061112180

    ラクダ産業で農村振興を後押し内モンゴル自治区  3日、内モンゴル自治区アルシャー右旗にあるラクダの関連商品の研究・開発などを手掛ける内蒙古沙漠之神生物科技の工場で働く従業員。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗は近年、地元の実情に立脚し、資源としてのラクダの優位性を生かした「ラクダ小屋」建設補助金、ラクダ保険補助金、ラクダミルク購入補助などの一連の支援策を実施。ラクダ産業の発展を奨励することで、農村の振興を後押ししている。(アルシャー=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020061112197

    ラクダ産業で農村振興を後押し内モンゴル自治区  3日、内モンゴル自治区アルシャー右旗巴音博日格ガチャ(嘎査)で、自然に抜け落ちたラクダの毛を集める牧畜民の楊愛花(よう・あいか)さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗は近年、地元の実情に立脚し、資源としてのラクダの優位性を生かした「ラクダ小屋」建設補助金、ラクダ保険補助金、ラクダミルク購入補助などの一連の支援策を実施。ラクダ産業の発展を奨励することで、農村の振興を後押ししている。(アルシャー=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020061112155

    ラクダ産業で農村振興を後押し内モンゴル自治区  3日、内モンゴル自治区アルシャー右旗巴音博日格ガチャ(嘎査)で、ラクダミルクを絞る牧畜民の張明紅(ちょう・めいこう)さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗は近年、地元の実情に立脚し、資源としてのラクダの優位性を生かした「ラクダ小屋」建設補助金、ラクダ保険補助金、ラクダミルク購入補助などの一連の支援策を実施。ラクダ産業の発展を奨励することで、農村の振興を後押ししている。(アルシャー=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020061112153

    ラクダ産業で農村振興を後押し内モンゴル自治区  3日、内モンゴル自治区アルシャー右旗巴音博日格ガチャ(嘎査)で、自然に抜け落ちたラクダの毛を集める牧畜民の張明紅(ちょう・めいこう)さんと楊愛花(よう・あいか)さん夫婦。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗は近年、地元の実情に立脚し、資源としてのラクダの優位性を生かした「ラクダ小屋」建設補助金、ラクダ保険補助金、ラクダミルク購入補助などの一連の支援策を実施。ラクダ産業の発展を奨励することで、農村の振興を後押ししている。(アルシャー=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060402087

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060402083

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060402008

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で制作された馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の作品。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060402135

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸を伸ばす陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020060402136

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸の巻き方を牧畜民に指導する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020060508864

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060508893

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスで栽培されているサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060508843

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の作業場でサケツバタケを加工する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060402125

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060402106

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060402043

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060402154

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を生徒に指導する陶格日勒さん(左)。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020060402140

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020060402163

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020060402040

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020060508899

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020060508869

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020060508859

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020060508863

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の加工工場に積まれたサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020060508822

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020060402162

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を牧畜民に指導する陶格日勒さん(中央)。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020060402109

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を牧畜民に指導する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020060402110

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸を巻く陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020060402096

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にある馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の無形文化遺産博物館で、来場者に作品の説明をする陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020060402090

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020060508693

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、飼料を運ぶトラック。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020060508698

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で飼育されている肉牛。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020060508786

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020060508797

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で飼育されている肉牛。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020060508685

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020060508747

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020060907925

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020060508676

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市にある肉牛牧場内の牛舎。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020042003048

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、ハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困扶助太陽光発電所は、同鎮が貧困扶助資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、4月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020042003201

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上に設置されたソーラーパネルの発電量と収益状況をスマートフォンで確認するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020042003244

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上のソーラーパネルを掃除するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像