検索結果 16 件中 1 件 〜 16 件 "後押し陝西省"
  1. 2020013100535

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、モモンガを肩に乗せる洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。張さんは2019年の1年間に赤ちゃんモモンガとモモンガの糞の販売で、30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020013100603

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、赤ちゃんモモンガの飼育状況を確認する洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020013100543

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、モモンガを肩に乗せる洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。張さんは2019年の1年間に赤ちゃんモモンガとモモンガの糞の販売で、30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020013100525

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、飼育小屋でモモンガの糞を集める洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。張さんは2019年の1年間に赤ちゃんモモンガとモモンガの糞の販売で、30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020013100555

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さんの自宅で飼育されているモモンガ。(組み合わせ写真)貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020013100556

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さんが飼育するモモンガ。張さんは2019年、赤ちゃんモモンガとモモンガの糞を売ることで30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020013100596

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、モモンガを肩に乗せる洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。張さんは2019年の1年間に赤ちゃんモモンガとモモンガの糞の販売で、30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020013100530

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、洛南県景村鎮何溝村にある張仲会(ちょう・ちゅうかい)さんの自宅の飼育小屋で飼われている赤ちゃんモモンガ。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020013100532

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さんが飼育する赤ちゃんモモンガ。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020013100553

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  19日、モモンガを肩に乗せる洛南県景村鎮何溝村の張仲会(ちょう・ちゅうかい)さん。張さんは2019年の1年間に赤ちゃんモモンガとモモンガの糞の販売で、30万元余りの収入を得た。貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020013100547

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  洛南県四皓街道党溝村の冀忠鋒(き・ちゅうほう)さんの自宅で飼育されているモモンガ。(2019年12月11日撮影)貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社配信/呉書懐)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020013100527

    糞は漢方薬の材料にモモンガ養殖で増収を後押し陝西省  洛南県四皓街道党溝村の冀忠鋒(き・ちゅうほう)さんの自宅で飼育されているモモンガ。(2019年12月11日撮影)貧困脱却の堅塁攻略戦を展開する中国陝西省商洛市洛南(らくなん)県は、山間部でのモモンガ養殖の優位性を生かして、これまで全県にモモンガ養殖合作社(協同組合)29社を設立。県内16鎮の380余世帯の農家にモモンガ5万5千匹余りの養殖を奨励することで、年収約2770万元(1元=約16円)を達成させた。そのうち貧困層40世帯余りのモモンガ養殖による平均収入は5170元だった。モモンガの糞は漢方薬(中薬)の材料とされ、「五霊脂(ごれいし)」とも呼ばれる。主な効能として、瘀血の改善・鎮痛、うっ血の放散・止血、腫れの消失・解毒などがある。(商洛=新華社配信/呉書懐)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019080903945

    赤クルミで庶民の貧困脱却を後押し陝西省洛南県  5日、「赤クルミ栽培モデル基地」の見学者に赤クルミを見せる子ども。秦嶺の山奥にある中国陝西省洛南県は、伝統的なクルミの生産地で、全県のクルミ栽培面積は70万ムー(約4万6667ヘクタール)に及ぶ。しかし、「生産量が少ない、生産性が低い、特色が不明確、庶民の栽培意欲も低い」という問題に長年悩まされてきた。そんな中、同県の精肉工場を退職した董兆斌(とう・ちょうひん)さんが、2015年末に盛鑫(せいきん)紅仁胡桃(赤クルミ)専門合作社(協同組合)を設立。赤クルミの特徴的な品種を導入し、栽培モデルを普及させた。現在、標準的な赤クルミ品種導入モデル基地は1200ムー(約80ヘクタール)に達し、2018年には65世帯の貧困脱却を後押しした。(洛南=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019080903974

    赤クルミで庶民の貧困脱却を後押し陝西省洛南県  5日、陝西省洛南県景村鎮八一村にある千ムー(約66・7ヘクタール)の「赤クルミ栽培モデル基地」。(小型無人機から)秦嶺の山奥にある中国陝西省洛南県は、伝統的なクルミの生産地で、全県のクルミ栽培面積は70万ムー(約4万6667ヘクタール)に及ぶ。しかし、「生産量が少ない、生産性が低い、特色が不明確、庶民の栽培意欲も低い」という問題に長年悩まされてきた。そんな中、同県の精肉工場を退職した董兆斌(とう・ちょうひん)さんが、2015年末に盛鑫(せいきん)紅仁胡桃(赤クルミ)専門合作社(協同組合)を設立。赤クルミの特徴的な品種を導入し、栽培モデルを普及させた。現在、標準的な赤クルミ品種導入モデル基地は1200ムー(約80ヘクタール)に達し、2018年には65世帯の貧困脱却を後押しした。(洛南=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019080903941

    赤クルミで庶民の貧困脱却を後押し陝西省洛南県  5日、赤クルミの苗を植える土をほぐす盛鑫紅赤クルミ専門合作社の職員。秦嶺の山奥にある中国陝西省洛南県は、伝統的なクルミの生産地で、全県のクルミ栽培面積は70万ムー(約4万6667ヘクタール)に及ぶ。しかし、「生産量が少ない、生産性が低い、特色が不明確、庶民の栽培意欲も低い」という問題に長年悩まされてきた。そんな中、同県の精肉工場を退職した董兆斌(とう・ちょうひん)さんが、2015年末に盛鑫(せいきん)紅仁胡桃(赤クルミ)専門合作社(協同組合)を設立。赤クルミの特徴的な品種を導入し、栽培モデルを普及させた。現在、標準的な赤クルミ品種導入モデル基地は1200ムー(約80ヘクタール)に達し、2018年には65世帯の貧困脱却を後押しした。(洛南=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019080903977

    赤クルミで庶民の貧困脱却を後押し陝西省洛南県  5日、洛南県で採れた赤クルミ。秦嶺の山奥にある中国陝西省洛南県は、伝統的なクルミの生産地で、全県のクルミ栽培面積は70万ムー(約4万6667ヘクタール)に及ぶ。しかし、「生産量が少ない、生産性が低い、特色が不明確、庶民の栽培意欲も低い」という問題に長年悩まされてきた。そんな中、同県の精肉工場を退職した董兆斌(とう・ちょうひん)さんが、2015年末に盛鑫(せいきん)紅仁胡桃(赤クルミ)専門合作社(協同組合)を設立。赤クルミの特徴的な品種を導入し、栽培モデルを普及させた。現在、標準的な赤クルミ品種導入モデル基地は1200ムー(約80ヘクタール)に達し、2018年には65世帯の貧困脱却を後押しした。(洛南=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像