検索結果 84 件中 1 件 〜 50 件 "復元模型"
  1. 2020052802139

    天津自然博物館、一般公開再開後も不変の人気  24日、天津自然博物館に展示されているホラアナグマの復元模型(左)とホッキョクグマの剥製(右)。中国の天津自然博物館は長い歴史を持ち、1914年に設立された北疆博物院を前身とする。同館を含む天津市内の文化施設は3月下旬から一般公開を順次再開した。新型コロナウイルス感染対策のため、記名式のオンライン予約受け付けや入場制限、時間帯別入場、エリアごとの開放などの措置が講じられる中、自然科学の知識を得ようと多くの市民が見学に訪れている。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020021200855

    ヒトの生活に多大な影響 弥生人の模型  弥生(やよい)人の復元模型(ふくげんもけい)=東京・上野の国立科学博物館 「博物館でタイムトラベル」(11)【明かりをともす】

  3. 2020021200853

    ヒトの生活に多大な影響 マンモスの骨の家  マンモスの骨(ほね)で造(つく)った住居(じゅうきょ)の復元模型(ふくげんもけい)=東京・上野の国立科学博物館 「博物館でタイムトラベル」(11)【明かりをともす】

  4. 2020010804189

    ヒトらしく進化するために ネアンデルタール人  ネアンデルタール人の復元模型=東京・上野の国立科学博物館 「博物館でタイムトラベル」(10)【歩く】

  5. 2019122400423

    ひめゆり資料館近く開館 ガマの実物大復元模型   南風原陸軍病院が設営されていたガマ(自然洞くつ)の実物大復元模型=1989(平成元)年6月14日、沖縄県糸満市のひめゆり平和祈念資料館 元年国内 8109

  6. 2019121110386

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019121110389

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型(部分)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019121109827

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019121110399

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼の2階に展示された宋代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019121110266

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼の2階に展示された宋代の黄鶴楼の復元模型(部分)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019121110121

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された黄鶴楼の復元模型(部分)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019121109893

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019120200406

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019120200391

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019120200490

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型の一部。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019120200386

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城「銅雀三台」の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019120200476

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019120200437

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019091203432

    平安京の南限発見 復元模型  京都市平安京創生館に展示されている平安京の復元模型。矢印付近が今回の発掘調査地(市歴史資料館所蔵)

  20. 2019091100204

    生存率が飛躍的に上昇 アファレンシス猿人  約320万年前にエチオピアで出土したアファレンシス猿人「ルーシー」の復元模型=東京都台東区の国立科学博物館 「博物館でタイムトラベル」(6)【お乳を与える】

  21. 2019090501777

    「カムイサウルス」と命名 頭の骨の模型と小林教授  カムイサウルス・ジャポニクスの頭の骨の復元模型を使って、とさかがあった可能性について話す北海道大総合博物館の小林快次教授=3日、北海道むかわ町

  22. 2019120200471

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  臨漳県の鄴城博物館で鄴城の復元模型を見学する児童ら。(8月7日撮影)中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019052002204

    長春博物館がプレオープン市内の新たなランドマークに  18日、長春博物館に展示されている長春地区最古の村の復元模型。「国際博物館の日」を迎えた18日、中国吉林省長春市に新たに誕生した長春博物館がプレオープンした。中国国内で最も古い竜型の玉(ぎょく)と鳥型の玉など貴重な文化財約400点が展示されている。(長春=新華社記者/張博宇)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019040801437

    3Dプリンターによる遺体の容貌修復サービスが登場広州市  4日、故人の生前の「自然な状態」に限りなく近付けるため、顔の復元模型に仕上げメイクを施す広州市葬儀サービスセンターのスタッフ。中国広州市葬儀サービスセンターは、葬儀の多様化や個別化、温かさを求める人々のニーズに応えるため、現代科学技術を葬儀業界に導入することを模索していたが、清明節(先祖を祭る中国の祭日、今年は4月5日)に合わせ、3Dプリンターによる遺体修復サービスを開始した。(広州=新華社記者/李雄鷹)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019040801568

    3Dプリンターによる遺体の容貌修復サービスが登場広州市  3日、故人の生前の「自然な状態」に限りなく近付けるため、顔の復元模型に仕上げメイクを施す広州市葬儀サービスセンターのスタッフ。中国広州市葬儀サービスセンターは、葬儀の多様化や個別化、温かさを求める人々のニーズに応えるため、現代科学技術を葬儀業界に導入することを模索していたが、清明節(先祖を祭る中国の祭日、今年は4月5日)に合わせ、3Dプリンターによる遺体修復サービスを開始した。(広州=新華社記者/李雄鷹)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019040801506

    3Dプリンターによる遺体の容貌修復サービスが登場広州市  3日、故人の生前の「自然な状態」に限りなく近付けるため、顔の復元模型に仕上げメイクを施す広州市葬儀サービスセンターのスタッフ。中国広州市葬儀サービスセンターは、葬儀の多様化や個別化、温かさを求める人々のニーズに応えるため、現代科学技術を葬儀業界に導入することを模索していたが、清明節(先祖を祭る中国の祭日、今年は4月5日)に合わせ、3Dプリンターによる遺体修復サービスを開始した。(広州=新華社記者/李雄鷹)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019040801477

    3Dプリンターによる遺体の容貌修復サービスが登場広州市  3日、故人の生前の「自然な状態」に限りなく近付けるため、顔の復元模型に仕上げメイクを施す広州市葬儀サービスセンターのスタッフ。中国広州市葬儀サービスセンターは、葬儀の多様化や個別化、温かさを求める人々のニーズに応えるため、現代科学技術を葬儀業界に導入することを模索していたが、清明節(先祖を祭る中国の祭日、今年は4月5日)に合わせ、3Dプリンターによる遺体修復サービスを開始した。(広州=新華社記者/李雄鷹)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019040801455

    3Dプリンターによる遺体の容貌修復サービスが登場広州市  3日、故人の生前の「自然な状態」に限りなく近付けるため、顔の復元模型に仕上げメイクを施す広州市葬儀サービスセンターのスタッフ。中国広州市葬儀サービスセンターは、葬儀の多様化や個別化、温かさを求める人々のニーズに応えるため、現代科学技術を葬儀業界に導入することを模索していたが、清明節(先祖を祭る中国の祭日、今年は4月5日)に合わせ、3Dプリンターによる遺体修復サービスを開始した。(広州=新華社記者/李雄鷹)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019040801467

    3Dプリンターによる遺体の容貌修復サービスが登場広州市  3日、故人の生前の「自然な状態」に限りなく近付けるため、顔の復元模型に仕上げメイクを施す広州市葬儀サービスセンターのスタッフ。中国広州市葬儀サービスセンターは、葬儀の多様化や個別化、温かさを求める人々のニーズに応えるため、現代科学技術を葬儀業界に導入することを模索していたが、清明節(先祖を祭る中国の祭日、今年は4月5日)に合わせ、3Dプリンターによる遺体修復サービスを開始した。(広州=新華社記者/李雄鷹)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018110727257

    大安寺を六条大路貫く 大安寺旧境内の復元模型  大安寺旧境内の復元模型。奥が主要伽藍。中央を横切る六条大路の手前は、七重塔が東西に並ぶ塔院と呼ばれる区画

  31. 2018091500704

    中尊寺にミニチュア金色堂 金色堂の復元模型  記録展で公開された中尊寺金色堂の復元模型。右は中尊寺の執事三浦章興さん=15日午後、岩手県平泉町

  32. 2017111600837

    大安寺横切る六条大路 大安寺旧境内の復元模型  大安寺旧境内の復元模型。奥が主要伽藍。六条大路とみられる道路を挟む手前側が七重の塔が東西に並ぶ塔院と呼ばれる地区

  33. 2016020900235

    中国の原人たち(4) 埋められた空白 藍田原人の長い日  説明する樊維岳さん  藍田原人の復元模型を手に「頭がひしゃげたよう」と説明する樊維岳さん。脳容量は北京原人より一回り小さい778cc。頭骨は分厚く、額がひしゃげたように低い。明らかに北京原人より古いタイプという(共同) 資料A 4243−13

  34. 2016020300030

    沖縄旧石器研究の最前線 港川人の復元模型  九州歴史資料館に展示されている「港川人」の復元模型=福岡県小郡市

  35. 2015070700741

    東大寺東塔10年かけて発掘へ 七重の塔の模型  東大寺創建当初の七重の東塔の復元模型

  36. 2014102400661

    弥生の巨大柱を初公開 復元模型  弥生時代最大級の柱が使われた建物の復元模型。女性が指し示した部分が、唐古・鍵遺跡で見つかった柱=24日午後、奈良県田原本町

  37. 2014070100624

    1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から  庶民の家並み  マッチ箱を並べたような庶民の家並み。上方は市場−庶民の家はいつの世もマッチ箱住宅か、それ以下。そしていつの世も純粋でケンカ好き。市場には盗品も出回り、巡察が見回ったという(写真ニュース「1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から」6枚組の6) 52年内地 829

  38. 2014070100622

    1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から  貴族の屋敷  庭園を設けた高官や貴族の屋敷−当時130人余りの貴族、高官は広大な土地と高給を取り、皇居近くの豪邸に住み、「三笠の山に出でし月かも…」と酒を酌み交わしたと思われる(写真ニュース「1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から」6枚組の5) 52年内地 828

  39. 2014070100621

    1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から  東大寺  七重の東西両塔がそびえ、威容を誇る東大寺−七重の東西両塔が南大門と中門の間にそびえ、若草山山麓にある官寺。都のどこからでも遠望できた(写真ニュース「1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から」6枚組の4) 52年内地 827

  40. 2014070100620

    1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から  平城宮大内裏  平城宮大内裏。左は第一次内裏、右は第二次内裏−築地塀に囲まれた朱塗り、白壁、瓦ぶきの殿舎が青空に映えて、ひときわ高いのが天皇の政務所・大極殿(写真ニュース「1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から」6枚組の3) 52年内地 826

  41. 2014070100618

    1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から  朱雀大路  朱雀大路。手前が羅城門、最上部が平城宮−都の朝は早い。大小四十余りの寺々の鐘が四方に響き、宮城の十二門が一斉に開く。南の羅城門から真っすぐ北へ延びる道路が朱雀大路。道幅85メートルで突き当たりが皇居正門の朱雀門(写真ニュース「1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から」6枚組の2) 52年内地 825

  42. 2014070100616

    1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から  古代都市平城京の模型   奈良市役所ロビーに陳列された古代都市平城京の模型。東西4・3キロ、南北4・8キロの往時の都を縦6・4メートル、横8・4メートルに圧縮したこの模型には人の姿こそないが、華やかだった当時がしのばれる。古記録などを頼りにこの模型から1300年前の“奈良の都ルポ”を試みた(写真ニュース「1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から」6枚組の1) 52年内地 824

  43. 2014062001344

    ワニ化石、登録記念物に マチカネワニの復元模型  昨夏、大阪大総合学術博物館の企画展で展示されたマチカネワニの復元模型=2013年8月、大阪府豊中市

  44. 2014042800403

    アフリカ東岸に到達 鄭和の船の模型  北京の博物館に展示された鄭和が航海に使った船の復元模型=2005年7月(共同) 連載企画「信長くんがゆく」(5)「永楽帝と鄭和の遠征」

  45. 2013102500708

    江戸城天守閣、復活? 認定NPO法人が記者会見  江戸城天守閣の復元模型を横に、記者会見する「江戸城天守を再建する会」の小竹直隆理事長ら=25日午後、東京都庁 「豆らんぷ」

  46. 2012101100164

    弥生中期遺跡で鉄斧出土 出土した鉄斧  「轟今古閑遺跡」から出土した鋳造鉄斧の破片。右は破片を含む復元模型=11日午前、熊本市北区

  47. 2012062300261

    前の街並み「おらの家だ」 復元模型見る被災者  震災前の街並みを復元した模型に見入る大槌町の被災者=23日午前、岩手県大槌町

  48. 2012051400164

    三井物産爆破事件    三井物産本社爆破に使われた爆発物の復元模型。14日、「爆発物を仕掛けた」という予告電話があったため、館内従業員が避難。急行した愛宕署の警察官が検索中に爆発した=1974(昭和49)年10月15日、警視庁愛宕署(49年内地 6396) 資料 87344

  49. 2011120900358

    古代から巨大さを目指す 大社の復元模型  鎌倉時代の出雲大社を復元した模型。5人のうち4人の建築学者が40メートルを超える高さと推定した=島根県出雲市の島根県立古代出雲歴史博物館(撮影・牧野俊樹) 通年企画「建物が語る日本」(50=最終回)「島根・出雲大社」

  50. 2011120800577

    CTスキャンで大刀模型 復元模型の象眼文字  エックス線CTスキャンにより復元した大刀の象眼文字=8日午後、福岡市役所

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像