検索結果 29 件中 1 件 〜 29 件 "微小粒子状物質"
  1. 2020070611507

    北京新発地卸売市場の牛・羊肉フロア、消毒と搬出作業実施  新発地卸売市場の牛・羊肉フロアがある建物の外部に設置された空気浄化装置。(6月22日撮影)中国北京市の新発地卸売市場でこのほど、新型コロナウイルスの集団感染が発生した牛・羊肉フロアの消毒と搬出作業が行われた。関係部門は特別処理計画を策定し、専門のボランティアチームがフロア周辺で1回目の消毒・殺菌作業を実施した。臭気が強いため、屋内作業に先立ち、建物の屋上換気システムに接続された室内空気浄化装置を屋外に設置。汚染された空気をあらかじめ処理した。汚染された空気の「漏出」を防ぐため、2次汚染を引き起こす可能性のある有害な気体をこのシステムでろ過する必要があり、PM0・5以下の微小粒子状物質をフィルターで除去し、次に活性炭に腐敗臭のガスを吸着させてから、最後に消毒液を漏れなく噴霧して空気を消毒する方式を採用した。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  2. 2020070611537

    北京新発地卸売市場の牛・羊肉フロア、消毒と搬出作業実施  新発地卸売市場の牛・羊肉フロアがある建物の外部に設置された空気浄化装置。(6月22日撮影)中国北京市の新発地卸売市場でこのほど、新型コロナウイルスの集団感染が発生した牛・羊肉フロアの消毒と搬出作業が行われた。関係部門は特別処理計画を策定し、専門のボランティアチームがフロア周辺で1回目の消毒・殺菌作業を実施した。臭気が強いため、屋内作業に先立ち、建物の屋上換気システムに接続された室内空気浄化装置を屋外に設置。汚染された空気をあらかじめ処理した。汚染された空気の「漏出」を防ぐため、2次汚染を引き起こす可能性のある有害な気体をこのシステムでろ過する必要があり、PM0・5以下の微小粒子状物質をフィルターで除去し、次に活性炭に腐敗臭のガスを吸着させてから、最後に消毒液を漏れなく噴霧して空気を消毒する方式を採用した。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  3. 2020070611536

    北京新発地卸売市場の牛・羊肉フロア、消毒と搬出作業実施  消毒液の噴霧装置を設置するスタッフ。(6月21日撮影)中国北京市の新発地卸売市場でこのほど、新型コロナウイルスの集団感染が発生した牛・羊肉フロアの消毒と搬出作業が行われた。関係部門は特別処理計画を策定し、専門のボランティアチームがフロア周辺で1回目の消毒・殺菌作業を実施した。臭気が強いため、屋内作業に先立ち、建物の屋上換気システムに接続された室内空気浄化装置を屋外に設置。汚染された空気をあらかじめ処理した。汚染された空気の「漏出」を防ぐため、2次汚染を引き起こす可能性のある有害な気体をこのシステムでろ過する必要があり、PM0・5以下の微小粒子状物質をフィルターで除去し、次に活性炭に腐敗臭のガスを吸着させてから、最後に消毒液を漏れなく噴霧して空気を消毒する方式を採用した。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070611611

    北京新発地卸売市場の牛・羊肉フロア、消毒と搬出作業実施  新発地卸売市場の作業現場で実施計画について話し合う専門家と技術スタッフ。(6月20日撮影)中国北京市の新発地卸売市場でこのほど、新型コロナウイルスの集団感染が発生した牛・羊肉フロアの消毒と搬出作業が行われた。関係部門は特別処理計画を策定し、専門のボランティアチームがフロア周辺で1回目の消毒・殺菌作業を実施した。臭気が強いため、屋内作業に先立ち、建物の屋上換気システムに接続された室内空気浄化装置を屋外に設置。汚染された空気をあらかじめ処理した。汚染された空気の「漏出」を防ぐため、2次汚染を引き起こす可能性のある有害な気体をこのシステムでろ過する必要があり、PM0・5以下の微小粒子状物質をフィルターで除去し、次に活性炭に腐敗臭のガスを吸着させてから、最後に消毒液を漏れなく噴霧して空気を消毒する方式を採用した。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051103167

    「2019年北京市生態環境状況公報」発表重度大気汚染日はわずか4日  2013~19年の北京市におけるPM2・5(微小粒子状物質)の大気質レベルを示すカレンダー。各行は1年を表し、一番上の行が2013年、一番下の行が2019年を示す。大気質指数(AQI)の六つのレベルに基づき、緑が「1級」の「優」を表す。重度大気汚染日は、AQIが「5級」の「重度汚染」(赤)または「6級」の「深刻な汚染」(紫)を示す。(4月27日撮影)中国の北京市生態環境局は27日、「2019年北京市生態環境状況公報」を発表した。同公報によると、2019年の同市における重度の大気汚染を記録した日数は2013年から54日減少してわずか4日となり、大気質基準達成日数は同年から64日増加して240日となった。同局生態環境モニタリング処の劉煒(りゅう・い)処長によると、標高の高低差が2千メートルを超え、複雑な地形を有する同市は生物多様性に富んだ大都市で、これまでに497種の鳥類、198科1115属2917種の高等植物、4305種の脊椎動物と昆虫が確認されているという。(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2018071200546

    「法律巡視」の剣を手に青空防衛戦に断固打ち勝つ  4日、ハンディタイプの微小粒子状物質(PM2.5)自動測定機で、建築現場の空気質を測定する河北省廊坊市広陽区の環境保護局の職員。いつでも青空が見られ、土壌環境が良く、きれいな水が流れる美しい中国は、全国人民の共通の願いだ。中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、習近平同志を核心とする党中央は生態文明建設を非常に重視し、汚染に断固とした宣戦布告を行ってきた。第13期全国人民代表大会(全人代)常務委員会は9日、人民大会堂で特別会議を開き、大気汚染防止法執行検査報告について審議した。広く注目を集めるこの報告は、現在各地で大気汚染防止法が徹底的に実施されている現状を反映し、適切な提案を提起した。全人代常務委員会法執行検査グループはその2カ月前に、党中央の汚染対策に向けた堅塁攻略戦に断固として打ち勝つという策定と配置をめぐり、大気汚染防止法の執行検査を今年の監督活動における最も重要な位置につけ、全面的かつ深い「法律の巡視」を展開することで、法律を武器とした汚染整備を実施し、法治の力を拠り所に青い空を守っていく。(北京=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2015091600892

    大気汚染300万人早死に 大気汚染に見舞われた北京  微小粒子状物質「PM2・5」を含む大気汚染に見舞われた北京市内=4日(共同)

  8. 2015090400198

    北京、再び大気汚染 大気汚染の北京  微小粒子状物質「PM2・5」を含む大気汚染に見舞われた北京市内=4日(共同)

  9. 2015090400197

    北京、再び大気汚染 大気汚染に見舞われた北京  微小粒子状物質「PM2・5」を含む大気汚染に見舞われた北京市内=4日(共同)

  10. 2015013000386

    「北京は居住に適さない」 大気汚染の北京市内  微小粒子状物質「PM2・5」などによる深刻な大気汚染に見舞われた北京市内=26日(共同)

  11. 2015010500406

    北京で深刻な大気汚染続く マスクを着けた人  微小粒子状物質「PM2・5」などの大気汚染に見舞われた北京市内でマスクを着け外出する人たち=5日(共同)

  12. 2015010500405

    北京で深刻な大気汚染続く マスク着けた人  微小粒子状物質「PM2・5」などの大気汚染に見舞われた北京市内でマスクを着け外出する人=5日(共同)

  13. 2014112100810

    遼寧省「今年最悪」のもや 濃霧の瀋陽市  微小粒子状物質「PM2・5」を含んだ濃霧に覆われ、視界不良の遼寧省瀋陽市=21日(共同)

  14. 2014112100809

    遼寧省「今年最悪」のもや 濃霧に覆われた瀋陽市  微小粒子状物質「PM2・5」を含んだ濃霧に覆われた遼寧省瀋陽市=21日(共同)

  15. 2014080700389

    PM2・5を素早く検知 空気清浄機の新商品  ダイキン工業が9月に発売する、新センサーで微小粒子状物質「PM2・5」を素早く検知し、自動運転を開始できる空気清浄機

  16. 2014050200526

    微小粒子状物質 マスクを着ける人たち  深刻な大気汚染が続く北京で、マスクを着けて天安門広場をおとずれた人たち=2月15日(共同) 子ども学習企画「ニュースで解けた?」(6)

  17. 2013052200780

    PM2・5指針超えか かすむ熊本市の中心街  微小粒子状物質「PM2・5」が観測された熊本市の中心街=22日午後

  18. 2013030500500

    かすむ空、不安あらわに 基準値を超えた荒尾市  微小粒子状物質「PM2・5」が環境省の基準値を超えた熊本県荒尾市=5日午後

  19. 2013030500191

    PM2・5基準値超え 熊本県荒尾市のHP  微小粒子状物質「PM2・5」について注意喚起する熊本県荒尾市のホームページ

  20. 2013030500173

    PM2・5基準値超え 荒尾市のホームページ  微小粒子状物質「PM2・5」について注意を呼び掛ける熊本県荒尾市のホームページ

  21. 2013022700735

    にわか仕込み、戸惑いも PM2・5専門家会合  微小粒子状物質「PM2・5」に関する専門家会合。左奥はあいさつする井上信治環境副大臣=27日午後、東京都千代田区 「表層深層」

  22. 2013022700622

    外出自粛の指針決定へ あいさつする井上副大臣  微小粒子状物質「PM2・5」に関する専門家会合の冒頭で、あいさつする環境省の井上信治副大臣。右は内山巌雄座長=27日午後、東京都千代田区

  23. 2013022700620

    外出自粛の指針決定へ PM2・5の専門家会合  開催された微小粒子状物質「PM2・5」に関する専門家会合=27日午後、東京都千代田区

  24. 2013021300579

    PM2・5対策で初会合 環境省設置の専門家会合  微小粒子状物質「PM2・5」に対応するために、環境省が設置した専門家会合の初会合=13日午後、東京都千代田区(中国・北京の大気汚染)

  25. 2013021300578

    PM2・5対策で初会合 あいさつする内山座長  微小粒子状物質「PM2・5」に対応するための専門家会合の初会合で、あいさつする内山巌雄座長(手前左)=13日午後、東京都千代田区(中国・北京の大気汚染)

  26. 2013020700487

    環境基準超、注意喚起へ 福岡市の黄砂影響検討委  微小粒子状物質「PM2・5」対策を話し合う福岡市の黄砂影響検討委員会=7日午後、福岡市役所

  27. 2012102500590

    北関東で夏場高濃度に  微小粒子物質の観測地点

  28. 2012102500589

    北関東で夏場高濃度に  微小粒子物質の観測地点

  29. 2020030203784

    稲わら野焼き抑制 PM2・5対策 岡山県倉敷市  野焼きが終わった田畑=昨年11月、倉敷市。健康への影響が懸念される微小粒子状物質「PM2・5」対策として、岡山県は2020年度、高濃度の要因と考えられる稲わらの野焼きを抑制する事業に乗り出す。農業が盛んな地域を中心に稲わらの有効活用を促し、国の環境基準達成率が都道府県でワーストという状況の改善を目指す。=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像