検索結果 497 件中 1 件 〜 50 件 "戦国時代"
  1. 2020080303201

    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省  29日、蘇州市平江歴史文化街区。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080303249

    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省  29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」の内部。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080303304

    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省  29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080303336

    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省  29日、「蘇州文旅姑蘇小院・東花里」のフロントで検温し、チェックインの手続きをする観光客(右)。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080303344

    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省  29日、「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」のロビーでくつろぐ観光客。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080303375

    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省  29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・東花里」。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080303148

    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省  29日、「蘇州文旅姑蘇小院・東花里」で客室を整える従業員。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080303356

    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省  29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・東花里」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080100505

    済南市の梁王遺跡で戦国時代の古城跡を発見山東省  28日、済南市の梁王遺跡で見つかった戦国時代の古城遺構で発掘作業をする考古スタッフ。中国山東省文物考古研究院はこのほど、同省済南市の梁王遺跡で実施していた発掘調査で、戦国時代(紀元前475年~紀元前221年)の古城跡を発見したと明らかにした。同市の市街地でこれまで見つかった古城遺構の中で最も年代が古いという。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080100570

    済南市の梁王遺跡で戦国時代の古城跡を発見山東省  28日、済南市の梁王遺跡で見つかった戦国時代の古城遺構。中国山東省文物考古研究院はこのほど、同省済南市の梁王遺跡で実施していた発掘調査で、戦国時代(紀元前475年~紀元前221年)の古城跡を発見したと明らかにした。同市の市街地でこれまで見つかった古城遺構の中で最も年代が古いという。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080100574

    済南市の梁王遺跡で戦国時代の古城跡を発見山東省  28日、済南市の梁王遺跡で見つかった戦国時代の古城遺構で発掘作業をする考古スタッフ。中国山東省文物考古研究院はこのほど、同省済南市の梁王遺跡で実施していた発掘調査で、戦国時代(紀元前475年~紀元前221年)の古城跡を発見したと明らかにした。同市の市街地でこれまで見つかった古城遺構の中で最も年代が古いという。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080100639

    済南市の梁王遺跡で戦国時代の古城跡を発見山東省  28日、済南市の梁王遺跡で見つかった戦国時代の古城遺構で発掘作業をする考古スタッフ。中国山東省文物考古研究院はこのほど、同省済南市の梁王遺跡で実施していた発掘調査で、戦国時代(紀元前475年~紀元前221年)の古城跡を発見したと明らかにした。同市の市街地でこれまで見つかった古城遺構の中で最も年代が古いという。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080100488

    済南市の梁王遺跡で戦国時代の古城跡を発見山東省  28日、済南市の梁王遺跡で見つかった戦国時代の古城遺構で発掘作業をする考古スタッフ。中国山東省文物考古研究院はこのほど、同省済南市の梁王遺跡で実施していた発掘調査で、戦国時代(紀元前475年~紀元前221年)の古城跡を発見したと明らかにした。同市の市街地でこれまで見つかった古城遺構の中で最も年代が古いという。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020080100464

    済南市の梁王遺跡で戦国時代の古城跡を発見山東省  28日、済南市の梁王遺跡で見つかった戦国時代の古城遺構で発掘作業をする考古スタッフ。中国山東省文物考古研究院はこのほど、同省済南市の梁王遺跡で実施していた発掘調査で、戦国時代(紀元前475年~紀元前221年)の古城跡を発見したと明らかにした。同市の市街地でこれまで見つかった古城遺構の中で最も年代が古いという。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020080100546

    済南市の梁王遺跡で戦国時代の古城跡を発見山東省  28日、済南市の梁王遺跡で見つかった戦国時代の古城遺構で発掘作業をする考古スタッフ。中国山東省文物考古研究院はこのほど、同省済南市の梁王遺跡で実施していた発掘調査で、戦国時代(紀元前475年~紀元前221年)の古城跡を発見したと明らかにした。同市の市街地でこれまで見つかった古城遺構の中で最も年代が古いという。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020080100653

    済南市の梁王遺跡で戦国時代の古城跡を発見山東省  28日、済南市の梁王遺跡で見つかった戦国時代の古城遺構で発掘作業をする考古スタッフ。中国山東省文物考古研究院はこのほど、同省済南市の梁王遺跡で実施していた発掘調査で、戦国時代(紀元前475年~紀元前221年)の古城跡を発見したと明らかにした。同市の市街地でこれまで見つかった古城遺構の中で最も年代が古いという。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020080100504

    済南市の梁王遺跡で戦国時代の古城跡を発見山東省  28日、済南市の梁王遺跡で見つかった戦国時代の古城遺構で発掘作業をする考古スタッフ。中国山東省文物考古研究院はこのほど、同省済南市の梁王遺跡で実施していた発掘調査で、戦国時代(紀元前475年~紀元前221年)の古城跡を発見したと明らかにした。同市の市街地でこれまで見つかった古城遺構の中で最も年代が古いという。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020080100520

    済南市の梁王遺跡で戦国時代の古城跡を発見山東省  28日、済南市の梁王遺跡で見つかった戦国時代の古城遺構から出土した遺物。中国山東省文物考古研究院はこのほど、同省済南市の梁王遺跡で実施していた発掘調査で、戦国時代(紀元前475年~紀元前221年)の古城跡を発見したと明らかにした。同市の市街地でこれまで見つかった古城遺構の中で最も年代が古いという。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020072700793

    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上  大墳包墓地のM42号墓から出土したとんぼ玉の装飾品。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020072700805

    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上  大墳包墓地のM12号墓のレンガに施されていた装飾文様の拓本。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020072700783

    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上  空から見た大墳包墓地の発掘現場。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020080303139

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  23日、張掖市山丹県に残る明代長城。中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020080303179

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  23日、張掖市山丹県に残る明代長城の小寨1号烽火台付近で崩れた土を突き固める保護作業員。中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020080303140

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  22日、張掖市山丹県に残る明代長城の砦「揣庄堡」。(小型無人機から)中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020080303237

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  22日、張掖市山丹県に残る明代長城。中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020080303251

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  22日、張掖市山丹県に残る明代長城の金山子烽火台。中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020080303184

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  22日、張掖市山丹県に残る明代長城。(小型無人機から)中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020080303306

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  21日、張掖市山丹県に残る明代長城の重要拠点「峡口古城」の過街楼。(小型無人機から)中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020080303206

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  21日、張掖市山丹県に残る明代長城の重要拠点「峡口古城」の過街楼。中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020080303216

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  21日、張掖市山丹県に残る明代長城の峡口3号敵台。中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020080303372

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  21日、張掖市山丹県に残る明代長城の重要拠点「峡口古城」。(小型無人機から)中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020072703920

    古代中国の帯金具「帯鉤」、山西省陽泉市で巡回展  戦国時代の金メッキ羽人(うじん)形銅製帯鉤。(資料写真)中国山西省晋中市で出土した古代中国の帯金具、帯鉤(たいこう)300点余りを集めた巡回展「束帯矜荘犀比玎珰-晋中市出土帯鉤芸術展」が省内の陽泉市博物館で開かれている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020072703789

    古代中国の帯金具「帯鉤」、山西省陽泉市で巡回展  トルコ石を象眼した戦国時代の勾雲(こううん)紋の銅製帯鉤。(資料写真)中国山西省晋中市で出土した古代中国の帯金具、帯鉤(たいこう)300点余りを集めた巡回展「束帯矜荘犀比玎珰-晋中市出土帯鉤芸術展」が省内の陽泉市博物館で開かれている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072703793

    古代中国の帯金具「帯鉤」、山西省陽泉市で巡回展  戦国時代の金メッキ棒形双脊銅製帯鉤。(資料写真)中国山西省晋中市で出土した古代中国の帯金具、帯鉤(たいこう)300点余りを集めた巡回展「束帯矜荘犀比玎珰-晋中市出土帯鉤芸術展」が省内の陽泉市博物館で開かれている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020072703851

    古代中国の帯金具「帯鉤」、山西省陽泉市で巡回展  戦国時代の金メッキ浮彫式獣形銅製帯鉤。(資料写真)中国山西省晋中市で出土した古代中国の帯金具、帯鉤(たいこう)300点余りを集めた巡回展「束帯矜荘犀比玎珰-晋中市出土帯鉤芸術展」が省内の陽泉市博物館で開かれている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020072703850

    古代中国の帯金具「帯鉤」、山西省陽泉市で巡回展  竜をかたどった戦国時代の銅製帯鉤。(資料写真)中国山西省晋中市で出土した古代中国の帯金具、帯鉤(たいこう)300点余りを集めた巡回展「束帯矜荘犀比玎珰-晋中市出土帯鉤芸術展」が省内の陽泉市博物館で開かれている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072703806

    古代中国の帯金具「帯鉤」、山西省陽泉市で巡回展  金・銀・トルコ石を象眼した戦国時代の幾何紋の琵琶形銅製帯鉤。(資料写真)中国山西省晋中市で出土した古代中国の帯金具、帯鉤(たいこう)300点余りを集めた巡回展「束帯矜荘犀比玎珰-晋中市出土帯鉤芸術展」が省内の陽泉市博物館で開かれている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072700792

    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上  大墳包墓地のM124号墓(後漢)。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020072700721

    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上  大墳包墓地のM125号墓から出土した後漢時代の馬頭。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020072803388

    悠久の歴史誇る世界かんがい施設遺産、霊渠をゆく広西桂林  8日、霊渠の付近にある秦城遺跡から出土した戦国時代後期の食べ物を盛るためのうつわ「陶豆(とうとう)」。中国広西チワン族自治区桂林市興安(こうあん)県にある運河「霊渠(れいきょ)」は、秦の始皇帝時代の紀元前214年に築かれ、2千年以上の歴史を持つ。2018年8月に「世界かんがい施設遺産」リストに登録された。霊渠は、古代の「湘桂走廊」(湖南省と同自治区の間にある細長い平原)における湖南と広西を結ぶ重要な河川輸送ルートで、その周辺地域では秦城遺跡や溶江石馬坪漢墓群、界首漢晋古墓群、厳関窯遺跡などが発掘され、大量の遺物が出土した。(興安=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020072700815

    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上  大墳包墓地のM41号墓(前漢)。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020072700777

    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上  大墳包墓地のM124号墓から出土した後漢時代の器物。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020072700807

    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上  大墳包墓地のM124号墓から出土した後漢時代の青銅器「揺銭樹(ようせんじゅ)」の葉部分。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020070200673

    呉文化を紹介する博物館オープン江蘇省蘇州市  28日、蘇州呉文化博物館の内部。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市にこのほど、蘇州呉文化博物館が開館した。蘇州は「百館之城」と呼ばれ、博物館の宝庫としても知られる。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020070200566

    呉文化を紹介する博物館オープン江蘇省蘇州市  28日、蘇州呉文化博物館の外観。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市にこのほど、蘇州呉文化博物館が開館した。蘇州は「百館之城」と呼ばれ、博物館の宝庫としても知られる。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020063002243

    端午節にドラゴンボートレース開催湖南省汨羅市  25日、湖南省汨羅市のレース会場で懸命にドラゴンボートをこぐ選手たち。(小型無人機から)中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、湖南省汨羅(べきら)市でドラゴンボートレースが開催された。会場は中国戦国時代の楚の詩人、屈原(くつ・げん)が祭られている「屈子文化パーク」で、省内各地から32チームが参加した。(汨羅=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020063002247

    端午節にドラゴンボートレース開催湖南省汨羅市  25日、湖南省汨羅市のレース会場で競い合う各チーム。(小型無人機から)中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、湖南省汨羅(べきら)市でドラゴンボートレースが開催された。会場は中国戦国時代の楚の詩人、屈原(くつ・げん)が祭られている「屈子文化パーク」で、省内各地から32チームが参加した。(汨羅=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020063002337

    端午節にドラゴンボートレース開催湖南省汨羅市  25日、湖南省汨羅市のレース会場で競い合う各チーム。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、湖南省汨羅(べきら)市でドラゴンボートレースが開催された。会場は中国戦国時代の楚の詩人、屈原(くつ・げん)が祭られている「屈子文化パーク」で、省内各地から32チームが参加した。(汨羅=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020063002206

    端午節にドラゴンボートレース開催湖南省汨羅市  25日、湖南省汨羅市のレース会場で競い合う各チーム。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、湖南省汨羅(べきら)市でドラゴンボートレースが開催された。会場は中国戦国時代の楚の詩人、屈原(くつ・げん)が祭られている「屈子文化パーク」で、省内各地から32チームが参加した。(汨羅=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020063002389

    端午節にドラゴンボートレース開催湖南省汨羅市  25日、湖南省汨羅市のレース会場で競い合う各チーム。(小型無人機から)中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、湖南省汨羅(べきら)市でドラゴンボートレースが開催された。会場は中国戦国時代の楚の詩人、屈原(くつ・げん)が祭られている「屈子文化パーク」で、省内各地から32チームが参加した。(汨羅=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像