検索結果 214 件中 1 件 〜 50 件 "支援施設"
  1. 2020052301330

    元慰安婦入所施設でも不正 「ナヌムの家」の慰安婦像  韓国京畿道広州にある元慰安婦の支援施設「ナヌムの家」と元慰安婦らの像=2018年11月(共同)

  2. 2020051300605

    Coronavirus - Fielmann donates one million protective masks 11 May 2020, Schleswig-Holstein, Kiel: Marc Fielmann (l-r), Chairman of the Management Board of Fielmann AG, hands over one million protective masks on behalf of the Fielmann family to Daniel Günther (CDU), Prime Minister of Schleswig-Holstein, and Heiner Garg (FDP), Minister of Social Affairs of Schleswig-Holstein. The money will be used to provide in-patient care facilities, out-patient care services and also facilities for integration assistance. Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  3. 2020051300670

    Coronavirus - Fielmann donates one million protective masks 11 May 2020, Schleswig-Holstein, Kiel: Marc Fielmann, Chairman of the Management Board of Fielmann AG, stands in front of the State Chancellery as one million protective masks are handed over. The masks will be used to provide in-patient care facilities, out-patient care services and also facilities for integration assistance. Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  4. 2020051300662

    Coronavirus - Fielmann donates one million protective masks 11 May 2020, Schleswig-Holstein, Kiel: Marc Fielmann (l), Chairman of the Management Board of Fielmann AG, hands over one million protective masks to Daniel Günther (CDU), Minister President of Schleswig-Holstein, on behalf of the Fielmann family. The masks will be used to provide in-patient care facilities, out-patient care services and also facilities for integration assistance. Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020051300660

    Coronavirus - Fielmann donates one million protective masks 11 May 2020, Schleswig-Holstein, Kiel: Marc Fielmann, Chairman of the Management Board of Fielmann AG, stands in front of the State Chancellery as one million protective masks are handed over. The masks will be used to provide in-patient care facilities, out-patient care services and also facilities for integration assistance. Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020042103863

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A specialist directs assisting facility to collect swab samples for coronavirus (COVID-19) testing, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  7. 2020042103879

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 An assisting facility to collect swab samples for coronavirus (COVID-19) testing is pictured, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  8. 2020042103921

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A patient has a swab sample for coronavirus (COVID-19) testing collected by an assisting facility, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  9. 2020042104102

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A specialist directs assisting facility to collect swab samples for coronavirus (COVID-19) testing, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  10. 2020042104278

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A patient has a swab sample for coronavirus (COVID-19) testing collected by an assisting facility, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  11. 2020042103883

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A patient has a swab sample for coronavirus (COVID-19) testing collected by an assisting facility, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  12. 2020042103869

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A specialist directs assisting facility to collect swab samples for coronavirus (COVID-19) testing, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  13. 2020042104202

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A specialist directs assisting facility to collect swab samples for coronavirus (COVID-19) testing, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  14. 2020042103830

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A patient has a swab sample for coronavirus (COVID-19) testing collected by an assisting facility, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  15. 2020042104156

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A specialist directs assisting facility to collect swab samples for coronavirus (COVID-19) testing, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  16. 2020042104122

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A patient has a swab sample for coronavirus (COVID-19) testing collected by an assisting facility, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  17. 2020042104257

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A specialist directs assisting facility to collect swab samples for coronavirus (COVID-19) testing, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  18. 2020042104139

    Russia Coronavirus Tests 17.04.2020 A specialist directs assisting facility to collect swab samples for coronavirus (COVID-19) testing, in Moscow, Russia. Russian experts have developed a new robot for the contactless collection of swab samples for coronavirus (COVID-19) testing. Grigory Sysoev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  19. 2019120606025

    5Gによる高速・大容量を生かしたVR(仮想現実)バドミントンの体験ブース  NTTドコモ九州支社(福岡市中央区)は2日、福岡市の創業支援施設「フクオカグロースネクスト(FGN)」(同)に「FGN 5Gラボ」を開設した。第5世代通信(5G)の商用サービス開始を前にFGN入居企業をはじめ幅広く実証環境を提供する。ラボには5Gの通信環境を整備。端末貸与やデモ体験、ピッチコンテスト、スタートアップ向け相談会などを実施する。福岡市中心部の天神地区にある他の5Gラボとも連携し、全国でも数少ない複数の実証環境を強みとして生かす。オープンイベントでは、高島宗一郎福岡市長が21年の世界水泳選手権福岡大会に向けて5G通信環境の重点整備を発表。正興電機製作所、リビングロボット(福島県伊達市)、クアンド(北九州市八幡東区)による実証事例を紹介した。=2019(令和元)年12月2日、福岡市の創業支援施設「フクオカグロースネクスト(FGN)」、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  20. 2019111907294

    グーグルが起業家支援施設 ピチャイCEOら  起業家支援施設の開設式典に出席した米グーグルのピチャイCEO(右から3人目)、高市総務相(同4人目)ら=19日、東京都渋谷区

  21. 2019111902235

    障害者の焼き芋、自販機で 芋を選別する利用者  芋を選別する、障害者就労支援施設「めだかハウス延岡」の利用者=9月3日、宮崎県延岡市 「スクランブル」

  22. 2019110502026

    小児がん「希望の施設」 施設での授業  イラク北部アルビルに開設された支援施設で授業を受ける子どもたち=10月31日(共同) 「地球ホームページ」

  23. 2019110502023

    小児がん「希望の施設」 授業に参加する子ども  イラク北部アルビルに開設された支援施設で授業を受ける子どもたち=10月31日(共同) 「地球ホームページ」

  24. 2019082301390

    Injured by fire in Frankfurt addiction centre 22 August 2019, Hessen, Frankfurt/Main: A forensic officer is working behind a window in a burnt-out apartment on the second floor of an addiction help facility in the Niederrad district. The fire on Thursday morning caused severe burns to one person. According to police, three more people had been admitted to hospital with smoke poisoning, and in another case it had been necessary to provide outpatient care on site. (to dpa: “Five injured in fire in Frankfurt addiction help“) Photo: Arne Dedert/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  25. 2019081900862

    移転の支援施設、20日から 診察室  「沖縄県性暴力被害者ワンストップ支援センター」の診察室=19日午後、沖縄県内

  26. 2019081900861

    移転の支援施設、20日から 面談相談室  「沖縄県性暴力被害者ワンストップ支援センター」の面談相談室=19日午後、沖縄県内

  27. 2019081900860

    移転の支援施設、20日から センターの診察室  「沖縄県性暴力被害者ワンストップ支援センター」の診察室=19日午後、沖縄県内

  28. 2019081101016

    アフリカで若者の起業盛ん 支援施設で作業する人たち  起業家支援施設の共用作業スペースで、パソコンを使って仕事をする人たち=7月29日、ナイロビ(共同) 大型サイド「アフリカ開発会議」

  29. 2019042601457

    虐待の本質に鋭い視点 子育て施設を視察の両陛下  福島県郡山市の子育て支援施設を視察される天皇、皇后両陛下=2013年9月 皇室連載企画「新・象徴考」6回続きの(5)

  30. 2019012300910

    イノシシ製品、亥年で人気 製品手にする三宅所長  イノシシの革を使った製品を手にする障害者支援施設「吉備ワークホーム」の三宅律子所長=岡山市 「@山陰山陽」

  31. 2018122624300

    他者から大切にされる体験 語り合う星俊彦さん  訪ねてきた児童自立支援施設の男性(右)と語り合う星俊彦さん=宇都宮市の自立援助ホーム「星の家」 連載企画「生きる・育つ・伸びる 子どもの現場から」第10部「星の家」4回続きの(3)

  32. 2018122624137

    面白いこと生まれる場に 徳島県三好市の真鍋屋  徳島県三好市の移住支援施設「真鍋屋」。「お試し住居」以外に事務所として使える部屋やレストランなども並ぶ

  33. 2018122624135

    面白いこと生まれる場に 移住支援施設「真鍋屋」  古民家を改装した徳島県三好市の移住支援施設「真鍋屋」

  34. 2018122623159

    進まぬ本社機能の移転 スタートアップ支援施設  福岡市にある企業の立ち上げを支援する施設。小学校跡を利用している=2018年11月8日 経済・行政連載企画「明日への挑戦」(1)=東京一極集中是正

  35. 2018121600825

    ひきこもり施設の10人保護 自立支援施設  入所者が相次いで抜け出すトラブルがあったワンステップスクール湘南校=9月、神奈川県中井町 「扉を開けて」

  36. 2018120631541

    障害者暴行、施設認め和解 会見する原告代理人  障害者支援施設の職員による入所者男性への暴行を巡る訴訟で、和解が成立し記者会見する原告代理人の藤岡毅弁護士(左)ら=6日午後、青森市

  37. 2018101107881

    閣僚が元慰安婦女性ら訪問 抱き合う陳氏  元慰安婦の女性と抱き合う韓国の陳善美女性家族相(右)=11日、京畿道広州の支援施設「ナヌムの家」(共同)

  38. 2018101107847

    閣僚が元慰安婦女性ら訪問 懇談する陳氏  元慰安婦の女性らと懇談する韓国の陳善美女性家族相(右)=11日、京畿道広州の支援施設「ナヌムの家」(共同)

  39. 2018101107840

    閣僚が元慰安婦女性ら訪問 懇談する陳善美氏  元慰安婦の女性らと懇談する韓国の陳善美女性家族相(右)=11日、京畿道広州の支援施設「ナヌムの家」(共同)

  40. 2018091924942

    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者  「石は歌う」芸術村カフェの入り口を開け、開店準備をする林宜臻さん。(9月7日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018091924944

    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者  北港村の民宿「石頭厝」(せきとうさく)で客室を整える林宜臻さんとパートナ。(9月7日撮影)中国福建平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018091924923

    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者  「石は歌う」芸術村カフェーでマレーシアから来た客を接待する林宜臻さん。(9月7日撮影)。中国福建省平潭総合実験区総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018091924905

    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者  平潭県北港村「石は歌う」芸術村で見物する観光客。(9月7日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018091924842

    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者  福建省福州市平潭県流水鎮北港村中国福建省福州市平潭県総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018091924954

    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者  北港村の民宿「石頭厝」(せきとうさく)で話をする林宜臻さんと、彼氏の廖哲緯さん。(9月7日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018091924958

    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者  「石は歌う」芸術村で、観光客の子供に、ハンマーで「歌える」石を叩くやり方を紹介する林宜臻さん(右から2番目)。(9月6日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018080101048

    「公的行為」肥大化懸念 皇太子ご夫妻と子どもたち  福島県郡山市の子育て支援施設を訪れ、子どもたちに声を掛けられる皇太子さまと雅子さま=2013年9月 皇室連載企画「象徴考」第6部「寄せる心、絡む思惑」5回続きの(5)

  48. 2018063000022

    動物世話する障害者施設 掃除する加藤さんら  障害者就労支援施設「馬木葉クラブ」で、厩舎を掃除する加藤孝二さん(左)ら=北海道釧路町

  49. 2018063000020

    動物世話する障害者施設 施設で飼育されるヤギ  障害者就労支援施設「馬木葉クラブ」で飼育されているヤギ。奥は掃除する通所者=北海道釧路町

  50. 2018062700226

    64年五輪の記念樹はどこ? 北海道の山林  大きく成長した1964年東京五輪ゆかりの林=5月、北海道遠軽町の児童自立支援施設「北海道家庭学校」 「スクランブル」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像