検索結果 12 件中 1 件 〜 12 件 "放射温度計"
  1. 2020022504032

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、作業中の大慶油田1205掘削チームの隊員。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020022503984

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、職場に復帰したスタッフの体温を測る大慶油田生産現場の防疫検査所検査員。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020022504007

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、感染と闘いながら、現場で働く大慶油田のスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020022503981

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、大慶油田が生産現場に設けた防疫検査所。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020020401227

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、携帯式放射温度計のファームウェアをインストールする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020020401309

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、完成前の携帯式放射温度計をテストする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020020401312

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、携帯式放射温度計の基板の溶接作業をする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020020401314

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、携帯式放射温度計の製造ラインで作業をする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020020401301

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、携帯式放射温度計をテストする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020020401311

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、携帯式放射温度計の製造ラインで作業をする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020020300457

    ハルビン太平国際空港、遠距離非接触型温度計を導入黒竜江省  30日、赤外線放射温度計のモニターを監視するスタッフ。中国黒竜江省のハルビン太平国際空港は28日、作業効率向上のため、遠距離から多数の人を対象とした非接触型体温スクリーニング検査ができる赤外線放射温度計5組の使用を開始した。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020020300426

    けがを押して感染予防・抑制業務に当たる女性医師黒竜江省ハルビン市  1月30日、体温スクリーニング検査を行う女性医師の郭嘉欣(かく・かきん)さん。中国黒竜江省のハルビン太平国際空港をここ数日利用した旅客は、車椅子に乗り、赤外線放射温度計を用いて遠距離から非接触で体温スクリーニング検査を行う女性を見かけたかもしれない。彼女は郭嘉欣(かく・かきん)さんという、同空港消防護衛部救急センターの医師だ。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像