検索結果 16 件中 1 件 〜 16 件 "救済資金"
  1. 2020060100746

    感染抑止か経済再開か 救済資金のため並ぶ人々  5月29日、リオデジャネイロで、新型コロナウイルス対策の貧困層向け救済資金を受け取れる銀行の前に並ぶ人々(ロイター=共同)

  2. 2020052701008

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  仕事を依頼している貧困戸と共に温室内の草取りをする董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/劉方強)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701028

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  阜南県会竜鎮閆廟村で自身のトウガラシ栽培用ハウスで忙しく働く董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052701105

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052701013

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020042003201

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上に設置されたソーラーパネルの発電量と収益状況をスマートフォンで確認するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020042003036

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上のソーラーパネルを掃除するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020042003233

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、ハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020042003197

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、ハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020042003244

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上のソーラーパネルを掃除するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019060402973

    香港民間組織、四川省チベット族居住地域の貧困脱却を後押し  25日、理塘県で行われた貧困救済プロジェクトの調印式会場。中国の香港各界貧困救済促進会は25日、四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州理塘県と貧困救済に関する協定を締結した。救済資金として134万元(1元=約16円)を寄付し、重点民生事業を支援する。同県が貧困を脱却し、ゆとりある生活を目指すことを後押しする。香港各界貧困救済促進会は、大陸と香港の貧困救済事業の最前線に積極的に身を投ずる民間組織で2018年6月23日に設立された。香港各界の大陸貧困救済事業への参加を橋渡しし、香港が国家発展の大局に溶け込むことを支援している。(カンゼ=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019060402916

    香港民間組織、四川省チベット族居住地域の貧困脱却を後押し  25日、理塘県を視察する香港の人々。中国の香港各界貧困救済促進会は25日、四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州理塘県と貧困救済に関する協定を締結した。救済資金として134万元(1元=約16円)を寄付し、重点民生事業を支援する。同県が貧困を脱却し、ゆとりある生活を目指すことを後押しする。香港各界貧困救済促進会は、大陸と香港の貧困救済事業の最前線に積極的に身を投ずる民間組織で2018年6月23日に設立された。香港各界の大陸貧困救済事業への参加を橋渡しし、香港が国家発展の大局に溶け込むことを支援している。(カンゼ=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2014070900547

    渡米2教師決まる    渡米が決まり森戸辰男・文相(中央)に激励される篠崎光太郎氏(左)と松峰隆三氏。両氏の渡米は、海外教員救済資金による日本人教員の留学派遣=1948(昭和23)年9月22日 23年内地 11998

  14. 2013080800281

    パン給食を実施 米援助による栄養補給  1950(昭和25)年8月14日、9月の新学期から東京、大阪、名古屋など8都市の小学校でパンによる完全給食の実施が決まった。米陸軍省の占領地域統治救済資金(ガリオア資金)の援助によるもので、128万人の児童がパンと脱脂粉乳などで栄養を補給。52年から全国に拡大した。 「レトロ写真―あのころ」

  15. 2009080600228

    パン給食を実施 米援助による栄養補給  1950(昭和25)年8月14日、9月の新学期から東京、大阪、名古屋など8都市の小学校でパンによる完全給食の実施が決まった。米陸軍省の占領地域統治救済資金(ガリオア資金)によるもので、128万人の生徒がパンと脱脂粉乳などで栄養を補給した。52年から全国に拡大。 写真:9月4日、東京・日本橋の東華小学校 「レトロ写真―あのころ」

  16. 1996011900075

    笑顔の君は今どこに? 男の子とはがき  福田さんが捜している男の子。左は被災児の救済資金集めに作ったはがき(カラーネガ)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像