検索結果 571 件中 1 件 〜 50 件 "敷地面積"
  1. 2020040300496

    「新華社」 夜間経済を推進魅力溢れる「音楽書店」オープン上海市  3月27日、店内に置かれたレコードプレーヤー。来店客はこれで音楽を試聴できる。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界中の書店や美術館、劇場が営業停止に追い込まれる中、中国上海市にこのほど、音楽関連の書籍などを扱う魅力あふれる「音楽書店」がオープンし、人々の心を癒している。また、同市には今年下半期に敷地面積1400平方メートルあまりの演劇書店がオープンし、「24時間営業+深夜食堂」の特色あるサービスを展開、上海市が提唱する「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」「夜間消費」に応えるものとなる見通し。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020040300540

    「新華社」 夜間経済を推進魅力溢れる「音楽書店」オープン上海市  3月27日、上海市徐匯区にある「幸福集荟」という名の音楽書店。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界中の書店や美術館、劇場が営業停止に追い込まれる中、中国上海市にこのほど、音楽関連の書籍などを扱う魅力あふれる「音楽書店」がオープンし、人々の心を癒している。また、同市には今年下半期に敷地面積1400平方メートルあまりの演劇書店がオープンし、「24時間営業+深夜食堂」の特色あるサービスを展開、上海市が提唱する「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」「夜間消費」に応えるものとなる見通し。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020040300529

    「新華社」 夜間経済を推進魅力溢れる「音楽書店」オープン上海市  3月27日、音楽書店の「レコード試聴室」。壁には世界各国の様々なレコードのコレクションが飾られている。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界中の書店や美術館、劇場が営業停止に追い込まれる中、中国上海市にこのほど、音楽関連の書籍などを扱う魅力あふれる「音楽書店」がオープンし、人々の心を癒している。また、同市には今年下半期に敷地面積1400平方メートルあまりの演劇書店がオープンし、「24時間営業+深夜食堂」の特色あるサービスを展開、上海市が提唱する「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」「夜間消費」に応えるものとなる見通し。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020040300492

    「新華社」 夜間経済を推進魅力溢れる「音楽書店」オープン上海市  3月27日、音楽書店の向かいにある「極東第一楽団」と呼ばれる上海交響楽団の本拠地。この辺りは今後、国際音楽文化街区として整備される。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界中の書店や美術館、劇場が営業停止に追い込まれる中、中国上海市にこのほど、音楽関連の書籍などを扱う魅力あふれる「音楽書店」がオープンし、人々の心を癒している。また、同市には今年下半期に敷地面積1400平方メートルあまりの演劇書店がオープンし、「24時間営業+深夜食堂」の特色あるサービスを展開、上海市が提唱する「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」「夜間消費」に応えるものとなる見通し。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020040300494

    「新華社」 夜間経済を推進魅力溢れる「音楽書店」オープン上海市  3月27日、音楽書店へ通じる通路。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界中の書店や美術館、劇場が営業停止に追い込まれる中、中国上海市にこのほど、音楽関連の書籍などを扱う魅力あふれる「音楽書店」がオープンし、人々の心を癒している。また、同市には今年下半期に敷地面積1400平方メートルあまりの演劇書店がオープンし、「24時間営業+深夜食堂」の特色あるサービスを展開、上海市が提唱する「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」「夜間消費」に応えるものとなる見通し。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020040300547

    「新華社」 夜間経済を推進魅力溢れる「音楽書店」オープン上海市  3月27日、音楽書店の店内の一角。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界中の書店や美術館、劇場が営業停止に追い込まれる中、中国上海市にこのほど、音楽関連の書籍などを扱う魅力あふれる「音楽書店」がオープンし、人々の心を癒している。また、同市には今年下半期に敷地面積1400平方メートルあまりの演劇書店がオープンし、「24時間営業+深夜食堂」の特色あるサービスを展開、上海市が提唱する「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」「夜間消費」に応えるものとなる見通し。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020040300569

    「新華社」 夜間経済を推進魅力溢れる「音楽書店」オープン上海市  3月27日、音楽書店にある喫茶室。屋内プールを改造して造られた。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界中の書店や美術館、劇場が営業停止に追い込まれる中、中国上海市にこのほど、音楽関連の書籍などを扱う魅力あふれる「音楽書店」がオープンし、人々の心を癒している。また、同市には今年下半期に敷地面積1400平方メートルあまりの演劇書店がオープンし、「24時間営業+深夜食堂」の特色あるサービスを展開、上海市が提唱する「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」「夜間消費」に応えるものとなる見通し。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020033004428

    「新華社」 黒竜江大橋、中国側陸路口岸合同検査施設項目の進捗度75%に  24日、中ロが共同で建設を進める黒竜江大橋の中国側の陸路口岸合同検査施設プロジェクト。(小型無人機から)中国黒竜江省の黒河市政府口岸(通関地)弁公室はこのほど、中国とロシアが共同で建設を進めている黒竜江大橋の中国側の陸路口岸合同検査施設プロジェクトが全面的に施工を再開し、進捗度が75%前後に達したことを明らかにした。中ロ黒竜江大橋は、中国とロシアを結ぶ初の越境道路橋。同大橋の中国側の陸路口岸合同検査施設プロジェクトは、大橋のアプローチ橋から1・1キロの距離の場所で建設が進められており、敷地面積は26万3900平方メートル、設計年間旅客通関数は延べ285万人、貨物通関量は620万トン。(ハルビン=新華社配信/陳磊)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020033004516

    「新華社」 黒竜江大橋、中国側陸路口岸合同検査施設項目の進捗度75%に  24日、中ロが共同で建設を進める黒竜江大橋。(小型無人機から)中国黒竜江省の黒河市政府口岸(通関地)弁公室はこのほど、中国とロシアが共同で建設を進めている黒竜江大橋の中国側の陸路口岸合同検査施設プロジェクトが全面的に施工を再開し、進捗度が75%前後に達したことを明らかにした。中ロ黒竜江大橋は、中国とロシアを結ぶ初の越境道路橋。同大橋の中国側の陸路口岸合同検査施設プロジェクトは、大橋のアプローチ橋から1・1キロの距離の場所で建設が進められており、敷地面積は26万3900平方メートル、設計年間旅客通関数は延べ285万人、貨物通関量は620万トン。(ハルビン=新華社配信/陳磊)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020033004565

    「新華社」 黒竜江大橋、中国側陸路口岸合同検査施設項目の進捗度75%に  24日、中ロが共同で建設を進める黒竜江大橋の中国側の陸路口岸合同検査施設プロジェクト。(小型無人機から)中国黒竜江省の黒河市政府口岸(通関地)弁公室はこのほど、中国とロシアが共同で建設を進めている黒竜江大橋の中国側の陸路口岸合同検査施設プロジェクトが全面的に施工を再開し、進捗度が75%前後に達したことを明らかにした。中ロ黒竜江大橋は、中国とロシアを結ぶ初の越境道路橋。同大橋の中国側の陸路口岸合同検査施設プロジェクトは、大橋のアプローチ橋から1・1キロの距離の場所で建設が進められており、敷地面積は26万3900平方メートル、設計年間旅客通関数は延べ285万人、貨物通関量は620万トン。(ハルビン=新華社配信/陳磊)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020033004583

    「新華社」 黒竜江大橋、中国側陸路口岸合同検査施設項目の進捗度75%に  24日、出入境検査ビルの外装工事を行う作業員。中国黒竜江省の黒河市政府口岸(通関地)弁公室はこのほど、中国とロシアが共同で建設を進めている黒竜江大橋の中国側の陸路口岸合同検査施設プロジェクトが全面的に施工を再開し、進捗度が75%前後に達したことを明らかにした。中ロ黒竜江大橋は、中国とロシアを結ぶ初の越境道路橋。同大橋の中国側の陸路口岸合同検査施設プロジェクトは、大橋のアプローチ橋から1・1キロの距離の場所で建設が進められており、敷地面積は26万3900平方メートル、設計年間旅客通関数は延べ285万人、貨物通関量は620万トン。(ハルビン=新華社配信/孟莉莉)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020031603656

    「新華社」 福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす  6日、福州市倉山区の煙台山歴史風景区にある「羅宅」は400年余りの歴史をもつ純中国式の建築物で、敷地面積約800平方メートル。明代に建てられ、清代に改築された。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020031603722

    「新華社」 福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす  6日、福州市倉山区の煙台山歴史風景区にある「羅宅」は400年余りの歴史をもつ純中国式の建築物で、敷地面積約800平方メートル。明代に建てられ、清代に改築された。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020031603707

    「新華社」 福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす  5日、福建省福州市の白馬路と同徳路の境目に位置する「古田会館」は敷地面積690平方メートル、1915年に古田商人が建造し、1996年に省級文化財保護単位に指定された。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020031603699

    「新華社」 福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす  5日、福州市に残る古厝の一つ、「建郡会館」。清の嘉慶年間に建てられ、敷地面積は約2千平方メートル。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020021302917

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの廊下で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020021302918

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、西安市公共衛生センター建設プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020021302922

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの隔離病棟内に給湯器を設置する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020021302923

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの隔離病棟のガラスを拭く作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020021302957

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの隔離病棟内で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020021302958

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの手術室で昼食を食べる作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020021302903

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、検収を終えた西安市公共衛生センターのオフィス・生活エリア。(小型無人機から)中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020021302915

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、西安市公共衛生センター第1期医療エリアの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020021302924

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアでパワーショベルを操縦し整地する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020021302954

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、建設を終えた第1期医療エリアの隔離病棟。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020021302959

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの隔離病棟内で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020021302925

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの廊下で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020020609705

    「新華社」 西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定  3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020020609678

    「新華社」 西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定  3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020020609617

    「新華社」 西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定  3日、西安市公共衛生センター建設現場の作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020020609651

    「新華社」 西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定  3日、西安市公共衛生センターの建設現場で待機する作業員ら。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020020609693

    「新華社」 西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定  3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020020609609

    「新華社」 西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定  3日、西安市公共衛生センターの建設現場。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020020609610

    「新華社」 西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定  3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020020609605

    「新華社」 西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定  3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020020609619

    「新華社」 西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定  3日、西安市公共衛生センターの建設現場で建材を組み立てる作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020020609702

    「新華社」 西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定  3日、西安市公共衛生センターの建設現場で、受け取ったマスクを着用する作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020020609681

    「新華社」 西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定  3日、西安市公共衛生センター建設現場の作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020010602160

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡を散策する観光客。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020010602434

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡の門の敷居に座り遊ぶ子どもたち。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020010602358

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020010602349

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡の内部。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020010602452

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡前の練兵場で地元の出し物「安貞旌鼓」を披露する村民。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020010602143

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡を散策する観光客。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020010602508

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡前の練兵場で地元の出し物「打黒獅」と「安貞旌鼓」を披露する村民。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020010602439

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡前の練兵場で地元の出し物「打黒獅」を披露する村民。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020010602428

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020010602302

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020010602366

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡の内観。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020010901671

    「新華社」 広州汽車、ICV・新エネルギー車検査施設を建設広東省韶関市  26日、南方(韶関)智能網聯新能源汽車試験検測センターの起工式会場。中国広東省韶関市新豊県で26日、中国自動車大手の広州汽車集団と韶関市が共同で建設する「南方(韶関)智能網聯新能源汽車試験検測センター(略称、南方試験場)」の起工式が行われた。これはインテリジェントコネクテッドビークル(ICV)、新エネルギー車、自動運転車の試験と検査、測定を行う施設で、敷地面積は約8600ムー(約573ヘクタール)、総投資額は21億5千万元(1元=約16円)となっている。(広州=新華社記者/孟宜霏)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像