検索結果 8 件中 1 件 〜 8 件 "文化ステーション"
  1. 2020051102659

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州景洪市ジノー族郷の文化ステーションで、座談会を行う雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019071706975

    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県  8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019071706963

    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県  8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019071707020

    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県  8日、「鎮水石獣」が見つかった永済橋。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019071706983

    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県  8日、「鎮水石獣」が見つかった永済橋。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019071706971

    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県  8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2016053100274

    管理や指示排し自由に  市川子ども文化ステーションと「ミニいちかわ」の歩み 連載企画「子どものいま未来2016」(6)「子どもがつくる町」

  8. 2016053100271

    管理や指示排し自由に  市川子ども文化ステーションと「ミニいちかわ」の歩み 連載企画「子どものいま未来2016」(6)「子どもがつくる町」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像