検索結果 21 件中 1 件 〜 21 件 "文化テーマ"
  1. 2019121200890

    観光、文化テーマに議論  京都市で開かれた「国連観光・文化京都会議2019」=12日午前

  2. 2019121200889

    観光、文化テーマに議論  京都市で開かれた「国連観光・文化京都会議2019」=12日午前

  3. 2019121110413

    「新華社」 KFC店舗にチワン族文化広西民族博物館とコラボ  民族調を前面に出した内装のKFC広西民族文化テーマレストラン。(11月24日撮影)中国広西チワン族自治区南寧市の「三街両巷」歴史街区には、同自治区の民族文化を取り入れたケンタッキー・フライドチキン(KFC)の店舗がある。KFCはこのほど、広西民族博物館との異業種提携に乗り出し、テーマレストランでチワン族の「銅鼓」の装飾に見られる動物の姿をかたどった「銅鼓キャラクター」コーヒー4種を発売した。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019090402437

    「新華社」 1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市  8月31日、老西酢博園の「酢湖」を見学する観光客。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019090402421

    「新華社」 1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市  8月31日、老西酢博園を見学する観光客。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019090402377

    「新華社」 1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市  8月31日、老西酢博園の「酢湖」を見学する観光客。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019090402404

    「新華社」 1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市  8月31日、老西酢博園で展示されている発酵中の高粱(コウリャン)のかめ。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019090402417

    「新華社」 1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市  8月31日、老西酢博園の「酢湖」。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019090402489

    「新華社」 1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市  8月31日、老西酢博園の「酢湖」。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019022002916

    「新華社」 フフホト市が雪化粧  14日、フフホト市の草原シルクロード文化テーマパークで撮影した雪景色。中国内モンゴル自治区のフフホト市は14日、寒気の影響により雪となった。万里の長城以北の地では降り積もった雪が風景に趣を添えていた。(フフホト=新華社記者/朱文哲)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019022002896

    「新華社」 フフホト市が雪化粧  14日、フフホト市の草原シルクロード文化テーマパークで撮影した雪景色。中国内モンゴル自治区のフフホト市は14日、寒気の影響により雪となった。万里の長城以北の地では降り積もった雪が風景に趣を添えていた。(フフホト=新華社記者/朱文哲)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019012820949

    「新華社」 北京で中華家風文化テーマ展開幕  24日、民俗工芸「泥人張」の2代目継承者、張玉亭(ちょう・ぎょくてい)氏の彩塑(着色した泥塑)作品「漁女」を鑑賞する小学生。中国の家庭の家訓や家宝にまつわる品々を展示する「2019中華家風文化テーマ展」が24日、北京にある記念公園、中華世紀壇で開幕した。同展覧会は16年に初開催され、今年で4回目となる。(北京=新華社記者/羅暁光)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019012821087

    「新華社」 北京で中華家風文化テーマ展開幕  24日、子どもたちに伝統玩具を紹介する汴京(べんけい)灯籠の7代目継承者、張俊涛(ちょう・しゅんとう)氏。中国の家庭の家訓や家宝にまつわる品々を展示する「2019中華家風文化テーマ展」が24日、北京にある記念公園、中華世紀壇で開幕した。同展覧会は16年に初開催され、今年で4回目となる。(北京=新華社記者/羅暁光)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019012820986

    「新華社」 北京で中華家風文化テーマ展開幕  24日、ペー族の木製楽器を見る来場者。中国の家庭の家訓や家宝にまつわる品々を展示する「2019中華家風文化テーマ展」が24日、北京にある記念公園、中華世紀壇で開幕した。同展覧会は16年に初開催され、今年で4回目となる。(北京=新華社記者/羅暁光)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019012820639

    「新華社」 北京で中華家風文化テーマ展開幕  24日、「中華家風文化テーマ展」の展示品を鑑賞する来場者。中国の家庭の家訓や家宝にまつわる品々を展示する「2019中華家風文化テーマ展」が24日、北京にある記念公園、中華世紀壇で開幕した。同展覧会は16年に初開催され、今年で4回目となる。(北京=新華社記者/羅暁光)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018101801679

    「新華社」 上海国際楽器展覧会が空前の盛況最高販売額は128万元  10日、128万元で販売された、金がはめ込まれた紅木製の筝「海上鳳韻」。この筝には、「敦煌牌」の筝製作加工技術と、上海のジュエリーブランド「老鳳祥」の金銀細工製作技術という2つの中国国家指定無形文化財の伝承技術が採用されている。年に1度の中国(上海)国際楽器展覧会(MusicChina)が10日から13日まで、上海新国際博覧センターで開催された。今年は民族楽器製造販売大手の上海民族楽器一廠の創立60周年に当たり、500平方メートル余りの展覧スペースに国内外からの多くの観光客が詰めかけた。新中国民族楽器生産のリーダーとして、上海民族楽器一廠とその登録商標の「敦煌牌」は国内外で広く知られており、このうち筝(そう)の年間生産量と販売量はいずれも9万台を上回っている。「敦煌」などの文化テーマを巡り革新的な研究開発を展開しており、今回の楽器展にも50点近くの新製品を出展した。「海上鳳韻」と名付けられた、金がはめ込まれた紅木製の筝は128万元(1元=約16円)で販売され、今回の展覧会で最も注目を集めた中国民族楽器の一つとなった。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018101801653

    「新華社」 上海国際楽器展覧会が空前の盛況最高販売額は128万元  10日、中国(上海)国際楽器展覧会会場で試奏する上海の筝愛好家。年に1度の中国(上海)国際楽器展覧会(MusicChina)が10日から13日まで、上海新国際博覧センターで開催された。今年は民族楽器製造販売大手の上海民族楽器一廠の創立60周年に当たり、500平方メートル余りの展覧スペースに国内外からの多くの観光客が詰めかけた。新中国民族楽器生産のリーダーとして、上海民族楽器一廠とその登録商標の「敦煌牌」は国内外で広く知られており、このうち筝の年間生産量と販売量はいずれも9万台を上回っている。「敦煌」などの文化テーマを巡り革新的な研究開発を展開しており、今回の楽器展にも50点近くの新製品を出展した。「海上鳳韻」と名付けられた、金がはめ込まれた紅木製の筝は128万元(1元=約16円)で販売され、今回の展覧会で最も注目を集めた中国民族楽器の一つとなった。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018101801765

    「新華社」 上海国際楽器展覧会が空前の盛況最高販売額は128万元  10日、唐代の4弁花菱紋、6弁花菱紋などのデザイン様式を二胡や筝などのデザインに取り入れた「大唐雅韻」シリーズの楽器。年に1度の中国(上海)国際楽器展覧会(MusicChina)が10日から13日まで、上海新国際博覧センターで開催された。今年は民族楽器製造販売大手の上海民族楽器一廠の創立60周年に当たり、500平方メートル余りの展覧スペースに国内外からの多くの観光客が詰めかけた。新中国民族楽器生産のリーダーとして、上海民族楽器一廠とその登録商標の「敦煌牌」は国内外で広く知られており、このうち筝の年間生産量と販売量はいずれも9万台を上回っている。「敦煌」などの文化テーマを巡り革新的な研究開発を展開しており、今回の楽器展にも50点近くの新製品を出展した。「海上鳳韻」と名付けられた、金がはめ込まれた紅木製の筝は128万元(1元=約16円)で販売され、今回の展覧会で最も注目を集めた中国民族楽器の一つとなった。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018101801775

    「新華社」 上海国際楽器展覧会が空前の盛況最高販売額は128万元  10日、唐代の4弁花菱紋、6弁花菱紋などのデザイン様式を二胡や筝などのデザインに取り入れた「大唐雅韻」シリーズの楽器。年に1度の中国(上海)国際楽器展覧会(MusicChina)が10日から13日まで、上海新国際博覧センターで開催された。今年は民族楽器製造販売大手の上海民族楽器一廠の創立60周年に当たり、500平方メートル余りの展覧スペースに国内外からの多くの観光客が詰めかけた。新中国民族楽器生産のリーダーとして、上海民族楽器一廠とその登録商標の「敦煌牌」は国内外で広く知られており、このうち筝の年間生産量と販売量はいずれも9万台を上回っている。「敦煌」などの文化テーマを巡り革新的な研究開発を展開しており、今回の楽器展にも50点近くの新製品を出展した。「海上鳳韻」と名付けられた、金がはめ込まれた紅木製の筝は128万元(1元=約16円)で販売され、今回の展覧会で最も注目を集めた中国民族楽器の一つとなった。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018101801777

    「新華社」 上海国際楽器展覧会が空前の盛況最高販売額は128万元  10日、さまざまな伝統工芸を通じて、敦煌壁画の仏像、天女、舞踏、美しい装飾図案などを中国民族楽器の製作に融合させた「敦煌」シリーズの楽器。年に1度の中国(上海)国際楽器展覧会(MusicChina)が10日から13日まで、上海新国際博覧センターで開催された。今年は民族楽器製造販売大手の上海民族楽器一廠の創立60周年に当たり、500平方メートル余りの展覧スペースに国内外からの多くの観光客が詰めかけた。新中国民族楽器生産のリーダーとして、上海民族楽器一廠とその登録商標の「敦煌牌」は国内外で広く知られており、このうち筝の年間生産量と販売量はいずれも9万台を上回っている。「敦煌」などの文化テーマを巡り革新的な研究開発を展開しており、今回の楽器展にも50点近くの新製品を出展した。「海上鳳韻」と名付けられた、金がはめ込まれた紅木製の筝は128万元(1元=約16円)で販売され、今回の展覧会で最も注目を集めた中国民族楽器の一つとなった。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018101801792

    「新華社」 上海国際楽器展覧会が空前の盛況最高販売額は128万元  10日、さまざまな伝統工芸を通じて、敦煌壁画の仏像、天女、舞踏、美しい装飾図案などを中国民族楽器の製作に融合させた「敦煌」シリーズの楽器。年に1度の中国(上海)国際楽器展覧会(MusicChina)が10日から13日まで、上海新国際博覧センターで開催された。今年は民族楽器製造販売大手の上海民族楽器一廠の創立60周年に当たり、500平方メートル余りの展覧スペースに国内外からの多くの観光客が詰めかけた。新中国民族楽器生産のリーダーとして、上海民族楽器一廠とその登録商標の「敦煌牌」は国内外で広く知られており、このうち筝の年間生産量と販売量はいずれも9万台を上回っている。「敦煌」などの文化テーマを巡り革新的な研究開発を展開しており、今回の楽器展にも50点近くの新製品を出展した。「海上鳳韻」と名付けられた、金がはめ込まれた紅木製の筝は128万元(1元=約16円)で販売され、今回の展覧会で最も注目を集めた中国民族楽器の一つとなった。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像