検索結果 100 件中 1 件 〜 50 件 "文化展示"
  1. 2019122000905

    「新華社」 中国初の総合型橋梁博物館、湖北省武漢市に開館  18日、橋の模型を見学する来館者。中国初の総合型橋梁博物館が18日、湖北省武漢市に正式に開館した。同館は建築面積約3千平方メートルで、中鉄大橋局が建築と開館準備を担った。館内には中国古代の橋、中国近現代の橋、世界の橋の総覧、橋梁文化展示、橋の双方向体験など八つの展示エリアがある。豊富な収蔵品と最新の音響光学技術を通じ、中国の橋の発展の軌跡をひもとき、橋梁建設の成果を全面的に展示している。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019122000901

    「新華社」 中国初の総合型橋梁博物館、湖北省武漢市に開館  18日、展示された古い道具類を見学する来館者。中国初の総合型橋梁博物館が18日、湖北省武漢市に正式に開館した。同館は建築面積約3千平方メートルで、中鉄大橋局が建築と開館準備を担った。館内には中国古代の橋、中国近現代の橋、世界の橋の総覧、橋梁文化展示、橋の双方向体験など八つの展示エリアがある。豊富な収蔵品と最新の音響光学技術を通じ、中国の橋の発展の軌跡をひもとき、橋梁建設の成果を全面的に展示している。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019122000933

    「新華社」 中国初の総合型橋梁博物館、湖北省武漢市に開館  18日、館内を見学する来館者。中国初の総合型橋梁博物館が18日、湖北省武漢市に正式に開館した。同館は建築面積約3千平方メートルで、中鉄大橋局が建築と開館準備を担った。館内には中国古代の橋、中国近現代の橋、世界の橋の総覧、橋梁文化展示、橋の双方向体験など八つの展示エリアがある。豊富な収蔵品と最新の音響光学技術を通じ、中国の橋の発展の軌跡をひもとき、橋梁建設の成果を全面的に展示している。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019122000891

    「新華社」 中国初の総合型橋梁博物館、湖北省武漢市に開館  18日、橋の模型を見学する来館者。中国初の総合型橋梁博物館が18日、湖北省武漢市に正式に開館した。同館は建築面積約3千平方メートルで、中鉄大橋局が建築と開館準備を担った。館内には中国古代の橋、中国近現代の橋、世界の橋の総覧、橋梁文化展示、橋の双方向体験など八つの展示エリアがある。豊富な収蔵品と最新の音響光学技術を通じ、中国の橋の発展の軌跡をひもとき、橋梁建設の成果を全面的に展示している。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019122000899

    「新華社」 中国初の総合型橋梁博物館、湖北省武漢市に開館  18日、館内でVRを体験する来館者。中国初の総合型橋梁博物館が18日、湖北省武漢市に正式に開館した。同館は建築面積約3千平方メートルで、中鉄大橋局が建築と開館準備を担った。館内には中国古代の橋、中国近現代の橋、世界の橋の総覧、橋梁文化展示、橋の双方向体験など八つの展示エリアがある。豊富な収蔵品と最新の音響光学技術を通じ、中国の橋の発展の軌跡をひもとき、橋梁建設の成果を全面的に展示している。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019102801017

    「新華社」 天津最初の合弁企業、王朝葡萄醸酒を訪ねて  23日、王朝葡萄醸酒の文化展示室に陳列された同社のワイン。中国天津市で24~27日に開催された第101回全国糖酒商品交易会に合わせ、記者はこのほど、同市を代表するワイン企業、王朝葡萄醸酒(ダイナスティ・ワイナリー)を訪ねた。1980年に中国とフランスの合弁で設立された同社は、天津市で初、全国でも2番目の中国と外資による合弁企業として知られる。同社の充填工場には、イタリア製のワイン自動充填ラインが3本導入されており、1ライン当たり毎時1万2千~1万5千本のワインを充填できる。100種類以上の製品が生産でき、年間生産能力は6万トンに達する。面積約5千平方メートルの地下貯蔵庫には7千個以上のオーク樽が貯蔵されており、容量は最大のもので5千リットルもあるという。(天津=新華社記者/劉惟真)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019102801013

    「新華社」 天津最初の合弁企業、王朝葡萄醸酒を訪ねて  23日、王朝葡萄醸酒の文化展示室を見学する来場者。中国天津市で24~27日に開催された第101回全国糖酒商品交易会に合わせ、記者はこのほど、同市を代表するワイン企業、王朝葡萄醸酒(ダイナスティ・ワイナリー)を訪ねた。1980年に中国とフランスの合弁で設立された同社は、天津市で初、全国でも2番目の中国と外資による合弁企業として知られる。同社の充填工場には、イタリア製のワイン自動充填ラインが3本導入されており、1ライン当たり毎時1万2千~1万5千本のワインを充填できる。100種類以上の製品が生産でき、年間生産能力は6万トンに達する。面積約5千平方メートルの地下貯蔵庫には7千個以上のオーク樽が貯蔵されており、容量は最大のもので5千リットルもあるという。(天津=新華社記者/宋瑞)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019102800665

    「新華社」 天津最初の合弁企業、王朝葡萄醸酒を訪ねて  23日、王朝葡萄醸酒の文化展示室の一角に展示されているオーク樽。中国天津市で24~27日に開催された第101回全国糖酒商品交易会に合わせ、記者はこのほど、同市を代表するワイン企業、王朝葡萄醸酒(ダイナスティ・ワイナリー)を訪ねた。1980年に中国とフランスの合弁で設立された同社は、天津市で初、全国でも2番目の中国と外資による合弁企業として知られる。同社の充填工場には、イタリア製のワイン自動充填ラインが3本導入されており、1ライン当たり毎時1万2千~1万5千本のワインを充填できる。100種類以上の製品が生産でき、年間生産能力は6万トンに達する。面積約5千平方メートルの地下貯蔵庫には7千個以上のオーク樽が貯蔵されており、容量は最大のもので5千リットルもあるという。(天津=新華社記者/宋瑞)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019102104266

    「新華社」 間もなく迎えるミャオ族の正月「苗年」貴州省雷山県  貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州雷山県の「苗年」を祝う活動。(資料写真)「中国ミャオ族文化展示中心地」とも呼ばれる貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県では、地元に住む約13万人のミャオ族の人たちが旧暦の11月1日に伝統の祝日「苗年」(ミャオ族の正月)を迎える。同県人民政府はこのほど、同日から15日間にわたってさまざまな苗年の各種行事や文化展示を行うと発表した。(雷山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019102104165

    「新華社」 間もなく迎えるミャオ族の正月「苗年」貴州省雷山県  貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州雷山県で行われる「苗年」祝賀の様子。(資料写真、組み合わせ写真)「中国ミャオ族文化展示中心地」とも呼ばれる貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県では、地元に住む約13万人のミャオ族の人たちが旧暦の11月1日に伝統の祝日「苗年」(ミャオ族の正月)を迎える。同県人民政府はこのほど、同日から15日間にわたってさまざまな苗年の各種行事や文化展示を行うと発表した。(雷山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019080800939

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアの施設内の景観。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/朱筱)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019080800951

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアに併設された無形文化遺産芸術センター。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/朱筱)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019080800942

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアの庭園。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/朱筱)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019080800936

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアの外観。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/朱筱)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019080800894

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアに併設された輸入商品館。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/朱筱)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019080800877

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアの外観。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/朱筱)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019080800954

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアのロボットレストラン。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/陸華東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019080800897

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアに併設された科学技術館。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/朱筱)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019080800899

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアに併設された科学技術館。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/朱筱)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019080800892

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアの庭園。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/朱筱)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019080800947

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアのロボットレストラン。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/陸華東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019080800934

    「新華社」 ネットで人気の高速サービスエリア風情とモダンを楽しむ  7月31日、陽澄湖サービスエリアに併設された無形文化遺産芸術センター。中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、同省蘇州工業パークの唯亭鎮にある。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面する。同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れており、大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。施設を運営する嘉興市凱通投資の陶玉偉(とう・ぎょくい)氏は、同サービスエリアの面積は5万平方メートル近くあり、中国で最も規模の大きいサービスエリアの一つだと紹介。飲食や小売などの施設以外にも科学技術体験や文化展示、ミニチュア庭園などが設けられており、スマート公衆トイレやロボットレストランなど最先端要素も取り入れているという。(蘇州=新華社記者/朱筱)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019072301169

    「新華社」 夏の観光シーズン迎えた陝西省西安市  19日、西安市の回民街にある歴史文化展示館を見学する観光客。中国陝西省西安市は夏の間、市内の観光地が多くの人でにぎわう。観光客らは歴史・文化スポットを訪れ、地元の伝統料理を味わい、千年の歴史を持つ古都で重厚感とファッションが融合した独特な魅力を体感した。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019071810012

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で来場者に展示品を紹介する出展者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019071810015

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を陳列するパキスタンの出展者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019071810020

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を鑑賞する来場者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019071809971

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を眺める来場者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019071809928

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を眺める来場者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019071810017

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で来場者に展示品を紹介する出展者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019071809954

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を手に取る来場者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019071810010

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で来場者に展示品を紹介する出展者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019071810013

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会のアニメ・ゲーム展示エリア。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019071810006

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を陳列するパキスタンの出展者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019071809972

    「新華社」 イルミネーションショーで農村振興を後押し浙江省安吉県  11日、夜の闇に包まれた「テントホテル」エリア。中国浙江省安吉(あんきつ)県霊峰街道剣山村にある蔓塘里(まんとうり)自然村の芸術公社「大地の光」による第1期プロジェクトがまもなく一般に向けて試験運営される。プロジェクトをいち早く見ようと、大勢の観光客が同村を訪れている。プロジェクトは、イルミネーションショーや芸術展示・創作、竹・藤細工文化展示、農村市場などを集約したアグリツーリズムの複合体で、芸術の形を通して安吉特有の人的・文化、地貌と景観を広くアピールする。また、同村は観光事業を充実させると同時に、遊休資産を活用し、農民のプロジェクト経営への参与を奨励して、美しい農村の建設から美しい農村の経営への転換を果たすことで農村振興を後押しする。(安吉=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019071809993

    「新華社」 イルミネーションショーで農村振興を後押し浙江省安吉県  11日、イルミネーションで飾られた塀の前を通り過ぎる子どもたち。中国浙江省安吉(あんきつ)県霊峰街道剣山村にある蔓塘里(まんとうり)自然村の芸術公社「大地の光」による第1期プロジェクトがまもなく一般に向けて試験運営される。プロジェクトをいち早く見ようと、大勢の観光客が同村を訪れている。プロジェクトは、イルミネーションショーや芸術展示・創作、竹・藤細工文化展示、農村市場などを集約したアグリツーリズムの複合体で、芸術の形を通して安吉特有の人的・文化、地貌と景観を広くアピールする。また、同村は観光事業を充実させると同時に、遊休資産を活用し、農民のプロジェクト経営への参与を奨励して、美しい農村の建設から美しい農村の経営への転換を果たすことで農村振興を後押しする。(安吉=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019071809999

    「新華社」 イルミネーションショーで農村振興を後押し浙江省安吉県  11日、イルミネーションショーを楽しむ観光客。中国浙江省安吉(あんきつ)県霊峰街道剣山村にある蔓塘里(まんとうり)自然村の芸術公社「大地の光」による第1期プロジェクトがまもなく一般に向けて試験運営される。プロジェクトをいち早く見ようと、大勢の観光客が同村を訪れている。プロジェクトは、イルミネーションショーや芸術展示・創作、竹・藤細工文化展示、農村市場などを集約したアグリツーリズムの複合体で、芸術の形を通して安吉特有の人的・文化、地貌と景観を広くアピールする。また、同村は観光事業を充実させると同時に、遊休資産を活用し、農民のプロジェクト経営への参与を奨励して、美しい農村の建設から美しい農村の経営への転換を果たすことで農村振興を後押しする。(安吉=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019071810005

    「新華社」 イルミネーションショーで農村振興を後押し浙江省安吉県  11日、イルミネーションショーを楽しむ観光客。中国浙江省安吉(あんきつ)県霊峰街道剣山村にある蔓塘里(まんとうり)自然村の芸術公社「大地の光」による第1期プロジェクトがまもなく一般に向けて試験運営される。プロジェクトをいち早く見ようと、大勢の観光客が同村を訪れている。プロジェクトは、イルミネーションショーや芸術展示・創作、竹・藤細工文化展示、農村市場などを集約したアグリツーリズムの複合体で、芸術の形を通して安吉特有の人的・文化、地貌と景観を広くアピールする。また、同村は観光事業を充実させると同時に、遊休資産を活用し、農民のプロジェクト経営への参与を奨励して、美しい農村の建設から美しい農村の経営への転換を果たすことで農村振興を後押しする。(安吉=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019071809979

    「新華社」 イルミネーションショーで農村振興を後押し浙江省安吉県  11日、竹で作られた空間でイルミネーションショーを楽しむ観光客。中国浙江省安吉(あんきつ)県霊峰街道剣山村にある蔓塘里(まんとうり)自然村の芸術公社「大地の光」による第1期プロジェクトがまもなく一般に向けて試験運営される。プロジェクトをいち早く見ようと、大勢の観光客が同村を訪れている。プロジェクトは、イルミネーションショーや芸術展示・創作、竹・藤細工文化展示、農村市場などを集約したアグリツーリズムの複合体で、芸術の形を通して安吉特有の人的・文化、地貌と景観を広くアピールする。また、同村は観光事業を充実させると同時に、遊休資産を活用し、農民のプロジェクト経営への参与を奨励して、美しい農村の建設から美しい農村の経営への転換を果たすことで農村振興を後押しする。(安吉=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019071809965

    「新華社」 イルミネーションショーで農村振興を後押し浙江省安吉県  11日、イルミネーションが投影された壁の前で撮影する観光客。中国浙江省安吉(あんきつ)県霊峰街道剣山村にある蔓塘里(まんとうり)自然村の芸術公社「大地の光」による第1期プロジェクトがまもなく一般に向けて試験運営される。プロジェクトをいち早く見ようと、大勢の観光客が同村を訪れている。プロジェクトは、イルミネーションショーや芸術展示・創作、竹・藤細工文化展示、農村市場などを集約したアグリツーリズムの複合体で、芸術の形を通して安吉特有の人的・文化、地貌と景観を広くアピールする。また、同村は観光事業を充実させると同時に、遊休資産を活用し、農民のプロジェクト経営への参与を奨励して、美しい農村の建設から美しい農村の経営への転換を果たすことで農村振興を後押しする。(安吉=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019071809968

    「新華社」 イルミネーションショーで農村振興を後押し浙江省安吉県  11日、「森林の迷宮」エリアを散策する観光客。中国浙江省安吉(あんきつ)県霊峰街道剣山村にある蔓塘里(まんとうり)自然村の芸術公社「大地の光」による第1期プロジェクトがまもなく一般に向けて試験運営される。プロジェクトをいち早く見ようと、大勢の観光客が同村を訪れている。プロジェクトは、イルミネーションショーや芸術展示・創作、竹・藤細工文化展示、農村市場などを集約したアグリツーリズムの複合体で、芸術の形を通して安吉特有の人的・文化、地貌と景観を広くアピールする。また、同村は観光事業を充実させると同時に、遊休資産を活用し、農民のプロジェクト経営への参与を奨励して、美しい農村の建設から美しい農村の経営への転換を果たすことで農村振興を後押しする。(安吉=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019062804406

    「DPA」 Pk on the further development of the Humboldt Forum 26 June 2019, Berlin: Blue sky frames the Humboldt Forum. After a meeting of the Board of Trustees, those responsible expressed their views to journalists. The gradual opening of the cultural and exhibition centre, originally scheduled for November 2019 and costing around 600 million euros, was cancelled and postponed a few weeks ago. Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  42. 2019062804536

    「DPA」 Pk on the further development of the Humboldt Forum 26 June 2019, Berlin: The television tower towers above the Humboldt Forum. After a meeting of the Board of Trustees, those responsible expressed their views to journalists. The gradual opening of the cultural and exhibition centre, originally scheduled for November 2019 and costing around 600 million euros, was cancelled and postponed a few weeks ago. Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  43. 2019062804303

    「DPA」 Pk on the further development of the Humboldt Forum 26 June 2019, Berlin: Blue sky frames the Humboldt Forum. After a meeting of the Board of Trustees, those responsible expressed their views to journalists. The gradual opening of the cultural and exhibition centre, originally scheduled for November 2019 and costing around 600 million euros, was cancelled and postponed a few weeks ago. Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  44. 2019062803924

    「DPA」 Pk on the further development of the Humboldt Forum 26 June 2019, Berlin: The General Director of the Humboldt Forum, Hartmut Dorgerloh, will speak to journalists after a meeting of the Board of Trustees. The gradual opening of the cultural and exhibition centre, originally scheduled for November 2019 and costing around 600 million euros, was cancelled and postponed a few weeks ago. Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  45. 2019062803954

    「DPA」 Pk on the further development of the Humboldt Forum 26 June 2019, Berlin: Blue sky frames the Humboldt Forum. After a meeting of the Board of Trustees, those responsible expressed their views to journalists. The gradual opening of the cultural and exhibition centre, originally scheduled for November 2019 and costing around 600 million euros, was cancelled and postponed a few weeks ago. Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  46. 2019062804563

    「DPA」 Pk on the further development of the Humboldt Forum 26 June 2019, Berlin: Hans-Dieter Hegner, Chief Building Officer of the Foundation for the Humboldt Forum, will attend a press conference after a meeting of the Board of Trustees. The gradual opening of the cultural and exhibition centre, originally scheduled for November 2019 and costing around 600 million euros, was cancelled and postponed a few weeks ago. Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  47. 2019062804134

    「DPA」 Pk on the further development of the Humboldt Forum 26 June 2019, Berlin: The General Director of the Humboldt Forum, Hartmut Dorgerloh (r), will attend a press conference after a meeting of the Foundation Board. The gradual opening of the cultural and exhibition centre, originally scheduled for November 2019 and costing around 600 million euros, was cancelled and postponed a few weeks ago. Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  48. 2019062804429

    「DPA」 Pk on the further development of the Humboldt Forum 26 June 2019, Berlin: Blue sky frames the Humboldt Forum. After a meeting of the Board of Trustees, those responsible expressed their views to journalists. The gradual opening of the cultural and exhibition centre, originally scheduled for November 2019 and costing around 600 million euros, was cancelled and postponed a few weeks ago. Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  49. 2019062803939

    「DPA」 Pk on the further development of the Humboldt Forum 26 June 2019, Berlin: The General Director of the Humboldt Forum, Hartmut Dorgerloh, will speak to journalists after a meeting of the Board of Trustees. The gradual opening of the cultural and exhibition centre, originally scheduled for November 2019 and costing around 600 million euros, was cancelled and postponed a few weeks ago. Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  50. 2019062804346

    「DPA」 Pk on the further development of the Humboldt Forum 26 June 2019, Berlin: The General Director of the Humboldt Forum, Hartmut Dorgerloh, will speak to journalists after a meeting of the Board of Trustees. The gradual opening of the cultural and exhibition centre, originally scheduled for November 2019 and costing around 600 million euros, was cancelled and postponed a few weeks ago. Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像