検索結果 40 件中 1 件 〜 40 件 "文化生態"
  1. 2020091400347

    山西大同大学、雲岡石窟の研究・人材育成の拠点を設立  雲岡石窟の第5、6窟。(資料写真)中国山西省大同市の山西大同大学で9日、同大学に新たに設立された、雲岡学学院と雲岡文化生態研究院のプレート除幕式が行われた。雲岡石窟に関する研究と人材育成の拠点構築を目指す。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020091400340

    山西大同大学、雲岡石窟の研究・人材育成の拠点を設立  雲岡石窟の旧山門と後方にそびえる第5、6窟。(資料写真)中国山西省大同市の山西大同大学で9日、同大学に新たに設立された、雲岡学学院と雲岡文化生態研究院のプレート除幕式が行われた。雲岡石窟に関する研究と人材育成の拠点構築を目指す。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020091400377

    山西大同大学、雲岡石窟の研究・人材育成の拠点を設立  雲岡石窟の外観。(資料写真)中国山西省大同市の山西大同大学で9日、同大学に新たに設立された、雲岡学学院と雲岡文化生態研究院のプレート除幕式が行われた。雲岡石窟に関する研究と人材育成の拠点構築を目指す。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020091400386

    山西大同大学、雲岡石窟の研究・人材育成の拠点を設立  9日、山西大同大学に設立された雲岡学学院と雲岡文化生態研究院のプレート除幕式。中国山西省大同市の山西大同大学で9日、同大学に新たに設立された、雲岡学学院と雲岡文化生態研究院のプレート除幕式が行われた。雲岡石窟に関する研究と人材育成の拠点構築を目指す。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020082504396

    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省  21日、黄鶴楼を訪れた多くの観光客。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020082504384

    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省  21日、黄鶴楼の入り口で観光客の身元情報を確認するスタッフ。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020082504320

    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省  21日、黄鶴楼で行われたイベントで絵を描く子どもたち。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020082504379

    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省  21日、電話で問い合わせを受ける黄鶴楼風景区観光サービスセンターのスタッフ。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020082504362

    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省  21日、観光客でにぎわう黄鶴楼。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020082504369

    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省  21日、黄鶴楼の入り口で保安検査と感染防止対策に協力する観光客。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020091400304

    山西大同大学、雲岡石窟の研究・人材育成の拠点を設立  雲岡石窟第20窟の仏像。(7月8日撮影)中国山西省大同市の山西大同大学で9日、同大学に新たに設立された、雲岡学学院と雲岡文化生態研究院のプレート除幕式が行われた。雲岡石窟に関する研究と人材育成の拠点構築を目指す。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062204503

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、作業する刺繍娘ら。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社配信/黎徳華)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062204500

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、生徒(右)に刺しゅう技術を教える刺繍娘(左)。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社配信/黎徳華)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062204502

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、作業する刺繍娘ら。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062204593

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、牡丹を刺しゅうする刺繍娘。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019022500536

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示されたスイセンの生け花作品。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019022500484

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で、スイセンの生け花作品を撮影する観光客。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019022500501

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示された、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセン。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019022500445

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示されたスイセンの生け花作品。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019022500446

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示された、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセン。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019022500504

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示されたスイセンの生け花作品。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019022500534

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示された、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセン。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019022500542

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示された、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセン。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019022500497

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示された、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセン。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019022500525

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示された、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセン。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019022500547

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示されたスイセンの生け花作品。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019022500447

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示されたスイセンの生け花作品。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019022500679

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示された、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセン。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019022500505

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示された、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセン。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019022500464

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で写真を撮る市民。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019022500465

    元宵節を祝う水仙芸術展開催福建省漳州市  20日、水仙文化芸術展で展示された、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセン。旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に合わせ、2019年元宵節南湖水仙文化芸術展がこのほど、中国福建省漳州(しょうしゅう)市の南湖文化生態園で開催された。同展は「スイセン文化区」、花や葉に切り込みを入れて造形したスイセンを展示する「芸術彫刻区」、その場でスイセンを造形する「現場彫刻区」の三部門からなり、1万3千鉢余りのスイセンとスイセンを使った生け花作品700点余りが展示された。漳州市のスイセンは中国十大伝統名花の一つで、福建省と同市を代表する花でもある。同市には500年以上のスイセン栽培の歴史がある。(漳州=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018100919326

    爽やかな秋の1日、自然を求めて出かけよう吉林省長春  4日、長春市の「水文化生態公園」で、森林浴を楽しむ市民。国慶節(建国記念日)の連休が4日目に入った中国吉林省長春市は晴天に恵まれ、市民らが秋の爽やかさを求めて出かけ、自然の美しさを存分に味わった。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018100918827

    爽やかな秋の1日、自然を求めて出かけよう吉林省長春  4日、長春市の「水文化生態公園」を散策する市民。国慶節(建国記念日)の連休が4日目に入った中国吉林省長春市は晴天に恵まれ、市民らが秋の爽やかさを求めて出かけ、自然の美しさを存分に味わった。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018100919716

    爽やかな秋の1日、自然を求めて出かけよう吉林省長春  4日、長春市の「水文化生態公園」を散策する市民。国慶節(建国記念日)の連休が4日目に入った中国吉林省長春市は晴天に恵まれ、市民らが秋の爽やかさを求めて出かけ、自然の美しさを存分に味わった。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018100918991

    爽やかな秋の1日、自然を求めて出かけよう吉林省長春  4日、長春市の「水文化生態公園」で、思い思いに楽しむ市民ら。国慶節(建国記念日)の連休が4日目に入った中国吉林省長春市は晴天に恵まれ、市民らが秋の爽やかさを求めて出かけ、自然の美しさを存分に味わった。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018100321367

    異彩を放つ無形文化遺産広西チワン族自治区  上:広西チワン族自治区環江(かんこう)マオナン族自治県思恩(しおん)鎮住民の自宅で、マオナン族の花竹帽を編む譚素娟(たん・そえん)さん。譚さんは国家級無形文化遺産プロジェクト(マオナン族の花竹帽を編む技術)を代表する伝承者。(7月26日撮影)下:広西チワン族自治区環江マオナン族自治県思恩鎮の自宅で、娘の覃敏(たん・びん)さんに花竹帽の編み方を教える譚素娟さん(右)。マオナン族の花竹帽を編む技術は国家級無形文化遺産リストに登録されている。(7月26日撮影)(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区は成立から60年にわたり、自治区全体の文化は大きく発展・繁栄を遂げ、さまざまな無形文化遺産が異彩を放ってきた。同自治区文化庁のデータによると、現在広西チワン族自治区の国家級無形文化遺産は50件、自治区級無形文化遺産は618件、国家級無形文化遺産を代表する伝承者は49人、自治区級無形文化遺産を代表する伝承者は555人に達しており、同自治区には国家級文化生態保護試験区1カ所、自治区級文化生態保護試験区6カ所があるという。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018100321395

    異彩を放つ無形文化遺産広西チワン族自治区  上:広西チワン族自治区環江マオナン族自治県洛陽鎮江口村大河屯の自宅で、マオナン族の「儺面(なめん)」(儺とは神を迎え厄払いをする古代の習俗を指し、儺面は厄払いの儀式などに用いられる)を彫る方文展さん。方さんは自治区級無形文化遺産プロジェクト(マオナン族の木彫り技術)を代表する伝承者。(7月25日撮影)下:広西チワン族自治区環江マオナン族自治県洛陽鎮江口村大河屯の自宅で、完成したマオナン族の儺面を付けてみる方文展さん。マオナン族の儺面は国家級無形文化遺産である伝統的な行事「毛南族肥套(マオナン族ひとう)」で必ず付ける仮面でもある。(7月25日撮影)(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区は成立から60年にわたり、自治区全体の文化は大きく発展・繁栄を遂げ、さまざまな無形文化遺産が異彩を放ってきた。同自治区文化庁のデータによると、現在広西チワン族自治区の国家級無形文化遺産は50件、自治区級無形文化遺産は618件、国家級無形文化遺産を代表する伝承者は49人、自治区級無形文化遺産を代表する伝承者は555人に達しており、同自治区には国家級文化生態保護試験区1カ所、自治区級文化生態保護試験区6カ所があるという。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018100321388

    異彩を放つ無形文化遺産広西チワン族自治区  上:広西チワン族自治区南寧市賓陽(ひんよう)県賓州鎮で、「炮竜」(ほうりゅう、竜舞と爆竹で知られる伝統行事「炮竜節」で使う竜)を制作する鄒玉特(すう・ぎょくとく)さん。鄒さんは広西無形文化遺産プロジェクトを代表する伝承者。(2016年2月16日撮影)下:炮竜節で「炮竜」の舞を披露する広西チワン族自治区賓陽県賓州鎮の人々。広西賓陽炮竜節は国家級無形文化遺産リストに登録されている。(2017年2月7日撮影)(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区は成立から60年にわたり、自治区全体の文化は大きく発展・繁栄を遂げ、さまざまな無形文化遺産が異彩を放ってきた。同自治区文化庁のデータによると、現在広西チワン族自治区の国家級無形文化遺産は50件、自治区級無形文化遺産は618件、国家級無形文化遺産を代表する伝承者は49人、自治区級無形文化遺産を代表する伝承者は555人に達しており、同自治区には国家級文化生態保護試験区1カ所、自治区級文化生態保護試験区6カ所があるという。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2017(平成29)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018100321417

    異彩を放つ無形文化遺産広西チワン族自治区  広西チワン族自治区桂林市永福県で、「彩調」を上演する役者。「彩調」は同自治区に広く伝わる戯曲の一つで、すでに国家級無形文化遺産リストに登録されている。(2012年10月12日撮影)(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区は成立から60年にわたり、自治区全体の文化は大きく発展・繁栄を遂げ、さまざまな無形文化遺産が異彩を放ってきた。同自治区文化庁のデータによると、現在広西チワン族自治区の国家級無形文化遺産は50件、自治区級無形文化遺産は618件、国家級無形文化遺産を代表する伝承者は49人、自治区級無形文化遺産を代表する伝承者は555人に達しており、同自治区には国家級文化生態保護試験区1カ所、自治区級文化生態保護試験区6カ所があるという。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2012(平成24)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2018100321383

    異彩を放つ無形文化遺産広西チワン族自治区  上:広西チワン族自治区馬山県古零鎮弄拉屯(ろうらとん)で、観光客に「チワン族会鼓」(同県のチワン族に伝わる民間の娯楽活動)を披露する韋建廷(い・けんてい)さん。韋さんは広西チワン族自治区無形文化遺産リストに登録された「チワン族会鼓」の代表的な伝承者。(2011年11月6日撮影)下:馬山県白山鎮で「チワン族会鼓」を披露する人たち。(2011年12月24日撮影)(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区は成立から60年にわたり、自治区全体の文化は大きく発展・繁栄を遂げ、さまざまな無形文化遺産が異彩を放ってきた。同自治区文化庁のデータによると、現在広西チワン族自治区の国家級無形文化遺産は50件、自治区級無形文化遺産は618件、国家級無形文化遺産を代表する伝承者は49人、自治区級無形文化遺産を代表する伝承者は555人に達しており、同自治区には国家級文化生態保護試験区1カ所、自治区級文化生態保護試験区6カ所があるという。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2011(平成23)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像