検索結果 1,332 件中 1 件 〜 50 件 "新潟県長岡市"
  1. 2020032513712

    東京五輪連載企画「勝利へのナビゲーター」5回続きの(3) 強打生み出す銀色テープ  ヨネックス社で大坂なおみ選手のラケット調整を担当する壱岐駿介さん=2019年12月、新潟県長岡市

  2. 2020031105156

    「東日本大震災9年」 中越地震被災地で黙とう  「希望の鐘」が鳴り響く中、黙とうする新潟県旧山古志村の住民ら=11日午後2時46分、新潟県長岡市

  3. 2020031104446

    「東日本大震災9年」 中越地震被災地で黙とう  東日本大震災の犠牲者を追悼する新潟県旧山古志村の住民ら=11日午後2時46分、新潟県長岡市

  4. 2020031104307

    ながら運転の男に実刑  閉廷後、記者会見する内山真理子さん=11日午後、新潟県長岡市

  5. 2020022023533

    元年国内 10154「経済ウイークリー」 打ち上げ花火年々多彩に  シーズンを迎え、花火倉庫で出荷を待つ花火の玉=新潟県長岡市の嘉瀬煙火工業 

  6. 2020011800014

    大坂支える日本製ラケット  ヨネックス社で大坂なおみ選手のラケット調整を担当する壱岐駿介さん=新潟県長岡市

  7. 2020011800005

    大坂支える日本製ラケット  ヨネックス社で大坂なおみ選手のラケット調整を担当する壱岐駿介さん=新潟県長岡市

  8. 2020020703343

    「日刊工業新聞」 軽量容器を採用した「日本のごはん」を手にする越後製菓の吉原社長  「開発に5年の歳月がかかった」。越後製菓(新潟県長岡市)の吉原忠彦社長は苦労をかみしめる。電子レンジで温める包装米飯「日本のごはん」の“超軽量容器”開発に5年を費やした。2012年に発売にこぎつけた商品のプラスチック製容器の重さは2グラム。従来品が15グラムだったので大幅な減量だ。通常の食品容器は中身の鮮度を保つため、複数の素材を複層化して空気を遮断する。同社は単一素材にし、薄くした。さらに形状を「おわん型」とし、手で運びやすい機能性にもこだわった。同社は容器の生産設備も自社開発するため、完成まで試行錯誤が続いた。いま、使い捨てプラの大量廃棄が問題となり、プラ使用量が少ない同社の容器が再評価されている。「おわん型」だと一食分なので食べ残しも防げる。環境配慮商品を表彰する「エコマークアワード」(日本環境協会主催)の19年度最優秀賞に選ばれた。選考委員長の西尾チヅル筑波大学教授は「先見の明とモノづくりへの情熱に敬意を表したい」とたたえた。発売から7年後の栄誉に吉原社長は「持続可能な社会の実現に向けて取り組みたい」と決意をあらたにした。環境改善につながる開発成果は色あせない。=2020(令和2)年1月16日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  9. 2019122700646

    1㌻特集「災害ボランティア25年」 受けた支援、次の被災地へ  台風19号で被災した神社で、堆積したわらなどを集める新潟県長岡市の高校生ら=2019年12月、栃木県佐野市

  10. 2019122700645

    1㌻特集「災害ボランティア25年」 受けた支援、次の被災地へ  台風19号で被災した神社で、わらなどを積み上げる新潟県長岡市の高校生=2019年12月、栃木県佐野市

  11. 2019120800049

    犠牲者悼み、日米友好強調  追悼式典に出席した新潟県長岡市の磯田達伸市長(後列左から2人目)とイゲ・ハワイ州知事(同3人目)、同市の高校生ら=7日、米ハワイ(共同)

  12. 2019120800043

    犠牲者悼み、日米友好強調  真珠湾攻撃の追悼式典に出席した新潟県長岡市の高校生や大学生ら=7日、米ハワイ(共同)

  13. 2019110900114

    上田桃子  女子プロゴルファー、2019年6月9日撮影、新潟県長岡市のヨネックスCC

  14. 2019112106218

    「日刊工業新聞」 長岡技科大・上村教授が開発した製氷システム  長岡技術科学大学の上村靖司教授は、放射冷却で人工的に製氷するシステムを実用化した。冷媒の流路が凍らせたい水の表面に接触しないことで、放射冷却状態を発生させて上部から徐々に凍らせる。天然氷のように、氷の結晶が単一の方向に向かっていて、かつ結晶が大きい氷ができる。サカタ製作所(新潟県長岡市)と連携して、来春にも業務用として氷の発売を目指す。開発した製氷システムは、低温倉庫の中で使う。凍らせるためのユニットは、水をためた水槽の上に置く。そのユニットの中に、冷媒の流路が巡ったブロックがあり、ユニットとブロックの間には窒素が詰められ、水蒸気が入らないようにした。ブロックと水面は直に接触しない。冷媒にはエチレングリコール製の不凍液を採用し、マイナス10―マイナス20度Cの状態で使う。冷媒を通すと、水表面から熱が奪われ、1時間に1ミリ―2ミリメートルのペースで凍る。「バーなどの飲食店で使う氷なら、3日ほどで作れる。天然氷なら10日以上かかり、効率的に高品質な氷が作れる」と上村教授は胸を張る。原料水の取り扱いに気を配れば気泡が入らず、露天で製氷しないので不純物も入りにくい。同システムは現在、サカタ製作所とともに改善を進めている。同社が新規事業としてかき氷機の製造とレンタルに取り組んでいることを上村教授が知っていたため、連携を打診した。衛生面に配慮した環境で生産性の高い氷づくりに着手。水質が良好な新潟県の水をアピールし、地域活性化も図って来春の自社での氷販売を視野に入れる。上村教授は、2020年の製氷システム本体の発売を検討しており、パートナー企業も募っている。=2019(令和元)年10月29日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  15. 2019102305856

    中越地震15年、犠牲者追悼  新潟県中越地震から15年、追悼式会場の近くでバルーンを飛ばす人たち=23日夜、新潟県長岡市

  16. 2019102304935

    中越地震15年、犠牲者追悼  新潟県中越地震から15年、発生時刻に合わせて黙とうをささげる人たち=23日午後5時56分、新潟県長岡市

  17. 2019102303831

    伝統守るため続ける変革  闘牛を披露する山古志闘牛会の会長松井富栄さん=23日午後、新潟県長岡市

  18. 2019102303830

    伝統守るため続ける変革  闘牛の特別試合に参加した佐藤秀雄さん(中央)=23日午後、新潟県長岡市

  19. 2019102000778

    競泳新潟県スプリント  男子50㍍自由形でスタートする萩野公介=新潟県長岡市

  20. 2019102000777

    競泳新潟県スプリント  女子50㍍背泳ぎで力泳する大橋悠依=新潟県長岡市

  21. 2019101400087

    被災地で救助や捜索続く  台風19号の影響で、床上まで浸水した自宅を調べる男性=14日午前7時36分、新潟県長岡市

  22. 2019101301056

    台風19号、各地で被害  台風19号の影響で浸水した新潟県長岡市の市街地=13日午後6時13分

  23. 2019101301016

    台風19号、各地で被害  台風19号による大雨で水に漬かった住宅街。左は信濃川=13日午後4時、新潟県長岡市(共同通信社ヘリから)

  24. 2019101300999

    台風19号、各地で被害  新潟県長岡市の排水作業=13日午後3時40分(共同通信社ヘリから)

  25. 2019101300936

    台風19号、各地で被害  台風19号による大雨で水に漬かり孤立した家屋=13日午後3時35分、新潟県長岡市(共同通信社ヘリから)

  26. 2019101300908

    台風19号、各地で被害  台風19号による大雨で水に漬かった住宅街。左下は信濃川=13日午後3時35分、新潟県長岡市(共同通信社ヘリから)

  27. 2019101300606

    台風19号、各地で被害  台風19号の影響で冠水した道路を歩く人=13日午後3時39分、新潟県長岡市

  28. 2019101300605

    台風19号、各地で被害  台風19号の影響で冠水した道路を歩く人=13日午後4時9分、新潟県長岡市

  29. 2019101300604

    台風19号、各地で被害  台風19号の影響で冠水した道路を歩く人=13日午後3時17分、新潟県長岡市

  30. 2019092900231

    元年国内 4193 山本五十六機の一部公開へ  46年ぶりに故国に里帰りした山本五十六連合艦隊司令長官の搭乗機の一部=新潟県長岡市の長岡商工会議所 

  31. 2019091809065

    新潟の小学校校長ら逮捕  長岡市立小校長の逮捕を受け、記者会見で頭を下げる同市教育委員会の関係者ら=18日午後、新潟県長岡市

  32. 2019091809068

    新潟の小学校校長ら逮捕  長岡市立小校長の逮捕を受け、記者会見する同市教育委員会の金沢俊道教育長=18日午後、新潟県長岡市

  33. 2019091204991

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある「錦鯉の里」の一角。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019091204985

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある「錦鯉の里」の入り口。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019091204993

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある和泉屋養鯉場の野池で、自社ブランドの錦鯉「山吹黄金」に餌を与える同社の間野泉一社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019091204977

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で、錦鯉を眺める来場者。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019091204988

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で撮影した錦鯉。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019091204983

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で撮影した錦鯉。錦鯉は周りの環境に合わせて成長する特性をもっている。庭の池はもちろん、まだ小さい錦鯉なら室内の水槽でも飼うことができる。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019091204984

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で、錦鯉の成長をチェックする同社の田中誠社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019091204997

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で、成長をチェックするため錦鯉を網ですくい上げる同社の田中誠社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019091204961

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉の生産、販売などを手掛ける錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で撮影した錦鯉の稚魚。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019082003679

    「特集」原爆投下74年 迫る「当事者なき時代」  取材に応じる新潟県原爆被害者の会の西山謙介事務局長=7月、新潟県長岡市

  43. 2019081900010

    「NEWSパーク」 長岡藩の殿様はこんな顔  長岡藩牧野家の17代当主牧野忠昌氏(奥)と、復元された10代藩主忠雅の頭部=新潟県長岡市

  44. 2019081300190

    愛する家族、空襲が奪った  インタビューで、74年前の新潟県長岡市の空襲やその後の人生を振り返る後藤文雄さん

  45. 2019080701261

    「罪軽く、おかしな法律」  判決後、井口百合子さんの遺影とともに記者会見する夫の貴之さん=7日午後、新潟県長岡市

  46. 2019071702088

    平5国内 8791「自民分裂、細川連立政権誕生」「93総選挙」 ”おしどり”明暗  支持者らのお祝いに大喜びの田中角栄元首相の長女田中真紀子さん(左)。夫婦そろってのトップ当選を果たした=1993(平成5)年7月18日午後9時40分、新潟県長岡市蓮潟

  47. 2019071203022

    「2019参院選」 参院選挙遊説  街頭演説に耳を傾ける有権者ら=12日午後、新潟県長岡市

  48. 2019071203019

    「2019参院選」 参院選挙遊説  街頭演説を終え、支持者と握手する立憲民主党の枝野代表=12日午後、新潟県長岡市

  49. 2019071202968

    「2019参院選」 参院選挙遊説  街頭演説で支持を訴える立憲民主党の枝野代表=12日午後、新潟県長岡市

  50. 2019071000905

    平5国内 8081「自民分裂、細川連立政権誕生」「93総選挙」 世襲候補150人  支持者の激励に笑顔で応える田中元首相長女の田中真紀子候補=1993(平成5)年7月4日午前、新潟県長岡市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像