検索結果 23 件中 1 件 〜 23 件 "日光山輪王寺"
  1. 2020060101710

    負けない 新型コロナ 医療関係者に届け 日光山輪王寺で共感の鐘  「共感の鐘」を鳴らす輪王寺職員[下野新聞掲載日:2020(令和2)年5月11日]=撮影年月日不明、栃木県、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ※=10日午後5時、日光市山内 「下野新聞」

  2. 2019071904268

    四天王像の名称に誤り 増長天の像  日光山輪王寺にある、約240年間誤った名称で呼ばれていた「増長天」の像=19日午後、栃木県日光市

  3. 2018072100032

    ビアガーデン×町おこし 乾杯する人たち  世界遺産日光山輪王寺の敷地に登場したビアガーデンで乾杯する人たち=6月、栃木県日光市 「ニュース産直便」

  4. 2017110900365

    日光・輪王寺で延年の舞 スケッチ24166−10  日光山輪王寺で、天下太平や長寿を願って奉納される延年の舞=1961(昭和36)年5月17日、日光市の輪王寺

  5. 2016122100787

    輪王寺仏像が元の台座に 阿弥陀如来像  修復作業を終え、台座に戻った日光山輪王寺の阿弥陀如来像=21日午後、栃木県日光市

  6. 2016122100786

    輪王寺仏像が元の台座に 台座に戻った阿弥陀如来像  修復作業を終え、台座に戻った日光山輪王寺の阿弥陀如来像=21日午後、栃木県日光市

  7. 2019110604461

    聖地日光 式年大祭と世界遺産 濃いも薄いも・・・秋染める 山内彩る紅葉  日光山輪王寺の日本庭園「逍遥園」のライトアップ。池の水面に紅葉が逆さに映りこみ、幻想的な空間を演出した[下野新聞掲載日:2015(平成27)年11月30日23面]=2015(平成27)年11月7日、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  8. 2015042200139

    家康の位牌を初公開 公開された家康の位牌  日光山輪王寺の徳川家康の位牌=21日、栃木県日光市

  9. 2012092100637

    輪王寺の仏像、解体開始 つり上げられる仏像  天井からクレーンでつり上げられる阿弥陀如来像=21日午後、栃木県日光市の日光山輪王寺

  10. 2019103101063

    水面に浮かぶ赤や黄色 日光 輪王寺の逍遥園  ライトアップされた日光山輪王寺の逍遥園。色づき始めた紅葉が池の水面に映った[下野新聞掲載日:2011(平成23)年10月25日1面]=2011(平成23)年10月24日午後6時10分、栃木県日光市山内、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  11. 2001020600108

    さっぽろ雪まつりが開幕 雪氷像がライトアップ  北海道の冬を彩る雪と氷の祭典「第五十二回さっぽろ雪まつり」が六日に開幕、夕刻からはライトアップされた雪氷像が観光客や市民の目を楽しませた。 メーン会場の札幌市大通公園では、世界遺産「日光山輪王寺」やイタリアの「トレビの泉」などの大雪像、福岡・太宰府天満宮の氷像などが登場、アニメキャラクターもお目見えした。 東京都から娘と観光に訪れた中尾和子さん(50)は「繊細な出来に驚いた」と話していた。雪まつりは今月十二日まで。同実行委員会は二百万人以上の人出を見込んでいる。  

  12. 2000042000059

    家光の墓所を初公開 日光山輪王寺・奥の院  初公開された「大猷院廟(たいゆういんびょう)奥の院」の拝殿。手前は徳川3代将軍家光の350回忌法要で焼香する僧ら=20日午前、栃木県日光市の日光山輪王寺  

  13. 2018081001679

    Japan: Nikko - Toshugo Shrine View of the Karamon Gate, also called the Chinese Gate, on the Toshugo Shrine site in Nikko, North Japan. Undated picture. Nikko‘s shrines and temples were declared Unesco World Heritage Site in 1999. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  14. 2018081001701

    Japan: Nikko - Taiyuin Temple View of the Taiyuin Temple (mausoleum), the prayer hall “Haiden“, in Nikko, North Japan. Undated picture. Nikko‘s shrines and temples were declared Unesco World Heritage Site in 1999. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  15. 2018081001680

    Japan: Nikko - Toshugo Shrine View of the Karamon Gate, also called the Chinese Gate, on the Toshugo Shrine site in Nikko, North Japan. Undated picture. Nikko‘s shrines and temples were declared Unesco World Heritage Site in 1999. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  16. 2017081601537

    日光山輪王寺相輪橖  日光山輪王寺相輪橖=明治初期、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号124‐300‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  17. 2017092200461

    日光山輪王寺相輪橖と三仏堂  日光輪王寺の相輪橖は三仏堂と共に二荒山神社にあったが、 神仏分離令により相輪橖は明治8年に、 三仏堂は明治14年に輪王寺に移された。 相輪橖は多数の経典が収蔵された家光公発願の供養塔である。 相輪橖の後に三仏堂が写っている。 相輪?の前にある2基の灯籠は糸割符仲間が奉納した糸割符灯籠。=明治14年以降、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐14‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  18. 2017092200468

    日光山輪王寺相輪橖  日光輪王寺の相輪橖は三仏堂と共に二荒山神社にあったが、 神仏分離令により相輪橖は明治8年に、 三仏堂は明治14年に輪王寺に移された。 相輪橖は多数の経典が収蔵された家光公発願の供養塔である。 写真右端に三仏堂の屋根がある。=明治14年以降、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐31‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  19. 2017082400252

    日光山輪王寺逍遥園  戊辰戦争後の混乱のなか、明治4(1871)年に焼失した満願寺本坊南側の逍遙園。この庭園は、近江八景にならって造られた江戸時代を代表する池泉回遊式の庭園で現存している。ちなみに、写真右手の建物は焼失した満願寺の本坊の址に建てられた紫雲閣である。=撮影年月日不明、日光、撮影者:臼井秀三郎(?)、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号65‐24‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  20. 2017092200479

    日光山輪王寺相輪橖と三仏堂  相輪橖は、寛永20(1643)年に天海大僧正が東照宮奥院に建てた青銅の塔。その後、二荒山神社付近に移されたが、神仏分離のため明治8(1875)年に現在の場所に移設された。輪王寺の三仏堂も、日光二荒山神社の境内から撤去され、明治14年に写真の場所に再建された。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号71‐15‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  21. 2017081401428

    日光山輪王寺の庭園  日光山輪王寺の三仏堂の東側、護法天堂(ごほうてんどう)の南側に位置する日本庭園。小滝の上に不動明王の石像が見える。この写真の画角からは、撮影された時期が、神仏分離によって解体されていた三仏堂が再建された明治12(1879)年以前か以後か判断しにくい。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐4‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  22. 2017081400932

    日光山輪王寺の常行堂と法華堂  大猷院の仁王門前から見た法華堂(手前)と常行堂(奥)。渡り廊でつながれた建物は、二つ堂または担い堂とも呼ばれ、輪王寺と比叡山にしか見られない珍しい形式である。常行堂には阿弥陀如来と摩多羅神が、法華堂には普賢菩薩・鬼子母神・十羅刹女がまつられている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号92‐11‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  23. 2017092200463

    日光山輪王寺相輪橖  日光輪王寺の相輪橖は三仏堂と共に二荒山神社にあったが、 神仏分離令により相輪橖は明治8年に、 三仏堂は明治14年に輪王寺に移された。 相輪橖は多数の経典が収蔵された家光公発願の供養塔である。 護法天堂側より写したもので左端に足場、 手前に木材があり、 改修がおこなわれている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐11‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像