検索結果 793 件中 1 件 〜 50 件 "日本企業"
  1. 2019011900400

    インタビュー企画「発言席」西野純也慶応大教授 徴用工、日本企業協力も  インタビューに答える西野純也慶応大教授

  2. 2019011900399

    インタビュー企画「発言席」西野純也慶応大教授 徴用工、日本企業協力も  インタビューに答える西野純也慶応大教授

  3. 2019011900398

    インタビュー企画「発言席」西野純也慶応大教授 徴用工、日本企業協力も  慶応大教授の西野純也氏

  4. 2019011621049

    日本企業、通関遅れ懸念  英国のEU離脱に備えた日本企業の対応

  5. 2019011621046

    日本企業、通関遅れ懸念  英国のEU離脱に備えた日本企業の対応

  6. 2019011121383

    日本企業、個性で勝負  「AI車掌」を搭載したヤマハ発動機の自動運転車=9日、米ラスベガス(共同)

  7. 2019011121370

    日本企業、個性で勝負  オムロンが出展した卓球ロボット=9日、米ラスベガス(共同)

  8. 2019011121368

    日本企業、個性で勝負  TOTOが展示した管理がしやすい公衆トイレ=8日、米ラスベガス(共同)

  9. 2019011121361

    日本企業、個性で勝負  見守り住宅をアピールした積水ハウスの展示=10日、米ラスベガス(共同)

  10. 2019010701645

    AI、最新技術で未来描く  CESに参加する主な日本企業と展示内容

  11. 2019010701643

    AI、最新技術で未来描く  CESに参加する主な日本企業と展示内容

  12. 2019010400822

    M&A総額19年ぶり最高  日本企業が関連するM&Aの推移

  13. 2019010400819

    M&A総額19年ぶり最高  日本企業が関連するM&Aの推移

  14. 2019010200035

    資産差し押さえ手続き着手  韓国の元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた判決が確定し、支援者らから拍手を送られる原告の李春植さん(手前右から2人目)=2018年10月、韓国最高裁前(共同)

  15. 2018121721026

    「2018年十大ニュース」 十大ニュース(国際)4  韓国の元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた判決が確定し、支援者らから拍手を送られる原告の李春植さん(手前右から2人目)=10月30日、韓国最高裁前(共同)

  16. 2018121223662

    日本企業の関与焦点  韓国人元徴用工訴訟判決を巡る構図

  17. 2018121223661

    日本企業の関与焦点  韓国人元徴用工訴訟判決を巡る構図

  18. 2018120331809

    「大型サイド」 日本企業、警戒解けず  米中貿易摩擦と日本経済の関係

  19. 2018120331806

    「大型サイド」 日本企業、警戒解けず  米中貿易摩擦と日本経済の関係

  20. 2018113000149

    月に物資輸送、日本企業も  日本のベンチャー企業「ispace」が構想する月着陸機と探査車の模型

  21. 2018112023837

    「ベンチャーの勝算」(中)外国人材活用 人手難解消へ企業と橋渡し  外国人材と日本企業の仲介を手掛けるベンチャー企業「ワークシフト・ソリューションズ」の荒木成則社長

  22. 2018111505072

    在韓日本企業に説明会  15日、ソウルで元徴用工訴訟について、日本企業の担当者らに説明する在韓国日本大使館の丸山浩平総務公使(左)(共同)

  23. 2018112009222

    「新華社」 輸入博出展の日本企業、引き続き食品見本市にも参加上海  14日、FHCチャイナ2018のジャパンパビリオンでPR活動を行う、和歌山県の築野食品工業の初沢篤行さん(右)と同社中国人社員の周京秀(しゅう・けいしゅう)さん。第1回中国国際輸入博覧会閉幕後の13~15日、日本貿易振興機構(ジェトロ)の手配により、輸入博に参加した一部の日本企業が引き続き上海にとどまり、中国最大級の食品見本市「上海国際食品飲料・飲食設備展覧会(FHCチャイナ2018)」に出展した。出展企業にはコメ取引を手がける板橋貿易、食用油メーカーの築野食品工業などが含まれる。日本企業の担当者は、第1回輸入博への参加は忘れられない経験であり、輸入博とFHCを通じて中国市場への理解が深まり、新たな注文も増えたと説明している。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018112009302

    「新華社」 輸入博出展の日本企業、引き続き食品見本市にも参加上海  14日、ジェトロがFHCチャイナ2018の会場に設けたジャパンパビリオン。第1回中国国際輸入博覧会閉幕後の13~15日、日本貿易振興機構(ジェトロ)の手配により、輸入博に参加した一部の日本企業が引き続き上海にとどまり、中国最大級の食品見本市「上海国際食品飲料・飲食設備展覧会(FHCチャイナ2018)」に出展した。出展企業にはコメ取引を手がける板橋貿易、食用油メーカーの築野食品工業などが含まれる。日本企業の担当者は、第1回輸入博への参加は忘れられない経験であり、輸入博とFHCを通じて中国市場への理解が深まり、新たな注文も増えたと説明している。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018112009459

    「新華社」 輸入博出展の日本企業、引き続き食品見本市にも参加上海  14日、FHCチャイナ2018で、さまざまな日本産米を紹介する板橋貿易の互井乃梨子さん(前列)。第1回中国国際輸入博覧会閉幕後の13~15日、日本貿易振興機構(ジェトロ)の手配により、輸入博に参加した一部の日本企業が引き続き上海にとどまり、中国最大級の食品見本市「上海国際食品飲料・飲食設備展覧会(FHCチャイナ2018)」に出展した。出展企業にはコメ取引を手がける板橋貿易、食用油メーカーの築野食品工業などが含まれる。日本企業の担当者は、第1回輸入博への参加は忘れられない経験であり、輸入博とFHCを通じて中国市場への理解が深まり、新たな注文も増えたと説明している。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018112009335

    「新華社」 輸入博出展の日本企業、引き続き食品見本市にも参加上海  14日、FHCチャイナ2018会場に設けられた日本の板橋貿易のブース。同社は輸入博にも出展した。第1回中国国際輸入博覧会閉幕後の13~15日、日本貿易振興機構(ジェトロ)の手配により、輸入博に参加した一部の日本企業が引き続き上海にとどまり、中国最大級の食品見本市「上海国際食品飲料・飲食設備展覧会(FHCチャイナ2018)」に出展した。出展企業にはコメ取引を手がける板橋貿易、食用油メーカーの築野食品工業などが含まれる。日本企業の担当者は、第1回輸入博への参加は忘れられない経験であり、輸入博とFHCを通じて中国市場への理解が深まり、新たな注文も増えたと説明している。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018112118984

    「新華社」 知能ロボットで中国物流業界の課題解決に挑む日本のベンチャー企業  13日、KYOTOROBOTICS社に展示されている3次元ビジョンセンサーを搭載したデパレタイジングロボット。電子商取引(EC)最大手アリババグループが運営する主要ECサイトが受け付けた注文の発送件数は、「双11(ダブルイレブン)」セール期間中(11~16日)に18億7千万件を超えた。中国では宅配荷物の件数が増加を続け、昨年はついに400億件の大台を超えた。この巨大な中国物流市場に挑もうとしている日本企業がある。滋賀と東京に本社を置くKYOTOROBOTICSだ。社長を務める中国江蘇省出身の徐鋼(じょ・こう)氏は2011年、産業用ロボットの目と脳の役割を果たす3次元ビジョンセンサーを世界に先駆けて開発。従来のロボットでは実現できなかった自律的判断と動作の自動化に成功した。徐氏は中国進出について「日本で培った技術の優位性を保ちつつ、中国物流業界の自動化や省人化に貢献したい」と語った。(東京=新華社配信/橋口いずみ)=2018(平成30)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018112118992

    「新華社」 知能ロボットで中国物流業界の課題解決に挑む日本のベンチャー企業  13日、KYOTOROBOTICS社に展示されている3次元ビジョンセンサーを搭載した知能ピッキングロボット。電子商取引(EC)最大手アリババグループが運営する主要ECサイトが受け付けた注文の発送件数は、「双11(ダブルイレブン)」セール期間中(11~16日)に18億7千万件を超えた。中国では宅配荷物の件数が増加を続け、昨年はついに400億件の大台を超えた。この巨大な中国物流市場に挑もうとしている日本企業がある。滋賀と東京に本社を置くKYOTOROBOTICSだ。社長を務める中国江蘇省出身の徐鋼(じょ・こう)氏は2011年、産業用ロボットの目と脳の役割を果たす3次元ビジョンセンサーを世界に先駆けて開発。従来のロボットでは実現できなかった自律的判断と動作の自動化に成功した。徐氏は中国進出について「日本で培った技術の優位性を保ちつつ、中国物流業界の自動化や省人化に貢献したい」と語った。(東京=新華社配信/橋口いずみ)=2018(平成30)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018110933834

    日本企業「成果期待以上」  「中国国際輸入博覧会」で日本企業が出展したスチーム式美顔器を試す来場者(左)=6日(共同)

  30. 2018111215263

    「新華社」 日本企業、輸入博で中国女性の消費トレンドをリード  9日、輸入博の高島屋のブース。上海で開かれた第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は各国の展示品の「舞台」となったが、花王や高島屋など日本の多くの著名企業も、質の高い商品を携えてこの「舞台」に登場した。これらの企業は、中国女性向け商品市場に大きな潜在力があることを認めており、輸入博を通して自社ブランドをアピールし、中国女性の消費トレンドをリードしたいと考えている。(上海=新華社記者/沈氷潔)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018111215527

    「新華社」 日本企業、輸入博で中国女性の消費トレンドをリード  9日、花王のブースでアイマスクを体験する来場者。上海で開かれた第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は各国の展示品の「舞台」となったが、花王や高島屋など日本の多くの著名企業も、質の高い商品を携えてこの「舞台」に登場した。これらの企業は、中国女性向け商品市場に大きな潜在力があることを認めており、輸入博を通して自社ブランドをアピールし、中国女性の消費トレンドをリードしたいと考えている。(上海=新華社記者/沈氷潔)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018111215429

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  9日、高島屋のブースに展示された伝統染織の生地を使ったスーツとドレス。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018111215378

    「新華社」 日本企業、輸入博で中国女性の消費トレンドをリード  9日、花王のブースで製品を体験する来場者。上海で開かれた第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は各国の展示品の「舞台」となったが、花王や高島屋など日本の多くの著名企業も、質の高い商品を携えてこの「舞台」に登場した。これらの企業は、中国女性向け商品市場に大きな潜在力があることを認めており、輸入博を通して自社ブランドをアピールし、中国女性の消費トレンドをリードしたいと考えている。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018111215563

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  9日、花王のブースでアイマスクを体験する来場者。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018111215422

    「新華社」 日本企業、輸入博で中国女性の消費トレンドをリード  9日、高島屋のブースで来場者に商品を紹介するスタッフ。上海で開かれた第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は各国の展示品の「舞台」となったが、花王や高島屋など日本の多くの著名企業も、質の高い商品を携えてこの「舞台」に登場した。これらの企業は、中国女性向け商品市場に大きな潜在力があることを認めており、輸入博を通して自社ブランドをアピールし、中国女性の消費トレンドをリードしたいと考えている。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018111215482

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  8日、ベンチャー企業、ヘルスケアシステムズの展示ブースで取材に応じる瀧本陽介代表取締役。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/単涛)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018111215501

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  8日、AGCグループのブースで「ガラスの太鼓」を叩くボランティアスタッフ。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018111215447

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  8日、ユニークな形をした「おもしろ消しゴム」のイワコーのブースで、体験イベントに参加する来場者。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018111215534

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  8日、トヨタのリハビリ機器のデモンストレーションをするスタッフ。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018111215410

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  8日、オムロンの卓球ロボットと対戦するスタッフ。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018111214845

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  8日、ジェトロのブースで、寿司を作るスタッフ。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018111215509

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  8日、エクスケアのブースで自社製品を見せるスタッフ。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018110919073

    「新華社」 中国国際輸入博日本企業のスマート製造に注目集まる  7日、来場者にオークマの1サドルCNC旋盤を紹介するスタッフ。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が5日、上海で開幕した。輸入博は輸入をテーマにした世界初の国レベルの大型展示会として、世界的な経済・貿易協力のための「合唱」の舞台をつくった。今回は、不二越や三菱電機、オークマなど多くの日本企業が「ハイエンド・インテリジェント機器」展示ホールに出展している。第1回輸入博を通じて日本のスマート製造のブランドをアピールし、中国で市場規模を拡大する狙いがある。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018111215438

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  7日、来場者にオークマの工作機械を紹介するスタッフ(左)。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018111314188

    「新華社」 三菱日立と中国東方電気集団、ガスタービン技術向上で協力  7日、調印式で握手する東方電気集団の鄒磊(すう・らい)党組書記・董事長(右)と三菱重工業株式会社副社長で三菱日立パワーシステムズ社長の安藤健司氏。三菱日立パワーシステムズは7日、中国上海で5日から開かれている第1回中国国際輸入博覧会で中国国有企業の東方電気集団と複数の協力協定を締結した。今後、中日のガスタービン製造技術分野における協力を一層強化していく。(上海=新華社配信/東方電気集団提供)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:東方電気集団提供/新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018110918912

    「新華社」 中国国際輸入博日本企業のスマート製造に注目集まる  6日、インタビューに応じる不二越(中国)有限公司の俵和之董事長。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が5日、上海で開幕した。輸入博は輸入をテーマにした世界初の国レベルの大型展示会として、世界的な経済・貿易協力のための「合唱」の舞台をつくった。今回は、不二越や三菱電機、オークマなど多くの日本企業が「ハイエンド・インテリジェント機器」展示ホールに出展している。第1回輸入博を通じて日本のスマート製造のブランドをアピールし、中国で市場規模を拡大する狙いがある。(上海=新華社記者/沈氷潔)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018111215307

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  6日、三菱電機のブースに展示された産業用ロボットMELFAFRシリーズ。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018111215386

    「新華社」 第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見  6日、不二越のブースに展示されたスポット溶接協働ロボット。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018110919129

    「新華社」 日本企業、国別で最大規模輸入博出展で中国市場狙う  6日、中日「匠×イノベーション」連携フォーラムで行われた、日本の輸入博出展企業・団体のオープニングセレモニー。中国上海市で6日、第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)の関連イベントである中日「匠×イノベーション」連携フォーラムが開かれた。出席した日本の磯崎仁彦経済産業副大臣は、両国の経済関係の発展が双方の重要な基盤の一つであり、輸入博が両国企業のビジネス拡大につながることを願うと期待を示した。今回の輸入博には日本から約450の企業・団体が出展。展示面積は約2万平方メートルで、国別では最大規模となっている。(上海=新華社記者/単涛)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018110919084

    「新華社」 中国国際輸入博日本企業のスマート製造に注目集まる  6日、三菱電機の産業用ロボットMELFAFRシリーズを見学する来場者。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が5日、上海で開幕した。輸入博は輸入をテーマにした世界初の国レベルの大型展示会として、世界的な経済・貿易協力のための「合唱」の舞台をつくった。今回は、不二越や三菱電機、オークマなど多くの日本企業が「ハイエンド・インテリジェント機器」展示ホールに出展している。第1回輸入博を通じて日本のスマート製造のブランドをアピールし、中国で市場規模を拡大する狙いがある。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像