検索結果 976 件中 1 件 〜 50 件 "最大規模"
  1. 2020010602548

    「新華社」 秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる  秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した金製の装飾品。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020010602454

    「新華社」 秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる  秦始皇帝陵の大型副葬墓の金属俑の出土現場。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020010602450

    「新華社」 秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる  秦始皇帝陵の大型副葬墓の玉細工の出土現場。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020010602503

    「新華社」 秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる  秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した祭祀用の玉璧と玉圭。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020010602483

    「新華社」 秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる  秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した玉製の剣のさや飾り。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020010602552

    「新華社」 秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる  秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した金の駱駝。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020010602551

    「新華社」 秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる  秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した銘文が刻まれた装飾品。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020011401932

    「山陽新聞」 「江川式建築」の旧遷喬尋常小校舎  現存の「江川式建築」で最大規模の旧遷喬尋常小校舎。岡山県真庭市の国重要文化財「旧遷喬尋常小学校」などを設計した江川三郎八(1860~1939年)の企画展が、LIXILギャラリー(大阪市北区大深町)で開かれている。江川は県内各地に優れた意匠の洋風建築を残しており、展示品の多くを貸し出している真庭市教委や県内の顕彰グループは「江川の功績が全国に広まれば」と、開催を喜んでいる。=2019(令和元)年12月31日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  9. 2019122401441

    元年国内 8948 国内最大の縄文住居跡発見  国内最大規模の大型住居跡が発見された一ノ坂遺跡の発掘現場=1989(平成元)年6月30日午前10時、山形県米沢市矢来

  10. 2019122401544

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、雪の中でエサを食べるタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019122401487

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019122401656

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019122401652

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019122401492

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019122401638

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、雪の中でエサを食べるタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019122401522

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、着地しようと地面に近づくタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019122401506

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、雪の上で羽を広げるタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019122401533

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、観光客と「交流」するタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019122401536

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019121900277

    「新華社」 香港税関、覚醒剤110キロ押収2010年以降で最大規模に  17日、香港税関による記者会見の様子。中国香港税関は17日、香港国際空港で5日に覚醒剤の一種、メタンフェタミンとみられる薬物約110キロを押収したと発表した。同税関が摘発したメタンフェタミン密輸案件としては2010年以降で最大規模となった。(香港=新華社記者/呉暁初)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019121900294

    「新華社」 香港税関、覚醒剤110キロ押収2010年以降で最大規模に  17日、香港税関による記者会見の様子。中国香港税関は17日、香港国際空港で5日に覚醒剤の一種、メタンフェタミンとみられる薬物約110キロを押収したと発表した。同税関が摘発したメタンフェタミン密輸案件としては2010年以降で最大規模となった。(香港=新華社記者/呉暁初)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019121900280

    「新華社」 香港税関、覚醒剤110キロ押収2010年以降で最大規模に  17日、記者会見で状況を説明する香港税関の職員。中国香港税関は17日、香港国際空港で5日に覚醒剤の一種、メタンフェタミンとみられる薬物約110キロを押収したと発表した。同税関が摘発したメタンフェタミン密輸案件としては2010年以降で最大規模となった。(香港=新華社記者/呉暁初)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019121900235

    「新華社」 香港税関、覚醒剤110キロ押収2010年以降で最大規模に  17日、記者会見で関連状況を紹介する香港税関の職員。中国香港税関は17日、香港国際空港で5日に覚醒剤の一種、メタンフェタミンとみられる薬物約110キロを押収したと発表した。同税関が摘発したメタンフェタミン密輸案件としては2010年以降で最大規模となった。(香港=新華社記者/呉暁初)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019121702415

    「新華社」 東アフリカ最大の太陽光発電所が操業開始中国企業建設  13日、ケニアのガリッサで、太陽光発電所の操業開始式典に出席した同国のケニヤッタ大統領(右から2人目)。中国企業が建設を請け負った東アフリカ最大規模の太陽光発電所であるケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所が13日、正式に操業を開始した。(ガリッサ=新華社記者/楊臻)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019121702342

    「新華社」 東アフリカ最大の太陽光発電所が操業開始中国企業建設  13日、ケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所。中国企業が建設を請け負った東アフリカ最大規模の太陽光発電所であるケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所が13日、正式に操業を開始した。(ガリッサ=新華社記者/謝晗)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019121702368

    「新華社」 東アフリカ最大の太陽光発電所が操業開始中国企業建設  13日、ケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所のソーラーパネル。中国企業が建設を請け負った東アフリカ最大規模の太陽光発電所であるケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所が13日、正式に操業を開始した。(ガリッサ=新華社記者/謝晗)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019121702419

    「新華社」 東アフリカ最大の太陽光発電所が操業開始中国企業建設  13日、ケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所。中国企業が建設を請け負った東アフリカ最大規模の太陽光発電所であるケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所が13日、正式に操業を開始した。(ガリッサ=新華社記者/謝晗)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019121702333

    「新華社」 東アフリカ最大の太陽光発電所が操業開始中国企業建設  13日、ケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所。中国企業が建設を請け負った東アフリカ最大規模の太陽光発電所であるケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所が13日、正式に操業を開始した。(ガリッサ=新華社記者/謝晗)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019121702334

    「新華社」 東アフリカ最大の太陽光発電所が操業開始中国企業建設  13日、ケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所。中国企業が建設を請け負った東アフリカ最大規模の太陽光発電所であるケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所が13日、正式に操業を開始した。(ガリッサ=新華社記者/謝晗)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019121702417

    「新華社」 東アフリカ最大の太陽光発電所が操業開始中国企業建設  13日、ケニアのガリッサで開かれた太陽光発電所の操業開始式典。中国企業が建設を請け負った東アフリカ最大規模の太陽光発電所であるケニア・ガリッサ50メガワット太陽光発電所が13日、正式に操業を開始した。(ガリッサ=新華社記者/謝晗)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020010602423

    「新華社」 秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる  秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した青銅弩機。(2019年12月5日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020010602204

    「新華社」 秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる  秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した秦の貨幣「半両銭」。(2019年12月5日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019120604614

    「新華社」 「アウトメカニカ上海」開幕海外企業が中国の自動車アフターマーケットに期待  3日、「アウトメカニカ上海2019」の会場で商談する国内外のバイヤー。第15回上海国際自動車部品・用品・修理メンテナンス検知診断機器およびサービス用品見本市(「アウトメカニカ上海2019」)が3日、上海で開幕した。世界最大規模の自動車部品・用品の見本市として、中国さらにはアジアの自動車部品・用品の「風向計」と見なされている。同展の展示面積は36万平方メートルに上り、前回より5%増の6590社の国内外企業が出展している。中国の2018年におけるカスタム車の市場規模は1600億元(1元=約15円)を超え、毎年約30%のペースで成長している。2025年までに、中国の自動車アフターマーケットが全国の自動車業界の市場規模に占める割合は55%前後に達する見込みで、巨大な成長の潜在力を持っている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019120604619

    「新華社」 「アウトメカニカ上海」開幕海外企業が中国の自動車アフターマーケットに期待  3日、「アウトメカニカ上海2019」の展示館の一角。第15回上海国際自動車部品・用品・修理メンテナンス検知診断機器およびサービス用品見本市(「アウトメカニカ上海2019」)が3日、上海で開幕した。世界最大規模の自動車部品・用品の見本市として、中国さらにはアジアの自動車部品・用品の「風向計」と見なされている。同展の展示面積は36万平方メートルに上り、前回より5%増の6590社の国内外企業が出展している。中国の2018年におけるカスタム車の市場規模は1600億元(1元=約15円)を超え、毎年約30%のペースで成長している。2025年までに、中国の自動車アフターマーケットが全国の自動車業界の市場規模に占める割合は55%前後に達する見込みで、巨大な成長の潜在力を持っている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019120604529

    「新華社」 「アウトメカニカ上海」開幕海外企業が中国の自動車アフターマーケットに期待  3日、「アウトメカニカ上海2019」の会場に展示された車の座席。第15回上海国際自動車部品・用品・修理メンテナンス検知診断機器およびサービス用品見本市(「アウトメカニカ上海2019」)が3日、上海で開幕した。世界最大規模の自動車部品・用品の見本市として、中国さらにはアジアの自動車部品・用品の「風向計」と見なされている。同展の展示面積は36万平方メートルに上り、前回より5%増の6590社の国内外企業が出展している。中国の2018年におけるカスタム車の市場規模は1600億元(1元=約15円)を超え、毎年約30%のペースで成長している。2025年までに、中国の自動車アフターマーケットが全国の自動車業界の市場規模に占める割合は55%前後に達する見込みで、巨大な成長の潜在力を持っている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019120604599

    「新華社」 「アウトメカニカ上海」開幕海外企業が中国の自動車アフターマーケットに期待  3日、「アウトメカニカ上海2019」の会場外に展示された特殊車両。第15回上海国際自動車部品・用品・修理メンテナンス検知診断機器およびサービス用品見本市(「アウトメカニカ上海2019」)が3日、上海で開幕した。世界最大規模の自動車部品・用品の見本市として、中国さらにはアジアの自動車部品・用品の「風向計」と見なされている。同展の展示面積は36万平方メートルに上り、前回より5%増の6590社の国内外企業が出展している。中国の2018年におけるカスタム車の市場規模は1600億元(1元=約15円)を超え、毎年約30%のペースで成長している。2025年までに、中国の自動車アフターマーケットが全国の自動車業界の市場規模に占める割合は55%前後に達する見込みで、巨大な成長の潜在力を持っている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019120604616

    「新華社」 「アウトメカニカ上海」開幕海外企業が中国の自動車アフターマーケットに期待  3日、「アウトメカニカ上海2019」のカスタム車展示館の一角。第15回上海国際自動車部品・用品・修理メンテナンス検知診断機器およびサービス用品見本市(「アウトメカニカ上海2019」)が3日、上海で開幕した。世界最大規模の自動車部品・用品の見本市として、中国さらにはアジアの自動車部品・用品の「風向計」と見なされている。同展の展示面積は36万平方メートルに上り、前回より5%増の6590社の国内外企業が出展している。中国の2018年におけるカスタム車の市場規模は1600億元(1元=約15円)を超え、毎年約30%のペースで成長している。2025年までに、中国の自動車アフターマーケットが全国の自動車業界の市場規模に占める割合は55%前後に達する見込みで、巨大な成長の潜在力を持っている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019120604584

    「新華社」 「アウトメカニカ上海」開幕海外企業が中国の自動車アフターマーケットに期待  3日、「アウトメカニカ上海2019」のカスタム車展示館で、SUVの前を通り過ぎてゆく来館者。第15回上海国際自動車部品・用品・修理メンテナンス検知診断機器およびサービス用品見本市(「アウトメカニカ上海2019」)が3日、上海で開幕した。世界最大規模の自動車部品・用品の見本市として、中国さらにはアジアの自動車部品・用品の「風向計」と見なされている。同展の展示面積は36万平方メートルに上り、前回より5%増の6590社の国内外企業が出展している。中国の2018年におけるカスタム車の市場規模は1600億元(1元=約15円)を超え、毎年約30%のペースで成長している。2025年までに、中国の自動車アフターマーケットが全国の自動車業界の市場規模に占める割合は55%前後に達する見込みで、巨大な成長の潜在力を持っている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019120202517

    最大のウィーワーク開業  国内最大規模となる共有オフィス「ウィーワーク」の新拠点=2日午後、東京都渋谷区

  40. 2019120201737

    「Y05」▽地域・技術「広がるドローン」(イ) 進む「空の産業革命」  500機のドローンを使って行われた国内最大規模の飛行イベント。夜空には羽ばたく鳥が描かれた=東京都江東区

  41. 2019120201731

    「Y05」▽地域・技術「広がるドローン」(イ) 進む「空の産業革命」  500機のドローンを使って行われた国内最大規模の飛行イベント。夜空には踊るバレリーナの姿が浮かび上がった=東京都江東区

  42. 2019120201728

    「Y05」▽地域・技術「広がるドローン」(イ) 進む「空の産業革命」  500機のドローンを使って行われた国内最大規模の飛行イベント。夜空には踊るバレリーナの姿が浮かび上がった=東京都江東区

  43. 2019122603184

    「新華社」 中国の農業技術がモザンビークの食糧問題を改善  万宝莫桑農業園で、モザンビークの農業技術者(右)と田んぼを巡回する中国の農業専門家。(11月28日撮影)中国のアフリカにおける最大規模のイネ作付けプロジェクト・万宝莫桑農業園は、モザンビーク南部ガザ州の州都シャイシャイ地区に位置する。同国は広大な土地、栽培に適した気候、豊かなかんがい水源に加え、中国の支援を得て2万ヘクタールの土地開発を計画している。共同作付け方式で周辺の農家が土地を開墾し、イネを栽培している。万宝莫桑農業園の技術支援により同地域の食糧生産高が大幅に増えたほか、プロジェクトに加わった農家の収入も増加している。(シャイシャイ=新華社記者/張宇)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019122603185

    「新華社」 中国の農業技術がモザンビークの食糧問題を改善  万宝莫桑農業園で除草作業をする共同作付けプロジェクトに加わったモザンビークの農家。(11月28日撮影)中国のアフリカにおける最大規模のイネ作付けプロジェクト・万宝莫桑農業園は、モザンビーク南部ガザ州の州都シャイシャイ地区に位置する。同国は広大な土地、栽培に適した気候、豊かなかんがい水源に加え、中国の支援を得て2万ヘクタールの土地開発を計画している。共同作付け方式で周辺の農家が土地を開墾し、イネを栽培している。万宝莫桑農業園の技術支援により同地域の食糧生産高が大幅に増えたほか、プロジェクトに加わった農家の収入も増加している。(シャイシャイ=新華社記者/張宇)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019120200769

    「新華社」 ハルビン空港、今年のロシア向け郵便貨物便100便超す  26日、ロシア向け郵便物を貨物専用機に積み込むハルビン空港のスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市で26日午後、ロシア向けの貨物や郵便を載せたB747-400型貨物専用機が、ハルビン空港からロシアのエカテリンブルグへ向け飛び立った。11日に行われた中国最大規模のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」では、中国とロシア間の電子商取引(EC)貿易ニーズが大幅に増加した。ロシア向け郵便物の急増を受けたハルビン郵政国際互換局(交換局)は、ハルビン-エカテリンブルグ間の貨物便を増便した。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019111600034

    過去最大規模の警備態勢  G20外相会合の主会場となる名古屋観光ホテル(左奥)の周辺を警戒する愛知県警の白バイ=15日、名古屋市

  47. 2019111600025

    過去最大規模の警備態勢  G20外相会合を控え、JR名古屋駅で警備犬とともに警戒する愛知県警の警察官=12日

  48. 2019111600020

    過去最大規模の警備態勢  G20外相会合を控え、幹線道路の歩道橋に掲示された大規模交通規制実施の告知=15日、名古屋市

  49. 2019111600016

    過去最大規模の警備態勢  G20外相会合の主会場となる名古屋観光ホテル。手前は愛知県警の白バイ=15日、名古屋市

  50. 2019111600013

    過去最大規模の警備態勢  G20外相会合を控え、JR名古屋駅で警備犬とともに警戒する愛知県警の警察官=12日

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像