検索結果 41 件中 1 件 〜 41 件 "木版年画"
  1. 2020051502271

    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫  10日、天津古文化街にある木版年画の老舗、「楊柳青画店」。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020010602320

    上海で年画の大型展覧会開催新年を迎えるムードも濃厚に  27日、色彩豊かな蘇州桃花塢木版年画を見学する来場者。研究者によると蘇州桃花塢木版年画は日本の浮世絵にも影響を与えたという。中国上海市の上海歴史博物館で27日、年画を大規模に展示する「承古萌新・瑞靄迎祥-重慶中国三峡博物館、上海市歴史博物館所蔵年画展」が開幕した。中国各地の選りすぐりの年画87組が展示されている。新年を祝い幸せを祈る寓意を込めたものが多く、伝統演劇の登場人物や神話、伝説をテーマとしたものもあり、中国人のより良い生活への憧れが託されている。同展の会期は2020年3月1日まで。年画は中国独特の民間美術で、千年以上の歴史を持つ。毎年新年を迎える時期に、家々で年画を張り出し鑑賞することは、新しい年の幸せを祈る中華民族の伝統行事になっている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019102305000

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、三国志の故事「絶纓(ぜつえい)の会」をモチーフに清代に描かれた天津楊柳青年画の「誅斗椒絶纓大会」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019102304989

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、展示を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019102304937

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、清代に描かれた制作地不詳の年画。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019102304782

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、スマートフォンで展示品を撮影する来場者。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019102304561

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、展示品を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019102304761

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、展示を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019102304895

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、清代に描かれた天津楊柳青年画の「吸煙美人(きせるを吸う美人)」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019102304932

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、馮驥才氏(右)に大型の古版年画を贈呈する山東芸術学院の王力克(おう・りきこく)院長(左)。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019102304993

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、中華民国時期に描かれた上海の石版画のスケッチ「闔家歓(幸せな家族)」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019102305002

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、展示された年画を貼り付けた紙箱。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019060301571

    版画の達人彫刻刀をふるって中国の山水風景を表現遼寧省  5月27日、アトリエで、刷った紙をはがす陳東明さん。中国遼寧省本渓(ほんけい)市桓仁(かんじん)満族自治県の普楽堡鎮瓦房村の農家で生まれた陳東明(ちん・とうめい)さん(52)は、幼い頃より祖父から版画の手ほどきを受けてきた。今では木版年画の伝統技術を受け継ぎながら、中国の伝統的な山水画と木版年画を組み合わせることで、革新的な発展を促そうと試みている。同省の省級無形文化遺産の継承者で、代表的な桓仁版画職人である陳さんの作品は、多くの美術機関に収蔵されている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019060301573

    版画の達人彫刻刀をふるって中国の山水風景を表現遼寧省  5月27日、工場で版画制作に使う木材を選ぶ陳東明さん。中国遼寧省本渓(ほんけい)市桓仁(かんじん)満族自治県の普楽堡鎮瓦房村の農家で生まれた陳東明(ちん・とうめい)さん(52)は、幼い頃より祖父から版画の手ほどきを受けてきた。今では木版年画の伝統技術を受け継ぎながら、中国の伝統的な山水画と木版年画を組み合わせることで、革新的な発展を促そうと試みている。同省の省級無形文化遺産の継承者で、代表的な桓仁版画職人である陳さんの作品は、多くの美術機関に収蔵されている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019060301455

    版画の達人彫刻刀をふるって中国の山水風景を表現遼寧省  5月27日、アトリエで、自身の版画作品を見せる陳東明さん。中国遼寧省本渓(ほんけい)市桓仁(かんじん)満族自治県の普楽堡鎮瓦房村の農家で生まれた陳東明(ちん・とうめい)さん(52)は、幼い頃より祖父から版画の手ほどきを受けてきた。今では木版年画の伝統技術を受け継ぎながら、中国の伝統的な山水画と木版年画を組み合わせることで、革新的な発展を促そうと試みている。同省の省級無形文化遺産の継承者で、代表的な桓仁版画職人である陳さんの作品は、多くの美術機関に収蔵されている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019060301595

    版画の達人彫刻刀をふるって中国の山水風景を表現遼寧省  5月27日、アトリエで陳東明さんが版木を彫る様子。中国遼寧省本渓(ほんけい)市桓仁(かんじん)満族自治県の普楽堡鎮瓦房村の農家で生まれた陳東明(ちん・とうめい)さん(52)は、幼い頃より祖父から版画の手ほどきを受けてきた。今では木版年画の伝統技術を受け継ぎながら、中国の伝統的な山水画と木版年画を組み合わせることで、革新的な発展を促そうと試みている。同省の省級無形文化遺産の継承者で、代表的な桓仁版画職人である陳さんの作品は、多くの美術機関に収蔵されている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019060301486

    版画の達人彫刻刀をふるって中国の山水風景を表現遼寧省  5月27日、アトリエで、裏打ちした版画作品を乾かす陳東明さん。中国遼寧省本渓(ほんけい)市桓仁(かんじん)満族自治県の普楽堡鎮瓦房村の農家で生まれた陳東明(ちん・とうめい)さん(52)は、幼い頃より祖父から版画の手ほどきを受けてきた。今では木版年画の伝統技術を受け継ぎながら、中国の伝統的な山水画と木版年画を組み合わせることで、革新的な発展を促そうと試みている。同省の省級無形文化遺産の継承者で、代表的な桓仁版画職人である陳さんの作品は、多くの美術機関に収蔵されている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019060301619

    版画の達人彫刻刀をふるって中国の山水風景を表現遼寧省  5月27日、アトリエで、版画プレス機のハンドルを回す陳東明さん。中国遼寧省本渓(ほんけい)市桓仁(かんじん)満族自治県の普楽堡鎮瓦房村の農家で生まれた陳東明(ちん・とうめい)さん(52)は、幼い頃より祖父から版画の手ほどきを受けてきた。今では木版年画の伝統技術を受け継ぎながら、中国の伝統的な山水画と木版年画を組み合わせることで、革新的な発展を促そうと試みている。同省の省級無形文化遺産の継承者で、代表的な桓仁版画職人である陳さんの作品は、多くの美術機関に収蔵されている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019060301684

    版画の達人彫刻刀をふるって中国の山水風景を表現遼寧省  5月27日、アトリエで、自身の版画制作用の原稿を整理する陳東明さん。中国遼寧省本渓(ほんけい)市桓仁(かんじん)満族自治県の普楽堡鎮瓦房村の農家で生まれた陳東明(ちん・とうめい)さん(52)は、幼い頃より祖父から版画の手ほどきを受けてきた。今では木版年画の伝統技術を受け継ぎながら、中国の伝統的な山水画と木版年画を組み合わせることで、革新的な発展を促そうと試みている。同省の省級無形文化遺産の継承者で、代表的な桓仁版画職人である陳さんの作品は、多くの美術機関に収蔵されている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019060301542

    版画の達人彫刻刀をふるって中国の山水風景を表現遼寧省  5月27日、アトリエで版木を彫る陳東明さん。中国遼寧省本渓(ほんけい)市桓仁(かんじん)満族自治県の普楽堡鎮瓦房村の農家で生まれた陳東明(ちん・とうめい)さん(52)は、幼い頃より祖父から版画の手ほどきを受けてきた。今では木版年画の伝統技術を受け継ぎながら、中国の伝統的な山水画と木版年画を組み合わせることで、革新的な発展を促そうと試みている。同省の省級無形文化遺産の継承者で、代表的な桓仁版画職人である陳さんの作品は、多くの美術機関に収蔵されている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019060301570

    版画の達人彫刻刀をふるって中国の山水風景を表現遼寧省  5月27日、工場で版画制作に使う木材を磨く陳東明さん。中国遼寧省本渓(ほんけい)市桓仁(かんじん)満族自治県の普楽堡鎮瓦房村の農家で生まれた陳東明(ちん・とうめい)さん(52)は、幼い頃より祖父から版画の手ほどきを受けてきた。今では木版年画の伝統技術を受け継ぎながら、中国の伝統的な山水画と木版年画を組み合わせることで、革新的な発展を促そうと試みている。同省の省級無形文化遺産の継承者で、代表的な桓仁版画職人である陳さんの作品は、多くの美術機関に収蔵されている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019021501722

    木版年画鑑賞を楽しむ春節山西省新絳県  12日、山西省運城市新絳県にある絳州木版年画の制作企業で自作の年画作品を見せる子どもたち。中国山西省運城市新絳(しんこう)県で12日、年画(春節に家の壁や門に飾る版画)制作に携わる企業数社が主催する「木版年画鑑賞で年越し」と題した絳州木版年画展が開幕した。大勢の観光客や市民が訪れ、伝統文化が持つ独特の魅力を味わった。(運城=新華社配信/高新生)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019021501738

    木版年画鑑賞を楽しむ春節山西省新絳県  12日、山西省運城市新絳県にある絳州木版年画の制作企業で年画を鑑賞する観光客。中国山西省運城市新絳(しんこう)県で12日、年画(春節に家の壁や門に飾る版画)制作に携わる企業数社が主催する「木版年画鑑賞で年越し」と題した絳州木版年画展が開幕した。大勢の観光客や市民が訪れ、伝統文化が持つ独特の魅力を味わった。(運城=新華社配信/高新生)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019021501792

    木版年画鑑賞を楽しむ春節山西省新絳県  12日、観光客に絳州木版年画の制作技術を披露する継承者(中央)。中国山西省運城市新絳(しんこう)県で12日、年画(春節に家の壁や門に飾る版画)制作に携わる企業数社が主催する「木版年画鑑賞で年越し」と題した絳州木版年画展が開幕した。大勢の観光客や市民が訪れ、伝統文化が持つ独特の魅力を味わった。(運城=新華社配信/高新生)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019021501793

    木版年画鑑賞を楽しむ春節山西省新絳県  12日、山西省運城市新絳県にある絳州木版年画の制作企業で年画を鑑賞する観光客。中国山西省運城市新絳(しんこう)県で12日、年画(春節に家の壁や門に飾る版画)制作に携わる企業数社が主催する「木版年画鑑賞で年越し」と題した絳州木版年画展が開幕した。大勢の観光客や市民が訪れ、伝統文化が持つ独特の魅力を味わった。(運城=新華社配信/高新生)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019021501736

    木版年画鑑賞を楽しむ春節山西省新絳県  12日、観光客に絳州木版年画の制作技術を披露する継承者(中央)。中国山西省運城市新絳(しんこう)県で12日、年画(春節に家の壁や門に飾る版画)制作に携わる企業数社が主催する「木版年画鑑賞で年越し」と題した絳州木版年画展が開幕した。大勢の観光客や市民が訪れ、伝統文化が持つ独特の魅力を味わった。(運城=新華社配信/高新生)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019011120758

    年画職人の春節準備山東省濰坊市  8日、刷り終えた木版年画を整理する楊家埠村の職人。中国山東省濰坊市寒亭区楊家埠(ようかふ)村では旧暦の年末を迎え、職人らが年画の制作を急いでいる。年画は春節(旧正月)に家の門や壁に飾られる版画で、同村の年画は全国各地で販売される。(濰坊=新華社配信/張馳)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019011120759

    年画職人の春節準備山東省濰坊市  8日、刷り終えた木版年画を整理する楊家埠村の職人。中国山東省濰坊市寒亭区楊家埠(ようかふ)村では旧暦の年末を迎え、職人らが年画の制作を急いでいる。年画は春節(旧正月)に家の門や壁に飾られる版画で、同村の年画は全国各地で販売される。(濰坊=新華社配信/張馳)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019011120753

    年画職人の春節準備山東省濰坊市  8日、木版年画を刷る楊家埠村の職人。中国山東省濰坊市寒亭区楊家埠(ようかふ)村では旧暦の年末を迎え、職人らが年画の制作を急いでいる。年画は春節(旧正月)に家の門や壁に飾られる版画で、同村の年画は全国各地で販売される。(濰坊=新華社配信/張馳)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019011120757

    年画職人の春節準備山東省濰坊市  8日、刷り終えた木版年画を乾燥させる楊家埠村の職人。中国山東省濰坊市寒亭区楊家埠(ようかふ)村では旧暦の年末を迎え、職人らが年画の制作を急いでいる。年画は春節(旧正月)に家の門や壁に飾られる版画で、同村の年画は全国各地で販売される。(濰坊=新華社配信/張馳)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019011120760

    年画職人の春節準備山東省濰坊市  8日、作品に囲まれながら木版年画を刷る楊家埠村の職人。中国山東省濰坊市寒亭区楊家埠(ようかふ)村では旧暦の年末を迎え、職人らが年画の制作を急いでいる。年画は春節(旧正月)に家の門や壁に飾られる版画で、同村の年画は全国各地で販売される。(濰坊=新華社配信/張馳)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019011120701

    年画職人の春節準備山東省濰坊市  8日、木版年画を刷る楊家埠村の職人。中国山東省濰坊市寒亭区楊家埠(ようかふ)村では旧暦の年末を迎え、職人らが年画の制作を急いでいる。年画は春節(旧正月)に家の門や壁に飾られる版画で、同村の年画は全国各地で販売される。(濰坊=新華社配信/張馳)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018091815846

    中国湖南省の無形文化遺産がポーランドで公開  12日、ポーランドの首都ワルシャワで、中国の刺しゅう扇子を鑑賞する来場者。「湖南の気品と才能・東欧で咲き誇る」と題する湖南・ポーランド無形文化遺産交流ウイークが12日、ワルシャワで開幕した。湘繍(しょうしゅう、湖南省の伝統的刺しゅう)、灘頭木版年画(たんとうもくはんねんが、湖南省の木版画印刷による新年用の絵画)、粽葉編(そうようへん、ササの葉で編んで作った工芸品)などの9人の湖南省無形文化遺産継承者が、現地の人々に中国の伝統的手工芸の魅力を伝えた。(ワルシャワ=新華社記者/石中玉)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018091815482

    中国湖南省の無形文化遺産がポーランドで公開  12日、ポーランドの首都ワルシャワで、長沙の粽葉編製品を鑑賞する来場者。「湖南の気品と才能・東欧で咲き誇る」と題する湖南・ポーランド無形文化遺産交流ウイークが12日、ワルシャワで開幕した。湘繍(しょうしゅう、湖南省の伝統的刺しゅう)、灘頭木版年画(たんとうもくはんねんが、湖南省の木版画印刷による新年用の絵画)、粽葉編(そうようへん、ササの葉で編んで作った工芸品)などの9人の湖南省無形文化遺産継承者が、現地の人々に中国の伝統的手工芸の魅力を伝えた。(ワルシャワ=新華社記者/石中玉)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018091815609

    中国湖南省の無形文化遺産がポーランドで公開  12日、ポーランドの首都ワルシャワで湘西ミャオ族の刺しゅう作品を眺めるポーランド首相府事務局のマレーク・スツキ主任(右)。「湖南の気品と才能・東欧で咲き誇る」と題する湖南・ポーランド無形文化遺産交流ウイークが12日、ワルシャワで開幕した。湘繍(しょうしゅう、湖南省の伝統的刺しゅう)、灘頭木版年画(たんとうもくはんねんが、湖南省の木版画印刷による新年用の絵画)、粽葉編(そうようへん、ササの葉で編んで作った工芸品)などの9人の湖南省無形文化遺産継承者が、現地の人々に中国の伝統的手工芸の魅力を伝えた。(ワルシャワ=新華社記者/石中玉)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018091815697

    中国湖南省の無形文化遺産がポーランドで公開  12日、ポーランドの首都ワルシャワで、灘頭木版年画作製を体験する男の子。「湖南の気品と才能・東欧で咲き誇る」と題する湖南・ポーランド無形文化遺産交流ウイークが12日、ワルシャワで開幕した。湘繍(しょうしゅう、湖南省の伝統的刺しゅう)、灘頭木版年画(たんとうもくはんねんが、湖南省の木版画印刷による新年用の絵画)、粽葉編(そうようへん、ササの葉で編んで作った工芸品)などの9人の湖南省無形文化遺産継承者が、現地の人々に中国の伝統的手工芸の魅力を伝えた。(ワルシャワ=新華社記者/石中玉)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018091815478

    中国湖南省の無形文化遺産がポーランドで公開  12日、ポーランドの首都ワルシャワで、ミャオ族の銀の装飾品作りを見学する来場者。「湖南の気品と才能・東欧で咲き誇る」と題する湖南・ポーランド無形文化遺産交流ウイークが12日、ワルシャワで開幕した。湘繍(しょうしゅう、湖南省の伝統的刺しゅう)、灘頭木版年画(たんとうもくはんねんが、湖南省の木版画印刷による新年用の絵画)、粽葉編(そうようへん、ササの葉で編んで作った工芸品)などの9人の湖南省無形文化遺産継承者が、現地の人々に中国の伝統的手工芸の魅力を伝えた。(ワルシャワ=新華社記者/石中玉)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018091815640

    中国湖南省の無形文化遺産がポーランドで公開  12日、ポーランドの首都ワルシャワで、湘繍の製作を見学する来場者。「湖南の気品と才能・東欧で咲き誇る」と題する湖南・ポーランド無形文化遺産交流ウイークが12日、ワルシャワで開幕した。湘繍(しょうしゅう、湖南省の伝統的刺しゅう)、灘頭木版年画(たんとうもくはんねんが、湖南省の木版画印刷による新年用の絵画)、粽葉編(そうようへん、ササの葉で編んで作った工芸品)などの9人の湖南省無形文化遺産継承者が、現地の人々に中国の伝統的手工芸の魅力を伝えた。(ワルシャワ=新華社記者/石中玉)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019120407030

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  朱仙鎮の岳飛廟で、忠臣を陥れた「罪臣」の像をむちで打つ子ども。(2016年7月16日撮影)朱仙鎮は河南省開封市祥符区にあり、かつて湖北省の漢口鎮、江西省の景徳鎮、広東省仏山鎮と並んで、中国四大名鎮に数えられ、唐、宋の時代から水陸の交通の要衝、交易地として栄えた。当地で、古くから有名なのは木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)で、五代十国から北宋の時代に始まって明、清の時代に盛んとなり、中国四大木版年画の一つとされている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019120407069

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  出来上がったばかりの朱仙鎮木版年画を整理する年画職人。(2016年7月16日撮影)朱仙鎮は河南省開封市祥符区にあり、かつて湖北省の漢口鎮、江西省の景徳鎮、広東省仏山鎮と並んで、中国四大名鎮に数えられ、唐、宋の時代から水陸の交通の要衝、交易地として栄えた。当地で、古くから有名なのは木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)で、五代十国から北宋の時代に始まって明、清の時代に盛んとなり、中国四大木版年画の一つとされている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018121109359

    過去と現在が交差する千年の町、天津楊柳青鎮を訪ねて  天津市楊柳青鎮の年画(旧正月に飾る縁起物の絵)工房で、中国の著名な年画、天津楊柳青の木版年画を描く絵師。(2016年2月1日撮影)運河が町を貫いて流れ、緑に囲まれたレトロな風景が広がっている。千年の歴史をもつ中国天津市楊柳青(ようりゅうせい)鎮は、その伝統の中でさまざまな表情を見せている。同鎮は40年の移り変わりを経て、過去と現在が交差して生まれた改革の「新たな」ストーリーを、独特なスタイルで描き続けている。(天津=新華社記者/岳月偉)=2016(平成28)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像