検索結果 398 件中 1 件 〜 50 件 "木造建築"
  1. 2020062204858

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  9日、仏光寺東大殿に安置された等身大の女性像。同寺の建設に寄進した寧公遇(ねい・こうぐう)の像だとされる。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062204637

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  9日、仏光寺東大殿に安置された等身大の女性像。同寺の建設に寄進した寧公遇(ねい・こうぐう)の像だとされる。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062204816

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿の屋根をを支える斗栱(ときょう)。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020062204738

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿の前にある唐代の経幢(きょうどう、経文などを刻んだ石柱)。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062204762

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿の屋根をを支える斗栱(ときょう)。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020062204652

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿の裏面。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061112045

    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省  6日、南禅寺を見学する観光客。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061112095

    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省  6日、南禅寺大殿内部の金剛像と脇侍菩薩(きょうじぼさつ)像。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020061112044

    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省  6日、南禅寺大殿内部の彩色塑像の一部。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020061112035

    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省  6日、簡素で質朴な造りの南禅寺大殿。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020062204791

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、山西省五台県の仏光寺東大殿。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062204803

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿の側面。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062204744

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿を参拝する観光客。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062204626

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿に安置された彩色塑像。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062204877

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿の門。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062204823

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、高台に鎮座する仏光寺東大殿。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062204834

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿に安置された彩色塑像。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062204685

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿に安置された彩色塑像。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020061112051

    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省  6日、南禅寺大殿の屋根を支える斗栱(ときょう)。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020061112047

    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省  6日、南禅寺大殿の正面。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062204701

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿のひさしを支える支柱。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062204633

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿に安置された彩色塑像。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062204742

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿の屋根をを支える斗栱(ときょう)。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062204795

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿に安置された彩色塑像。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062204822

    現存する最大の唐代木造建築「仏光寺東大殿」山西省五台県  6日、仏光寺東大殿の側面。中国山西省五台県にある仏光寺東大殿は、中国に現存する数少ない唐代木造建築の中でも最大かつ最も保存状態のよい建造物とされる。宣宗の大中11(857)年の創建で、1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回選定リストに登録された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020050804425

    河北省で宋代の磚室墓5基が出土、一部は博物館に移転へ  広宗県の宋代磚室墓の壁面にれんがで施された木造建築の造形。各部材が細かく表現されている。(資料写真)中国河北省邢台(けいだい)市広宗県の文化財保護部門は、同県広宗鎮大王村でこのほど、宋代の磚室墓(せんしつぼ)5基を発見したと明らかにした。磚室墓は墓室をれんがで築いた墓を指す。同市文化財部門の職員は広宗県で今回初めて宋代墓が出土したことについて、同県の宋代墓葬文化の歴史的空白が埋まったと指摘。木造に似せた構造の磚室墓は、同県一帯の宋代の建築様式を十分に反映しており、同地域の建築形式と彫刻技術を研究する上での根拠になるほか、社会と文化、葬送風俗を模索するための詳細かつ確かな資料にもなるとの見方を示した。同部門では5基の墓葬が持つ文化的要素をさらに明らかにするため、主要な墓葬を邢台市と広宗県の博物館に移し、展示と保護を行うとしている。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020041002015

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  保存状態のよい桐花寨のトゥチャ族の民家。(3月26日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020041002016

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  保存状態のよい桐花寨のトゥチャ族の民家。(3月26日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020041001957

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  大工仕事をする桐花寨の住民。(3月26日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020041001944

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  トゥチャ族の民家に暮らす子どもたち。(3月26日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020041001981

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  建設された観光産業道路。桐花寨の裏山には古木林が広がっている。(3月26日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020041002008

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  観光客に人気の高い、桐花寨の住民が作った干し豚。(3月25日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019121110067

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼展示ホールに展示された、米ニューヨークのメトロポリタン美術館が所蔵する「黄鶴楼図」(ディスプレー画面)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019121110386

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019121109889

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼展示ホールに展示された宋代の伝統絵画、界画(かいが)の「黄鶴楼」(ディスプレー画面)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019121110389

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型(部分)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019121109927

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼展示ホールに展示された歴史資料の「黄鶴楼図」(ディスプレー画面)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019121109827

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019121110471

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の模型と当時外国人が撮影した写真。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019121110474

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼の扁額。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019121110399

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼の2階に展示された宋代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019121110298

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された宋代の黄鶴楼を復元した模型の屋根の細部。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019121110266

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼の2階に展示された宋代の黄鶴楼の復元模型(部分)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019121110121

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された黄鶴楼の復元模型(部分)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019121110446

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼風景区を訪れた観光客。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019121109893

    宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019120407032

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019120407035

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿の裏門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019120407011

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019120407012

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿の軒部分。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像