検索結果 92 件中 1 件 〜 50 件 "杭州市余杭区"
  1. 2020090104304

    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ  28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で進む高所作業。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020090104337

    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ  28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020090104401

    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ  28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020090104367

    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ  28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の下で高所作業を補助する作業員。中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020090104318

    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ  28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020090104427

    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ  28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020090104442

    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ  28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で進む高所作業。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020090104338

    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ  28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020081700922

    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市  14日、杭州市余杭区塘棲鎮の丁山湖の夜景。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020081700885

    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市  14日、杭州市余杭区塘棲鎮の夜景。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020081700912

    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市  14日、杭州市余杭区塘棲鎮イベント会場に集まった人々。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020081700990

    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市  14日、杭州市余杭区塘棲鎮の丁山湖畔に設置されたステージ。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020081803611

    「新華社」夜のイベントで地域経済を活性化浙江省杭州市 14日、杭州市余杭区塘棲鎮でライブ演奏を行うミュージシャン。中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020081700914

    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市  14日、杭州市余杭区塘棲鎮でパフォーマンスを鑑賞する人々。中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062804782

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062804873

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、茶の表面にできた泡に文字を書く茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062804923

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062804918

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の曲橋。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062804937

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062804946

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062804796

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶を入れる際に必要な道具を紹介する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062804874

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062804781

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062804783

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、杭州市余杭区径山鎮に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062804876

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062804916

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、自身の茶園を紹介する周方林(しゅう・ほうりん)さん。周さんは省級無形文化遺産に指定されている径山茶の釜炒り技術の伝承者。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020062804925

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020062804948

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020061503922

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「瓶窯陶芸館」で展示された陶磁器。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020061503998

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「瓶窯陶芸館」を見学する観光客。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020061503902

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の養蚕文化をテーマにした展示館で見学する観光客。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020061504017

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館群。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020061504014

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「余杭紙傘館」で、油紙を使った伝統的な傘を作るスタッフ。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020061504008

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館群を見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020061504022

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の凧とランタンをテーマにした展示館で見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020061504002

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の凧とランタンをテーマにした展示館で見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020061504000

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「良渚玉彫館」で翡翠の彫刻技術を再現したジオラマを見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020061503896

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の養蚕文化をテーマにした展示館で見学する観光客。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020061504028

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「瓶窯陶芸館」で陶芸を体験する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020061503913

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館群。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020061503969

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「余杭紙傘館」で、油紙を使った伝統的な傘を作るスタッフ。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020061504010

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「良渚玉彫館」で翡翠の彫刻について学ぶ子どもたち。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020061503918

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の凧とランタンをテーマにした展示館で見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019070902487

    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県  2日、水路が町を縦横に走る新市古鎮の一角。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019070902517

    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県  2日、新市古鎮の一角にたたずむ舟形の三角の建物。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019070902445

    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県  2日、新市古鎮で見つけた小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)店の看板。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019070902492

    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県  2日、新市古鎮の水路沿いに軒を連ねる店。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019070902509

    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県  2日、新市古鎮を流れる水路を進む船。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019070902519

    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県  2日、川べりのベンチに座ってくつろぐ3人家族。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019070902520

    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県  2日、著名な作家、茅盾(ぼう・じゅん、1896~1981)の叔母の家があった西河口56号。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像