検索結果 524 件中 1 件 〜 50 件 "東京晴海"
  1. 2020012500013

    選手村は再開発の象徴  整備が進み、真新しい建物が並ぶ東京五輪・パラリンピックの選手村=24日、東京・晴海

  2. 2020012500004

    選手村は再開発の象徴  整備が進む東京五輪・パラリンピックの選手村=24日午後、東京・晴海

  3. 2020012500003

    選手村は再開発の象徴  整備が進む東京五輪・パラリンピックの選手村=24日、東京・晴海

  4. 2020010904343

    三方が海、眺望良好  東京五輪・パラリンピック組織委が公開した選手村の家具。クローゼットは車いすでも使いやすいように低く作られている=9日午前、東京・晴海

  5. 2020010901302

    選手村、障害者に配慮  東京五輪・パラリンピック組織委員会が公開した、選手村宿泊棟の部屋に置かれる家具など=9日午前、東京・晴海

  6. 2020010901312

    選手村、障害者に配慮  東京五輪・パラリンピック組織委員会が公開した、選手村宿泊棟の部屋に置かれる家具など。クローゼット(奥左)は車いすでも使いやすいように低く作られている=9日午後、東京・晴海

  7. 2020010901308

    選手村、障害者に配慮  東京五輪・パラリンピック組織委員会が公開した、選手村宿泊棟の部屋に置かれる家具など=9日午後、東京・晴海

  8. 2019122300321

    元年国内 6450 ビジネスショーが開幕  OA機器が勢ぞろいした第68回ビジネスショー。パソコン、ワープロが人気だ=東京・晴海の東京国際貿易センター

  9. 2019121003823

    「山陽新聞」 真庭産CLT建物完成 隈研吾デザイン  真庭市産CLTを使って建設されたパビリオン=東京・晴海。真庭市産の新建材CLT(直交集成板)を用いて建築家の隈研吾さんがデザイン監修したパビリオン「CLT PARK HARUMI」が東京・晴海に完成し、5日、関係者向けの内覧会が開かれた。2020年東京五輪・パラリンピックの選手村近くに立地し、CLTの活用法や木のぬくもりを体感できる拠点施設として、国内外に日本の木材文化を発信する。CLTの普及や国産材の消費喚起を狙いに、国内最大のCLT産地・真庭市、木材を生かした設計で知られ、五輪のメインスタジアム・国立競技場を手掛けた隈さん、不動産開発の三菱地所(東京)が連携した。施設は14日から約1年間、一般公開した後、真庭市の蒜山高原に移築し、持続可能な循環型社会を目指す市のアピールに役立てる計画だ。=2019(令和元)年12月5日、東京・晴海、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  10. 2019112204640

    元年国内 5593 ふじ丸初航海へ  東京・晴海ふ頭から香港、台湾に向け初航海に旅立つ豪華客船「ふじ丸」=1989(平成元)年4月29日午後2時すぎ(共同通信社ヘリから)

  11. 2019110100796

    チェーンストアフェア’81  東京・晴海で開かれた「チェーンストアフェア’81」=1981(昭和56)年4月4日、東京都中央区

  12. 2019103100901

    資料A 2565 大規模災害に備え救助訓練  煙が充満した地下街の救助訓練をする警視庁レスキュー隊員=1980(昭和55)年12月6日、東京・晴海(55年内地11013)

  13. 2019103100900

    資料A 2565 大規模災害に備え救助訓練  救助訓練で、避難した住民を救出するため、斜めロープを伝わって隣接ビルの屋上に向かう警視庁レスキュー隊員=1980(昭和55)年12月6日、東京・晴海(55年内地11012)

  14. 2019103001156

    資料A 2382 南極観測船「ふじ」が出発  「ふじ」の前で、見送りの人たちに胴上げされる第22次南極観測隊員=1980(昭和55)年11月25日、東京・晴海埠頭(55年内地10624)

  15. 2019102500594

    元年国内 5029 豪華客船時代スタート  東京港に入港する豪華客船ふじ丸(手前)と出港する「おせあにっく・ぐれいす」=1989(平成元)年4月21日午前8時、東京・晴海(共同通信社ヘリから)

  16. 2019102100377

    元年国内 4907 皇太子さま、東京国際見本市視察  第18回東京国際見本市会場でソ連の民芸品などをご覧になる皇太子さま=1989(平成元)年4月19日午前9時20分、東京・晴海

  17. 2019101802638

    元年国内 4859 国際深海掘削船が入港  東京・晴海ふ頭に向かうフランスの深海掘削船ジョイデス・レゾリューション号=1989(平成元)年4月18日午前9時35分、東京湾(共同通信社ヘリから)

  18. 2019101606950

    甲乙A「学芸=祝祭に向かう国で」(ア) 新陳代謝の先に成熟?  東京・晴海に整備中の選手村を対岸の豊洲から眺める速水健朗さん=東京都江東区

  19. 2019100905101

    元年国内 4625 南極観測船しらせが帰国  久しぶりに家族と再会して喜ぶ一等海尉の●中丸鉄夫さん●=1989(平成元)年4月13日午前8時30分、東京・晴海ふ頭

  20. 2019100905100

    元年国内 4624 南極観測船しらせが帰国  5カ月間の航海を終え帰国した南極観測船「しらせ」=1989(平成元)年4月13日午前7時45分、東京・晴海ふ頭

  21. 2019082600190

    首都高変動料金を協議  東京五輪・パラリンピックの渋滞対策を話し合う検討会=26日午前、東京・晴海

  22. 2019042500431

    資料A 2113 エレクトロニクスショーでビデオ合戦  1980年代の目玉商品といわれるビデオディスク。手前の円盤(ディスク)を後方のプレーヤーにかけるとブラウン管(右)に画像と音が再生される=1980(昭和55)年10月15日、東京・晴海(55年内地9340)

  23. 2019013124235

    「表層深層」人口移動報告 五輪迫る首都、人口集中  東京五輪・パラリンピックの開幕に向け、都心臨海部で建設が進む選手村(手前側)。同中央右の建物は晴海客船ターミナル=30日、東京・晴海

  24. 2019013124232

    「表層深層」人口移動報告 五輪迫る首都、人口集中  2020年東京五輪・パラリンピックに向け、建設が進む選手村(手前)=30日午後、東京・晴海(共同通信社ヘリから)

  25. 2019013124208

    「表層深層」人口移動報告 五輪迫る首都、人口集中  2020年東京五輪・パラリンピックの開幕に向け、都心臨海部で建設が進む選手村。手前右は晴海客船ターミナル=30日、東京・晴海

  26. 2019013124206

    「表層深層」人口移動報告 五輪迫る首都、人口集中  2020年東京五輪・パラリンピックの開幕に向け、建設が進む選手村=30日、東京・晴海

  27. 2018122022895

    昭和の風景・資料  南極観測船「宗谷」。第二次観測隊を乗せて昭和基地を目指したが、越冬できなかった=1957(昭和32)年12月、東京・晴海港

  28. 2018122022887

    昭和の風景・資料  南極観測船「宗谷」。第二次観測隊を乗せて昭和基地を目指したが、越冬できなかった=1957(昭和32)年12月、東京・晴海港

  29. 2018120727599

    防災都市目指し出初め式  恒例の東京消防庁出初め式で一斉放水する、はしご車と消防艇=1989年1月6日午前11時40分、東京・晴海で共同通信社へりから

  30. 2018112733555

    45年カラーニュース 1325-4 電気自動車もお目見え  安全公害センターで、人形を使って災害防止のエアバッグ実演=1970(昭和45)年10月29日、東京・晴海

  31. 2018112733330

    45年カラーニュース 1325-3 電気自動車もお目見え  トヨタの試作電気自動車「コミューター」=1970(昭和45)年10月29日、東京・晴海

  32. 2018112733176

    45年カラーニュース 1325-5 電気自動車もお目見え  トヨタの新車「セリカ」=1970(昭和45)年10月29日、東京・晴海

  33. 2018112701596

    昭和の風景・資料  消防出初め式で行進するボンネット型の消防車=1968(昭和43)年、東京・晴海

  34. 2018111000150

    南極観測船しらせが出港  出港式で乗組員の海上自衛隊員らにあいさつする村川豊海上幕僚長=10日午前、東京・晴海客船ターミナル

  35. 2018111000149

    南極観測船しらせが出港  南極観測船しらせを見送る乗組員の家族ら=10日午前、東京・晴海埠頭

  36. 2018101503285

    第1次南極観測隊  大勢の人たちに見送られテープが舞う中、南極に向け東京・晴海を出港する観測船「宗谷」=1956(昭和31)年11月8日、東京・晴海

  37. 2018090523502

    姿現した選手村など視察  建設中の選手村を視察し、説明を受ける国内外の報道関係者ら=5日、東京・晴海

  38. 2018081001780

    「五輪で変わる東京 2018」3回続きの(上) 内陸部から臨海部へ  遊覧船内から眺める東京・晴海の選手村建設地=7月20日

  39. 2018070501170

    外車ショー  東京・晴海で開催され、にぎわう外車ショー=1978(昭和53)年4月6日、東京都中央区

  40. 2018070501165

    第17回東京国際ボートショー  東京・晴海で行われた、第17回東京国際ボートショー=1978(昭和53)年3月17日、東京都中央区晴海

  41. 2018062400563

    資料 59906 第9回全日本自動車ショー  日産のフェアレディ=1962(昭和37)年10月24日、東京・晴海

  42. 2018062400480

    資料 59905 第9回全日本自動車ショー  本田技研のホンダスポーツ500=1962(昭和37)年10月24日、東京・晴海

  43. 2018052100461

    資料A 1042 「第2白嶺丸」を一般公開  一般公開された深海底調査船「第2白嶺丸」(海洋資源調査船)=1980(昭和55)年6月19日、東京・晴海埠頭で共同通信社ヘリから(55年内地5525)

  44. 2018051500327

    資料A 655 護衛艦「あやせ」で事故  接岸中、留め金が外れてもやい綱がはね飛び、体験航海で乗艦していた日系人らが重軽症を負う事故があった護衛艦「あやせ」=1980(昭和55)年5月9日、東京・晴海埠頭で共同通信社ヘリから(55年内地4176)

  45. 2018040900696

    資料A 521 南極観測船「ふじ」が帰港  出迎えの長男和成ちゃんを抱き上げる「ふじ」の乗組員藤井隆志三曹。留守中に生まれた長女の直美ちゃんは、妻の久子さんに抱かれてお出迎え=1980(昭和55)年4月19日、東京・晴海埠頭(55年内地3577)

  46. 2018040900695

    資料A 522 南極観測船「ふじ」が帰港  150日ぶりに帰港した南極観測船「ふじ」=1980(昭和55)年4月19日、東京・晴海埠頭(55年内地3576)

  47. 2018040600628

    海に浮かぶ選手のわが家  2020年東京五輪・パラリンピックの選手村建設が進む、東京都中央区の晴海地区。左奥は東京スカイツリー=6日(共同通信社ヘリから)

  48. 2017121400342

    消防出初め式  東京・晴海で盛大に行われた消防出初め式パレード=1970(昭和45)年1月6日、東京都中央区

  49. 2017062900490

    五輪見据え警備艇訓練  東京・晴海埠頭沖で実施された警備艇の訓練=29日午後

  50. 2017052000245

    「菱垣廻船」東京に到着  大阪港から「菱垣廻船」の航跡約700㌔をたどり、東京・晴海埠頭に到着したヨット=20日午後

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像