検索結果 18 件中 1 件 〜 18 件 "格安列車"
  1. 2020011401751

    「地球ホームページ」 欧州で「格安列車」人気  ドイツ西部ケルン中央駅に到着したフリックストレイン=2019年11月(共同)

  2. 2020011401747

    「地球ホームページ」 欧州で「格安列車」人気  ドイツ国内を走るフリックストレインの車内=2019年11月(共同)

  3. 2020011401745

    「地球ホームページ」 欧州で「格安列車」人気  ドイツ西部ケルン中央駅に到着したフリックストレイン=2019年11月(共同)

  4. 2020011401744

    「地球ホームページ」 欧州で「格安列車」人気  「格安列車」の主な路線

  5. 2020011401743

    「地球ホームページ」 欧州で「格安列車」人気  「格安列車」の主な路線

  6. 2019013010136

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  23日、大興安嶺地区漠河市を走る、ハルビン市から漠河に向かうK7041列車。(小型無人機から)中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019013010174

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  23日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、窓口から外を眺める乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019013010426

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  23日、大興安嶺地区の塔河駅で、チチハル市から古蓮駅に向かう6245列車の出発合図を確認する運転士。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019013009935

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  23日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、車両間の通路に吹き込んだ雪を掃き取る乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019013009826

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  23日、大興安嶺地区の塔河駅で、出発の準備をするチチハル市から古蓮駅に向かう6245列車の運転士。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019013009846

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  23日、黒竜江省大興安嶺地区の塔河駅に停車するチチハル市から古蓮駅に向かう6245列車。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019013010433

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  23日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、雪が吹き込んだ車両間の通路に立ち、車外の状況を観察する乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019013010119

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  22日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、車内を巡回する鉄道警察。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019013010203

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  22日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、お湯を注ぐ乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019013010225

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  22日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、スマートフォンを使う旅客。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019013009755

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  22日、大興安嶺地区の塔河駅で、チチハル市から古蓮駅に向かう6245列車の傍らに立ち、懐中電灯で運転士に合図を送る乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019013010149

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  22日、大興安嶺地区漠河市加格達奇の車両基地で、列車の車輪を点検する作業員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019013009835

    「新華社」 温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車  22日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、破損した保温用ビニールを交換する乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像