検索結果 49 件中 1 件 〜 49 件 "栽培ハウス"
  1. 2020081204567

    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市  山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発のイチジク栽培ハウス内で稼働中の農作物自動管理システム。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081204530

    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市  山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発のイチジク栽培ハウス内で作業する農家。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051103000

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある水稲栽培ハウスで水やりをする農家。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051102978

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある水稲栽培ハウスで雑草を取り除く農家。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052701008

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  仕事を依頼している貧困戸と共に温室内の草取りをする董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/劉方強)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052701028

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  阜南県会竜鎮閆廟村で自身のトウガラシ栽培用ハウスで忙しく働く董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052701105

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052701013

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020031200880

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスで収穫したシイタケが入った容器を運ぶ河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020031200872

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020031200867

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020031200902

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪鎮のアスパラガス栽培ハウスで農作業に励む「潤遠農作物栽培専業合作社」の職員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020031200874

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県臨城鎮のパセリ栽培ハウスで農作業をする茁越農業開発の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019102800632

    日本の精密農業、山東省威海市に浸透  23日、山東省威海市南海新区の万和七彩農業科技公司のイチゴ栽培ハウスで中国の果物農家(左)に技術指導を行う日本の技術専門家、西村孝文さん。中国山東省威海市南海新区の万和七彩農業科技公司は2017年から、日本の精密農業栽培モデルを導入し、日本のイチゴ、ブドウ品種を栽培するとともに、定期的に日本から農業技術専門家を招いて指導してもらうことで、日本の精密農業技術の同市での浸透を促してきた。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2018112615348

    「南の果物を北で栽培」新たな農業モデルを模索河北省灤州市  22日、灤州市鶏冠山生態農業産業園の赤バナナ栽培ハウスで作業をする農家。中国河北省灤州(らんしゅう)市は、農業の産業構造を積極的に調整し、「南果北種(南の果物を北で栽培する)」農業発展モデルを模索している。市内の鶏冠山生態農業産業園では今年春から、熱帯や亜熱帯の果物を試験的な栽培を行い、一定の成果を収めており、地元の住民を豊かにする新たな道を切り開いている。同園では現在、高水準の日光温室75ムー(5ヘクタール)分が完成しており、ドラゴンフルーツやパパイヤ、赤バナナなどの出荷後には、周辺の約50世帯の増収が実現する。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2018100120376

    鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市  26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2018100120296

    鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市  26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所を巡回検査する作業員。中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2018100120131

    鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市  26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2018100120552

    鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市  26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2018080700474

    増収の多元化で貧困脱却を促進陝西省仏坪県  3日、シイタケ栽培ハウスでシイタケの生育状況を確認する陝西省漢中市仏坪県西岔河鎮耖家荘村の村民、薛従蘭さん。中国陝西省漢中市仏坪県は秦嶺山脈の中腹に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県になっている。同県は2017年から増収の多元化による貧困脱却モデルを実施。それぞれの土地に応じて栽培·飼育産業基地を建設し、農村観光・レジャーなどを発展させて、貧困層の持続的、安定的な増収と貧困脱却を支援している。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018080700057

    環境保全型農業が貧困脱却を促進チベット自治区ガリ地区  1日、チベット自治区ガリ地区ガル県の環境保全型農業パークにあるトマト栽培ハウスで、収穫する作業員の加央さん(左)と達娃さん。中国チベット自治区西部に位置するガリ地区は、平均標高4500メートルで、寒冷で酸素が不足し、地元住民は長い間「野菜が食べられない」悩みを抱えていた。ガリ地区の行政中心地であるガル県ではここ数年、野菜・果樹の栽培や家畜・家禽の飼育、その総合利用を一体化した環境保全型農業パークを建設。毎年、周辺地域に40余りの野菜や果物を提供し、「買い物かご」の中身を充実させるだけでなく、貧困者支援で移住した200人以上の住民を育成し、季節雇用問題を解決した。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2017092900603

    最新技術でマンゴー栽培 農園長の菅原さん  マンゴーの安定生産を目指す実験が行われている栽培ハウスで、設備などの説明をする農園長の菅原純一さん=9月、沖縄県宮古島市 「島に暮らせば」第4部「新たな試み」4回続きの(3)

  23. 2017072101100

    ソ菜(野菜) チンゲンサイ  チンゲンサイ栽培ハウス群=2003(平成15)年11月7日、兵庫県JA兵庫六甲管内、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [03−851−17] 「日本農業新聞」

  24. 2017072101099

    ソ菜(野菜) チンゲンサイ  チンゲンサイ栽培ハウス群=2003(平成15)年11月7日、兵庫県JA兵庫六甲管内、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [03−850−16] 「日本農業新聞」

  25. 2017072001620

    ソ菜(野菜) アロエベラ  栽培ハウスで大きく育ったアロエの葉=2013(平成25)年4月19日、愛知県豊橋市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20130419RIN_2750e] 「日本農業新聞」

  26. 2017072001619

    ソ菜(野菜) アロエベラ  栽培ハウスで大きく育ったアロエの葉=2013(平成25)年4月19日、愛知県豊橋市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20130419RIN_2725e] 「日本農業新聞」

  27. 2017072001161

    ソ菜(野菜) ズッキーニ  ズッキーニ栽培(ハウス)=1999(平成11)年1月28日、長野県木島平村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支11−136−12A] 「日本農業新聞」

  28. 2017072000602

    ソ菜(野菜) イチゴ  イチゴ天敵栽培ハウス=2006(平成18)年1月27日、神奈川県海老名市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支18−10−20] 「日本農業新聞」

  29. 2017072000601

    ソ菜(野菜) イチゴ  イチゴ天敵栽培ハウス=2006(平成18)年1月27日、神奈川県海老名市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支18−10−19] 「日本農業新聞」

  30. 2017072000481

    ソ菜(野菜) イチゴ  夏秋イチゴ栽培ハウス=2003(平成15)年9月18日、徳島県池田町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [03−781−4] 「日本農業新聞」

  31. 2017050800297

    佐土原のビニールハウス 宮崎県  佐土原町のビニール栽培ハウス=1963(昭和38)年12月15日、宮崎県(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

  32. 2016061100436

    別荘群に不法就労者 ハウス写したスマホ画面  中国籍の女性が、働いていた水菜の栽培ハウスを3月に写したスマートフォンの画面=茨城県内

  33. 2015070200464

    バラフ(アイスプラント)最盛期 佐賀県唐津市 摘み取り作業が続くバラフの栽培ハウス=唐津市浜玉町、2008(平成20)年6月16日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ 「西日本新聞」「九州の農業」

  34. 2013072400123

    特産のイチゴ栽培を視察 イチゴ農家視察する両陛下  那須御用邸近くの農家を訪れ、イチゴ栽培ハウスを視察される天皇、皇后両陛下=24日午前、栃木県那須塩原市(代表撮影)

  35. 2013072400122

    特産のイチゴ栽培を視察 視察される天皇、皇后両陛下  那須御用邸近くの農家を訪れ、イチゴ栽培ハウスを視察される天皇、皇后両陛下=24日午前、栃木県那須塩原市(代表撮影)

  36. 2013040100106

    「農業で被災地復興」 行われた入社式  建設中の養液栽培ハウスで行われた「みちさき」の入社式=1日午前、仙台市宮城野区

  37. 2011072900375

    両陛下、菊栽培ハウス訪問 農家を訪問された両陛下  「スプレー菊」の栽培ハウスを訪問された天皇、皇后両陛下=29日午前、栃木県那須町 「セレ520」「東日本大震災」

  38. 2011072900179

    両陛下、菊栽培ハウス訪問 農家を訪問された両陛下  「スプレー菊」の栽培ハウスを訪問された天皇、皇后両陛下=29日午前、栃木県那須町 「セレ509」

  39. 2011072900144

    両陛下、菊栽培ハウス訪問 農家を訪問された両陛下  「スプレー菊」の栽培ハウスを訪問された天皇、皇后両陛下=29日午前、栃木県那須町

  40. 2008121800278

    農村改革の発祥地に試練 小崗村の農民ら  9日、中国安徽省・小崗村のマッシュルーム栽培ハウスで作業する農民ら(共同)

  41. 2017083100277

    花木(バラの循環式栽培ハウス) バラの循環式栽培ハウス  左下に廃液タンク=2006(平成18)年3月4日、広島県廿日市市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20060304DN4483] 「日本農業新聞」「花木」

  42. 2005120100175

    クリスマスの花、色鮮やか 出荷されるポインセチア クリスマスを鮮やかに彩るポインセチアが出荷のピークを迎えている。メキシコが原産で、これから訪れる冬の厳しさを忘れさせるほど、栽培ハウス内を情熱的な赤一色に染めている。出荷作業は12月中旬まで続く=1日午後、愛知県江南市の後藤農園 【】 

  43. 2017083100287

    花木(バラ) バラ  バラ栽培ハウス=2005(平成17)年9月21日、茨城県つくば市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外17-502-5] 「日本農業新聞」「花木」

  44. 2017083100288

    花木(バラ) バラ  バラ栽培ハウス=2005(平成17)年8月21日、茨城県つくば市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外17-501-24] 「日本農業新聞」「花木」

  45. 2004012500046

    ハンセン病入所者励ます ゴーヤー見学中の両陛下 ゴーヤー(にがうり)の栽培ハウスを見学される天皇、皇后両陛下=25日午前10時35分、沖縄県城辺町のティダファームたらまで(代表撮影)  

  46. 2018031500512

    海外(イチゴ) イチゴ  イチゴ栽培ハウス=2003(平成15)年3月20日、中国・連雲港市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外15-636-8] 「日本農業新聞」「海外」

  47. 2018031500511

    海外(イチゴ) イチゴ  イチゴ栽培ハウス=2003(平成15)年3月20日、中国・連雲港市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外15-636-7] 「日本農業新聞」「海外」

  48. 1996102500018

    カイワレで衛生検査 検査する検査官  栽培ハウス内でカイワレの栽培容器を検査する検査官ら=25日午前、埼玉県蓮田市の「三和農林」

  49. 2017111500992

    動・植物(アロエ) アロエ  アロエ栽培ハウス=1993(平成5)年4月14日、静岡県小笠町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [93-448-23] 「日本農業新聞」「動・植物」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像