検索結果 28 件中 1 件 〜 28 件 "桑の葉"
  1. 2020110201985

    養蚕農家が企業や研究者と協力、収益性向上浙江省開化県  10月21日、浙江省開化県渓東村でカイコに桑の葉を与える農家。中国浙江省開化県渓東村の養蚕農家は2018年に養蚕企業や研究者との協力を開始して以降、収益性が大幅に向上した。村の絹生産量は今年末までに2万2500キロに達するとみられており、農家の収入は100万元(1元=約16円)の増加が見込まれている。(開化=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020092504519

    貧困世帯の農民に富をもたらす養蚕業広西チワン族自治区  18日、那坡県の畑で桑の葉を摘む農民。中国広西チワン族自治区百色市那坡(なは)県は石漠化(土壌流出により岩石が露出する現象)地域に位置し、極度貧困県に指定されている。近年、養蚕業に力を入れ、桑園面積は今年12万9千ムー(約8600ヘクタール)に達し、同県の主要産業の一つになった。広西那坡同益新絲綢科技実業は同県の養蚕資源に注目しこの地に移転。養蚕場など全てが完成し操業を開始すると、シルク製品の年間生産高は5億元(1元=約15円)以上、800人の雇用を生み出し、農家1万世帯以上に増収をもたらすことができるという。(那坡=新華社記者/農冠斌)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062403074

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房の近くで「木葉天目」に使う桑の葉を選別する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤を重ね、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020062402949

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で釉薬をかけた器に桑の葉を置く伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/張浩波)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062403075

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で器の上に桑の葉を置き、窯で焼く準備をする伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060400172

    CHINA JIANGSU SILKWORM FARMING Farmers gather mulberry leaves for silkworms in a farm in Hai‘an city in east China‘s Jiangsu province Saturday, May. 23, 2020.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。 「FCH」

  7. 2018091816895

    養蚕家が見るカラフルな夢広西チワン族自治区柳州市  8月21日、畑で桑の葉を摘む陳東日さん。中国広西チワン族自治区柳州市柳城県鳳山鎮対河村塘進屯の蚕農家、陳東日(ちん・とうじつ)さんは、今夏飼育してきた蚕の収穫と販売の季節を迎え、白い繭の収穫と販売に追われながらも、収穫したばかりの色付きの繭のアピールに余念がない。養蚕を家業とする家で育った陳さんは「みんなが養殖しているのは白い繭で、あまり特徴がない。色付きの繭を作り出せたら、虹のようにきれいでどんなに良いだろう」と考え、カラフルな蚕の夢を追い始めた。陳さんは今年3月、現地の農業科学所が提供した幾つかの色付きの種類の蚕を飼育し、初めて生産した色付き繭を販売したところ、すぐにインターネット上で人気商品となった。他地域から購入に訪れたメーカーもあったほどで、価格も一般の繭よりかなり高くなった。この秋、陳さんの指導の下、村の養蚕農家16戸が色付きの蚕の飼育に取り組み始めた。陳さんは「現時点では私たちの色付きの蚕は黄金色とピンク色だけで、種類も数も少ないが、他の色の蚕の品種もたくさん育てられていると聞いている。私のカラフルな夢はいつかかなうと信じている」と話した。(柳城=新華社配信/黎寒池)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2018091816686

    養蚕家が見るカラフルな夢広西チワン族自治区柳州市  8月21日、蚕に桑の葉を与える陳東日さん。中国広西チワン族自治区柳州市柳城県鳳山鎮対河村塘進屯の蚕農家、陳東日(ちん・とうじつ)さんは、今夏飼育してきた蚕の収穫と販売の季節を迎え、白い繭の収穫と販売に追われながらも、収穫したばかりの色付きの繭のアピールに余念がない。養蚕を家業とする家で育った陳さんは「みんなが養殖しているのは白い繭で、あまり特徴がない。色付きの繭を作り出せたら、虹のようにきれいでどんなに良いだろう」と考え、カラフルな蚕の夢を追い始めた。陳さんは今年3月、現地の農業科学所が提供した幾つかの色付きの種類の蚕を飼育し、初めて生産した色付き繭を販売したところ、すぐにインターネット上で人気商品となった。他地域から購入に訪れたメーカーもあったほどで、価格も一般の繭よりかなり高くなった。この秋、陳さんの指導の下、村の養蚕農家16戸が色付きの蚕の飼育に取り組み始めた。陳さんは「現時点では私たちの色付きの蚕は黄金色とピンク色だけで、種類も数も少ないが、他の色の蚕の品種もたくさん育てられていると聞いている。私のカラフルな夢はいつかかなうと信じている」と話した。(柳城=新華社配信/黎寒池)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2017071400661

    春繭出荷 スケッチ18378  春の桑の葉で飼育した蚕が作った繭を出荷、春の繭は良質とされる=1955(昭和30)年5月21日、静岡県南伊豆村

  10. 2016122000368

    養殖用かいこ スケッチ6208  桑の葉を与えてかいこの養殖=1951(昭和26)年5月16日、撮影場所不明

  11. 2016081900862

    桑の葉を摘む乙女 スケッチ139  桑の葉を摘んだ帰り道、水車小屋の前で談笑する乙女=1947(昭和22)年5月16日、静岡県松崎町

  12. 2016081900861

    桑の葉を摘む乙女 スケッチ137  桑の葉をいっぱい入れた籠を背負い、家路につく乙女たち=1947(昭和22)年5月16日、静岡県松崎町

  13. 2016081900860

    桑の葉を摘む乙女 スケッチ135  桑の葉をいっぱい入れた籠を背負い、家路につく乙女たち=1947(昭和22)年5月16日、静岡県松崎町

  14. 2016081900858

    桑の葉を摘む乙女 スケッチ133  談笑しながら桑の葉を摘む乙女たち=1947(昭和22)年5月16日、静岡県松崎町

  15. 2016081900856

    桑の葉を摘む乙女 スケッチ130  談笑しながら桑の葉を摘む乙女たち=1947(昭和22)年5月16日、静岡県松崎町

  16. 2016081900853

    桑の葉摘み スケッチ128  桑の葉をいっぱい入れた籠を背負い、家路につく乙女たち=1947(昭和22)年5月16日、静岡県松崎町

  17. 2016081900655

    桑の葉を摘む乙女 スケッチ107  桑の葉を摘む乙女=1947(昭和22)年5月16日、静岡県松崎町

  18. 2015071100012

    小学校で養蚕体験 カイコの世話をする児童ら  飼育するカイコに、餌の桑の葉を差し出す児童ら=10日、群馬県渋川市 「ニュース産直便」

  19. 2014102100456

    コスト度外視、職人の挑戦 桑の葉食べる蚕  桑の葉を食べる蚕。「待ってました」とばかりにかみちぎる=5月、福岡県糸島市 「写真ニュース」7枚組みの(5)

  20. 2000021900041

    桑の葉まんじゅう )、企画393S、21日付朝刊以降使用  主婦らが製造、好評の桑の葉まんじゅう=群馬県渋川市  「ネットワーク経済情報」(関東) 

  21. 2018111921159

    農家  キーワード:農家、桑の葉を刻む男性、籠、農作業、農業=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」「日本の職業・仕事」 

  22. 2018082902062

    養蚕農家  キーワード:農家、蚕、養蚕農家、桑の葉、蚕糸、農業、働く女性、男性=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」「日本の職業・仕事」

  23. 2019030802771

    Women feeding silkworms on mulberry leaves Women feeding silkworms on mulberry leaves: Chinese tempera painting on rice paper (19th century)、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

  24. 2019041900125

    Gathering mulberry leaves to feed silkworms. Gathering mulberry leaves to feed silkworms. Chinese painting on rice paper. 19th century、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

  25. 2020080102281

    桑の葉 農作業  キーワード:風俗、桑の葉、蚕、農作業、養蚕農家、男性、ステレオ写真=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」

  26. 2019081406773

    Textile Natural History Insects Bombyx Women feeding silkworms on mulberry leaves: Chinese tempera painting on rice paper (19th century)、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

  27. 2019081406628

    Silkworm farm Silkworm farm, showing interior of rearing house or Magnangerie and collection of mulberry leaves (1) on which caterpillars (worms) were fed. From ‘The Universal Magazine‘, London, 1753. Engraving.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

  28. 2018071700279

    養蚕農家の女性  キーワード:養蚕農家の女性、農家、蚕、桑の葉、蚕糸、農業、働く女性=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」「日本の職業・仕事」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像