検索結果 4,108 件中 1 件 〜 50 件 "楽器"
  1. 2020081204777

    チベット自治区で民族舞踊「弦子舞」が初公演  7日、弦子(弦楽器)を演奏する出演者。中国チベット自治区チャムド市マルカム県で7日、チベット族の民族舞踊「弦子舞」の同自治区初公演が行われた。多くの出演者が国家級無形文化遺産「弦子舞」を披露し、同自治区の各地から訪れた人々を魅了した。(チャムド=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081204657

    チベット自治区で民族舞踊「弦子舞」が初公演  7日、弦子(弦楽器)を演奏する出演者。中国チベット自治区チャムド市マルカム県で7日、チベット族の民族舞踊「弦子舞」の同自治区初公演が行われた。多くの出演者が国家級無形文化遺産「弦子舞」を披露し、同自治区の各地から訪れた人々を魅了した。(チャムド=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080606118

    Florida News - August 5, 2020 August 5, 2020, Tampa, Florida, USA: A display of instruments, medicine and photographs from Sanitorium del Centro Espa ol, a hospital created by Centro Espa ol de Tampa, where Bay Oaks Apartments is located, on Wednesday, August 5, 2020. A fountain is a remaining structure of the hospital, which developers plan to incorporate into a project replacing the apartment complex for high rise condos. (Credit Image: © Ivy Ceballo/Tampa Bay Times via ZUMA Wire)、クレジット:©Ivy Ceballo/Tampa Bay Times via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  4. 2020080506086

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  5. 2020080505882

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  6. 2020080506076

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  7. 2020080505160

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  8. 2020080506109

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  9. 2020080506026

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  10. 2020080506090

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  11. 2020080506057

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  12. 2020080506068

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  13. 2020080506103

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  14. 2020080505390

    Newar Community Celebrates Gaijatra Festival in Nepal August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  15. 2020080506100

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  16. 2020080506166

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  17. 2020080506163

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  18. 2020080506169

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  19. 2020080505781

    Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival August 4, 2020, Bhaktapur, Nepal: Newar community celebrate Gaijatra festival. People wearing mask and not playing dhime (Musical Instrument) due to pandemic time of coronavirus. This festival symbolize dead people and decorate with their photograph on chairot. Some people paint their child face as a goddess. (Credit Image: © Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Dipendra Dhungana/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  20. 2020080303670

    蘇州市で文化クリエーティブ博覧会開催  7月31日、来場者に民族楽器の演奏を披露するスタッフ。中国江蘇省蘇州市では7月31日〜8月2日の日程で、2020中国蘇州文化クリエーティブ設計産業交易博覧会が開催されている。3日間の会期中、デザイン、工芸、文化・観光、未来の四つの展示エリアと43のテーマパビリオンに国内400社以上が出展。2万点を超える各種クリエーティブ作品を展示している。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020080305703

    Concert of the band “The Swingin Hermlins 31 July 2020, Berlin: The swing band “The Swingin Hermlins“ by musician Andrej Hermlin (r) will perform at the “open-air concerts at the festival square Karlshorst“. Since the Corona crisis Andrej Hermlin and his children have been giving swing concerts in their living rooms, which are streamed live. It sings Rachel Hermlin, David Hermlin standing with a gramophone funnel converted into a musical instrument. In this case the living room concert was moved to a public place. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  22. 2020080305518

    Concert of the band “The Swingin Hermlins 31 July 2020, Berlin: The swing band “The Swingin Hermlins“ by musician Andrej Hermlin (r) will perform at the “open-air concerts at the festival square Karlshorst“. Since the Corona crisis Andrej Hermlin and his children have been giving swing concerts in their living rooms, which are streamed live. It sings Rachel Hermlin, David Hermlin standing with a gramophone funnel converted into a musical instrument. In this case the living room concert was moved to a public place. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  23. 2020080100329

    Pakistani News - July 30, 2020 July 30, 2020, Pakistan: HYDERABAD, PAKISTAN, JUL 30: Laborers are busy in painting on Rabab (Traditional .Musical Instrument) after renovation works, near Radio Pakistan in Hyderabad on Thursday, .July 30, 2020. (Credit Image: © PPI via ZUMA Wire)、クレジット:©PPI via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Pakistan Rights OUT 「ZUMA Press」

  24. 2020080100233

    Pakistani News - July 30, 2020 July 30, 2020, Pakistan: HYDERABAD, PAKISTAN, JUL 30: Laborers are busy in painting on Rabab (Traditional .Musical Instrument) after renovation works, near Radio Pakistan in Hyderabad on Thursday, .July 30, 2020. (Credit Image: © PPI via ZUMA Wire)、クレジット:©PPI via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Pakistan Rights OUT 「ZUMA Press」

  25. 2020080100074

    Pakistani News - July 30, 2020 July 30, 2020, Pakistan: HYDERABAD, PAKISTAN, JUL 30: Laborers are busy in painting on Rabab (Traditional .Musical Instrument) after renovation works, near Radio Pakistan in Hyderabad on Thursday, .July 30, 2020. (Credit Image: © PPI via ZUMA Wire)、クレジット:©PPI via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Pakistan Rights OUT 「ZUMA Press」

  26. 2020072400184

    「築き上げた伝統が…」 三味線の胴と大瀧取締役  修理依頼を受けた三味線の胴を見つめる東京和楽器の大瀧勝弘取締役=14日、東京都八王子市

  27. 2020072400183

    伝統芸能公演2千件超中止 東京和楽器の社屋  三味線製造大手の東京和楽器=14日、東京都八王子市

  28. 2020080100490

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、竹製の管楽器、芦笙(ろしょう)を演奏するトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。広西チワン族自治区でこのほど、省をまたぐ団体ツアーが全面的に再開された。他省(区)からの観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020080100680

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、竹製の管楽器、芦笙(ろしょう)を演奏するトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020072804974

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  22日、浙江省杭州市の「西湖琴社」に展示されている徐元白が作曲し、書き写した琴の楽譜を見せる孫の徐君躍氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020072804981

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  22日、浙江省杭州市の「西湖琴社」で、生徒に琴の奏法を指導する徐君躍氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020072804949

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  22日、徐君勝氏(左)が出来上がったばかりの琴を浙江省杭州市の「西湖琴社」に届け、徐君躍氏が新しい琴で自身が作曲した琴曲「月舞」を試し弾きする様子。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020072804968

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で、製作中の古琴の状態を点検する徐君勝氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072805003

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で、琴の仲間に修理中の唐琴(とうきん)について説明する徐君勝氏(右)。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020072805016

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で、乾燥中の古琴の状態を確認する徐君勝氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020072804999

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で琴を製作する徐君勝氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072804985

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で、唐琴(とうきん)を修理する徐君勝氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072805006

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」の木工作業所で、琴を制作する徐君勝氏。琴の内側には「銭塘徐門斫制」と記されている。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020072805009

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で、漆をかけた古琴の表面を磨く徐君勝氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020072000008

    ディランさん新作ヒット 山野楽器のCD売り場  山野楽器銀座本店ではボブ・ディランさんの新アルバム日本盤が一時、品切れになった=13日、東京都中央区

  41. 2020071700504

    楽器店のオケが連盟入り 管弦楽団の楽団員ら  アマービレフィルハーモニー管弦楽団の楽団員ら。前列中央は大門信哉理事長=17日午後、大阪府茨木市

  42. 2020071700503

    楽器店のオケが連盟入り 演奏を披露する楽団員ら  記念式典で演奏を披露するアマービレフィルハーモニー管弦楽団の楽団員ら=17日午後、大阪府茨木市

  43. 2020071700502

    楽器店のオケが連盟入り あいさつする大門理事長  記念式典であいさつするアマービレフィルハーモニー管弦楽団の大門信哉理事長=17日午後、大阪府茨木市

  44. 2020080202430

    Soldering irons, fur boots and guitars - Ostrock in the museum 17 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Kröpelin: A visitor stands in front of a reconstructed stage situation with instruments and sound technology from GDR times in one of the exhibition rooms of the Ostrock Museum. The museum, in which everything about the history of rock music in the GDR is collected, has now been in existence for five years. Arisen from the fund of the association “Sechzig -Vierzig“ from Berlin, an interactive experience museum with a lot of music was created in cooperation with students of the University of Wismar. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  45. 2020080202389

    Ostrock-Museum celebrates its fifth anniversary 17 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Kröpelin: A visitor stands in front of a reconstructed stage situation with instruments and sound technology from GDR times in one of the exhibition rooms of the Ostrock Museum. The museum, in which everything about the history of rock music in the GDR is collected, has now been in existence for five years. Arisen from the fund of the association “Sechzig -Vierzig“ from Berlin, an interactive experience museum with a lot of music was created in cooperation with students of the University of Wismar. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  46. 2020080202278

    Ostrock-Museum celebrates its fifth anniversary 17 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Kröpelin: Instruments of the “Klaus Renft Combo“ and other rock bands from the GDR hang in the Ostrock-Museum. The museum, in which everything about the history of rock music in the GDR is collected, has now been in existence for five years. Arisen from the fund of the association “Sechzig -Vierzig“ from Berlin, an interactive experience museum with a lot of music was created in cooperation with students of the university of Wismar. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  47. 2020080202226

    Ostrockmuseum Kröpelin celebrates its fifth anniversary 17 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Kröpelin: A reconstructed stage situation with instruments and sound technology from GDR times is reflected in one of the exhibition rooms in the Ostrock-Museum. The museum, in which everything about the history of rock music in the GDR is collected, has now been in existence for five years. Arisen from the fund of the association “Sechzig -Vierzig“ from Berlin, an interactive experience museum with a lot of music was created in cooperation with students of the University of Wismar. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  48. 2020080202444

    Ostrock-Museum celebrates its fifth anniversary 17 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Kröpelin: Instruments, sound equipment and stage clothes of the group City are exhibited in the Ostrock-Museum. The museum, in which everything about the history of rock music in the GDR is collected, has now been in existence for five years. Arisen from the fund of the association “Sechzig -Vierzig“ from Berlin, an interactive experience museum with a lot of music was created in cooperation with students of the University of Wismar. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  49. 2020080202479

    Ostrock-Museum celebrates its fifth anniversary 17 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Kröpelin: In one of the exhibition rooms of the Ostrock Museum, visitors Birgit Brenner and Rainer Peukert from Schönebeck stand in front of walls full of musical instruments and record covers. The museum, in which everything about the history of rock music in the GDR is collected, has now been in existence for five years. Arisen from the fund of the association “Sechzig -Vierzig“ from Berlin, an interactive experience museum with lots of music was created in cooperation with students of the University of Wismar. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  50. 2020080202271

    Ostrockmuseum Kröpelin celebrates its fifth anniversary 17 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Kröpelin: Instruments of the “Klaus Renft Combo“ and other rock bands from the GDR hang in the Ostrock-Museum. The museum, in which everything about the history of rock music in the GDR is collected, has now been in existence for five years. Arisen from the fund of the association “Sechzig -Vierzig“ from Berlin, an interactive experience museum with a lot of music was created in cooperation with students of the university of Wismar. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像