検索結果 14 件中 1 件 〜 14 件 "正徳年間"
  1. 2020052104706

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された明朝正徳年間の白地緑彩竜文盤(はくじりょくさいりゅうもんばん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052104726

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された明朝正徳年間の五彩花卉文罐(ごさいかきもんかん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020033004507

    福建省北部最長の古廊橋優雅で素朴な文昌橋を訪ねて  18日、「文昌橋」の傍らに建つ「文昌閣」(左)。7階建てで高さは計22メートル、明代正徳年間の木質ハニカム構造を模した建物。中国福建省順昌県元坑鎮の「文昌橋」は、同省北部で最長の「廊橋」と呼ばれる伝統建築の屋根付き橋で、全長146メートル、幅6・08メートル。木造の同橋の床板は大理石でできており、優雅で素朴な造りとなっている。「文昌橋」の建設は明代の正徳10(1515)年に始まったが、明清代には洪水と火災で6回破壊され、その後何度も破壊と再建が繰り返された。2010年に再建工事が完了した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019050901338

    河北省で500年前の香亭の石柱発見明代の地方志研究に手掛かり  内丘県で発見された香亭の石柱。(4月19日撮影)中国河北省邢台(けいだい)市内丘(ないきゅう)県政府によると、同県の政治協商会議文史委員会の職員がこのほど、文化財の調査を行った際に500年以上前の明代正徳7年(1512年)の文字が刻まれた石製の「香亭(中に香炉を設置する建造物)」の柱を発見した。楷書で刻まれた文字は流麗で整った美しさを持つ。銘文には、香亭はもともと、県城(県政府の所在地)の南にある道観(道教寺院)内に設置され、道観は明の正徳年間に同県の知県(県の長官)と衙署(官庁)の官吏、皇室から派遣され内丘に駐在していた錦衣衛(きんいえい)(秘密警察・軍事組織)らが主導して建設したことが記されている。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019050901334

    河北省で500年前の香亭の石柱発見明代の地方志研究に手掛かり  内丘県で発見された香亭の石柱。(4月19日撮影)中国河北省邢台(けいだい)市内丘(ないきゅう)県政府によると、同県の政治協商会議文史委員会の職員がこのほど、文化財の調査を行った際に500年以上前の明代正徳7年(1512年)の文字が刻まれた石製の「香亭(中に香炉を設置する建造物)」の柱を発見した。楷書で刻まれた文字は流麗で整った美しさを持つ。銘文には、香亭はもともと、県城(県政府の所在地)の南にある道観(道教寺院)内に設置され、道観は明の正徳年間に同県の知県(県の長官)と衙署(官庁)の官吏、皇室から派遣され内丘に駐在していた錦衣衛(きんいえい)(秘密警察・軍事組織)らが主導して建設したことが記されている。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019050901336

    河北省で500年前の香亭の石柱発見明代の地方志研究に手掛かり  内丘県で発見された香亭の石柱。(4月19日撮影)中国河北省邢台(けいだい)市内丘(ないきゅう)県政府によると、同県の政治協商会議文史委員会の職員がこのほど、文化財の調査を行った際に500年以上前の明代正徳7年(1512年)の文字が刻まれた石製の「香亭(中に香炉を設置する建造物)」の柱を発見した。楷書で刻まれた文字は流麗で整った美しさを持つ。銘文には、香亭はもともと、県城(県政府の所在地)の南にある道観(道教寺院)内に設置され、道観は明の正徳年間に同県の知県(県の長官)と衙署(官庁)の官吏、皇室から派遣され内丘に駐在していた錦衣衛(きんいえい)(秘密警察・軍事組織)らが主導して建設したことが記されている。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019050901330

    河北省で500年前の香亭の石柱発見明代の地方志研究に手掛かり  内丘県で発見された香亭の石柱。(4月19日撮影)中国河北省邢台(けいだい)市内丘(ないきゅう)県政府によると、同県の政治協商会議文史委員会の職員がこのほど、文化財の調査を行った際に500年以上前の明代正徳7年(1512年)の文字が刻まれた石製の「香亭(中に香炉を設置する建造物)」の柱を発見した。楷書で刻まれた文字は流麗で整った美しさを持つ。銘文には、香亭はもともと、県城(県政府の所在地)の南にある道観(道教寺院)内に設置され、道観は明の正徳年間に同県の知県(県の長官)と衙署(官庁)の官吏、皇室から派遣され内丘に駐在していた錦衣衛(きんいえい)(秘密警察・軍事組織)らが主導して建設したことが記されている。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019050901333

    河北省で500年前の香亭の石柱発見明代の地方志研究に手掛かり  内丘県で発見された香亭の石柱。(4月19日撮影)中国河北省邢台(けいだい)市内丘(ないきゅう)県政府によると、同県の政治協商会議文史委員会の職員がこのほど、文化財の調査を行った際に500年以上前の明代正徳7年(1512年)の文字が刻まれた石製の「香亭(中に香炉を設置する建造物)」の柱を発見した。楷書で刻まれた文字は流麗で整った美しさを持つ。銘文には、香亭はもともと、県城(県政府の所在地)の南にある道観(道教寺院)内に設置され、道観は明の正徳年間に同県の知県(県の長官)と衙署(官庁)の官吏、皇室から派遣され内丘に駐在していた錦衣衛(きんいえい)(秘密警察・軍事組織)らが主導して建設したことが記されている。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019030605632

    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県  3日に撮影した塔雲山の金頂観音殿。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019030605633

    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県  3日に撮影した塔雲山の金頂観音殿。中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019030605550

    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県  3日、降雪後の塔雲山にかかる雲海。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019030605637

    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県  3日に撮影した塔雲山の金頂観音殿。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019030605565

    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県  3日に撮影した塔雲山の金頂観音殿。中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019030605638

    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県  3日、降雪後の塔雲山にかかる霧と雲海。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像