検索結果 39 件中 1 件 〜 39 件 "武漢市東湖"
  1. 2020031200800

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区(コミュニティー)の視察の際、手を振り自宅隔離中の住民をねぎらう習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020031200801

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区の生活物資集中配送地点で、米や小麦粉、食用油、新鮮な野菜・果物などの生活物資の調達・供給状況について詳しく尋ねる習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/龐興雷)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020031200816

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区の党・大衆サービスセンターで、同社区のスタッフや公安幹部・警察官、衛生サービスセンターの医師、末端組織幹部、ボランティアなどと親しく交流する習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020031200819

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区の生活物資集中配送地点で、米や小麦粉、食用油、新鮮な野菜・果物などの生活物資の調達・供給状況について詳しく尋ねる習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020031200827

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区(コミュニティー)の視察の際、手を振り自宅隔離中の住民をねぎらう習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/龐興雷)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020031200758

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区の生活物資集中配送地点で、米や小麦粉、食用油、新鮮な野菜・果物などの生活物資の調達と供給状況について詳しく尋ねる習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020031200764

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区(コミュニティー)の視察の際、手を振り自宅隔離中の住民をねぎらう習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020031200779

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区(コミュニティー)の視察の際、手を振り自宅隔離中の住民をねぎらう習近平氏。(組み合わせ写真)新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020031603626

    武漢の夜空に昇る「スーパームーン」  10日、照り映える武漢市東湖公園のランタンと明月。中国湖北省武漢市で10日夜、「スーパームーン」が出現した。「スーパームーン」とは地球に最も接近した時の満月を指す。同市の名勝地である黄鶴楼は月の光を浴びながら静かにそびえ、東湖公園の大型ランタンも月に照らされ、趣のある独特な景色を生み出した。(武漢=新華社記者/費茂華)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020031702624

    習近平氏、武漢で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区(コミュニティー)を視察した際、手を振って自宅隔離中の住民に見舞いの意を表す習近平氏。(組み合わせ写真)習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020031200784

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区(コミュニティー)の視察の際、手を振り自宅隔離中の住民をねぎらう習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020031200789

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区の党・大衆サービスセンターで、同社区のスタッフや公安幹部・警察官、衛生サービスセンターの医師、末端組織幹部、ボランティアなどと親しく交流する習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020031200815

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区の党・大衆サービスセンターで、同社区のスタッフや公安幹部・警察官、衛生サービスセンターの医師、末端組織幹部、ボランティアなどと親しく交流する習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020031200822

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区(コミュニティー)の視察の際、手を振り自宅隔離中の住民をねぎらう習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020031200824

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区の党・大衆サービスセンターで、同社区のスタッフや公安幹部・警察官、衛生サービスセンターの医師、末端組織幹部、ボランティアなどと親しく交流する習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020031200829

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区(コミュニティー)の視察の際、手を振り自宅隔離中の住民をねぎらう習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020031200754

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区(コミュニティー)の視察の際、手を振り自宅隔離中の住民をねぎらう習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020031200755

    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察  10日、武漢市東湖新城社区の党群活動サービスセンターで、同社区のスタッフと親しく交流する習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019120604474

    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、武漢市の東湖のほとりにある「劉備郊天壇」の前の石碑に刻まれた「郊天壇題記」。郊天壇の由来などが書かれている。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019120604464

    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」のそばにある古風で質朴な建物。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019120604421

    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」の石壁に刻まれた文字。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019120604506

    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」にある石像。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019120604445

    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、武漢市の東湖のほとりにある「劉備郊天壇」の前を通り過ぎてゆく観光客。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019120604447

    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、武漢市東湖風景区管理局が2003年に「劉備郊天壇」を再建した際に鋳造した鐘。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019120604431

    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」の石壁などには、観光客が祈りを込めた赤い布が掛けられている。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019120604451

    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、武漢市の東湖のほとりにある「劉備郊天壇」。「郊天台」とも呼ばれる。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019120604424

    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」にある石像。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019120604482

    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」に向かう石段に置かれた椅子に座って休む観光客。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019120604486

    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、武漢市東湖風景区管理局が2003年に「劉備郊天壇」を再建した際に建てた石碑。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018091215949

    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開  7日、「光谷量子号」の車両内。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018091215940

    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開  7日、「光谷量子号」の大きく開放的な車窓。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018091215988

    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開  7日、「光谷量子号」の運転席。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018091215978

    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開  7日、「光谷量子号」の車窓の縁に使用されている炭素繊維複合材料。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018091215983

    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開  7日、「光谷量子号」の運転席に座り運転士の気分を味わう来場者。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018091216304

    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開  7日、「光谷量子号」の外観。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018091216026

    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開  7日、「光谷量子号」の車両に使用されている炭素繊維複合材料。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019031502120

    湖北省武漢市で桜祭り開幕  13日、武漢市東湖の桜園で写真を撮る観光客。中国湖北省武漢市の東湖にある桜園で13日、「2019年中国武漢東湖桜祭り」が開幕した。期間中は夜桜を楽しむイベントも開催され、開園時間が午後10時まで延長される。(武漢=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019031502190

    湖北省武漢市で桜祭り開幕  13日、武漢市東湖にある桜園で花見をする観光客。中国湖北省武漢市の東湖にある桜園で13日、「2019年中国武漢東湖桜祭り」が開幕した。期間中は夜桜を楽しむイベントも開催され、開園時間が午後10時まで延長される。(武漢=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019031502191

    湖北省武漢市で桜祭り開幕  13日、武漢市東湖の桜園で写真を撮る観光客。中国湖北省武漢市の東湖にある桜園で13日、「2019年中国武漢東湖桜祭り」が開幕した。期間中は夜桜を楽しむイベントも開催され、開園時間が午後10時まで延長される。(武漢=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像