検索結果 91 件中 1 件 〜 50 件 "歴史研究"
  1. 2020052300814

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、金代の「釉上彩観音造像(ゆうじょうさいかんのんぞうぞう)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052300920

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、宋代の鶏をかたどった玉の装身具。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052300863

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、展示品を見つめる来場者。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052300876

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「刻花玻璃瓶(こっかはりへい)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052300837

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「黄釉鶏冠壺(こうゆうけいかんこ)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052300850

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「白釉菊弁文圈足碟(はくゆうきくべんもんけんそくせつ)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052300871

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、展示品を見つめる来場者。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052300827

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「釈迦説法鍍金銅像(しゃかせっぽうときんどうぞう)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052300828

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、宋代に竜泉窯で焼かれた「粉青釉盤口長頸磁瓶(ふんせいゆうばんこうちょうけいじへい)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052300815

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、金代の「白釉赭彩四系罐(はくゆうしゃさいしけいかん)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052300821

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、「合扎謀克之印」の文字が刻まれた金代の銅印。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020012200089

    Opening of the permanent exhibition in the “Haus der Wannsee-Konferenz 19 January 2020, Berlin: Marian Turski, Chairman of the Jewish Historical Institute in Warsaw and Holocaust survivor, takes part in the opening ceremony of the permanent exhibition “The Discussion at Wannsee and the Murder of European Jews“ in a marquee of the memorial and educational institution “Haus der Wannsee-Konferenz“. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  13. 2020012200069

    Opening of the permanent exhibition in the “Haus der Wannsee-Konferenz 19 January 2020, Berlin: Marian Turski, Chairman of the Jewish Historical Institute in Warsaw and Holocaust survivor, looks at the permanent exhibition “The Wannsee Meeting and the Murder of European Jews“ in the memorial and educational facility “Haus der Wannsee-Konferenz“ during the opening ceremony. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  14. 2019092708765

    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2016年~17年の随州市漢東東路M129号墓の調査で出土した「曽公」の銘文の入った編鐘。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019092708697

    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2011年に随州市の文峰塔M1号墓から出土した甬鐘(ようしょう)。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019080500551

    国造りの歴史研究、発信を 訓示する青柳正規氏  奈良県立橿原考古学研究所で新所長に就任し、職員に訓示する青柳正規氏=5日午前、奈良県橿原市

  17. 2019080607586

    河北省で清代の「杜氏家譜」手書き写本発見冀南地区の歴史研究に価値  7月23日、河北省南宮市王道寨郷孝昌村で発見された「杜氏家譜」手書き写本。中国河北省南宮(なんきゅう)市の王道寨(おうどうさい)郷孝昌(こうしょう)村の杜姓の住民宅から、清の康熙年間(1662~1722年)の「杜氏家譜」(家系図)の一冊だけの手書き写本が発見された。この家系図は康熙28(1689)年の清明節(先祖を祭る伝統的な祭日で、毎年4月5日ごろ)に作られ、330年を経ているが、ほぼ完全な状態を保っている。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019080607637

    河北省で清代の「杜氏家譜」手書き写本発見冀南地区の歴史研究に価値  7月23日、河北省南宮市王道寨郷孝昌村で発見された「杜氏家譜」手書き写本の表紙。中国河北省南宮(なんきゅう)市の王道寨(おうどうさい)郷孝昌(こうしょう)村の杜姓の住民宅から、清の康熙年間(1662~1722年)の「杜氏家譜」(家系図)の一冊だけの手書き写本が発見された。この家系図は康熙28(1689)年の清明節(先祖を祭る伝統的な祭日で、毎年4月5日ごろ)に作られ、330年を経ているが、ほぼ完全な状態を保っている。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019080607598

    河北省で清代の「杜氏家譜」手書き写本発見冀南地区の歴史研究に価値  7月23日、河北省南宮市王道寨郷孝昌村で発見された「杜氏家譜」手書き写本。中国河北省南宮(なんきゅう)市の王道寨(おうどうさい)郷孝昌(こうしょう)村の杜姓の住民宅から、清の康熙年間(1662~1722年)の「杜氏家譜」(家系図)の一冊だけの手書き写本が発見された。この家系図は康熙28(1689)年の清明節(先祖を祭る伝統的な祭日で、毎年4月5日ごろ)に作られ、330年を経ているが、ほぼ完全な状態を保っている。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019080607656

    河北省で清代の「杜氏家譜」手書き写本発見冀南地区の歴史研究に価値  7月23日、河北省南宮市王道寨郷孝昌村で発見された「杜氏家譜」手書き写本。中国河北省南宮(なんきゅう)市の王道寨(おうどうさい)郷孝昌(こうしょう)村の杜姓の住民宅から、清の康熙年間(1662~1722年)の「杜氏家譜」(家系図)の一冊だけの手書き写本が発見された。この家系図は康熙28(1689)年の清明節(先祖を祭る伝統的な祭日で、毎年4月5日ごろ)に作られ、330年を経ているが、ほぼ完全な状態を保っている。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019080607576

    河北省で清代の「杜氏家譜」手書き写本発見冀南地区の歴史研究に価値  7月23日、河北省南宮市王道寨郷孝昌村で発見された「杜氏家譜」手書き写本。中国河北省南宮(なんきゅう)市の王道寨(おうどうさい)郷孝昌(こうしょう)村の杜姓の住民宅から、清の康熙年間(1662~1722年)の「杜氏家譜」(家系図)の一冊だけの手書き写本が発見された。この家系図は康熙28(1689)年の清明節(先祖を祭る伝統的な祭日で、毎年4月5日ごろ)に作られ、330年を経ているが、ほぼ完全な状態を保っている。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019080607606

    河北省で清代の「杜氏家譜」手書き写本発見冀南地区の歴史研究に価値  7月23日、河北省南宮市王道寨郷孝昌村で発見された「杜氏家譜」手書き写本。中国河北省南宮(なんきゅう)市の王道寨(おうどうさい)郷孝昌(こうしょう)村の杜姓の住民宅から、清の康熙年間(1662~1722年)の「杜氏家譜」(家系図)の一冊だけの手書き写本が発見された。この家系図は康熙28(1689)年の清明節(先祖を祭る伝統的な祭日で、毎年4月5日ごろ)に作られ、330年を経ているが、ほぼ完全な状態を保っている。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019061403787

    合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省  M1号墓の発掘現場でつり上げられる棺。(5月20日撮影)中国の安徽省合肥市長豊(ちょうほう)県でこのほど、比較的大規模な北宋時代の家族墓群が発見された。13基の墓を含み、木製漆器、磁器、金銀製品など51点(セット)の品々が出土。北宋時代の歴史研究に大きな意味を持つ。現在、発掘調査員が緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019060605237

    D-Day - Stefan Martens 11 May 2019, France (France), Paris: Stefan Martens, Deputy Director of the German Historical Institute in Paris. (to dpa “Trump at D-Day Remembrance - The West Shows Deep Cracks“) Photo: Christian Böhmer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  25. 2019020123230

    75. Anniversary of the liberation of Leningrad 17 January 2019, Russia, Moskau: Matthias Uhl, a German historian, stands in his office at the German Historical Institute. For 900 days the Wehrmacht tried to starve the Soviet city of Leningrad. More than a million civilians starved to death and froze to death. It is one of the cruellest chapters of the Second World War, which is still stirring deep emotions in Russia. Russia celebrates the 75th anniversary of the liberation of the city.(to dpa “The pain over the blockade of Leningrad still sits deep“ of 25.01.2019) Photo: Claudia Thaler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  26. 2019010400497

    中国社会科学院·中国歴史研究院が設立  新時代中国歴史研究座談会および中国歴史研究院の看板除幕式が3日、北京で行われた。黄坤明(こう・こんめい)中国共産党中央政治局委員・中央宣伝部長が除幕式に出席し、座談会で演説した。(北京=新華社記者/丁海涛)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019010400504

    中国社会科学院·中国歴史研究院が設立  新時代中国歴史研究座談会および中国歴史研究院の看板除幕式が3日、北京で行われた。黄坤明(こう・こんめい)中国共産党中央政治局委員・中央宣伝部長が除幕式に出席し、座談会で演説した。(北京=新華社記者/丁海涛)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018112733732

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  29. 2018112733722

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota, Ales Knizek, Jiri Protiva The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. On the center of the photo is seen Director of the VHU Ales Knizek and on the right side Director of the Military Technical Institute (VTULaVPO). (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  30. 2018112733724

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota, cockpit The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  31. 2018112733726

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  32. 2018112733725

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  33. 2018112733731

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  34. 2018112733727

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  35. 2018112733730

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  36. 2018112733728

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota, Jeep Willys MB, Ales Knizek, Jiri Protiva The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. On the left side is seen US military vehicle from WWII Jeep Willys MB. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  37. 2018112733729

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  38. 2018112733733

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  39. 2018112733723

    Douglas DC-3 military airliner called Dakota The Military History Institute Prague (VHU) took over a Douglas DC-3 military airliner called Dakota to the museum collection, in Prague, Czech Republic, on November 21, 2018. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  40. 2018101300064

    Digital Network University of the Goethe-Institut 11 October 2018, Berlin: Georg Müller-Christ, economist at the University of Bremen, Anne Renate Schönhagen, head of language work and deputy director of the institute, Thomas Haase, rector of the University of Agricultural and Environmental Education Vienna, Olena Pavlenko, doctor of philology at the University of Mariupol, Dorle Drackle, cultural scientist at the University of Bremen, Viktoria Niebel, social scientist at the Ruhr-University Bochum, Klaus-Dieter Lehmann, President of the Goethe-Institut, Janine Nuyken, Vice-President for Organisational Development at the European University Viadrina, Svetlana Tachtarowa, Deputy Director of the Institute for International Relations at the Federal University of Kazan, Nadezhda Dubiv, Institute of History at the State University of Tyumen, Nino Doborjginidze, Director at the Centre for Linguistic Research at the Ilia State University of Tbilisi, Elena Solowowa, National Research University and School of Economics in Moscow, Rüdiger Bolz、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  41. 2019092708740

    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2011年に湖北省随州市の文峰塔M4号墓から出土した甬鐘(ようしょう)の拓本。(2018年8月8日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018070401031

    米依存では署名無理 森重昭さん  米ニューヨークで取材に応じる歴史研究家の森重昭さん(共同)

  43. 2018052900421

    森重昭さん  初訪米した被爆者で歴史研究家の森重昭(もり・しげあき)さん(共同)

  44. 2018052300114

    広島の森さん、初訪米 空港に到着した森さん  米サンフランシスコ国際空港に到着した歴史研究家の森重昭さん=22日(共同)

  45. 2017091301806

    Jonathan Voges Jonathan Voges, scientific assistant at the Historical Institute of the Leibniz University Hanover holds up his monography "Men do it themselves"?("Selbst ist der Mann") in Hanover, Germany, 23 August 2017. Photo: Holger Hollemann/dpa クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  46. 2017081400275

    磯田道史 (いそだ・みちふみ) 歴史研究家、国際日本文化研究センター准教授、2017年8月10日撮影、共同通信本社

  47. 2017051200710

    本当に武市半平太の手紙? 武市半平太の手紙  武市半平太が書いたとされる手紙。高知市の歴史研究家が自筆との判断に疑義を呈し、高知県立歴史民俗資料館での展示が見送られた

  48. 2016101300626

    「最高の栄誉」と森さん 喜びを語る森さん  被爆者として初めて菊池寛賞の受賞が決まり、喜びを語る歴史研究家の森重昭さん=13日午後、広島市

  49. 2016072900514

    途絶えた日中歴史研究 花輪を手に行進する儀仗兵  2015年12月、南京大虐殺記念館で行われた犠牲者追悼式典で、花輪を手に行進する儀仗(ぎじょう)兵=中国江蘇省南京市(共同) 1㌻特集「戦争の記憶と和解」

  50. 2015101000693

    日中歴史研究さらに停滞 追悼式典の習近平主席  南京大虐殺記念館で開かれた追悼式典に出席した習近平国家主席(左)=2014年12月、中国江蘇省南京市(共同) 「大型サイド」中国の南京大虐殺資料が世界記憶遺産に

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像