検索結果 889 件中 1 件 〜 50 件 "江戸時代"
  1. 2020040601837

    複合宿泊施設「美都津山庵」 岡山県津山市  複合宿泊施設「美都津山庵」。右手の福田屋小路沿いに178津山ファンクラブルームがある。民間まちづくり団体「津山街デザイン創造研究所」(津山市上之町)が、江戸時代の町並みが残る同市城東地区の出雲往来沿いに複合宿泊施設「美都津山庵」を開業した。アートで観光振興を目指す「世界に誇る美作国アートゾーン構想」の一環。=2020(令和2)年3月17日、岡山県津山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  2. 2020022200188

    人形産地に博物館オープン 岩槻人形博物館  江戸時代の貴重な人形などを集めた岩槻人形博物館=22日午前、さいたま市岩槻区

  3. 2020021200851

    ヒトの生活に多大な影響 前島正裕  「日本も江戸時代までは、日が暮れたら早く寝る、という人がほとんどだったと思います」と話す前島正裕さん 「博物館でタイムトラベル」(11)【明かりをともす】

  4. 2020021800520

    草野本家でひな人形飾り付け 日田市豆田町の草野本家  草野本家に伝わる江戸時代中期の「享保雛」=2020(令和2)年01月20日、日田市豆田町の草野本家、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ 「大分合同新聞」

  5. 2020012215943

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で展示された浮世絵作品「相州箱根湖水」。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020012215569

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で展示された浮世絵作品「諸人登山」。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020012215587

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で浮世絵作品「相州箱根湖水」を観賞する来場者。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020012215625

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で展示された浮世絵作品「東海道程ヶ谷」。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020012215663

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で浮世絵作品「駿州片倉茶園ノ不二」(左)と「東海道金谷ノ不二」を観賞する来場者。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020012215683

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で浮世絵作品「神奈川沖浪裏」を観賞する来場者。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020012215657

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で展示された浮世絵作品「江戸日本橋」。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020012215678

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で浮世絵作品「神奈川沖浪裏」を観賞する来場者。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020012215688

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で浮世絵作品「信州諏訪湖」を観賞する来場者。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020012215852

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で展示された作品「甲州三坂水面」。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020012215875

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で展示された浮世絵作品「東海道金谷ノ不二」。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020012215911

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で展示された浮世絵作品「駿州片倉茶園ノ不二」。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020012215563

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で展示された浮世絵作品「甲州石班沢」。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020012215351

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で展示された浮世絵作品「神奈川沖浪裏」。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020012215603

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で浮世絵作品「上総ノ海路」を観賞する来場者。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景−浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020012216027

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で浮世絵作品「駿州江尻」(左)と「江都駿河町三井見世略図」を観賞する来場者。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020012216060

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で展示された浮世絵作品「身延川裏不二」。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020012215879

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で展示された浮世絵作品「上総ノ海路」。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020012215932

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で浮世絵作品「遠江山中」を観賞する来場者。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020012216072

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で浮世絵作品「東海道金谷ノ不二」を観賞する来場者。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020012216077

    浮世絵の最高傑作「富嶽三十六景」、湖北省で初展示  15日、湖北省博物館で浮世絵作品「神奈川沖浪裏」を観賞する来場者。中国湖北省武漢市で15日、湖北省博物館が主催し中国初開催となる「富嶽三十六景ー浮世絵特別展」が開幕した。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など46点の作品は、江戸時代の大衆や生活のさまざまな姿を一挙に表現し、来場者は日本の文化・芸術の特徴を味わった。今回の展示作品は、日本の伝統的な技法を用いて1919年から71年の間に複製されたバージョン。作品はイタリアの著名な学者で歴史や文化方面に造詣が深い専門家、アドリアーノ・マダロ氏が寄贈した。博物館では、そのコレクションである葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」を順次公開する。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020011502151

    Japan Asia Coming-of-Age Day in Japan A 20-year-old participant attend a Coming of Age Day ceremony at an amusement park “Toshimaen“ in Tokyo, Japan on Monday, January 13, 2020. There is a theory that Japanese kimono is influenced by Chinese Tang dynasty clothing. Originally Obi belt was like a string, but a modern wide Obi belt started to be used since Edo period in Japan. Photo by Keizo Mori/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  27. 2020011502188

    Japan Asia Coming-of-Age Day in Japan A 20-year-old participant attend a Coming of Age Day ceremony at an amusement park “Toshimaen“ in Tokyo, Japan on Monday, January 13, 2020. There is a theory that Japanese kimono is influenced by Chinese Tang dynasty clothing. Originally Obi belt was like a string, but a modern wide Obi belt started to be used since Edo period in Japan. Photo by Keizo Mori/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  28. 2020010500321

    伝統「加賀とび」威勢よく 披露される「はしご登り」  金沢市の消防出初め式で披露される、江戸時代の火消し「加賀とび」の伝統妙技「はしご登り」=5日

  29. 2020010500322

    伝統「加賀とび」威勢よく 「はしご登り」の消防団員  金沢市の消防出初め式で江戸時代の火消し「加賀とび」の伝統妙技「はしご登り」を披露する消防団員=5日

  30. 2020010500320

    伝統「加賀とび」威勢よく 伝統妙技「はしご登り」  金沢市の消防出初め式で江戸時代の火消し「加賀とび」の伝統妙技「はしご登り」を披露する消防団員=5日

  31. 2020010500319

    伝統「加賀とび」威勢よく 「はしご登り」の妙技  金沢市の消防出初め式で消防団員によって披露される、江戸時代の火消し「加賀とび」の伝統妙技「はしご登り」=5日

  32. 2020010500318

    伝統「加賀とび」威勢よく 「はしご登り」を披露  金沢市の消防出初め式で江戸時代の火消し「加賀とび」の伝統妙技「はしご登り」を披露する消防団員=5日

  33. 2019122401203

    匠の技伝える〝秘密道具〟 江戸時代の宮大工の道具  木奥家が所蔵する、江戸時代の宮大工が使った道具=奈良市

  34. 2019122401202

    匠の技伝える〝秘密道具〟 宮大工が使った道具  木奥家が所蔵する、江戸時代の宮大工が使った道具=奈良市

  35. 2019112701609

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、第1回国際黄檗禅フォーラムの開幕に先立ち、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019112701613

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山萬福寺の開眼式に出席する日本黄檗宗の近藤博道管長(右)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019112701691

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山万福寺の方丈、定明法師(左から2人目)に書法作品を贈る日本の黄檗宗管長、近藤博道長老(左から1人目)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019112701677

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山萬福寺で開かれた開眼式に出席した中日両国の高僧たち。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019112701638

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、第1回国際黄檗禅フォーラムの開幕に先立ち、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019112701696

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式の様子をスマートフォンで撮影する来賓と信徒ら。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019112701708

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、再建された福清市の黄檗山萬福寺の外観。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019112701690

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市黄檗山の強力な支援者である曹徳旺(そう・とくおう)氏(左から3人目)に書法作品を贈る日本の黄檗宗管長、近藤博道長老(左から1人目)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019112701707

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、再建された福清市の黄檗山萬福寺の内部。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019112701712

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、再建された福清市の黄檗山萬福寺の外観。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019112701615

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山万福寺で行われた開眼式典に出席し、記念撮影する中国と日本の関係者。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019112701644

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、開眼式典で日本の中村法道長崎県知事の祝い状を代読する同県文化観光国際部の百田成玉主任主事。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019112701661

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、取材に応じる日本の長崎県の興福寺住職、松尾法道禅師(左から4人目)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019112701663

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、サブフォーラム「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」の会場。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019112701684

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、第1回国際黄檗禅フォーラムの開幕に先立ち、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式典。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019112701611

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」の会場。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像