検索結果 10 件中 1 件 〜 10 件 "江戸風鈴"
  1. 2020052301414

    アマビエ風鈴で疫病退散? アマビエ風鈴  夏本番を前に江戸風鈴作りが最盛期を迎える中、「篠原風鈴本舗」では疫病退散に御利益があるとされる妖怪「アマビエ」を描いた風鈴が人気を呼んでいる。同店社長の篠原恵美さん(65)は「風鈴は元々魔よけに使われていたんですよ。軒先でやわらかな音が鳴る度にコロナがいなくなれば」と思いを込める。新型コロナウイルスの影響で百貨店の休業による注文が激減し、現在はインターネット販売のみだが、都の要請に従いつつ店舗再開を目指している=23日、東京都江戸川区

  2. 2020052301413

    アマビエ風鈴で疫病退散? アマビエ風鈴  夏本番を前に江戸風鈴作りが最盛期を迎える中、「篠原風鈴本舗」では疫病退散に御利益があるとされる妖怪「アマビエ」を描いた風鈴が人気を呼んでいる。同店社長の篠原恵美さん(65)は「風鈴は元々魔よけに使われていたんですよ。軒先でやわらかな音が鳴る度にコロナがいなくなれば」と思いを込める。新型コロナウイルスの影響で百貨店の休業による注文が激減し、現在はインターネット販売のみだが、都の要請に従いつつ店舗再開を目指している=23日、東京都江戸川区

  3. 2017060300401

    チリンと涼呼ぶ江戸風鈴 江戸風鈴  東京都江戸川区の「篠原風鈴本舗」では夏本番を前に、江戸風鈴の製作作業が最盛期を迎えている。ギザギザの鳴り口から生まれる柔らかな音色が特徴で、金魚など涼しげな絵柄が人気。江戸時代から変わらない工程はすべて手作業で、1日に約150個が作られる=3日午後

  4. 2017060300399

    チリンと涼呼ぶ江戸風鈴 江戸風鈴  東京都江戸川区の「篠原風鈴本舗」では夏本番を前に、江戸風鈴の製作作業が最盛期を迎えている。ギザギザの鳴り口から生まれる柔らかな音色が特徴で、金魚など涼しげな絵柄が人気。江戸時代から変わらない工程はすべて手作業で、1日に約150個が作られる=3日午後

  5. 2016051000777

    夏を待つ涼しい音色 工房の江戸風鈴  手作業で作られ、夏本番を待つ江戸風鈴。かつては魔よけの意味を持つ赤色が主流だったが、最近は金魚などの涼しげな絵柄が人気だという。東京都江戸川区の「篠原風鈴本舗」では、1日に約400個が作られている=10日午後

  6. 2016051000753

    夏を待つ涼しい音色 絵付けが進む江戸風鈴  夏本番に向けて進められる江戸風鈴の絵付け作業。かつては魔よけの意味を持つ赤色が主流だったが、最近は金魚などの涼しげな絵柄が人気だという。東京都江戸川区の「篠原風鈴本舗」では、1日に約400個が手作業で作られている=10日午後

  7. 2016051000727

    夏を待つ涼しい音色 江戸風鈴の絵付け作業  夏本番に向けて進められる江戸風鈴の絵付け作業。かつては魔よけの意味を持つ赤色が主流だったが、最近は金魚などの涼しげな絵柄が人気だという。東京都江戸川区の「篠原風鈴本舗」では、1日に約400個が手作業で作られている=10日午後

  8. 2000101100074

    「カラー」◎篠原儀治(しのはら・よしはる)、江戸風鈴職人第一人者、2000年6月2日撮影、顔

  9. 2000062900037

    たかが風鈴、されど風鈴  江戸風鈴の作業工程で最も難しい「玉吹き」の技を披露する篠原儀治さん。風鈴に魂を吹き込む瞬間だ=東京都江戸川区の「篠原風鈴本舗」  甲乙A「シニア=野こえ山こえ」

  10. 1999062100101

    「カラー」◎江戸風鈴売り=99(平成10)年7月4日、中央区銀座5ー6の第一勧銀前

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像