検索結果 63 件中 1 件 〜 50 件 "河北省滄州市"
  1. 2020051800880

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、河北省滄州市の経済開発区で、スマートコネクテッドカーの横で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051800972

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、スマートコネクテッドカーの車内で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051800907

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、滄州市内の路上でスマートコネクテッドカーの走行テストを行うテスト担当者。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051800870

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、河北省滄州市の経済開発区にある自動運転試行ステーション前で、出発を待つスマートコネクテッドカー。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051800941

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、河北省滄州市の経済開発区で、スマートコネクテッドカーの横で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051800961

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、スマートコネクテッドカーを体験した市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051800975

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、スマートコネクテッドカーの車内に設置された液晶ディスプレイ。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051800744

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、河北省滄州市の経済開発区にある自動運転試行ステーション前で、出発を待つスマートコネクテッドカー。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020012322452

    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市  10日、河北省滄州市に建つ「鉄獅子」の形を模した面花。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052104562

    大運河から世界へ羽ばたく「呉橋雑技」河北省滄州市  第17回中国呉橋国際雑技芸術祭の閉幕式で、雑技を披露する河北省の呉橋雑技芸術学校と滄州雑技団のメンバー。(2019年11月7日撮影)中国河北省南東部と山東省の境に位置し、大運河が全域を貫いて流れる河北省滄州(そうしゅう)市呉橋(ごきょう)県は、中国の「雑技の里」として知られる。「呉橋雑技」の芸人はかつて故郷を離れ、大運河に沿って北上または南下し、さらにいくつもの海を越えて各地で芸を披露することで、国際的な名声を穫得。中国と他国との協力、交流の橋渡しとして、重要な役割を果たしてきた。また、呉橋雑技芸術学校は2002年以来、十数回にわたりタンザニアやエチオピア、ラオスなどから留学生を募集し、雑技に携わる人材を育ててきた。1987年に開催された「中国呉橋国際雑技芸術祭」はすでに17回目を迎え、今では「東洋の雑技の競技場」となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052104547

    大運河から世界へ羽ばたく「呉橋雑技」河北省滄州市  第17回中国呉橋国際雑技芸術祭の閉幕式で、技を披露するモンゴル人の雑技俳優たち。(2019年11月7日撮影)中国河北省南東部と山東省の境に位置し、大運河が全域を貫いて流れる河北省滄州(そうしゅう)市呉橋(ごきょう)県は、中国の「雑技の里」として知られる。「呉橋雑技」の芸人はかつて故郷を離れ、大運河に沿って北上または南下し、さらにいくつもの海を越えて各地で芸を披露することで、国際的な名声を穫得。中国と他国との協力、交流の橋渡しとして、重要な役割を果たしてきた。また、呉橋雑技芸術学校は2002年以来、十数回にわたりタンザニアやエチオピア、ラオスなどから留学生を募集し、雑技に携わる人材を育ててきた。1987年に開催された「中国呉橋国際雑技芸術祭」はすでに17回目を迎え、今では「東洋の雑技の競技場」となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052104517

    大運河から世界へ羽ばたく「呉橋雑技」河北省滄州市  第17回中国呉橋国際雑技芸術祭の閉幕式で、雑技を披露する河北呉橋雑技芸術学校と滄州雑技団のメンバー。(2019年11月7日撮影)中国河北省南東部と山東省の境に位置し、大運河が全域を貫いて流れる河北省滄州(そうしゅう)市呉橋(ごきょう)県は、中国の「雑技の里」として知られる。「呉橋雑技」の芸人はかつて故郷を離れ、大運河に沿って北上または南下し、さらにいくつもの海を越えて各地で芸を披露することで、国際的な名声を穫得。中国と他国との協力、交流の橋渡しとして、重要な役割を果たしてきた。また、呉橋雑技芸術学校は2002年以来、十数回にわたりタンザニアやエチオピア、ラオスなどから留学生を募集し、雑技に携わる人材を育ててきた。1987年に開催された「中国呉橋国際雑技芸術祭」はすでに17回目を迎え、今では「東洋の雑技の競技場」となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019111104470

    雑技詩劇「一船明月過滄州」が初回公演河北省滄州市  6日、滄州市の荀慧生大劇院で行われた「一船明月過滄州」公演の一幕。中国河北省滄州(そうしゅう)市の荀慧生大劇院で6日、第17回中国呉橋国際雑技芸術祭(10月25日~11月7日)の演目の一つ、雑技詩劇「一船明月過滄州」の初回公演が行われた。同作品は京杭大運河や滄州雑技の歴史を全編詩歌によって再現しており、運河沿岸の風土や人情を伝えている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019111104524

    雑技詩劇「一船明月過滄州」が初回公演河北省滄州市  6日、滄州市の荀慧生大劇院で行われた「一船明月過滄州」公演の一幕。中国河北省滄州(そうしゅう)市の荀慧生大劇院で6日、第17回中国呉橋国際雑技芸術祭(10月25日~11月7日)の演目の一つ、雑技詩劇「一船明月過滄州」の初回公演が行われた。同作品は京杭大運河や滄州雑技の歴史を全編詩歌によって再現しており、運河沿岸の風土や人情を伝えている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019111104465

    雑技詩劇「一船明月過滄州」が初回公演河北省滄州市  6日、滄州市の荀慧生大劇院で行われた「一船明月過滄州」公演の一幕。中国河北省滄州(そうしゅう)市の荀慧生大劇院で6日、第17回中国呉橋国際雑技芸術祭(10月25日~11月7日)の演目の一つ、雑技詩劇「一船明月過滄州」の初回公演が行われた。同作品は京杭大運河や滄州雑技の歴史を全編詩歌によって再現しており、運河沿岸の風土や人情を伝えている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019111104466

    雑技詩劇「一船明月過滄州」が初回公演河北省滄州市  6日、滄州市の荀慧生大劇院で行われた「一船明月過滄州」公演の一幕。中国河北省滄州(そうしゅう)市の荀慧生大劇院で6日、第17回中国呉橋国際雑技芸術祭(10月25日~11月7日)の演目の一つ、雑技詩劇「一船明月過滄州」の初回公演が行われた。同作品は京杭大運河や滄州雑技の歴史を全編詩歌によって再現しており、運河沿岸の風土や人情を伝えている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019111104357

    雑技詩劇「一船明月過滄州」が初回公演河北省滄州市  6日、滄州市の荀慧生大劇院で行われた「一船明月過滄州」公演の一幕。中国河北省滄州(そうしゅう)市の荀慧生大劇院で6日、第17回中国呉橋国際雑技芸術祭(10月25日~11月7日)の演目の一つ、雑技詩劇「一船明月過滄州」の初回公演が行われた。同作品は京杭大運河や滄州雑技の歴史を全編詩歌によって再現しており、運河沿岸の風土や人情を伝えている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019111104337

    雑技詩劇「一船明月過滄州」が初回公演河北省滄州市  6日、滄州市の荀慧生大劇院で行われた「一船明月過滄州」公演の一幕。中国河北省滄州(そうしゅう)市の荀慧生大劇院で6日、第17回中国呉橋国際雑技芸術祭(10月25日~11月7日)の演目の一つ、雑技詩劇「一船明月過滄州」の初回公演が行われた。同作品は京杭大運河や滄州雑技の歴史を全編詩歌によって再現しており、運河沿岸の風土や人情を伝えている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019111104247

    雑技詩劇「一船明月過滄州」が初回公演河北省滄州市  6日、滄州市の荀慧生大劇院で行われた「一船明月過滄州」公演の一幕。中国河北省滄州(そうしゅう)市の荀慧生大劇院で6日、第17回中国呉橋国際雑技芸術祭(10月25日~11月7日)の演目の一つ、雑技詩劇「一船明月過滄州」の初回公演が行われた。同作品は京杭大運河や滄州雑技の歴史を全編詩歌によって再現しており、運河沿岸の風土や人情を伝えている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019111104468

    雑技詩劇「一船明月過滄州」が初回公演河北省滄州市  6日、滄州市の荀慧生大劇院で行われた「一船明月過滄州」公演の一幕。中国河北省滄州(そうしゅう)市の荀慧生大劇院で6日、第17回中国呉橋国際雑技芸術祭(10月25日~11月7日)の演目の一つ、雑技詩劇「一船明月過滄州」の初回公演が行われた。同作品は京杭大運河や滄州雑技の歴史を全編詩歌によって再現しており、運河沿岸の風土や人情を伝えている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019111104511

    雑技詩劇「一船明月過滄州」が初回公演河北省滄州市  6日、滄州市の荀慧生大劇院で行われた「一船明月過滄州」公演の一幕。中国河北省滄州(そうしゅう)市の荀慧生大劇院で6日、第17回中国呉橋国際雑技芸術祭(10月25日~11月7日)の演目の一つ、雑技詩劇「一船明月過滄州」の初回公演が行われた。同作品は京杭大運河や滄州雑技の歴史を全編詩歌によって再現しており、運河沿岸の風土や人情を伝えている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019110701320

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、治療中のムラサキサギの様子を見るボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019110701235

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、けがをしたノガンの手当てをするボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019110701237

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、治療中のノガンの様子を見るボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019110701353

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、けがをした国家1級保護動物のノガンの手当てをするボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019110701313

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、トラフズクを検診するボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019110501372

    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省  17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019110501313

    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省  17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019110501316

    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省  17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019110501334

    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省  17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019110501309

    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省  17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019110501367

    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省  17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019110501332

    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省  17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019042202171

    段ボール包装機械国際博覧会開催河北省東光県  17日、段ボール封函機を操作する出展企業のスタッフ。中国河北省滄州市東光県の包装機械コンベンションセンターでこのほど、第12回中国・東光段ボール包装機械国際博覧会が開催された。国内各地とインド、ロシア、エジプト、南アフリカ、イタリアなど46カ国のバイヤーが参加した。(東光=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019042202172

    段ボール包装機械国際博覧会開催河北省東光県  17日、バイヤー向けにマシンアームの実演を行う出展企業のスタッフ。中国河北省滄州市東光県の包装機械コンベンションセンターでこのほど、第12回中国・東光段ボール包装機械国際博覧会が開催された。国内各地とインド、ロシア、エジプト、南アフリカ、イタリアなど46カ国のバイヤーが参加した。(東光=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019042202262

    段ボール包装機械国際博覧会開催河北省東光県  17日、展示された段ボール包装機械。中国河北省滄州市東光県の包装機械コンベンションセンターでこのほど、第12回中国・東光段ボール包装機械国際博覧会が開催された。国内各地とインド、ロシア、エジプト、南アフリカ、イタリアなど46カ国のバイヤーが参加した。(東光=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019042202180

    段ボール包装機械国際博覧会開催河北省東光県  17日、バイヤー向けにマシンアームの実演を行う出展企業のスタッフ。中国河北省滄州市東光県の包装機械コンベンションセンターでこのほど、第12回中国・東光段ボール包装機械国際博覧会が開催された。国内各地とインド、ロシア、エジプト、南アフリカ、イタリアなど46カ国のバイヤーが参加した。(東光=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019012301281

    応急手当てで大忙しの「渡り鳥の病院」河北省滄州市  14日、コウノトリの手当てをする滄州野生動物救護センターのスタッフ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の滄州師範学院に設置された「渡り鳥の病院」、滄州野生動物救護センターが繁忙期を迎えている。病気やけがで南へ向かうことのできない渡り鳥が同センターに運ばれ、応急手当てを受けている。国家1級保護動物のコウノトリなど、同センターが救助した渡り鳥は20羽を超えている。(滄州=新華社配信/傅新春)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019012301235

    応急手当てで大忙しの「渡り鳥の病院」河北省滄州市  14日、滄州野生動物救護センターで手当てを受けるコウノトリ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の滄州師範学院に設置された「渡り鳥の病院」、滄州野生動物救護センターが繁忙期を迎えている。病気やけがで南へ向かうことのできない渡り鳥が同センターに運ばれ、応急手当てを受けている。国家1級保護動物のコウノトリなど、同センターが救助した渡り鳥は20羽を超えている。(滄州=新華社配信/傅新春)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019012301246

    応急手当てで大忙しの「渡り鳥の病院」河北省滄州市  14日、コウノトリの手当てをする滄州野生動物救護センターのスタッフ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の滄州師範学院に設置された「渡り鳥の病院」、滄州野生動物救護センターが繁忙期を迎えている。病気やけがで南へ向かうことのできない渡り鳥が同センターに運ばれ、応急手当てを受けている。国家1級保護動物のコウノトリなど、同センターが救助した渡り鳥は20羽を超えている。(滄州=新華社配信/傅新春)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019012301269

    応急手当てで大忙しの「渡り鳥の病院」河北省滄州市  14日、手当てを施したコウノトリを観察する滄州野生動物救護センターのスタッフ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の滄州師範学院に設置された「渡り鳥の病院」、滄州野生動物救護センターが繁忙期を迎えている。病気やけがで南へ向かうことのできない渡り鳥が同センターに運ばれ、応急手当てを受けている。国家1級保護動物のコウノトリなど、同センターが救助した渡り鳥は20羽を超えている。(滄州=新華社配信/傅新春)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019012301215

    応急手当てで大忙しの「渡り鳥の病院」河北省滄州市  14日、コウノトリの手当てをする滄州野生動物救護センターのスタッフ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の滄州師範学院に設置された「渡り鳥の病院」、滄州野生動物救護センターが繁忙期を迎えている。病気やけがで南へ向かうことのできない渡り鳥が同センターに運ばれ、応急手当てを受けている。国家1級保護動物のコウノトリなど、同センターが救助した渡り鳥は20羽を超えている。(滄州=新華社配信/傅新春)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018100120380

    巣を作り鳳を誘う‐農民労働者の地元就職を促進河北省献県  26日、河北省献県の服飾工場で製品の出荷検査を行う農民労働者。中国河北省滄州市献県ではここ数年、農民労働者の地元での就職を促す「築巣引鳳(巣を作り鳳凰を誘う)」就業プロジェクトを実施している。産業集中地区と都市部建設が進む現状を背景に、地元企業による短期労働者や季節労働者、臨時労働者などの雇用のマッチングを後押しする。政策上の奨励措置や企業の雇用環境改善を通して多くの地元・Uターン就職を実現させている。同県では現在、9万人余りの農民労働者が地元での就職を果たしており、郷鎮企業の労働者不足を解決しただけでなく労働者の収入増加も実現した。(滄州=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018100120435

    巣を作り鳳を誘う‐農民労働者の地元就職を促進河北省献県  26日、河北省献県の服飾工場で製品の出荷検査を行う農民労働者。中国河北省滄州市献県ではここ数年、農民労働者の地元での就職を促す「築巣引鳳(巣を作り鳳凰を誘う)」就業プロジェクトを実施している。産業集中地区と都市部建設が進む現状を背景に、地元企業による短期労働者や季節労働者、臨時労働者などの雇用のマッチングを後押しする。政策上の奨励措置や企業の雇用環境改善を通して多くの地元・Uターン就職を実現させている。同県では現在、9万人余りの農民労働者が地元での就職を果たしており、郷鎮企業の労働者不足を解決しただけでなく労働者の収入増加も実現した。(滄州=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018100120663

    巣を作り鳳を誘う‐農民労働者の地元就職を促進河北省献県  26日、河北省献県の服飾工場で製品加工を行う農民労働者。中国河北省滄州市献県ではここ数年、農民労働者の地元での就職を促す「築巣引鳳(巣を作り鳳凰を誘う)」就業プロジェクトを実施している。産業集中地区と都市部建設が進む現状を背景に、地元企業による短期労働者や季節労働者、臨時労働者などの雇用のマッチングを後押しする。政策上の奨励措置や企業の雇用環境改善を通して多くの地元・Uターン就職を実現させている。同県では現在、9万人余りの農民労働者が地元での就職を果たしており、郷鎮企業の労働者不足を解決しただけでなく労働者の収入増加も実現した。(滄州=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018100120455

    巣を作り鳳を誘う‐農民労働者の地元就職を促進河北省献県  26日、河北省献県の服飾工場で製品加工を行う農民労働者。中国河北省滄州市献県ではここ数年、農民労働者の地元での就職を促す「築巣引鳳(巣を作り鳳凰を誘う)」就業プロジェクトを実施している。産業集中地区と都市部建設が進む現状を背景に、地元企業による短期労働者や季節労働者、臨時労働者などの雇用のマッチングを後押しする。政策上の奨励措置や企業の雇用環境改善を通して多くの地元・Uターン就職を実現させている。同県では現在、9万人余りの農民労働者が地元での就職を果たしており、郷鎮企業の労働者不足を解決しただけでなく労働者の収入増加も実現した。(滄州=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018100120722

    巣を作り鳳を誘う‐農民労働者の地元就職を促進河北省献県  26日、河北省献県の服飾工場で製品加工を行う農民労働者。中国河北省滄州市献県ではここ数年、農民労働者の地元での就職を促す「築巣引鳳(巣を作り鳳凰を誘う)」就業プロジェクトを実施している。産業集中地区と都市部建設が進む現状を背景に、地元企業による短期労働者や季節労働者、臨時労働者などの雇用のマッチングを後押しする。政策上の奨励措置や企業の雇用環境改善を通して多くの地元・Uターン就職を実現させている。同県では現在、9万人余りの農民労働者が地元での就職を果たしており、郷鎮企業の労働者不足を解決しただけでなく労働者の収入増加も実現した。(滄州=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018080100395

    留学生、「雑技の郷」で稽古に励む河北省呉橋  30日、河北省滄州市にある呉橋雑技芸術学校の練習場で雑技の稽古をするエチオピアからの留学生オフさん(右)。中国河北省滄州市の呉橋雑技芸術学校で「2017年発展途上国雑技技能習得コース」に参加している留学生35名は8月、1年間の学習を終える。帰国後は雑技公演や後進育成に携わる。同校は2002年から中国雑技外国支援プロジェクトに協力し、400名以上の留学生を受け入れてきた。(滄州=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018080100411

    留学生、「雑技の郷」で稽古に励む河北省呉橋  30日、河北省滄州市にある呉橋雑技芸術学校の練習場で雑技の稽古をするシエラレオネからの留学生ファトさん。中国河北省滄州市の呉橋雑技芸術学校で「2017年発展途上国雑技技能習得コース」に参加している留学生35名は8月、1年間の学習を終える。帰国後は雑技公演や後進育成に携わる。同校は2002年から中国雑技外国支援プロジェクトに協力し、400名以上の留学生を受け入れてきた。(滄州=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018080100391

    留学生、「雑技の郷」で稽古に励む河北省呉橋  30日、河北省滄州市の呉橋雑技芸術学校で皿回しの稽古をするラオス人留学生。中国河北省滄州市の呉橋雑技芸術学校で「2017年発展途上国雑技技能習得コース」に参加している留学生35名は8月、1年間の学習を終える。帰国後は雑技公演や後進育成に携わる。同校は2002年から中国雑技外国支援プロジェクトに協力し、400名以上の留学生を受け入れてきた。(滄州=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像