検索結果 12 件中 1 件 〜 12 件 "沿海地区"
  1. 2019110701320

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、治療中のムラサキサギの様子を見るボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019110701235

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、けがをしたノガンの手当てをするボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019110701237

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、治療中のノガンの様子を見るボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019110701353

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、けがをした国家1級保護動物のノガンの手当てをするボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019110701313

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、トラフズクを検診するボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019062625087

    中国初の「3D縫製ロボット」がお披露目浙江省寧波市  20日、寧波慈星のロボット・コアパーツ開発実験室で作業する「3D縫製ロボット」。中国東部沿海地区の製造業の拠点、浙江省寧波市でこのほど、スマート縫製機器メーカーの寧波慈星が、造船大手中国船舶重工集団(CSIC)傘下の研究機関、中船重工第七一六研究所と2年かけて共同開発した中国初の「3D縫製ロボット」を公開した。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2018112614793

    東南沿海地区の産後ケアセンターを訪ねて福建石獅  21日、「月子餐」(産後間もないママ達が「坐月子」期間中に食べる養生料理)を準備する調理師。中国の東南沿海地区では近年、「月子中心」(産後ケアセンター)が人気を集め、中国の習慣である産後1カ月ほどの期間に産婦が養生する「坐月子(ズオユエズ)」のために「月子中心」を選ぶ女性がますます増えている。現在人口60万人余りを擁する福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)には2カ所の「月子中心」があり、費用はサービス実日数に基づき2万9千元(1元=約16円)からとなっている。費用は高いものの、便利で全面的かつ専門的なサービスが受けられることから、多くの家庭が事前に予約をしているという。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2018112615294

    東南沿海地区の産後ケアセンターを訪ねて福建石獅  21日、福建省石獅市の「月子中心」で、おしゃべりを楽しむ産後間もないママ達と同センターのスタッフ。中国の東南沿海地区では近年、「月子中心」(産後ケアセンター)が人気を集め、中国の習慣である産後1カ月ほどの期間に産婦が養生する「坐月子(ズオユエズ)」のために「月子中心」を選ぶ女性がますます増えている。現在人口60万人余りを擁する福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)には2カ所の「月子中心」があり、費用はサービス実日数に基づき2万9千元(1元=約16円)からとなっている。費用は高いものの、便利で全面的かつ専門的なサービスが受けられることから、多くの家庭が事前に予約をしているという。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2018112615273

    東南沿海地区の産後ケアセンターを訪ねて福建石獅  21日、福建省石獅市の「月子中心」で、赤ちゃんを抱っこしておしゃべりを楽しむ女性。中国の東南沿海地区では近年、「月子中心」(産後ケアセンター)が人気を集め、中国の習慣である産後1カ月ほどの期間に産婦が養生する「坐月子(ズオユエズ)」のために「月子中心」を選ぶ女性がますます増えている。現在人口60万人余りを擁する福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)には2カ所の「月子中心」があり、費用はサービス実日数に基づき2万9千元(1元=約16円)からとなっている。費用は高いものの、便利で全面的かつ専門的なサービスが受けられることから、多くの家庭が事前に予約をしているという。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2018112614695

    東南沿海地区の産後ケアセンターを訪ねて福建石獅  21日、「月子餐」(産後間もないママ達が「坐月子」期間中に食べる養生料理)を届けに向かうスタッフ。中国の東南沿海地区では近年、「月子中心」(産後ケアセンター)が人気を集め、中国の習慣である産後1カ月ほどの期間に産婦が養生する「坐月子(ズオユエズ)」のために「月子中心」を選ぶ女性がますます増えている。現在人口60万人余りを擁する福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)には2カ所の「月子中心」があり、費用はサービス実日数に基づき2万9千元(1元=約16円)からとなっている。費用は高いものの、便利で全面的かつ専門的なサービスが受けられることから、多くの家庭が事前に予約をしているという。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2018112614681

    東南沿海地区の産後ケアセンターを訪ねて福建石獅  21日、福建省石獅市の「月子中心」の新生児室で、生後まもない赤ちゃんをケアするスタッフ。中国の東南沿海地区では近年、「月子中心」(産後ケアセンター)が人気を集め、中国の習慣である産後1カ月ほどの期間に産婦が養生する「坐月子(ズオユエズ)」のために「月子中心」を選ぶ女性がますます増えている。現在人口60万人余りを擁する福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)には2カ所の「月子中心」があり、費用はサービス実日数に基づき2万9千元(1元=約16円)からとなっている。費用は高いものの、便利で全面的かつ専門的なサービスが受けられることから、多くの家庭が事前に予約をしているという。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2011051800072

    茨城漁連が賠償請求 質問に答える漁連関係者  東京電力に損害賠償を請求し、報道陣の質問に答える茨城沿海地区漁業協同組合連合会の小野勲副会長=18日午前、東京・内幸町の本店

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像