検索結果 69 件中 1 件 〜 50 件 "浙江省杭州市余杭区"
  1. 2020081700922

    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市  14日、杭州市余杭区塘棲鎮の丁山湖の夜景。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081700885

    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市  14日、杭州市余杭区塘棲鎮の夜景。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081700912

    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市  14日、杭州市余杭区塘棲鎮イベント会場に集まった人々。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020081700990

    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市  14日、杭州市余杭区塘棲鎮の丁山湖畔に設置されたステージ。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020081803611

    「新華社」夜のイベントで地域経済を活性化浙江省杭州市 14日、杭州市余杭区塘棲鎮でライブ演奏を行うミュージシャン。中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020081700914

    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市  14日、杭州市余杭区塘棲鎮でパフォーマンスを鑑賞する人々。中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020062804782

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020062804873

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、茶の表面にできた泡に文字を書く茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020062804923

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020062804918

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の曲橋。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020062804937

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062804946

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062804796

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶を入れる際に必要な道具を紹介する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062804874

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062804781

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062804783

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、杭州市余杭区径山鎮に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062804876

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062804916

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、自身の茶園を紹介する周方林(しゅう・ほうりん)さん。周さんは省級無形文化遺産に指定されている径山茶の釜炒り技術の伝承者。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062804925

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062804948

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020061503922

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「瓶窯陶芸館」で展示された陶磁器。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020061503998

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「瓶窯陶芸館」を見学する観光客。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020061503902

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の養蚕文化をテーマにした展示館で見学する観光客。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020061504017

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館群。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020061504014

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「余杭紙傘館」で、油紙を使った伝統的な傘を作るスタッフ。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020061504008

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館群を見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020061504022

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の凧とランタンをテーマにした展示館で見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020061504002

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の凧とランタンをテーマにした展示館で見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020061504000

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「良渚玉彫館」で翡翠の彫刻技術を再現したジオラマを見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020061503896

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の養蚕文化をテーマにした展示館で見学する観光客。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020061504028

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「瓶窯陶芸館」で陶芸を体験する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020061503913

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館群。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020061503969

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「余杭紙傘館」で、油紙を使った伝統的な傘を作るスタッフ。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020061504010

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「良渚玉彫館」で翡翠の彫刻について学ぶ子どもたち。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020061503918

    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開  6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の凧とランタンをテーマにした展示館で見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019051702331

    「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市  アメリカミズアブの幼虫。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019051702338

    「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市  「昆虫農場」の経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣副教授と農場の管理者。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019051702339

    「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市  「昆虫農場」の経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣副教授。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019051702372

    「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市  「昆虫農場」の外観。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019041100596

    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市  町で開幕した桃の花祭りで花見をする「互助グループ」の高齢者ら。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019041100598

    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市  町で開幕した桃の花祭りで花見をする「互助グループ」の高齢者ら。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019041100579

    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市  来週の外出について相談する「互助グループ」の高齢者ら。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019041100591

    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市  スマートフォンで株式相場をチェックする80歳の朱栄林さん(左)と71歳の王荷花(おう・かか)さん。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019041100487

    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市  台所で水仕事をしている58歳の陳姮(ちん・こう)さん(手前)と71歳の王荷花(おう・かか)さん。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019041100645

    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市  庭で犬に餌を与える76歳の王嘉宝(おう・かほう)さん。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019041100532

    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市  明日入居する老人の荷物を部屋に運ぶ80歳の朱栄林さん(左)と76歳の王嘉宝(おう・かほう)さん。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019041100587

    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市  居間で踊る「互助グループ」の高齢者ら。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019041100527

    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市  庭でニラを刈り、昼食の準備をする71歳の王荷花(おう・かか)さん。(3月25日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019041100582

    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市  インターネットで将棋をしている80歳の朱栄林さんをマージャンに誘う58歳の陳姮(ちん・こう)さん。(3月25日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019041100462

    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市  カレンダーの裏に「互助グループ」日記を書く68歳の蒋一純(しょう・いちじゅん)さん。これまで200枚近くを記録した。(3月25日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像