検索結果 17 件中 1 件 〜 17 件 "清朝乾隆"
  1. 2020062204565

    250年の棚田がまるごと「博物館」陝西省漢陰県  13日、陝西省安康市漢陰県の鳳堰棚田。中国陝西省漢陰県に、250年余りの歴史を持つ鳳堰棚田(ほうえん)をそのまま博物館にした「鳳堰古棚田生態博物館」がある。鳳堰棚田は2009年の第3回全国文化財一斉調査で見つかった大型棚田で、その後の調査により清朝乾隆年間に湖南省長沙府善化県(現在の長沙市)の呉氏一族が移住し築いたことが分かった。同省南部の秦巴山区で見つかった清代の棚田の中で最も面積が広く、保存状態が良い。(西安=新華社記者/白妮民)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062204621

    250年の棚田がまるごと「博物館」陝西省漢陰県  13日、陝西省安康市漢陰県の鳳堰棚田。中国陝西省漢陰県に、250年余りの歴史を持つ鳳堰棚田(ほうえん)をそのまま博物館にした「鳳堰古棚田生態博物館」がある。鳳堰棚田は2009年の第3回全国文化財一斉調査で見つかった大型棚田で、その後の調査により清朝乾隆年間に湖南省長沙府善化県(現在の長沙市)の呉氏一族が移住し築いたことが分かった。同省南部の秦巴山区で見つかった清代の棚田の中で最も面積が広く、保存状態が良い。(西安=新華社記者/白妮民)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062204508

    250年の棚田がまるごと「博物館」陝西省漢陰県  13日、陝西省安康市漢陰県にある古民家「呉家花屋」。中国陝西省漢陰県に、250年余りの歴史を持つ鳳堰棚田(ほうえん)をそのまま博物館にした「鳳堰古棚田生態博物館」がある。鳳堰棚田は2009年の第3回全国文化財一斉調査で見つかった大型棚田で、その後の調査により清朝乾隆年間に湖南省長沙府善化県(現在の長沙市)の呉氏一族が移住し築いたことが分かった。同省南部の秦巴山区で見つかった清代の棚田の中で最も面積が広く、保存状態が良い。(西安=新華社記者/白妮民)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020062204598

    250年の棚田がまるごと「博物館」陝西省漢陰県  13日、陝西省安康市漢陰県の鳳堰棚田。中国陝西省漢陰県に、250年余りの歴史を持つ鳳堰棚田(ほうえん)をそのまま博物館にした「鳳堰古棚田生態博物館」がある。鳳堰棚田は2009年の第3回全国文化財一斉調査で見つかった大型棚田で、その後の調査により清朝乾隆年間に湖南省長沙府善化県(現在の長沙市)の呉氏一族が移住し築いたことが分かった。同省南部の秦巴山区で見つかった清代の棚田の中で最も面積が広く、保存状態が良い。(西安=新華社記者/白妮民)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062204617

    250年の棚田がまるごと「博物館」陝西省漢陰県  13日、陝西省安康市漢陰県の鳳堰棚田。中国陝西省漢陰県に、250年余りの歴史を持つ鳳堰棚田(ほうえん)をそのまま博物館にした「鳳堰古棚田生態博物館」がある。鳳堰棚田は2009年の第3回全国文化財一斉調査で見つかった大型棚田で、その後の調査により清朝乾隆年間に湖南省長沙府善化県(現在の長沙市)の呉氏一族が移住し築いたことが分かった。同省南部の秦巴山区で見つかった清代の棚田の中で最も面積が広く、保存状態が良い。(西安=新華社記者/白妮民)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052104832

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝乾隆年間の窯変釉(ようへんゆう)磁器。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052104692

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝乾隆年間の青花纏枝蓮文賞瓶(せいかてんしれんもんしょうへい)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052104681

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝乾隆年間の青花纏枝蓮文尊(せいかてんしれんもんそん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019111104126

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/李鵬)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019111104253

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)のれんがに施された彫刻。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019111104132

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/李鵬)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019111104139

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/李鵬)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019111104081

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)の馬頭墻(ばとうしょう、防火壁)。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019111104272

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)の内部。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019111104118

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019111104376

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)の一角。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020072703413

    唐代の木造建築、広仁王廟大殿を訪ねて山西省運城市  清朝乾隆年間に行われた舞台の修復工事を記念する碑。(資料写真)中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県の県城(県政府所在地)から北3キロの古魏鎮中竜泉村に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広仁王廟がある。大殿は中国に現存する最古の木造道教建築で、国内に数棟しか残されていない唐代木造建築の一つでもある。広仁王廟大殿は唐の大和5(831)年に創建され、千年以上の風雨により激しく破損していたが、2013年6月に地元文化財部門による大規模修復工事が実施された。工期は1年半に及び、今では大殿とその正面にある清代の舞台の修繕が完了している。(運城=新華社記者/王学濤)=2018(平成30)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像