検索結果 15 件中 1 件 〜 15 件 "湿地保護区"
  1. 2020030203660

    一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地の上空を飛ぶインドガン。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020030203672

    一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地で、水面を飛ぶ水鳥。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020030203621

    一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地を泳ぐアカツクシガモ。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020030203643

    一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地の上空を飛ぶマガモの群れ。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020030203585

    一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地の上空を飛ぶインドガンの群れ。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020030203631

    一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、一面に広がる拉魯湿地の風景。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020030203645

    一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、一面に広がる拉魯湿地の風景。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020030203640

    一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地の上空を飛ぶインドガンの群れ。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019112505221

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019112505318

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019112505319

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019112505410

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019112505418

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019112505424

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019112505392

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像