検索結果 566 件中 1 件 〜 50 件 "無形文化遺産リスト"
  1. 2020051402504

    中国の刺しゅう作家、3年半をかけ水滸伝の108人の豪傑を描く  倪雪さんの錫繡作品。(資料写真)中国江蘇省無錫市に住む倪雪(げい・せつ)さんは、20代前半にしてすでに中国工芸美術最高賞の受賞経験を持つ刺しゅう作家。倪さんはこのほど、新作「梁山英豪」を完成させた。長さ1メートル、幅35センチの屏風に、中国四大名著の一つ「水滸伝」に登場する108人の豪傑を、一人一人の表情まで刺しゅうで生き生きと表現した。作品は680色以上の刺しゅう糸を使い、3年半を費やして制作したという。江蘇省無錫市に伝わる刺しゅうは「錫繡」と略され、数千年の歴史を有する。「無錫精微繡」は蘇繡(蘇州の伝統的な刺しゅう)の一種として、2008年に中国の第2次国家無形文化遺産リストに登録された。(無錫=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051402514

    中国の刺しゅう作家、3年半をかけ水滸伝の108人の豪傑を描く  6日、刺しゅう作品の制作に没頭する95年代生まれの倪雪さん。中国江蘇省無錫市に住む倪雪(げい・せつ)さんは、20代前半にしてすでに中国工芸美術最高賞の受賞経験を持つ刺しゅう作家。倪さんはこのほど、新作「梁山英豪」を完成させた。長さ1メートル、幅35センチの屏風に、中国四大名著の一つ「水滸伝」に登場する108人の豪傑を、一人一人の表情まで刺しゅうで生き生きと表現した。作品は680色以上の刺しゅう糸を使い、3年半を費やして制作したという。江蘇省無錫市に伝わる刺しゅうは「錫繡」と略され、数千年の歴史を有する。「無錫精微繡」は蘇繡(蘇州の伝統的な刺しゅう)の一種として、2008年に中国の第2次国家無形文化遺産リストに登録された。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051402513

    中国の刺しゅう作家、3年半をかけ水滸伝の108人の豪傑を描く  6日、倪雪さんが3年半をかけて完成した作品「梁山英豪」。中国江蘇省無錫市に住む倪雪(げい・せつ)さんは、20代前半にしてすでに中国工芸美術最高賞の受賞経験を持つ刺しゅう作家。倪さんはこのほど、新作「梁山英豪」を完成させた。長さ1メートル、幅35センチの屏風に、中国四大名著の一つ「水滸伝」に登場する108人の豪傑を、一人一人の表情まで刺しゅうで生き生きと表現した。作品は680色以上の刺しゅう糸を使い、3年半を費やして制作したという。江蘇省無錫市に伝わる刺しゅうは「錫繡」と略され、数千年の歴史を有する。「無錫精微繡」は蘇繡(蘇州の伝統的な刺しゅう)の一種として、2008年に中国の第2次国家無形文化遺産リストに登録された。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051402423

    中国の刺しゅう作家、3年半をかけ水滸伝の108人の豪傑を描く  6日、倪雪さんの新作「梁山英豪」。中国四大名著の一つ「水滸伝」に登場する108人の表情が生き生きと描き出されている。中国江蘇省無錫市に住む倪雪(げい・せつ)さんは、20代前半にしてすでに中国工芸美術最高賞の受賞経験を持つ刺しゅう作家。倪さんはこのほど、新作「梁山英豪」を完成させた。長さ1メートル、幅35センチの屏風に、中国四大名著の一つ「水滸伝」に登場する108人の豪傑を、一人一人の表情まで刺しゅうで生き生きと表現した。作品は680色以上の刺しゅう糸を使い、3年半を費やして制作したという。江蘇省無錫市に伝わる刺しゅうは「錫繡」と略され、数千年の歴史を有する。「無錫精微繡」は蘇繡(蘇州の伝統的な刺しゅう)の一種として、2008年に中国の第2次国家無形文化遺産リストに登録された。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020050804441

    ペー族の伝統行事「繞三霊」を披露雲南省昆明市  1日、雲南民族村で開催されたペー族の「繞三霊」を紹介するイベント。中国雲南省昆明市にある雲南民族村でメーデー連休中(今年は5月1~5日)、中国の無形文化遺産に登録されているペー族の伝統行事「繞三霊(ラオサンリン)」を紹介するイベントが行われた。観光客は、多彩なペー族文化の魅力を間近で楽しんだ。「繞三霊」は「観上覧」または「祈雨会」とも呼ばれ、「観」は散策あるいは見物を意味する。農閑期に行われる厄払いや幸福を祈る民間行事で、同省大理ペー族自治州蒼山洱海周辺地域のペー族集落に伝わり、すでに千年以上の歴史がある。2006年5月、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020050804419

    ペー族の伝統行事「繞三霊」を披露雲南省昆明市  1日、雲南民族村で開催されたペー族の「繞三霊」を紹介するイベント。中国雲南省昆明市にある雲南民族村でメーデー連休中(今年は5月1~5日)、中国の無形文化遺産に登録されているペー族の伝統行事「繞三霊(ラオサンリン)」を紹介するイベントが行われた。観光客は、多彩なペー族文化の魅力を間近で楽しんだ。「繞三霊」は「観上覧」または「祈雨会」とも呼ばれ、「観」は散策あるいは見物を意味する。農閑期に行われる厄払いや幸福を祈る民間行事で、同省大理ペー族自治州蒼山洱海周辺地域のペー族集落に伝わり、すでに千年以上の歴史がある。2006年5月、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020050804428

    ペー族の伝統行事「繞三霊」を披露雲南省昆明市  1日、雲南民族村で開催されたペー族の「繞三霊」を紹介するイベント。中国雲南省昆明市にある雲南民族村でメーデー連休中(今年は5月1~5日)、中国の無形文化遺産に登録されているペー族の伝統行事「繞三霊(ラオサンリン)」を紹介するイベントが行われた。観光客は、多彩なペー族文化の魅力を間近で楽しんだ。「繞三霊」は「観上覧」または「祈雨会」とも呼ばれ、「観」は散策あるいは見物を意味する。農閑期に行われる厄払いや幸福を祈る民間行事で、同省大理ペー族自治州蒼山洱海周辺地域のペー族集落に伝わり、すでに千年以上の歴史がある。2006年5月、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020050804399

    ペー族の伝統行事「繞三霊」を披露雲南省昆明市  1日、雲南民族村で開催されたペー族の「繞三霊」を紹介するイベント。中国雲南省昆明市にある雲南民族村でメーデー連休中(今年は5月~5日)、中国の無形文化遺産に登録されているペー族の伝統行事「繞三霊(ラオサンリン)」を紹介するイベントが行われた。観光客は、多彩なペー族文化の魅力を間近で楽しんだ。「繞三霊」は「観上覧」または「祈雨会」とも呼ばれ、「観」は散策あるいは見物を意味する。農閑期に行われる厄払いや幸福を祈る民間行事で、同省大理ペー族自治州蒼山洱海周辺地域のペー族集落に伝わり、すでに千年以上の歴史がある。2006年5月、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020050804420

    ペー族の伝統行事「繞三霊」を披露雲南省昆明市  1日、雲南民族村で開催されたペー族の「繞三霊」を紹介するイベント。中国雲南省昆明市にある雲南民族村でメーデー連休中(今年は5月1~5日)、中国の無形文化遺産に登録されているペー族の伝統行事「繞三霊(ラオサンリン)」を紹介するイベントが行われた。観光客は、多彩なペー族文化の魅力を間近で楽しんだ。「繞三霊」は「観上覧」または「祈雨会」とも呼ばれ、「観」は散策あるいは見物を意味する。農閑期に行われる厄払いや幸福を祈る民間行事で、同省大理ペー族自治州蒼山洱海周辺地域のペー族集落に伝わり、すでに千年以上の歴史がある。2006年5月、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020050804403

    ペー族の伝統行事「繞三霊」を披露雲南省昆明市  1日、雲南民族村で開催されたペー族の「繞三霊」を紹介するイベント。中国雲南省昆明市にある雲南民族村でメーデー連休中(今年は5月1~5日)、中国の無形文化遺産に登録されているペー族の伝統行事「繞三霊(ラオサンリン)」を紹介するイベントが行われた。観光客は、多彩なペー族文化の魅力を間近で楽しんだ。「繞三霊」は「観上覧」または「祈雨会」とも呼ばれ、「観」は散策あるいは見物を意味する。農閑期に行われる厄払いや幸福を祈る民間行事で、同省大理ペー族自治州蒼山洱海周辺地域のペー族集落に伝わり、すでに千年以上の歴史がある。2006年5月、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020050804402

    ペー族の伝統行事「繞三霊」を披露雲南省昆明市  1日、雲南民族村で開催されたペー族の「繞三霊」を紹介するイベント。中国雲南省昆明市にある雲南民族村でメーデー連休中(今年は5月1~5日)、中国の無形文化遺産に登録されているペー族の伝統行事「繞三霊(ラオサンリン)」を紹介するイベントが行われた。観光客は、多彩なペー族文化の魅力を間近で楽しんだ。「繞三霊」は「観上覧」または「祈雨会」とも呼ばれ、「観」は散策あるいは見物を意味する。農閑期に行われる厄払いや幸福を祈る民間行事で、同省大理ペー族自治州蒼山洱海周辺地域のペー族集落に伝わり、すでに千年以上の歴史がある。2006年5月、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051102673

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが作品の制作に取りかかっている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051102604

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが伝統的な紙工芸「粉蝋箋」に図案を描いている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051102622

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020051102522

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、伝統的な紙工芸「粉蝋箋」を制作する劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051102527

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業に取りかかる劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020051102670

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが伝統的な紙工芸「粉蝋箋」に図案を描いている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051102623

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、美しい図案が描かれた伝統的な紙工芸「粉蝋箋」。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051102613

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、染色作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020051102532

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、作品の制作に取りかかる劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020051102625

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051102626

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2期国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051102615

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、伝統的な手工芸「粉蝋箋」の作品を手に取る劉靖(りゅう・せい)さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051102609

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、伝統的な紙工芸「粉蝋箋」を制作する劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020041501240

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、新型コロナウイルスとの闘いを題材にした呉漫さんの作品「負重前行」。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020041501228

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村にある呉維清さんの工房で保管されている古い泥塑作品。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020041501229

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、アトリエに置かれた呉維清さんの未完成作品。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020041501232

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、工房で泥塑を制作する呉維清さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020041501234

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、呉漫さんに泥塑の隈取りの描き方を教える呉維清さん(奥)。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020041501237

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、自身の泥塑作品を紹介する呉維清さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020041501246

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、工房で泥塑を制作する呉維清さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020041501258

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、工房で泥塑を制作する呉維清さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020041501223

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、大呉泥塑の国家級代表伝承者、呉維清さんと泥塑作品。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020041501242

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、自身の泥塑作品を紹介する呉維清さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020041501236

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、泥塑作品に隈取りを描き込む呉漫さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020041501190

    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市  10日、自身の受賞作「泥之舞」を見せる呉漫さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020031924024

    「無形文化遺産」の漆器工房が操業再開貴州省大方県  4日、貴州省畢節市大方県の「高光彝(イ)風漆器工芸制品廠(漆器工房)」で、漆器の素地を作る従業員。中国貴州省畢節(ひっせつ)市大方県はここ数日、注文に対応し、従業員の安定した収入を確保するため、イ族漆器工房の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めている。同県の特産品の一つ、大方漆器は2008年、「大方イ族漆器髹漆(きゅうしつ)技術」として中国国務院により第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、「民族漆器産業」への支援を拡大し、漆器髹漆技術伝習センターを設立。無形文化遺産の伝承者による無料講座の実施や大方漆器の電子商取引(EC)分野への進出、販売ルートの開拓を通じて、古くから伝わる同技術の伝承を推進していくという。(貴陽=新華社配信/羅大富)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020031924040

    「無形文化遺産」の漆器工房が操業再開貴州省大方県  4日、貴州省畢節市大方県の「高光彝(イ)風漆器工芸制品廠(漆器工房)」で、花瓶に漆を塗る従業員。中国貴州省畢節(ひっせつ)市大方県はここ数日、注文に対応し、従業員の安定した収入を確保するため、イ族漆器工房の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めている。同県の特産品の一つ、大方漆器は2008年、「大方イ族漆器髹漆(きゅうしつ)技術」として中国国務院により第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、「民族漆器産業」への支援を拡大し、漆器髹漆技術伝習センターを設立。無形文化遺産の伝承者による無料講座の実施や大方漆器の電子商取引(EC)分野への進出、販売ルートの開拓を通じて、古くから伝わる同技術の伝承を推進していくという。(貴陽=新華社配信/羅大富)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020031924028

    「無形文化遺産」の漆器工房が操業再開貴州省大方県  4日、貴州省畢節市大方県の「高光彝(イ)風漆器工芸制品廠(漆器工房)」で、漆器の素地を作る従業員。中国貴州省畢節(ひっせつ)市大方県はここ数日、注文に対応し、従業員の安定した収入を確保するため、イ族漆器工房の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めている。同県の特産品の一つ、大方漆器は2008年、「大方イ族漆器髹漆(きゅうしつ)技術」として中国国務院により第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、「民族漆器産業」への支援を拡大し、漆器髹漆技術伝習センターを設立。無形文化遺産の伝承者による無料講座の実施や大方漆器の電子商取引(EC)分野への進出、販売ルートの開拓を通じて、古くから伝わる同技術の伝承を推進していくという。(貴陽=新華社配信/羅大富)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020031924043

    「無形文化遺産」の漆器工房が操業再開貴州省大方県  4日、貴州省畢節市大方県の「高光彝(イ)風漆器工芸制品廠(漆器工房)」で、屏風(びょうぶ)に漆を塗る従業員。中国貴州省畢節(ひっせつ)市大方県はここ数日、注文に対応し、従業員の安定した収入を確保するため、イ族漆器工房の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めている。同県の特産品の一つ、大方漆器は2008年、「大方イ族漆器髹漆(きゅうしつ)技術」として中国国務院により第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、「民族漆器産業」への支援を拡大し、漆器髹漆技術伝習センターを設立。無形文化遺産の伝承者による無料講座の実施や大方漆器の電子商取引(EC)分野への進出、販売ルートの開拓を通じて、古くから伝わる同技術の伝承を推進していくという。(貴陽=新華社配信/羅大富)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020031924012

    「無形文化遺産」の漆器工房が操業再開貴州省大方県  4日、貴州省畢節市大方県の「高光彝(イ)風漆器工芸制品廠(漆器工房)」で、従業員が漆絵(うるしえ)に漆を塗っている。中国貴州省畢節(ひっせつ)市大方県はここ数日、注文に対応し、従業員の安定した収入を確保するため、イ族漆器工房の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めている。同県の特産品の一つ、大方漆器は2008年、「大方イ族漆器髹漆(きゅうしつ)技術」として中国国務院により第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、「民族漆器産業」への支援を拡大し、漆器髹漆技術伝習センターを設立。無形文化遺産の伝承者による無料講座の実施や大方漆器の電子商取引(EC)分野への進出、販売ルートの開拓を通じて、古くから伝わる同技術の伝承を推進していくという。(貴陽=新華社配信/羅大富)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020031924044

    「無形文化遺産」の漆器工房が操業再開貴州省大方県  4日、貴州省畢節市大方県の「高光彝(イ)風漆器工芸制品廠(漆器工房)」で、花瓶の表面を磨く従業員。中国貴州省畢節(ひっせつ)市大方県はここ数日、注文に対応し、従業員の安定した収入を確保するため、イ族漆器工房の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めている。同県の特産品の一つ、大方漆器は2008年、「大方イ族漆器髹漆(きゅうしつ)技術」として中国国務院により第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、「民族漆器産業」への支援を拡大し、漆器髹漆技術伝習センターを設立。無形文化遺産の伝承者による無料講座の実施や大方漆器の電子商取引(EC)分野への進出、販売ルートの開拓を通じて、古くから伝わる同技術の伝承を推進していくという。(貴陽=新華社配信/羅大富)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020031924029

    「無形文化遺産」の漆器工房が操業再開貴州省大方県  4日、貴州省畢節市大方県の「高光彝(イ)風漆器工芸制品廠(漆器工房)」で、花瓶の表面を磨く従業員。中国貴州省畢節(ひっせつ)市大方県はここ数日、注文に対応し、従業員の安定した収入を確保するため、イ族漆器工房の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めている。同県の特産品の一つ、大方漆器は2008年、「大方イ族漆器髹漆(きゅうしつ)技術」として中国国務院により第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、「民族漆器産業」への支援を拡大し、漆器髹漆技術伝習センターを設立。無形文化遺産の伝承者による無料講座の実施や大方漆器の電子商取引(EC)分野への進出、販売ルートの開拓を通じて、古くから伝わる同技術の伝承を推進していくという。(貴陽=新華社配信/羅大富)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020031924016

    「無形文化遺産」の漆器工房が操業再開貴州省大方県  4日、貴州省畢節市大方県の「高光彝(イ)風漆器工芸制品廠(漆器工房)」で、漆絵(うるしえ)に漆を塗る従業員。中国貴州省畢節(ひっせつ)市大方県はここ数日、注文に対応し、従業員の安定した収入を確保するため、イ族漆器工房の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めている。同県の特産品の一つ、大方漆器は2008年、「大方イ族漆器髹漆(きゅうしつ)技術」として中国国務院により第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、「民族漆器産業」への支援を拡大し、漆器髹漆技術伝習センターを設立。無形文化遺産の伝承者による無料講座の実施や大方漆器の電子商取引(EC)分野への進出、販売ルートの開拓を通じて、古くから伝わる同技術の伝承を推進していくという。(貴陽=新華社配信/羅大富)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020031104831

    柳州市のB級グルメ「タニシ麺」、中国で消費者の人気集める  広西螺状元食品科技で、炒め終わったタニシ麺に配合する原材料を容器に移して計量する従業員。(2月27日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の名物グルメ「タニシ麺」は、ピリッと辛く、爽やかで風味がよく、酸味が利いて、熱々という独特の味わいがあり「香りは癖があるが美味」との評判がある。その製法は2008年、同自治区の第2次無形文化遺産リストにも登録されている。2012年に料理ドキュメンタリー番組「舌で味わう中国」で紹介されると、「タニシ麺」は次第に全国で人気のB級グルメの一つとなっていった。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020031104803

    柳州市のB級グルメ「タニシ麺」、中国で消費者の人気集める  広西螺状元食品科技で、袋詰めの済んだ薬味を検査する従業員。(2月27日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の名物グルメ「タニシ麺」は、ピリッと辛く、爽やかで風味がよく、酸味が利いて、熱々という独特の味わいがあり「香りは癖があるが美味」との評判がある。その製法は2008年、同自治区の第2次無形文化遺産リストにも登録されている。2012年に料理ドキュメンタリー番組「舌で味わう中国」で紹介されると、「タニシ麺」は次第に全国で人気のB級グルメの一つとなっていった。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020031104806

    柳州市のB級グルメ「タニシ麺」、中国で消費者の人気集める  広西螺状元食品科技で、タニシ麺を袋詰めする従業員。(2月27日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の名物グルメ「タニシ麺」は、ピリッと辛く、爽やかで風味がよく、酸味が利いて、熱々という独特の味わいがあり「香りは癖があるが美味」との評判がある。その製法は2008年、同自治区の第2次無形文化遺産リストにも登録されている。2012年に料理ドキュメンタリー番組「舌で味わう中国」で紹介されると、「タニシ麺」は次第に全国で人気のB級グルメの一つとなっていった。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020031104813

    柳州市のB級グルメ「タニシ麺」、中国で消費者の人気集める  広西螺状元食品科技で、タニシ麺に配合する酸筍(筍の漬物)の漬かり具合を確認する従業員。(2月27日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の名物グルメ「タニシ麺」は、ピリッと辛く、爽やかで風味がよく、酸味が利いて、熱々という独特の味わいがあり「香りは癖があるが美味」との評判がある。その製法は2008年、同自治区の第2次無形文化遺産リストにも登録されている。2012年に料理ドキュメンタリー番組「舌で味わう中国」で紹介されると、「タニシ麺」は次第に全国で人気のB級グルメの一つとなっていった。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020031104805

    柳州市のB級グルメ「タニシ麺」、中国で消費者の人気集める  広西螺状元食品科技で、タニシ麺を袋詰めする従業員。(2月27日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の名物グルメ「タニシ麺」は、ピリッと辛く、爽やかで風味がよく、酸味が利いて、熱々という独特の味わいがあり「香りは癖があるが美味」との評判がある。その製法は2008年、同自治区の第2次無形文化遺産リストにも登録されている。2012年に料理ドキュメンタリー番組「舌で味わう中国」で紹介されると、「タニシ麺」は次第に全国で人気のB級グルメの一つとなっていった。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020031104780

    柳州市のB級グルメ「タニシ麺」、中国で消費者の人気集める  広西螺状元食品科技で、エアシャワー室で全身を消毒した後、生産ラインに入る従業員。(2月27日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の名物グルメ「タニシ麺」は、ピリッと辛く、爽やかで風味がよく、酸味が利いて、熱々という独特の味わいがあり「香りは癖があるが美味」との評判がある。その製法は2008年、同自治区の第2次無形文化遺産リストにも登録されている。2012年に料理ドキュメンタリー番組「舌で味わう中国」で紹介されると、「タニシ麺」は次第に全国で人気のB級グルメの一つとなっていった。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像