検索結果 100 件中 1 件 〜 50 件 "無形文化遺産保護"
  1. 2020060209572

    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県  21日、本番前に演技の確認をする瀘渓県辰河高腔伝習所の役者、何芳(か・ほう)さんと張勲(ちょう・くん)さん。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060209588

    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県  21日、一幕物の古典演目で人気が高い「勅書楼」を上演する瀘渓県辰河高腔伝習所の役者、何芳(か・ほう)さんと張勲(ちょう・くん)さん。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060209582

    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県  21日、一幕物の古典演目で人気が高い「勅書楼」を上演する瀘渓県辰河高腔伝習所の役者、何芳(か・ほう)さんと張勲(ちょう・くん)さん。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060209677

    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県  21日、本番前の準備をする瀘渓県辰河高腔伝習所の役者、何芳(か・ほう)さん。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060209585

    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県  2日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓県浦市鎮で辰河高腔を上演し、多くの観客を魅了する瀘渓県辰河高腔伝習所の役者。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社配信)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060209590

    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県  2日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県浦市鎮で辰河高腔を上演し、多くの観客を魅了する瀘渓県辰河高腔伝習所の役者。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社配信)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051102642

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州景洪市ジノー族郷巴亜老寨村で、ジノー族の村民と記念撮影する雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051102688

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  90歳のヌー族の老人に聞き取り調査を行う雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051102696

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チームに資料を提供するヌー族の専門家。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020051102624

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  ジノー族の古い集落を訪ねる雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051102654

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  トールン族の伝承者を訪ねる雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051102659

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州景洪市ジノー族郷の文化ステーションで、座談会を行う雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051102630

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  トールン族の伝承者を訪ねる雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020021409911

    無形文化遺産の伝承人、感染対策を応援する作品を制作天津市  11日、天津無形文化遺産「面人趙」による作品「盼君早凱旋」(一日も早く勝利して戻りますように)。中国天津市無形文化遺産保護センターはこのほど、市内の関連機関と無形文化遺産の伝承人を対象に、新型コロナウイルスによる肺炎感染と闘う様子を無形文化遺産で表現した作品の募集を開始した。これまでに快板(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)、評劇(ひょうげき、中国の地方劇の一つ)、面塑(しん粉細工)、剪紙(切り絵)などの作品が集まった。これらの作品は感染予防・抑制に関する知識を普及させるだけではなく、感染予防・抑制の過程で現れた模範的人物と感動的な出来事などを賞讃し、感染に打ち勝つよう励ましている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  15. 2020021409954

    無形文化遺産の伝承人、感染対策を応援する作品を制作天津市  11日、天津無形文化遺産の「大港剪紙」で感染予防・抑制を表現した作品。中国天津市無形文化遺産保護センターはこのほど、市内の関連機関と無形文化遺産の伝承人を対象に、新型コロナウイルスによる肺炎感染と闘う様子を無形文化遺産で表現した作品の募集を開始した。これまでに快板(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)、評劇(ひょうげき、中国の地方劇の一つ)、面塑(しん粉細工)、剪紙(切り絵)などの作品が集まった。これらの作品は感染予防・抑制に関する知識を普及させるだけではなく、感染予防・抑制の過程で現れた模範的人物と感動的な出来事などを賞讃し、感染に打ち勝つよう励ましている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020021409957

    無形文化遺産の伝承人、感染対策を応援する作品を制作天津市  11日、天津無形文化遺産「津派面塑」伝承者の作品「中国頑張れ!」中国天津市無形文化遺産保護センターはこのほど、市内の関連機関と無形文化遺産の伝承人を対象に、新型コロナウイルスによる肺炎感染と闘う様子を無形文化遺産で表現した作品の募集を開始した。これまでに快板(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)、評劇(ひょうげき、中国の地方劇の一つ)、面塑(しん粉細工)、剪紙(切り絵)などの作品が集まった。これらの作品は感染予防・抑制に関する知識を普及させるだけではなく、感染予防・抑制の過程で現れた模範的人物と感動的な出来事などを賞讃し、感染に打ち勝つよう励ましている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020021409987

    無形文化遺産の伝承人、感染対策を応援する作品を制作天津市  11日、天津無形文化遺産「面人趙」による作品「白衣の天使」。中国天津市無形文化遺産保護センターはこのほど、市内の関連機関と無形文化遺産の伝承人を対象に、新型コロナウイルスによる肺炎感染と闘う様子を無形文化遺産で表現した作品の募集を開始した。これまでに快板(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)、評劇(ひょうげき、中国の地方劇の一つ)、面塑(しん粉細工)、剪紙(切り絵)などの作品が集まった。これらの作品は感染予防・抑制に関する知識を普及させるだけではなく、感染予防・抑制の過程で現れた模範的人物と感動的な出来事などを賞讃し、感染に打ち勝つよう励ましている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  18. 2020021409968

    無形文化遺産の伝承人、感染対策を応援する作品を制作天津市  11日、天津無形文化遺産の「大港剪紙」で感染予防・抑制を表現した作品。中国天津市無形文化遺産保護センターはこのほど、市内の関連機関と無形文化遺産の伝承人を対象に、新型コロナウイルスによる肺炎感染と闘う様子を無形文化遺産で表現した作品の募集を開始した。これまでに快板(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)、評劇(ひょうげき、中国の地方劇の一つ)、面塑(しん粉細工)、剪紙(切り絵)などの作品が集まった。これらの作品は感染予防・抑制に関する知識を普及させるだけではなく、感染予防・抑制の過程で現れた模範的人物と感動的な出来事などを賞讃し、感染に打ち勝つよう励ましている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020011603541

    京劇と篆刻の「巡り合い」無形文化遺産の魅力伝える展覧会開催天津  12日、京劇の演目名が刻まれた篆刻印。中国天津市の和悦芸術館で12日、同市の書画・篆刻家楊維(よう・い)氏の作品を展示する展覧会「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」が開かれた。楊氏は京劇と篆刻という二つの無形文化遺産を見事に融合させ、初めて京劇の名優100人と100の演目名を篆刻で表現した。天津市無形文化遺産保護協会が主催する同展は、31日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020011603506

    京劇と篆刻の「巡り合い」無形文化遺産の魅力伝える展覧会開催天津  12日、京劇の演目名が刻まれた篆刻印。中国天津市の和悦芸術館で12日、同市の書画・篆刻家楊維(よう・い)氏の作品を展示する展覧会「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」が開かれた。楊氏は京劇と篆刻という二つの無形文化遺産を見事に融合させ、初めて京劇の名優100人と100の演目名を篆刻で表現した。天津市無形文化遺産保護協会が主催する同展は、31日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020011603511

    京劇と篆刻の「巡り合い」無形文化遺産の魅力伝える展覧会開催天津  12日、篆刻印が押された縦に細長い書画「条屏」の写真を撮る来場者。中国天津市の和悦芸術館で12日、同市の書画・篆刻家楊維(よう・い)氏の作品を展示する展覧会「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」が開かれた。楊氏は京劇と篆刻という二つの無形文化遺産を見事に融合させ、初めて京劇の名優100人と100の演目名を篆刻で表現した。天津市無形文化遺産保護協会が主催する同展は、31日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020011603495

    京劇と篆刻の「巡り合い」無形文化遺産の魅力伝える展覧会開催天津  12日、篆刻印を手に取って見つめる来場者。中国天津市の和悦芸術館で12日、同市の書画・篆刻家楊維(よう・い)氏の作品を展示する展覧会「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」が開かれた。楊氏は京劇と篆刻という二つの無形文化遺産を見事に融合させ、初めて京劇の名優100人と100の演目名を篆刻で表現した。天津市無形文化遺産保護協会が主催する同展は、31日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020011603422

    京劇と篆刻の「巡り合い」無形文化遺産の魅力伝える展覧会開催天津  12日、篆刻印を見つめる来場者。中国天津市の和悦芸術館で12日、同市の書画・篆刻家楊維(よう・い)氏の作品を展示する展覧会「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」が開かれた。楊氏は京劇と篆刻という二つの無形文化遺産を見事に融合させ、初めて京劇の名優100人と100の演目名を篆刻で表現した。天津市無形文化遺産保護協会が主催する同展は、31日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020012322252

    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市  10日、面花を乾燥させる河北省黄驊市の面花工場の従業員。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020012322496

    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市  10日に撮影した鉄獅子形の面花の型。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020012322445

    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市  10日、蒸した面花を見せる河北省黄驊市の面花工場の従業員。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020012322447

    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市  10日、蒸した面花に吉祥を示す赤い点を付ける河北省黄驊市の面花工場の従業員。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020012322452

    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市  10日、河北省滄州市に建つ「鉄獅子」の形を模した面花。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020012322503

    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市  10日、蒸した面花を運ぶ河北省黄驊市の面花工場の従業員。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020012322510

    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市  10日、面花を乾燥させる河北省黄驊市の面花工場の従業員。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020012322402

    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市  10日、面花を並べる河北省黄驊市の面花工場の従業員。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020012322408

    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市  10日、面花を作る河北省黄驊市の面花工場の従業員。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020012322521

    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市  10日、蒸した面花に吉祥を示す赤い点を付ける河北省黄驊市の面花工場の従業員。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019122401355

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、現代の版木の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019122401315

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている清代乾隆年間の建陽本。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019122401293

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、建陽本「建陽県志」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019122401399

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、版木に彫刻する無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さん。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019122401318

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている明代の建陽本「妙法蓮華経巻一」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019122401344

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さんが収蔵する明末清初の版木。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019122401306

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、清朝末期の建陽本に用いられた活字。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019122401307

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さんが収蔵する明末清初の版木。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019122401292

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、版木に彫刻する無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さん。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019122401296

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている建陽本「資治通鑑」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019122401288

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、現代の版木の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019122401403

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  挿絵の挿入が建陽刻本の最も顕著な特色とされ、上に絵、下に文章という組版形式は当時の一大革新であった。(12月17日撮影)中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019122401301

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、版木に彫刻する無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さん。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019122401289

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている建陽本「四書大全」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019122401309

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、清代末期の版木の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019122401353

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、清代末期の建陽本の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019110500693

    紙を通じたデンマークと中国の対話四川省成都市で切り絵展覧会  10月29日、デンマークの切り絵芸術家カレン・ヴィット・バイレ氏による作品「ドラゴンの卵」の四、「現在の代表」。中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で10月29日、同博物館と成都市無形文化遺産保護センターが共催する展覧会「紙の対話-デンマーク@金沙」が開幕した。デンマーク人芸術家や中国切り絵の名人、愛好家などが紙を通じた芸術的な対話を来場者に披露し、新鮮な体験をもたらしている。(成都=新華社配信/張艶)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像