検索結果 118 件中 1 件 〜 50 件 "物流倉庫"
  1. 2020073001379

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: An employee of the Würth Group drives a forklift truck in a transshipment warehouse. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  2. 2020073001254

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: An employee of the Würth Group places a carton on a treadmill in a handling warehouse. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  3. 2020073001159

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: An employee of the Würth Group drives a forklift truck in a transshipment warehouse. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  4. 2020073001535

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: An employee of the Würth Group drives a forklift truck in a transshipment warehouse. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020073001385

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: A truck stands in front of a transshipment warehouse of the Würth Group. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020073001360

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: An employee of the Würth Group drives goods into a truck with a forklift in a transshipment warehouse. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  7. 2020073001562

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: Participants of a presentation of an envelope of the Würth Group stand in front of the warehouse during a speech. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  8. 2020072702428

    京東物流、常熟市で無人配送プロジェクト実施へ江蘇省  16日、京東の無人配送車。中国ネット通販大手の京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の無人配送研究院プロジェクトがこのほど、江蘇省常熟市の常熟国家大学科技園で締結された。同市政府が18日明らかにした。同プロジェクトでは、スマート物流倉庫システムの構築を進め、京東完全自動化物流センターや京東小型無人機(ドローン)、京東無人配送車など現在注目を浴びる一連の最先端スマート物流ソリューションの自主開発に取り組む。(常熟=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。 「新華社」

  9. 2020072702393

    京東物流、常熟市で無人配送プロジェクト実施へ江蘇省  16日、京東物流無人配送研究所プロジェクトの調印式。中国ネット通販大手の京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の無人配送研究院プロジェクトがこのほど、江蘇省常熟市の常熟国家大学科技園で締結された。同市政府が18日明らかにした。同プロジェクトでは、スマート物流倉庫システムの構築を進め、京東完全自動化物流センターや京東小型無人機(ドローン)、京東無人配送車など現在注目を浴びる一連の最先端スマート物流ソリューションの自主開発に取り組む。(常熟=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020042709227

    蘇州工業パーク初の国際貨物チャーター便、ドイツへ  19日、蘇州工業パークにある企業の物流倉庫。中国江蘇省蘇州工業パーク初の国際貨物チャーター便が20日、64立方メートルの貨物を載せ、上海浦東国際空港からドイツへ向かった。これらの貨物は蘇州の企業2社からのもので、主にエレベーターのコントロールキャビネットなどの電気機械製品が含まれている。ドイツ到着後、トラックで欧州の他の国や地域に運ばれる。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020042709479

    江蘇省、第1四半期の対日貿易額は11・8%減全体的には回復の兆し  3日、物流倉庫を巡回検査する職員。中国江蘇省の南京税関は21日、同省の今年第1四半期(1~3月)の貿易額が前年同期比9・5%減の9008億4千万元(1元=約15円)となり、1~2月から減少幅が縮小したことを明らかにした。輸出は14・9%減の5259億6千万元、輸入は0・5%減の3748億8千万元で、対日貿易額は11・8%減少した。江蘇省の3月の貿易額は、前月比67・1%増、前年同期比3・5%減の3402億7千万元で、第1四半期の3カ月では減少幅が最も小さかった。輸出は前年同期比8・7%減の2054億1千万元で、前月の2・4倍となった。輸入は前年同期比5・6%増、前月比15・4%増の1348億6千万元で、対外貿易が回復の兆しを見せている。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020031702551

    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市  12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を梱包する従業員ら。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020031702660

    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市  12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を梱包する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020031702661

    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市  12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で従業員の体温を測定するスタッフ(右)。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020031702658

    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市  12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を梱包する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020031702659

    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市  12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を運搬する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020031702656

    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市  12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を運搬する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020031702657

    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市  12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で検温後自分の情報を登録する従業員(左)。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020031702662

    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市  12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を運搬する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020042003816

    中国、センザンコウのうろこ密輸グループ摘発820キロ押収  物流倉庫で押収されたセンザンコウのうろこ。(3月9日撮影)中国税関総署はこのほど、広西チワン族自治区南寧市と安徽省合肥市の税関の密輸取締局が、広西の公安機関と合同でセンザンコウのうろこの密輸グループを摘発したと発表した。容疑者9人を拘束し、現場でうろこ820キロを押収した。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020032302637

    富士通アドバンストエンジニアリングのバラ積み品を仕分けるシステム  富士通アドバンストエンジニアリング(東京都新宿区)は、ゲーム感覚でピッキングロボットを遠隔操作し、自動認識の難しいバラ積み品を仕分けるシステムを開発した。ロボットの視界がタブレット端末に表示され、商品をクリックするとその点をロボットが吸引してピッキングする。1人で3―4台のロボットアームを操作できる。自動システムで対応できなかった商品の処理や画像認識の学習データ集めに提案する。2021年度の製品化を目指す。操作者はタブレットなどに映る商品を指示に従ってクリックする。すると物流倉庫や工場などのロボットがクリック点を狙って吸引用の吸盤を吸い付ける。パレットの隅に残って認識の難しい商品や、発売されたばかりで認識用の学習データが足りていない商品などへの応急対応を想定する。クリック作業は2―3秒で済み、ロボットのピッキングは5秒程度かかる。1人で3―4台を動かせる。クリック対象を選ばせる指示をクイズの「お題」にすることでゲーム化しやすい。日用品の異種混載の状態からお菓子だけを選ばせたり、吸引把持の成否をクレーンゲームのようにしたりするなど、物体認識だけでなく、把持点推定にも人間の知恵を使える。在宅勤務者の利用のほか、入院中の軽作業や高齢者の認知トレーニングなどへの展開も期待できる。=2020(令和2)年2月20日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  22. 2020021302861

    感染対策を万全にして物流業務を再開湖南省長沙市  11日、金霞経済開発区にある国薬控股(シノファームグループ)湖南の物流倉庫で荷物の仕分けをする作業員。中国湖南省長沙市開福区に位置する金霞経済開発区は、物流を基幹産業とする工業パークで、同市の医薬品の物流産業がそこに集まっている。同開発区は新型コロナウイルスによる肺炎に対する企業の感染予防・抑制活動が適切に行われていることを保証すると同時に、企業に営業再開に向けた指導とサービスを提供している。同開発区で特別監督管理サービスを受けた企業とプロジェクトは11日時点で402となり、営業を開始または再開した企業は209社に上った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020021302831

    感染対策を万全にして物流業務を再開湖南省長沙市  11日、金霞経済開発区にある国薬控股(シノファームグループ)湖南の物流倉庫で、フォークリフトで貨物を運ぶ作業員。中国湖南省長沙市開福区に位置する金霞経済開発区は、物流を基幹産業とする工業パークで、同市の医薬品の物流産業がそこに集まっている。同開発区は新型コロナウイルスによる肺炎に対する企業の感染予防・抑制活動が適切に行われていることを保証すると同時に、企業に営業再開に向けた指導とサービスを提供している。同開発区で特別監督管理サービスを受けた企業とプロジェクトは11日時点で402となり、営業を開始または再開した企業は209社に上った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020021302835

    感染対策を万全にして物流業務を再開湖南省長沙市  11日、金霞経済開発区にある国薬控股(シノファームグループ)湖南の物流倉庫でベルトコンベヤーから荷物を下ろす作業員。中国湖南省長沙市開福区に位置する金霞経済開発区は、物流を基幹産業とする工業パークで、同市の医薬品の物流産業がそこに集まっている。同開発区は新型コロナウイルスによる肺炎に対する企業の感染予防・抑制活動が適切に行われていることを保証すると同時に、企業に営業再開に向けた指導とサービスを提供している。同開発区で特別監督管理サービスを受けた企業とプロジェクトは11日時点で402となり、営業を開始または再開した企業は209社に上った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020021004410

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: A spade is stuck in a pile of sand after the official ground-breaking ceremony to open the construction site for an extension of the logistics warehouse of the food retailer Rewe. Photo: Gregor Fischer/dpa/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  26. 2020021004452

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: Alexander Laesicke (non-party, l-r), Mayor of Oranienburg, Jörg Steinbach (SPD), Minister of Economics and Energy Brandenburg, Thorsten Prague, Logistics Manager Rewe East, Uwe Feiler (CDU), Parliamentary State Secretary in the Federal Ministry of Food and Agriculture, and Stefan Hörning, Chairman of the Management Board Rewe Region East, open the construction project for an extension of the food retailer‘s logistics warehouse with a ground-breaking ceremony. The logistics warehouse will be expanded by 20,000 square meters for around 70 million euros. Photo: Gregor Fischer/dpa/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  27. 2020021004454

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: The logo of the food retailer Rewe can be seen at a logistics warehouse behind a pile of sand. The logistics warehouse will be expanded by 20,000 square meters for around 70 million euros. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  28. 2020021400783

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: The Logistics Centre East of the food retailer Rewe can be seen. The logistics warehouse will be expanded by 20,000 square meters for around 70 million euros. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  29. 2020021400886

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: An articulated lorry is parked at a logistics warehouse of the food retailer Rewe. The logistics warehouse in Oranienburg will be expanded by 20,000 square meters for around 70 million euros to create more storage space for fruit and vegetables. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  30. 2020021400626

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: The Logistics Centre East of the food retailer Rewe can be seen. The logistics warehouse in Oranienburg will be expanded by 20,000 square meters for around 70 million euros to create more storage space for fruit and vegetables. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  31. 2020021400557

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: A spade with the inscription “REWE“ is stuck in a pile of sand after the official ground-breaking ceremony for the opening of the construction site for an extension of the logistics warehouse of the food retailer Rewe. The warehouse in Oranienburg will be expanded by 20,000 square meters for around 70 million euros to create more storage space for fruit and vegetables. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2020021004366

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: An articulated lorry is parked at a logistics warehouse of the food retailer Rewe. The logistics warehouse will be expanded by 20,000 square meters for around 70 million euros. Photo: Gregor Fischer/dpa/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2020021004308

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: After the official ground-breaking ceremony at the opening of the construction site for an extension of the logistics warehouse of the food retailer Rewe, one employee stands with one foot on a spade labeled “Rewe Logistikzentrum Oranienburg“. The logistics warehouse will be expanded by 20,000 square meters for around 70 million euros. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  34. 2020021004408

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: Uwe Feiler (CDU, l-r), Parliamentary State Secretary in the Federal Ministry of Food and Agriculture, and Jörg Steinbach (SPD), Minister of Economics and Energy Brandenburg, at the official ground-breaking ceremony for the expansion of the logistics warehouse of the food retailer Rewe. The logistics warehouse will be expanded by 20,000 square meters for around 70 million euros. Photo: Gregor Fischer/dpa/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  35. 2020021400835

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: A spade (“REWE“) is stuck in a pile of sand after the official ground-breaking ceremony for the opening of the construction site for an extension of the logistics warehouse of the food retailer Rewe. The warehouse in Oranienburg will be expanded by 20,000 square meters for around 70 million euros to create more storage space for fruit and vegetables. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  36. 2020021004255

    Ground-breaking ceremony for the new Rewe logistics warehouse 07 February 2020, Brandenburg, Oranienburg: Alexander Laesicke (non-party, l-r), Mayor of Oranienburg, Jörg Steinbach (SPD), Minister of Economics and Energy Brandenburg, Thorsten Prague, Logistics Manager Rewe East, Uwe Feiler (CDU), Parliamentary State Secretary in the Federal Ministry of Food and Agriculture, and Stefan Hörning, Chairman of the Management Board Rewe Region East, open the construction project for an extension of the food retailer‘s logistics warehouse with a ground-breaking ceremony. The logistics warehouse will be expanded by 20,000 square meters for around 70 million euros. Photo: Gregor Fischer/dpa/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  37. 2020021001035

    心は祖国と共に日本の華僑華人団体が届ける心温まる支援の数々  4日、東京から車で1時間ほどの埼玉県草加市にある物流倉庫。この場所は現在、中国湖北省武漢市向けの救援物資の集積地となっている。新型コロナウイルスによる肺炎との戦いが続く中、日本からも引き続き支援の輪が広がっている。全日本華僑華人連合会の賀乃和(が・だいわ)会長は、同会はこれまで寄付金700万円の他、マスク76万5千枚、ゴーグル900個、手袋58万組、粉末消毒薬1トン、防護服1万8千着、非接触体温計6千個などの救援物資を取りまとめたと紹介した。関西地区の華僑・華人が4日までに在大阪中国総領事館に報告した支援物資は、寄付金が総額1100万円以上、マスク150万枚、医療用使い捨て手袋4万組以上、防護服とゴーグルなど9千セット超に上った。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2020(令和2)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020021001031

    心は祖国と共に日本の華僑華人団体が届ける心温まる支援の数々  4日、東京から車で1時間程の埼玉県草加市にある物流倉庫。この場所は現在、中国湖北省武漢市向けの救援物資の集積地となっている。新型コロナウイルスによる肺炎との戦いが続く中、日本からも引き続き支援の輪が広がっている。全日本華僑華人連合会の賀乃和(が・だいわ)会長は、同会はこれまで寄付金700万円の他、マスク76万5千枚、ゴーグル900個、手袋58万組、粉末消毒薬1トン、防護服1万8千着、非接触体温計6千個などの救援物資を取りまとめたと紹介した。関西地区の華僑・華人が4日までに在大阪中国総領事館に報告した支援物資は、寄付金が総額1100万円以上、マスク150万枚、医療用使い捨て手袋4万組以上、防護服とゴーグルなど9千セット超に上った。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2020(令和2)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019111304618

    物流倉庫の自動化加速 撮影に応じる柳井氏  記者会見後、撮影に応じるファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(中央)ら=13日午後、東京都江東区

  40. 2019111304615

    物流倉庫の自動化加速 記者会見する柳井氏  記者会見するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長=13日午後、東京都江東区

  41. 2019111400779

    「ダブル11」越境ECの通関申告数、32・85%増加天津市  12日、アリババ傘下の物流会社、菜鳥網絡の物流倉庫で、宅配便の配送作業を行う従業員。中国天津市の越境総合サービスプラットフォームでは、ネット通販セール「ダブル11」が開催された11日の1日だけで通関申告件数が159万件に達し、昨年同日に比べ32・85%増加した。輸入商品は化粧品、サプリメント、ベビー用品、デジタル製品、トイレタリー、インテリア用品等で、取引額は3億2500万元(1元=約16円)に達した。今年10月までの10カ月間に同市での越境EC(電子商取引)による個人輸入の申告件数は前年同期比79・5%増の2410万5千件に上り、輸入取引額は92・3%増の40億9300万元だった。2019年の同市の越境ECによる輸入件数は3千万件、取引額は60億元をそれぞれ突破する見込み。(天津=新華社配信)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019111306898

    センコーと外食MK、低温物流倉庫を開設  低温物流倉庫の開所式典で握手を交わすセンコーグループホールディングスの福田泰久社長(左)とタイ最大手のレストランチェーン、MKレストラン・グループのリット会長兼最高経営責任者(CEO)=2019(令和元)年10月8日、タイ・サムットプラカン県(NNA=共同) 「NNA」

  43. 2019081200202

    タイ郵船ロジが改修倉庫を披露  郵船ロジスティクスのタイ法人、郵船ロジスティクス(タイランド)が報道陣に公開した、改修を終えた新たな物流倉庫「バンボー・ロジスティクスセンター(BLC)」=2019(令和元)年7月19日、タイ・サムットプラカン県、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  44. 2019072603338

    日本通運が実用化を目指すピッキングソリューションのロボット  日本通運は2019年度中にも、物流倉庫向けの協働型ピッキングソリューションを実用化する。Rapyuta Robotics(東京都中央区、ラピュタロボティクス)のロボット(写真)を使用。ピッキングエリアで、人や物に干渉せず稼働できるラピュタのロボットと作業者による協働を実現し、省人化、自動化による生産性向上を狙う。6月に自社物流倉庫で実証を実施。同一の出荷量で、作業者のみとロボット併用を比較した結果、作業時間を短縮できることを確認した。9月にも別の実証実験に取り組み、実用化を目指していく。ラピュタのロボットは人のピッキング作業を支援する自律移動ロボット(AMR)。作業の進捗(しんちょく)に応じて、複数のロボットを制御管理する技術が核。ロボットが商品棚の通路を移動して、作業者に棚から取り出す荷物を示し、取り出した荷物を搬送していく。このため作業者の移動範囲は狭くなり、負荷低減や時間短縮につながる。=2019(令和元)年7月12日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  45. 2019062625771

    設立から2年余遼寧自貿区が東北部旧工業基地の振興を推進  遼寧自貿区営口片区にある営口総合保税区。(資料写真)中国(遼寧)自由貿易試験区(遼寧自貿区)は2017年4月1日、中国東北部唯一の自由貿易試験区として設立された。それから2年余りにわたり、各手続きプロセスの簡素化、輸出入業務の実施推進、改革案の発表など一連の「創造的」な探索、制度刷新と開放拡大の同時実施を進め、遼寧省の旧工業基地の経済発展に新たな活力を注ぎ込んでいる。今年4月10日、中国東北地域沿岸で唯一の総合保税区となる営口総合保税区が、正式に運営を開始した。同総合保税区内で業務展開する企業に対し、産業の発展、固定資産投資、対外貿易物流、倉庫保管、金融、企業の構造転換と高度化、外商投資、経営幹部・ハイテク人材、事務所施設の9分野で支援を提供する。(営口=新華社配信/中国(遼寧)自由貿易試験区営口片区提供)=撮影日不明、クレジット:中国(遼寧)自由貿易試験区営口片区/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019060607850

    New MTU Maintance logistics center 05 June 2019, Brandenburg, Ludwigsfelde: A storage lift is used to store small parts in MTU Maintance‘s logistics warehouse. The new logistics center of the aircraft engine manufacturer MTU Maintenance offers 5500 square meters of logistics space and 1000 square meters of office space. The company invested 11.5 million euros in the hall. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  47. 2019060607886

    New MTU Maintance logistics center 05 June 2019, Brandenburg, Ludwigsfelde: A PW305A engine is in MTU Maintance‘s logistics warehouse. The new logistics center of the aircraft engine manufacturer MTU Maintenance offers 5500 square meters of logistics space and 1000 square meters of office space. The company invested 11.5 million euros in the hall. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  48. 2019060607907

    New MTU Maintance logistics center 05 June 2019, Brandenburg, Ludwigsfelde: A storage lift is used to store small parts in MTU Maintance‘s logistics warehouse. The new logistics center of the aircraft engine manufacturer MTU Maintenance offers 5500 square meters of logistics space and 1000 square meters of office space. The company invested 11.5 million euros in the hall. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  49. 2019060608017

    New MTU Maintance logistics center 05 June 2019, Brandenburg, Ludwigsfelde: A PW305A engine is in MTU Maintance‘s logistics warehouse. The new logistics center of the aircraft engine manufacturer MTU Maintenance offers 5500 square meters of logistics space and 1000 square meters of office space. The company invested 11.5 million euros in the hall. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  50. 2019062625697

    設立から2年余遼寧自貿区が東北部旧工業基地の振興を推進  遼寧自貿区営口片区にある営口総合保税区内の総合サービスビル。(資料写真)中国(遼寧)自由貿易試験区(遼寧自貿区)は2017年4月1日、中国東北部唯一の自由貿易試験区として設立された。それから2年余りにわたり、各手続きプロセスの簡素化、輸出入業務の実施推進、改革案の発表など一連の「創造的」な探索、制度刷新と開放拡大の同時実施を進め、遼寧省の旧工業基地の経済発展に新たな活力を注ぎ込んでいる。今年4月10日、中国東北地域沿岸で唯一の総合保税区となる営口総合保税区が、正式に運営を開始した。同総合保税区内で業務展開する企業に対し、産業の発展、固定資産投資、対外貿易物流、倉庫保管、金融、企業の構造転換と高度化、外商投資、経営幹部・ハイテク人材、事務所施設の9分野で支援を提供する。(営口=新華社配信/中国(遼寧)自由貿易試験区営口片区提供)=2019(令和元)年5月13日、クレジット:中国(遼寧)自由貿易試験区営口片区/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像