検索結果 2,857 件中 1 件 〜 50 件 "物流"
  1. 2020080303770

    3社のトラックで効率配送 出発するトラック  大手コンビニ3社の共同配送実証実験で、共同物流センターを出発するトラック=3日午後、東京都内

  2. 2020073108238

    ヤマト黒字化、2社も増益  物流大手3社の20年4~6月期連結決算 「12段用」

  3. 2020073108241

    ヤマト黒字化、2社も増益  物流大手3社の20年4~6月期連結決算 「12段用」

  4. 2020073108235

    ヤマト黒字化、2社も増益  物流大手3社の20年4~6月期連結決算

  5. 2020073108232

    ヤマト黒字化、2社も増益  物流大手3社の20年4~6月期連結決算

  6. 2020080303358

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場でトウモロコシを倉庫に入れる従業員。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080303374

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の製品倉庫。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080303416

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、トウモロコシを積んだトラック。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080303438

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場で作業する従業員。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080303521

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080101297

    Former Neckermann logistics centre becomes data hub 30 July 2020, Hessen, Frankfurt/Main: The Neckermann logo stands on the roof of the former logistics centre. The worldwide data traffic is growing rapidly. The colocation provider Interxion wants to develop the Neckermann site into a data hub. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  12. 2020080100942

    Former Neckermann logistics centre becomes data hub 30 July 2020, Hessen, Frankfurt/Main: Two Neckermann logos are attached to the former logistics centre. The worldwide data traffic is growing rapidly. The colocation provider Interxion wants to develop the Neckermann site into a data hub. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  13. 2020080101126

    Former Neckermann logistics centre becomes data hub 30 July 2020, Hessen, Frankfurt/Main: The Neckermann logo stands on the roof of the former logistics centre. The worldwide data traffic is growing rapidly. The colocation provider Interxion wants to develop the Neckermann site into a data hub. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  14. 2020080303141

    アリババのセルフ式荷物発送サービス、ラサでも開始へ  30日、チベット自治区ラサ市のポタラ宮内に設置された「菜鳥裹裹」の集荷用ポスト。中国電子商取引(EC)大手アリババグループの物流子会社、菜鳥網絡は30日、チベット自治区ラサ市に同社の宅配アプリ「菜鳥裹裹」を使ってセルフサービスで荷物を発送できる集荷用ポストを設置した。(ラサ=新華社記者/王艶剛)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020080303526

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場で作業する従業員。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020080101021

    Former Neckermann logistics centre becomes data hub 30 July 2020, Hessen, Frankfurt/Main: The Neckermann logo stands on the roof of the former logistics centre. The worldwide data traffic is growing rapidly. The colocation provider Interxion wants to develop the Neckermann site into a data hub. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  17. 2020080303420

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場で作業する従業員。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020080303491

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020080303454

    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市  7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場でトウモロコシを倉庫に入れる従業員。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020080303452

    アリババのセルフ式荷物発送サービス、ラサでも開始へ  30日、「菜鳥裹裹」の集荷用ポストを体験する市民。中国電子商取引(EC)大手アリババグループの物流子会社、菜鳥網絡は30日、チベット自治区ラサ市に同社の宅配アプリ「菜鳥裹裹」を使ってセルフサービスで荷物を発送できる集荷用ポストを設置した。(ラサ=新華社記者/王艶剛)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020080101100

    DHfK defence chief Roscheck‘s side job at the hangar 29 July 2020, Saxony, Schkeuditz: Bastian Roscheck, player from SC DHfK, is standing in the hangar of the logistics company DHL. Competitive sport demands everything from most people. With Bastian Roscheck from SC DHfK Leipzig it is different. The head of defence goes to work at the airport to compensate. For a few hours a week he will work in the company‘s personnel department in future. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  22. 2020080101063

    DHfK defence chief Roscheck‘s side job at the hangar 29 July 2020, Saxony, Schkeuditz: Bastian Roscheck, player from SC DHfK, is standing on the stairs of a cargo plane of the logistics company DHL. Competitive sport demands everything from most people. With Bastian Roscheck from SC DHfK Leipzig it is different. The head of defence goes to work at the airport to compensate. For a few hours a week he will work in the company‘s personnel department in future. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  23. 2020080100943

    DHfK defence chief Roscheck‘s side job at the hangar 29 July 2020, Saxony, Schkeuditz: Bastian Roscheck, player from SC DHfK, is standing on the stairs of a cargo plane of the logistics company DHL. Competitive sport demands everything from most people. With Bastian Roscheck from SC DHfK Leipzig it is different. The head of defence goes to work at the airport to compensate. For a few hours a week he will work in the company‘s personnel department in future. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  24. 2020080101099

    DHfK defence chief Roscheck‘s side job at the hangar 29 July 2020, Saxony, Schkeuditz: Bastian Roscheck, player from SC DHfK, is standing on the stairs of a cargo plane of the logistics company DHL. Competitive sport demands everything from most people. With Bastian Roscheck from SC DHfK Leipzig it is different. The head of defence goes to work at the airport to compensate. For a few hours a week he will work in the company‘s personnel department in future. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  25. 2020080101124

    DHfK defence chief Roscheck‘s side job at the hangar 29 July 2020, Saxony, Schkeuditz: Bastian Roscheck, player from SC DHfK, is standing in the hangar of the logistics company DHL. Competitive sport demands everything from most people. With Bastian Roscheck from SC DHfK Leipzig it is different. The head of defence goes to work at the airport to compensate. For a few hours a week he will work in the company‘s personnel department in future. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  26. 2020080100997

    DHfK defence chief Roscheck‘s side job at the hangar 29 July 2020, Saxony, Schkeuditz: Ralph Wondrak (l), Chairman of the Management Board of DHL Hub Leipzig, and Bastian Roscheck, player from SC DHfK, are sitting in the cockpit of a cargo plane of the logistics company DHL. Competitive sport demands everything from most people. With Bastian Roscheck from SC DHfK Leipzig it is different. The head of defence goes to work at the airport to compensate. For a few hours a week he will work in the company‘s personnel department in future. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  27. 2020072701083

    石家荘-チェコ・オストラバ間の航空貨物路線が就航  25日、石家荘市の正定国際空港で貨物を積み込む同市とチェコ・オストラバを結ぶ定期貨物路線の第1便。中国河北省石家荘市の正定国際空港で25日、同市とチェコ・オストラバを結ぶ定期貨物路線が就航した。「一帯一路」の物流網がさらに広がった。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020072700853

    石家荘-チェコ・オストラバ間の航空貨物路線が就航  25日、石家荘市の正定国際空港で出発を待つ同市とチェコ・オストラバを結ぶ定期貨物路線の第1便。中国河北省石家荘市の正定国際空港で25日、同市とチェコ・オストラバを結ぶ定期貨物路線が就航した。「一帯一路」の物流網がさらに広がった。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020072701137

    石家荘-チェコ・オストラバ間の航空貨物路線が就航  25日、石家荘市の正定国際空港で貨物を積み込む同市とチェコ・オストラバを結ぶ定期貨物路線の第1便。中国河北省石家荘市の正定国際空港で25日、同市とチェコ・オストラバを結ぶ定期貨物路線が就航した。「一帯一路」の物流網がさらに広がった。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020072701200

    石家荘-チェコ・オストラバ間の航空貨物路線が就航  25日、石家荘市の正定国際空港で貨物を積み込む同市とチェコ・オストラバを結ぶ定期貨物路線の第1便。中国河北省石家荘市の正定国際空港で25日、同市とチェコ・オストラバを結ぶ定期貨物路線が就航した。「一帯一路」の物流網がさらに広がった。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020073001379

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: An employee of the Würth Group drives a forklift truck in a transshipment warehouse. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2020073001254

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: An employee of the Würth Group places a carton on a treadmill in a handling warehouse. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2020073001159

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: An employee of the Würth Group drives a forklift truck in a transshipment warehouse. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  34. 2020073001535

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: An employee of the Würth Group drives a forklift truck in a transshipment warehouse. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  35. 2020073001385

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: A truck stands in front of a transshipment warehouse of the Würth Group. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  36. 2020073001360

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: An employee of the Würth Group drives goods into a truck with a forklift in a transshipment warehouse. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  37. 2020073001562

    Central external warehouse of Würth AG 23 July 2020, Baden-Wuerttemberg, Kupferzell: Participants of a presentation of an envelope of the Würth Group stand in front of the warehouse during a speech. The Würth tool trading group concentrates its external logistics warehouses in Kupferzell not far from its headquarters. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  38. 2020080101734

    経産省が発表したコンビニ3社による共同配送の実証実験  経済産業省は22日、セブン―イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンのコンビニエンスストア3社による共同配送の実証実験を始めると発表した。物流業界の人手不足や環境規制への対応などが深刻化する中で運行トラック削減や在庫共通化の効果などを検証し、各社独自の物流体制からチェーン横断での連携を目指す。8月1日から1週間、各社の物流拠点から佐川急便の共同配送センター「XFRONTIER」(東京都江東区)に集約後、東京都の湾岸エリアにある計40店舗に飲料や菓子、日用雑貨などを配送する。共同化によって車両数で約30%削減、積載率の約20%向上を見込むほか、フードマイレージや二酸化炭素(CO2)削減などの検証も進める。実証は内閣府の「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の一環で実施。連携を通じて地方での配送エリアのカバーや段ボール、パレットなど物流資材の標準化の可能性も探る。参加事業者の担当者は「将来の方向性を議論する場になる」「画期的で意義が大きい」と意気込みを示した。写真は実証のロゴマークと参加するコンビニ3社の責任者(左から)セブン―イレブンジャパン 青山 誠一QC・物流管理本部長、ファミリーマート 岡 徹SCM・品質管理本部長、ローソン 藤井 均商品本部長。=2020(令和2)年7月22日、経済産業省本館、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  39. 2020072905040

    NASA SHUTTLE LAUNCH STS-135: Shuttle‘s Final Launch and the Beginning of a New Era When space shuttle Atlantis launched on July 8, 2011, on the STS-135 mission carrying the Raffaello multipurpose logistics module and delivering supplies and spare parts to the International Space Station, it was the orbiter‘s final flight and the end of an era. Chris Ferguson commanded the mission, and Doug Hurley, commander of SpaceX‘s Crew Dragon Demo-2, was its pilot. Also aboard were Rex Walheim and Sandy Magnus. NASA/UPI Photo via Newscom、クレジット:NASA/UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  40. 2020072700662

    温州市とインドネシア主要港を結ぶ貨物航路が就航  21日、浙江省温州港に停泊するインドネシア航路のコンテナ船。中国の海運物流大手、海豊国際(SITC)の定期コンテナ船「ケープ・マグヌス」が21日、約100TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積み、浙江省温州港の状元嶴(じょうげんおう)港区を出た。これにより、同港の新たな国際物流ルート「温州-インドネシア航路」が就航した。(温州=新華社配信)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020072700474

    温州市とインドネシア主要港を結ぶ貨物航路が就航  21日、浙江省温州港で貨物の積み込み作業が行われるコンテナ船。中国の海運物流大手、海豊国際(SITC)の定期コンテナ船「ケープ・マグヌス」が21日、約100TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積み、浙江省温州港の状元嶴(じょうげんおう)港区を出た。これにより、同港の新たな国際物流ルート「温州-インドネシア航路」が就航した。(温州=新華社配信)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020072700461

    温州市とインドネシア主要港を結ぶ貨物航路が就航  21日、浙江省温州港に停泊するインドネシア航路のコンテナ船。中国の海運物流大手、海豊国際(SITC)の定期コンテナ船「ケープ・マグヌス」が21日、約100TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積み、浙江省温州港の状元嶴(じょうげんおう)港区を出た。これにより、同港の新たな国際物流ルート「温州-インドネシア航路」が就航した。(温州=新華社配信)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020072703302

    特産の「留香瓜」で農家の増収を実現新疆ウイグル自治区  19日、新疆ウイグル自治区カシュガル地区マラルベシ県の電子商取引サービスセンターで、スマートフォンに表示された「留香瓜」のネット販売画面を見せるスタッフ。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区マラルベシ(巴楚)県では真夏を迎え、作付面積約1万ムー(約667ヘクタール)の地元特産マクワウリ「留香瓜」が大量に市場に出回り始めている。上海市ペアリング支援新疆事業前方指揮部マラルベシ分指揮部はここ数年、同県政府と協力して留香瓜のブランド化を進め、農家での栽培の標準化を指導している。電子商取引(EC)プラットフォームや同指揮部が提供する販路をよりどころに「農産品を都市部へ運ぶ」物流システムの「ラストワンマイル」を開通させ、同自治区のウリ農家が作物を自治区外の市場に向けて販売するのを支援し、農家の増収を後押ししている。(マラルベシ=新華社記者/馬鍇)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020072703441

    特産の「留香瓜」で農家の増収を実現新疆ウイグル自治区  19日、梱包された「留香瓜」の箱を数えるマラルベシ県チョンクルチャク郷の農業合作社(協同組合)の責任者。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区マラルベシ(巴楚)県では真夏を迎え、作付面積約1万ムー(約667ヘクタール)の地元特産マクワウリ「留香瓜」が大量に市場に出回り始めている。上海市ペアリング支援新疆事業前方指揮部マラルベシ分指揮部はここ数年、同県政府と協力して留香瓜のブランド化を進め、農家での栽培の標準化を指導している。電子商取引(EC)プラットフォームや同指揮部が提供する販路をよりどころに「農産品を都市部へ運ぶ」物流システムの「ラストワンマイル」を開通させ、同自治区のウリ農家が作物を自治区外の市場に向けて販売するのを支援し、農家の増収を後押ししている。(マラルベシ=新華社記者/馬鍇)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020072703379

    写真で見る雄安新区建設の新たな進展河北省  17日、建設が進む雄安新区ビジネスサービスセンター。中国河北省雄安新区では7月に入り、プロジェクト建設が勢いよく進んでいる。敷地面積約21万7千平方メートルの雄安新区ビジネスサービスセンターは、北京の非首都機能分散を引き受ける都市機能エリアとなり、雄安新区の先行建設部分に高基準の付帯サービスを提供する。6月末時点で、全長約93キロの京雄高速道路(北京市‐雄安新区)河北省区間建設への今年の投資額は54億6600万元(1元=約15円)に達しており、開通後は北京市、天津市への所要時間が60分、河北省石家荘市への所要時間が90分に短縮される。雄安新区の共同溝プロジェクトでは、エネルギー室、総合機能室、電力室、物流通路などが建設される予定で、物流車両が地下を走ることで、地上の渋滞を回避することができるという。(雄安=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020072703497

    写真で見る雄安新区建設の新たな進展河北省  17日、雄安新区K1快速道路(高規格道路)プロジェクトの完成予想図。中国河北省雄安新区では7月に入り、プロジェクト建設が勢いよく進んでいる。敷地面積約21万7千平方メートルの雄安新区ビジネスサービスセンターは、北京の非首都機能分散を引き受ける都市機能エリアとなり、雄安新区の先行建設部分に高基準の付帯サービスを提供する。6月末時点で、全長約93キロの京雄高速道路(北京市‐雄安新区)河北省区間建設への今年の投資額は54億6600万元(1元=約15円)に達しており、開通後は北京市、天津市への所要時間が60分、河北省石家荘市への所要時間が90分に短縮される。雄安新区の共同溝プロジェクトでは、エネルギー室、総合機能室、電力室、物流通路などが建設される予定で、物流車両が地下を走ることで、地上の渋滞を回避することができるという。(雄安=新華社記者/杜一方)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020072703503

    写真で見る雄安新区建設の新たな進展河北省  17日、京雄高速道路河北省区間の建設の進捗状況を説明するプロジェクトの担当者。中国河北省雄安新区では7月に入り、プロジェクト建設が勢いよく進んでいる。敷地面積約21万7千平方メートルの雄安新区ビジネスサービスセンターは、北京の非首都機能分散を引き受ける都市機能エリアとなり、雄安新区の先行建設部分に高基準の付帯サービスを提供する。6月末時点で、全長約93キロの京雄高速道路(北京市‐雄安新区)河北省区間建設への今年の投資額は54億6600万元(1元=約15円)に達しており、開通後は北京市、天津市への所要時間が60分、河北省石家荘市への所要時間が90分に短縮される。雄安新区の共同溝プロジェクトでは、エネルギー室、総合機能室、電力室、物流通路などが建設される予定で、物流車両が地下を走ることで、地上の渋滞を回避することができるという。(雄安=新華社記者/杜一方)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020072703471

    写真で見る雄安新区建設の新たな進展河北省  17日、雄安新区共同溝プロジェクトの模型。中国河北省雄安新区では7月に入り、プロジェクト建設が勢いよく進んでいる。敷地面積約21万7千平方メートルの雄安新区ビジネスサービスセンターは、北京の非首都機能分散を引き受ける都市機能エリアとなり、雄安新区の先行建設部分に高基準の付帯サービスを提供する。6月末時点で、全長約93キロの京雄高速道路(北京市‐雄安新区)河北省区間建設への今年の投資額は54億6600万元(1元=約15円)に達しており、開通後は北京市、天津市への所要時間が60分、河北省石家荘市への所要時間が90分に短縮される。雄安新区の共同溝プロジェクトでは、エネルギー室、総合機能室、電力室、物流通路などが建設される予定で、物流車両が地下を走ることで、地上の渋滞を回避することができるという。(雄安=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020072703486

    写真で見る雄安新区建設の新たな進展河北省  17日、雄安新区K1快速道路(高規格道路)プロジェクトの工事現場。中国河北省雄安新区では7月に入り、プロジェクト建設が勢いよく進んでいる。敷地面積約21万7千平方メートルの雄安新区ビジネスサービスセンターは、北京の非首都機能分散を引き受ける都市機能エリアとなり、雄安新区の先行建設部分に高基準の付帯サービスを提供する。6月末時点で、全長約93キロの京雄高速道路(北京市‐雄安新区)河北省区間建設への今年の投資額は54億6600万元(1元=約15円)に達しており、開通後は北京市、天津市への所要時間が60分、河北省石家荘市への所要時間が90分に短縮される。雄安新区の共同溝プロジェクトでは、エネルギー室、総合機能室、電力室、物流通路などが建設される予定で、物流車両が地下を走ることで、地上の渋滞を回避することができるという。(雄安=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020072703511

    写真で見る雄安新区建設の新たな進展河北省  17日、河北省雄安新区で来年6月末に完成を予定している敷地面積392ヘクタールの容東エリア安置房(立ち退き移住者向け住宅)プロジェクト工事現場。中国河北省雄安新区では7月に入り、プロジェクト建設が勢いよく進んでいる。敷地面積約21万7千平方メートルの雄安新区ビジネスサービスセンターは、北京の非首都機能分散を引き受ける都市機能エリアとなり、雄安新区の先行建設部分に高基準の付帯サービスを提供する。6月末時点で、全長約93キロの京雄高速道路(北京市‐雄安新区)河北省区間建設への今年の投資額は54億6600万元(1元=約15円)に達しており、開通後は北京市、天津市への所要時間が60分、河北省石家荘市への所要時間が90分に短縮される。雄安新区の共同溝プロジェクトでは、エネルギー室、総合機能室、電力室、物流通路などが建設される予定で、物流車両が地下を走ることで、地上の渋滞を回避することができるという。(雄安=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像