検索結果 27 件中 1 件 〜 27 件 "特産品販売"
  1. 2020022503898

    営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、嶺頭村村民の張小暁(ちょう・しょうぎょう)さんが経営する特産品販売所。店の商品は主にスマートフォンで開設した微店で販売されている。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020022503877

    営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、嶺頭村村民の張小暁(ちょう・しょうぎょう)さんが経営する特産品販売所。店の商品は主にスマートフォンで開設した微店で販売されている。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019030400885

    衆院議長、被災地産品PR 宮城の販売会視察の大島氏  宮城県の特産品販売会を視察する大島衆院議長(右)=4日午後、衆院議員会館

  4. 2019030400874

    衆院議長、被災地産品PR 視察する大島衆院議長  岩手県の特産品販売会を視察する大島衆院議長(手前右から2人目)=4日午後、衆院議員会館

  5. 2019011518129

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、家畜小屋で子牛に綿入れの服を着せる烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019011517360

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、自宅で髪を整え、撮影の準備をする烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019011517364

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、生まれたばかりの子羊を抱き上げる烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019011517412

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、撮影機材の調整をする烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019011517421

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、牛のふんを拾う父親を撮影する烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019011518166

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、家畜小屋で子羊を撮影する烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019011518335

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、モンゴル族の特色ある食品を自撮りする烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019011517899

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、自宅でモンゴル族の伝統服「蒙古袍」に着替え、撮影の準備をする烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019011517496

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、家畜小屋で子牛を撮影する烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019011517371

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、自宅近くの風景の撮影準備をする烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019011518161

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、家畜小屋で短編動画を撮影する烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019011518171

    故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、母親が作った「手把肉」(骨付き羊背肉の塩煮)を撮影する烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2017022300849

    地域一押しの特産品販売 テープカットする関係者  地域一押しの特産品を販売するイベントのセレモニーで、テープカットする新潟県三条市の国定勇人市長(右端)や世耕経産相(中央)ら=23日夜、東京都港区

  18. 2016031200149

    特産品販売所、駅弁カフェ オープンした駅弁カフェ  北海道新幹線の新函館北斗駅にオープンした駅弁カフェ=12日午後、北海道北斗市 「新幹線北の大地へ」

  19. 2016031200138

    特産品販売所、駅弁カフェ 駅弁カフェ  北海道新幹線の新函館北斗駅にオープンした駅弁カフェ=12日午前、北海道北斗市 「新幹線北の大地へ」

  20. 2016011200347

    故郷、外から支える 特産品販売の若林隆之さん  東北の特産品を手に笑顔の「みちのく屋」社長若林隆之さん=2015年12月、名古屋市 震災5年連載シリーズ「震災5年の歩み」第6部「あの絆は今」6回続きの(5)

  21. 2013062600771

    宮城の特産品販売 日航の大西会長  宮城県の観光パンフレットを配る日本航空の大西賢会長(左から2人目)=26日、東京・有楽町

  22. 2011101300191

    特産品販売で被災地支援 東北地方の特産品  お歳暮商戦がスタートし、近鉄百貨店阿倍野本店の店頭に並んだ東北地方の特産品=13日午前、大阪市阿倍野区 「セレ508」「東日本大震災」

  23. 2011101300190

    特産品販売で被災地支援 お歳暮商戦の出陣式  お歳暮商戦の「出陣式」で気勢を上げる近鉄百貨店阿倍野本店の従業員=13日午前、大阪市阿倍野区 「セレ507」「東日本大震災」

  24. 2011101300065

    特産品販売で被災地支援 東北地方の特産品  お歳暮商戦がスタートし、近鉄百貨店阿倍野本店の店頭に並んだ東北地方の特産品=13日午前、大阪市阿倍野区

  25. 2011101300062

    特産品販売で被災地支援 お歳暮商戦の出陣式  お歳暮商戦の「出陣式」で気勢を上げる近鉄百貨店阿倍野本店の従業員=13日午前、大阪市阿倍野区

  26. 2011100700291

    銀座で被災地の特産品販売 特産品の販売所  宮城県気仙沼市の特産品を販売するコーナー=7日午後、東京・銀座

  27. 2011100100374

    名産品で被災地支援 特産品販売する女性ら  チャリティーイベントで、地元の特産品を販売する九州7県13百貨店の案内係の女性ら=1日午後、熊本市の鶴屋百貨店 「東日本大震災」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像