検索結果 21 件中 1 件 〜 21 件 "狩猟民族"
  1. 2020060908488

    精巧な模様が魅力独特なエベンキ族の民族衣装内モンゴル自治区  5月31日、根河市オルグヤ・エベンキ族郷民俗文化伝承センターで、完成した民族衣装を見せる狩猟民族衣装制作技術の伝承者、徳珂麗(ダカリ)さん。中国内モンゴル自治区根河市オルグヤ・エベンキ族郷に暮らすトナカイを飼育している唯一の民族、エベンキ族の民族衣装は、独特な風格を持つことで知られる。主に獣皮で作られ、精巧で美しい幾何学模様や波模様、巻雲模様などの柄が施されている。女性用は襟の縁取りがあるものとないものがあり、青や緑の衣装が多く、骨製装身具や真珠などの装飾品が付いているものもある。男性用は襟の仕立てが立ち襟や開襟タイプが多く、控えめな縁取りがあるものとないものがある。(根河=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060908619

    精巧な模様が魅力独特なエベンキ族の民族衣装内モンゴル自治区  5月31日、根河市オルグヤ・エベンキ族郷民俗文化伝承センターで、民族衣装を制作する狩猟民族衣装制作技術の伝承者、徳珂麗(ダカリ)さん。中国内モンゴル自治区根河市オルグヤ・エベンキ族郷に暮らすトナカイを飼育している唯一の民族、エベンキ族の民族衣装は、独特な風格を持つことで知られる。主に獣皮で作られ、精巧で美しい幾何学模様や波模様、巻雲模様などの柄が施されている。女性用は襟の縁取りがあるものとないものがあり、青や緑の衣装が多く、骨製装身具や真珠などの装飾品が付いているものもある。男性用は襟の仕立てが立ち襟や開襟タイプが多く、控えめな縁取りがあるものとないものがある。(根河=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060908105

    精巧な模様が魅力独特なエベンキ族の民族衣装内モンゴル自治区  5月31日、根河市オルグヤ・エベンキ族郷民俗文化伝承センターで、民族衣装を制作する狩猟民族衣装制作技術の伝承者、徳珂麗(ダカリ)さん。中国内モンゴル自治区根河市オルグヤ・エベンキ族郷に暮らすトナカイを飼育している唯一の民族、エベンキ族の民族衣装は、独特な風格を持つことで知られる。主に獣皮で作られ、精巧で美しい幾何学模様や波模様、巻雲模様などの柄が施されている。女性用は襟の縁取りがあるものとないものがあり、青や緑の衣装が多く、骨製装身具や真珠などの装飾品が付いているものもある。男性用は襟の仕立てが立ち襟や開襟タイプが多く、控えめな縁取りがあるものとないものがある。(根河=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060908451

    精巧な模様が魅力独特なエベンキ族の民族衣装内モンゴル自治区  5月31日、根河市オルグヤ・エベンキ族郷民俗文化伝承センターで、民族衣装を制作する狩猟民族衣装制作技術の伝承者、徳珂麗(ダカリ)さん。中国内モンゴル自治区根河市オルグヤ・エベンキ族郷に暮らすトナカイを飼育している唯一の民族、エベンキ族の民族衣装は、独特な風格を持つことで知られる。主に獣皮で作られ、精巧で美しい幾何学模様や波模様、巻雲模様などの柄が施されている。女性用は襟の縁取りがあるものとないものがあり、青や緑の衣装が多く、骨製装身具や真珠などの装飾品が付いているものもある。男性用は襟の仕立てが立ち襟や開襟タイプが多く、控えめな縁取りがあるものとないものがある。(根河=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060908667

    精巧な模様が魅力独特なエベンキ族の民族衣装内モンゴル自治区  5月31日、根河市オルグヤ・エベンキ族郷民俗文化伝承センターで、民族衣装を制作する狩猟民族衣装制作技術の伝承者、徳珂麗(ダカリ)さん。中国内モンゴル自治区根河市オルグヤ・エベンキ族郷に暮らすトナカイを飼育している唯一の民族、エベンキ族の民族衣装は、独特な風格を持つことで知られる。主に獣皮で作られ、精巧で美しい幾何学模様や波模様、巻雲模様などの柄が施されている。女性用は襟の縁取りがあるものとないものがあり、青や緑の衣装が多く、骨製装身具や真珠などの装飾品が付いているものもある。男性用は襟の仕立てが立ち襟や開襟タイプが多く、控えめな縁取りがあるものとないものがある。(根河=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060908091

    精巧な模様が魅力独特なエベンキ族の民族衣装内モンゴル自治区  5月31日、根河市オルグヤ・エベンキ族郷民俗文化伝承センターで、民族衣装の半製品を見せる狩猟民族衣装制作技術の伝承者、徳珂麗(ダカリ)さん。中国内モンゴル自治区根河市オルグヤ・エベンキ族郷に暮らすトナカイを飼育している唯一の民族、エベンキ族の民族衣装は、独特な風格を持つことで知られる。主に獣皮で作られ、精巧で美しい幾何学模様や波模様、巻雲模様などの柄が施されている。女性用は襟の縁取りがあるものとないものがあり、青や緑の衣装が多く、骨製装身具や真珠などの装飾品が付いているものもある。男性用は襟の仕立てが立ち襟や開襟タイプが多く、控えめな縁取りがあるものとないものがある。(根河=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060908096

    精巧な模様が魅力独特なエベンキ族の民族衣装内モンゴル自治区  5月31日、根河市オルグヤ・エベンキ族郷民俗文化伝承センターで、完成した民族衣装を見せる狩猟民族衣装制作技術の伝承者、徳珂麗(ダカリ)さん。中国内モンゴル自治区根河市オルグヤ・エベンキ族郷に暮らすトナカイを飼育している唯一の民族、エベンキ族の民族衣装は、独特な風格を持つことで知られる。主に獣皮で作られ、精巧で美しい幾何学模様や波模様、巻雲模様などの柄が施されている。女性用は襟の縁取りがあるものとないものがあり、青や緑の衣装が多く、骨製装身具や真珠などの装飾品が付いているものもある。男性用は襟の仕立てが立ち襟や開襟タイプが多く、控えめな縁取りがあるものとないものがある。(根河=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060402122

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060402150

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品加工用の糸を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060402165

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060402092

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060402152

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060402164

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060402172

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060402081

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060402160

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060402179

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、オロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さんが制作した作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060402170

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020060402134

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 1994080200029

    都市住民になった狩猟民族 自立目指すイヌイット  (1)伝統的な狩猟生活が忘れられず時々アザラシ狩りに出るイヌイットの親子=バフィン島イカルウィット 海外 78654 国際通年企画「変わる国 変わる人」(18)「カナダ」

  21. 1994080200033

    都市住民になった狩猟民族 自立目指すイヌイット  (2)カナダ政府が毎月1回開く催し物に参加したイヌイットの老婦人と子供=バフィン島イカルウィット 海外 78655 国際通年企画「変わる国変わる人」(18)「カナダ」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像