検索結果 50 件中 1 件 〜 50 件 "現在日本"
  1. 2020062804782

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062804873

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、茶の表面にできた泡に文字を書く茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062804923

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020062804918

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の曲橋。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062804937

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020062804946

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020062804796

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶を入れる際に必要な道具を紹介する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020062804874

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020062804781

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020062804783

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、杭州市余杭区径山鎮に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020062804876

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062804916

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、自身の茶園を紹介する周方林(しゅう・ほうりん)さん。周さんは省級無形文化遺産に指定されている径山茶の釜炒り技術の伝承者。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062804925

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062804948

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020031202169

    ガーゼマスクの生産開始をした興和  興和は、国からのマスク増産要請に対応し、ガーゼマスクの生産を開始する。ミャンマーの生産協力工場を活用し、3月中に1500万枚規模の生産を目指す。生産したガーゼマスクは国が買い取る予定。従来、同社は不織布マスク「三次元マスク」シリーズを製造・販売しているが、原材料の不足から製造が追いついていないという。マスク不足解消に貢献したい考えだ。繊維関連の製品を作っていたミャンマーの工場で、15枚のガーゼを重ねたガーゼマスクを生産する。国内で起きているマスクの不足を、ガーゼマスクの生産で補う。4月には5000万枚規模での生産を目指す。同社は「三次元マスク」シリーズについても、新たに生産・包装設備の設備投資を実施している。生産能力を月2700万枚にする計画だ。まずは月産1200万枚の生産体制を整え、3月末に供給したいとしている。早川卓宏常務執行役員は「当社は繊維事業の経験があるため、ガーゼが入手しやすい。またガーゼマスクは洗って何度も使える。ぜひ活用してほしい」と話している。現在、日本で流通しているマスクはほとんど不織布製。各社で原材料不足が起こりつつある。写真は生産開始するガーゼマスクを装着して見せる早川常務執行役員。=2020(令和2)年3月4日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  16. 2019070304627

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  中国から日本に贈呈されたトキ「友友」(ヨウヨウ)と「洋洋」(ヤンヤン)。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/李仁義)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2018110210118

    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化  10月29日、建盞愛好家が現代の制作者による鷓鴣斑(しゃこはん)建盞を宋代の鷓鴣斑建盞のかけらと一緒に写真に収めている。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2018110210085

    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化  10月29日、福建省南平市建陽区の「開河窯」建盞展示ホールで展示されている鉄銹斑(てっしゅうはん)の建盞作品。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2018110210105

    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化  10月29日、福建省南平市建陽区にある建盞作品が並ぶ通りを見学する観光客。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2018110210090

    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化  10月29日、建盞の素地に釉を掛ける無形文化遺産伝承者の李細妹(り・さいまい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018110209970

    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化  10月29日、福建省南平市建陽区の「開河窯」建盞展示ホールに並ぶ建盞作品。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2018110210121

    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化  10月29日、茶碗の底に「供御」と記された宋代の磁器を見せる建盞制作者の周建平(しゅう・けんぺい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018110209942

    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化  10月29日、宋代の金兎毫(とごう)建盞(左)と銀兎毫建盞のかけらを見せる建盞制作者の周建平(しゅう・けんぺい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018110209954

    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化  10月29日、自身が制作した彩金曜焔油滴の茶碗を見せる建盞伝統技術職人の王革(おう・かく)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018110210066

    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化  10月29日、自身が焼成した鷓鴣斑(しゃこはん)文様の建盞を見せる無形文化遺産伝承者の李細妹(り・さいまい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019071005916

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  陝西省漢中市洋県で昨年5月の「第1回トキ国際フォーラム」で開かれた中日韓トキ保有地地方政府対話会。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/トキ文化展組織委員会提供)=2018(平成30)年5月23日、クレジット:トキ文化展組織委員会/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018022000280

    男子の日本は3勝4敗  カーリング 男子1次リーグ勝敗表(20日現在)日本―カナダ終了時点 「平昌五輪」

  28. 2018022000279

    男子の日本は3勝4敗  カーリング 男子1次リーグ勝敗表(20日現在)日本―カナダ終了時点 「平昌五輪」

  29. 2018021900334

    女子の日本は2敗目  カーリング 女子1次リーグ勝敗表(19日現在) 日本―カナダ終了時点 「平昌五輪」

  30. 2018021900332

    女子の日本は2敗目  カーリング 女子1次リーグ勝敗表(19日現在) 日本―カナダ終了時点 「平昌五輪」

  31. 2018021800116

    男子の日本は3勝2敗  カーリング 男子1次リーグ勝敗表(18日現在)日本―米国終了時点 「平昌五輪」

  32. 2018021800115

    男子の日本は3勝2敗  カーリング 男子1次リーグ勝敗表(18日現在)日本―米国終了時点 「平昌五輪」

  33. 2018021700306

    女子の日本は初黒星  カーリング 女子1次リーグ勝敗表(17日現在) 日本―中国終了時点 「平昌五輪」

  34. 2018021700305

    女子の日本は初黒星  カーリング 女子1次リーグ勝敗表(17日現在) 日本―中国終了時点 「平昌五輪」

  35. 2018021500421

    LS北見は開幕2連勝  カーリング 女子1次リーグ勝敗表(15日現在)日本―デンマーク終了時点 「平昌五輪」

  36. 2018021500419

    LS北見は開幕2連勝  カーリング 女子1次リーグ勝敗表(15日現在)日本―デンマーク終了時点 「平昌五輪」

  37. 2019070304671

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  夜に枝の上で羽を休めるトキ。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/張躍明)=2017(平成29)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019070304692

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  空を飛ぶトキの群れ。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/張躍明)=2017(平成29)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019070304658

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  空を飛ぶトキ。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/張躍明)=2017(平成29)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019070304656

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  菜の花畑の上空を飛ぶトキ。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/張躍明)=2016(平成28)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2015042200215

    カニの珍種67年ぶり捕獲  熊野灘で1度に7匹   和歌山県東牟婁郡太地町沖の熊野灘で、1911(明治44)年以来67年ぶりに獲れたカニの珍種「コフキエゾイバラガニ」。甲長、甲幅とも8センチから5センチぐらい。タラバガニの仲間だが、1976(昭和51)年現在、日本にはタイプ標本1個体があるだけという 53年内地 2169

  42. 2014081800130

    第2の祖国求めて 日本のベトナム難民  子どもたちに笑顔が  8カ月の生活にも慣れ、笑顔が戻った子どもたち−現在日本には283人の“ベトナム難民”がいる。わが国は基本的には亡命を認めていないため、永住は認められず、宗教団体の施設に“一時滞留”を続けている。その一つ神奈川県藤沢市の聖園(みその)修道院には、昨年夏以降計62人が生活している=神奈川県藤沢市の聖園子供の家(52年内地 3228)(写真ニュース「第2の祖国求めて 日本のベトナム難民」5枚組の2) 資料 90849

  43. 2014021201181

    五輪国別メダル表  国別メダル表コンパクト版(22時40分現在) 「ソチ五輪第6日」

  44. 2012030800206

    旧20円金貨が100万円  金相場高騰で急上昇   1968(昭和43)年3月15日、金相場の高騰でコインの価格も急上昇、「時価100万円」と報道されたのは明治3年銘の入った旧20円金貨。明治政府が初めて発行した純度90パーセントの金貨は希少価値からコインマニア垂ぜんの的。金相場もさらに上昇した現在、日本貨幣カタログには極美品で「500万円」とある。 「レトロ写真―あのころ」

  45. 2011122600218

    ビルの谷間に汽車ポッポ    ビルの谷間に“SL出現”-といっても模型蒸気機関車のお話。東京・副都心の現在日本一の高さを誇る新宿住友ビルの広場。同ビル商店会「フォンターナ」が「フェスト・フォンターナ(開業祭り)」の一環として開設した「SL広場」。車体は全長150センチと小粒だが、総延長250メートルのコースを大人6人乗せて、2分足らずで一回りする=1974(昭和49)年6月21日、東京・新宿 49年内地 3737

  46. 2019071006047

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  生存していた野生のトキを発見し、保護スタッフが立ち上げた秦嶺1号臨時保護ステーション。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/トキ文化展組織委員会提供)=2009(平成21)年6月12日、クレジット:トキ文化展組織委員会/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 1997042000063

    車いすダンス競技会 ダンスを楽しむ競技者  「ニューコメット杯争奪車椅子ダンス競技会」が20日、都内で開催された。18組がそれぞれラテン、モダンに出場し練習の成果を披露した。日本車椅子ダンス研究会によると、「車いすダンス」そのものは社交ダンスの盛んなヨーロッパで13世紀ごろに生まれ、現在、日本国内ではおよそ300人が楽しんでいるという  

  48. 2018101818076

    漁港で遊ぶ子どもたち   「じゃんけんぽん!」「あいこでしょ!」―。元気な子どもたちの声が、画面から聞こえてきそうだ。たこつぼが積み上げられ、木造船が浮かび、冬の日差しが輝いている。漁港は子どもたちの格好の遊び場だった。テレビゲームに熱中する現代の子どもたちの世界とは隔世の感があるが。 高齢化の進む現在、日本の農山村から、このような子どもたちの姿が消えて久しいのかもしれない。=1957(昭和32)年12月27日、岡山県倉敷市下津井 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」「昭和の岡山シリーズ」

  49. 2018110602565

    Boat sailing away from the shoreline Boat sailing away from the shoreline, Mount Fuji in background. c1900-1920. Shokoku Yamamoto (1870-1965) Japanese artist.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

  50. 2019080210992

    Hiroshige - 53 Stations of the Tokaido - Print 42 42 Miya - Two gangs of men and horse dragging a festival car (not shown) past the entrance to Miya Temple on a f괥 day. The name Miya literally means "shrine", and is a shortened word denoting the Atsuta Shrine. It is one of the most important shrines in the country because it holds one of the three divine symbols of the Japanese imperial throne. Now Nagoya City has grown around the shrine to become the third largest metropolis in Japan. Utagawa Hiroshige (1797 - 1858). The Fifty-Three Stations of the Tokaido - Hoeido edition (1831-4) Date: 1831 - 1834、クレジット:Mary Evans Picture Library/ROBERT GILLMOR/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。 「Mary Evans」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像