検索結果 168 件中 1 件 〜 50 件 "現地政府"
  1. 2020051402252

    パキスタン、再び蝗害に見舞われる  9日、パキスタン・パンジャブ州チャクワルに飛来した大量のサバクトビバッタ。パキスタンメディアによると、同国パンジャブ州とシンド州の一部地域で最近、サバクトビバッタの大量発生による蝗害(こうがい)が再び起こり、現地政府が応急的な駆除活動を行った。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051402255

    パキスタン、再び蝗害に見舞われる  9日、パキスタン・パンジャブ州チャクワルに飛来した大量のサバクトビバッタ。パキスタンメディアによると、同国パンジャブ州とシンド州の一部地域で最近、サバクトビバッタの大量発生による蝗害(こうがい)が再び起こり、現地政府が応急的な駆除活動を行った。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051402260

    パキスタン、再び蝗害に見舞われる  9日、パキスタン・パンジャブ州チャクワルで、殺虫剤をかけられて死んだサバクトビバッタ。パキスタンメディアによると、同国パンジャブ州とシンド州の一部地域で最近、サバクトビバッタの大量発生による蝗害(こうがい)が再び起こり、現地政府が応急的な駆除活動を行った。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051402253

    パキスタン、再び蝗害に見舞われる  9日、パキスタン・パンジャブ州チャクワルで、飛来した大量のサバクトビバッタを撮影する現地の記者。パキスタンメディアによると、同国パンジャブ州とシンド州の一部地域で最近、サバクトビバッタの大量発生による蝗害(こうがい)が再び起こり、現地政府が応急的な駆除活動を行った。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051402254

    パキスタン、再び蝗害に見舞われる  9日、パキスタン・パンジャブ州チャクワルで、飛来した大量のサバクトビバッタを撮影する村の人。パキスタンメディアによると、同国パンジャブ州とシンド州の一部地域で最近、サバクトビバッタの大量発生による蝗害(こうがい)が再び起こり、現地政府が応急的な駆除活動を行った。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051402257

    パキスタン、再び蝗害に見舞われる  9日、パキスタン・パンジャブ州チャクワルで、殺虫剤をかけられて死んだサバクトビバッタ。パキスタンメディアによると、同国パンジャブ州とシンド州の一部地域で最近、サバクトビバッタの大量発生による蝗害(こうがい)が再び起こり、現地政府が応急的な駆除活動を行った。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051402258

    パキスタン、再び蝗害に見舞われる  9日、パキスタン・パンジャブ州チャクワルで、殺虫剤をかけられて死んだサバクトビバッタ。パキスタンメディアによると、同国パンジャブ州とシンド州の一部地域で最近、サバクトビバッタの大量発生による蝗害(こうがい)が再び起こり、現地政府が応急的な駆除活動を行った。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051402259

    パキスタン、再び蝗害に見舞われる  9日、パキスタン・パンジャブ州チャクワルで、殺虫剤をまく作業員。パキスタンメディアによると、同国パンジャブ州とシンド州の一部地域で最近、サバクトビバッタの大量発生による蝗害(こうがい)が再び起こり、現地政府が応急的な駆除活動を行った。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020041403455

    「90後」の女性機長、空中パトロールで森林守る山西省  6日、黎城県西井村のヘリコプター臨時離着陸場で、任務終了後に軍・民の航空管制機関に着陸状況を報告する白玥さん。「90後」と呼ばれる1990年代生まれの白玥(はく・げつ)さんは、航空事業を営む中国山西省長治市の山西金笠通用航空で機長を務めている。このところ各地で森林火災のリスクが高まっていることから、白さんの会社は現地政府と協力し、ヘリコプターによる上空からの監視パトロールを行うことで、森林・草原資源の安全確保に努めている。(黎城=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020041403471

    「90後」の女性機長、空中パトロールで森林守る山西省  6日、飛行任務の開始前に、軍・民の航空管制機関に飛行空域の申請をする白玥さん。「90後」と呼ばれる1990年代生まれの白玥(はく・げつ)さんは、航空事業を営む中国山西省長治市の山西金笠通用航空で機長を務めている。このところ各地で森林火災のリスクが高まっていることから、白さんの会社は現地政府と協力し、ヘリコプターによる上空からの監視パトロールを行うことで、森林・草原資源の安全確保に努めている。(黎城=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020041403570

    「90後」の女性機長、空中パトロールで森林守る山西省  6日、ヘリコプターで黎城(れいじょう)県の上空をパトロール飛行する白玥さん。「90後」と呼ばれる1990年代生まれの白玥(はく・げつ)さんは、航空事業を営む中国山西省長治市の山西金笠通用航空で機長を務めている。このところ各地で森林火災のリスクが高まっていることから、白さんの会社は現地政府と協力し、ヘリコプターによる上空からの監視パトロールを行うことで、森林・草原資源の安全確保に努めている。(黎城=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020041403571

    「90後」の女性機長、空中パトロールで森林守る山西省  6日、黎城県西井村のヘリコプター臨時離着陸場で、検査リストに基づいて機体の各部をチェックする白玥さん。「90後」と呼ばれる1990年代生まれの白玥(はく・げつ)さんは、航空事業を営む中国山西省長治市の山西金笠通用航空で機長を務めている。このところ各地で森林火災のリスクが高まっていることから、白さんの会社は現地政府と協力し、ヘリコプターによる上空からの監視パトロールを行うことで、森林・草原資源の安全確保に努めている。(黎城=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020041403595

    「90後」の女性機長、空中パトロールで森林守る山西省  6日、黎城県西井村のヘリコプター臨時離着陸場で、飛行計画を確認する白玥さん。「90後」と呼ばれる1990年代生まれの白玥(はく・げつ)さんは、航空事業を営む中国山西省長治市の山西金笠通用航空で機長を務めている。このところ各地で森林火災のリスクが高まっていることから、白さんの会社は現地政府と協力し、ヘリコプターによる上空からの監視パトロールを行うことで、森林・草原資源の安全確保に努めている。(黎城=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020041403608

    「90後」の女性機長、空中パトロールで森林守る山西省  6日、黎城県西井村のヘリコプター臨時離着陸場で、検査リストに基づいて機体の各部をチェックする白玥さん。「90後」と呼ばれる1990年代生まれの白玥(はく・げつ)さんは、航空事業を営む中国山西省長治市の山西金笠通用航空で機長を務めている。このところ各地で森林火災のリスクが高まっていることから、白さんの会社は現地政府と協力し、ヘリコプターによる上空からの監視パトロールを行うことで、森林・草原資源の安全確保に努めている。(黎城=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020041403467

    「90後」の女性機長、空中パトロールで森林守る山西省  6日、ヘリコプターで黎城(れいじょう)県の上空をパトロール飛行する白玥さん。「90後」と呼ばれる1990年代生まれの白玥(はく・げつ)さんは、航空事業を営む中国山西省長治市の山西金笠通用航空で機長を務めている。このところ各地で森林火災のリスクが高まっていることから、白さんの会社は現地政府と協力し、ヘリコプターによる上空からの監視パトロールを行うことで、森林・草原資源の安全確保に努めている。(黎城=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020041403554

    「90後」の女性機長、空中パトロールで森林守る山西省  6日、黎城県西井村のヘリコプター臨時離着陸場で、検査リストに基づいて機体の各部をチェックする白玥さん。「90後」と呼ばれる1990年代生まれの白玥(はく・げつ)さんは、航空事業を営む中国山西省長治市の山西金笠通用航空で機長を務めている。このところ各地で森林火災のリスクが高まっていることから、白さんの会社は現地政府と協力し、ヘリコプターによる上空からの監視パトロールを行うことで、森林・草原資源の安全確保に努めている。(黎城=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020021700471

    四川省の日本企業、続々と営業再開  成都市高新区の出光電子材料が建設したOLED(有機EL)発光材料製造工場。(資料写真)中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  18. 2020021700366

    四川省の日本企業、続々と営業再開  8日午前、成都のイトーヨーカ堂店舗に入る前に列に並び、体温測定を受ける成都市民。中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020021700435

    四川省の日本企業、続々と営業再開  8日、成都にあるイトーヨーカ堂の店舗に並ぶ商品。中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020021700374

    四川省の日本企業、続々と営業再開  8日、成都イトーヨーカ堂のある店舗で商品を整理するスタッフ。中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020021700522

    四川省の日本企業、続々と営業再開  8日、成都にあるイトーヨーカ堂の店舗のレジに並び精算する消費者。中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020021700355

    四川省の日本企業、続々と営業再開  8日、成都にあるイトーヨーカ堂の店舗の外でスクーターの消毒をする配達員。中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020010602620

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  山の中でたたずむアカゲザルの子ども。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山の中のサルたちとコミュニケーションを取り、サルたちから愛されている人がいる。サルの世話をするようになって8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。かつて延々と続く山はアカゲザルの楽園だったが、人類の活動が増すにつれ、アカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルは28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020010602629

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  アカゲザルに落花生をやる石志安さん。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020010602587

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  西遊村の山で暮らすアカゲザルの子ども。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020010602536

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  西遊村の山の中で暮らすアカゲザル。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020010602542

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  アカゲザルに落花生をやる石志安さん。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020010602559

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  エサを食べるアカゲザル。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020010602566

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  アカゲザルと戯れる石志安さん。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020010602387

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  記者にアカゲザルの名前を教える石志安さん。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020010602400

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  アカゲザルに落花生をやる石志安さん。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020010602621

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  アカゲザルに落花生をやる石志安さん。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020010602627

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  アカゲザルと戯れる村の人。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020010602630

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  山の中でたたずむアカゲザルの子ども。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020010602606

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  アカゲザルに落花生をやる石志安さん。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020010602539

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  西遊村の山の中で暮らすアカゲザル。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020010602611

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  木の上にたたずむアカゲザル。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山に暮らすサルたちから好かれている人がいる。サルの世話をして8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。延々と続く山はかつてアカゲザルの楽園だった。しかし、山を訪れる人が増えるにつれてアカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルの数は28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020010602612

    よみがえった「サルの楽園」湖南省西遊村を訪ねて  山の中でたたずむアカゲザルの子ども。(2019年12月26日撮影)中国の武陵山脈の奥地にある湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州保靖県呂洞山鎮の西遊村には、山の中のサルたちとコミュニケーションを取り、サルたちから愛されている人がいる。サルの世話をするようになって8、9年になる68歳の石志安(せき・しあん)さんだ。かつて延々と続く山はアカゲザルの楽園だったが、人類の活動が増すにつれ、アカゲザルの姿は徐々に見られなくなっていった。今では、現地政府の努力と石さんの細やかな世話により、アカゲザルは28匹から約200匹まで増えている。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019112900779

    フェローテックHDの中国・杭州市新工場開業式典  フェローテックホールディングス(HD)は2020年1―3月をめどに、中国・杭州市の新工場で8インチウエハーの量産を始める。月産10万枚程度を予定する。その後、需要動向を見極めながら増産する。12インチウエハーについても20年下期以降の量産を目指す。パワー半導体や車載向けセンサーなどの中国市場の拡大や、半導体製造の国産化を進める中国の需要増に対応する。中国現地法人の杭州中欣晶圓半導体股份有限公司(杭州市)が新工場を建設した。同工場の生産能力は8インチウエハーで月産35万枚。同3万枚の12インチウエハー向け試作ラインを兼ね備える。同社が12インチウエハーのラインを設けるのは初めて。同社はすでに上海工場(上海市)で8インチシリコンウエハーを同10万枚を量産している。中国のウエハー工場は杭州市の新工場で2カ所目となる。新工場は22日に開業式(写真)を開いた。式典には現地政府関係者も含め約450人が参加した。中国事業を統括する賀賢漢フェローテックHD副社長は「米中貿易摩擦の影響もあり、特にハイテク分野の国産化が進む。当社も供給を拡大して中国市場の拡大に貢献していく」と語った。=2019(令和元)年11月22日、中国杭州市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  40. 2019101605241

    江西省各地で干ばつ被害水不足深刻に  12日、江西省鷹潭(ようたん)市余江区平定郷洪万村にある干ばつで干上がった古山塘ダムの底。中国江西省の7月下旬から10月初旬までの平均降水量は96ミリで、多年平均値より約7割少なかった。雨の少ない日が続いたため、同省の主要な河川の水位は下がり、各地で干害が発生した。現地政府はさまざまな干ばつ対策を講じることで、住民の生活や工業生産および耕地の灌漑に必要な水を確保している。(鷹潭=新華社記者/万象)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019101604901

    江西省各地で干ばつ被害水不足深刻に  12日、江西省鷹潭(ようたん)市余江区平定郷洪万村で、列に並んで水をくむ村民たち。中国江西省の7月下旬から10月初旬までの平均降水量は96ミリで、多年平均値より約7割少なかった。雨の少ない日が続いたため、同省の主要な河川の水位は下がり、各地で干害が発生した。現地政府はさまざまな干ばつ対策を講じることで、住民の生活や工業生産および耕地の灌漑に必要な水を確保している。(鷹潭=新華社記者/万象)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019101605256

    江西省各地で干ばつ被害水不足深刻に  12日、江西省鷹潭(ようたん)市余江区平定郷洪万村にある干ばつで干上がった古山塘ダムの底。中国江西省の7月下旬から10月初旬までの平均降水量は96ミリで、多年平均値より約7割少なかった。雨の少ない日が続いたため、同省の主要な河川の水位は下がり、各地で干害が発生した。現地政府はさまざまな干ばつ対策を講じることで、住民の生活や工業生産および耕地の灌漑に必要な水を確保している。(鷹潭=新華社記者/万象)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019101605309

    江西省各地で干ばつ被害水不足深刻に  12日、江西省鷹潭(ようたん)市余江区平定郷洪万村で、列に並んで水をくむ村民。中国江西省の7月下旬から10月初旬までの平均降水量は96ミリで、多年平均値より約7割少なかった。雨の少ない日が続いたため、同省の主要な河川の水位は下がり、各地で干害が発生した。現地政府はさまざまな干ばつ対策を講じることで、住民の生活や工業生産および耕地の灌漑に必要な水を確保している。(鷹潭=新華社記者/万象)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019101605321

    江西省各地で干ばつ被害水不足深刻に  12日、江西省鷹潭(ようたん)市余江区平定郷洪万村で、列に並んで水をくむ村民たち。中国江西省の7月下旬から10月初旬までの平均降水量は96ミリで、多年平均値より約7割少なかった。雨の少ない日が続いたため、同省の主要な河川の水位は下がり、各地で干害が発生した。現地政府はさまざまな干ばつ対策を講じることで、住民の生活や工業生産および耕地の灌漑に必要な水を確保している。(鷹潭=新華社記者/万象)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019101605320

    江西省各地で干ばつ被害水不足深刻に  12日、江西省鷹潭(ようたん)市余江区平定郷洪万村にある干ばつで干上がった古山塘ダム中国江西省の7月下旬から10月初旬までの平均降水量は96ミリで、多年平均値より約7割少なかった。雨の少ない日が続いたため、同省の主要な河川の水位は下がり、各地で干害が発生した。現地政府はさまざまな干ばつ対策を講じることで、住民の生活や工業生産および耕地の灌漑に必要な水を確保している。(鷹潭=新華社記者/万象)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019101605277

    江西省各地で干ばつ被害水不足深刻に  12日、江西省鷹潭(ようたん)市余江区平定郷洪万村で、列に並んで水をくむ村民たち。中国江西省の7月下旬から10月初旬までの平均降水量は96ミリで、多年平均値より約7割少なかった。雨の少ない日が続いたため、同省の主要な河川の水位は下がり、各地で干害が発生した。現地政府はさまざまな干ばつ対策を講じることで、住民の生活や工業生産および耕地の灌漑に必要な水を確保している。(鷹潭=新華社記者/万象)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019101605269

    江西省各地で干ばつ被害水不足深刻に  12日に撮影した江西省鷹潭(ようたん)市余江区平定郷洪万村にある古山塘ダム。干ばつでほとんど干上がってしまった。中国江西省の7月下旬から10月初旬までの平均降水量は96ミリで、多年平均値より約7割少なかった。雨の少ない日が続いたため、同省の主要な河川の水位は下がり、各地で干害が発生した。現地政府はさまざまな干ばつ対策を講じることで、住民の生活や工業生産および耕地の灌漑に必要な水を確保している。(鷹潭=新華社記者/万象)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019102304572

    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、タンカの描き方を学ぶ若い女性。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019102304550

    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、タンカの描き方を学ぶ若い女性。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019102304569

    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、タンカの描き方を学ぶ若い女性。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像