検索結果 178 件中 1 件 〜 50 件 "環境改善"
  1. 2019120903040

    勤務医の環境改善に報酬増  「診療報酬」の2020年4月改定に向けた基本方針が了承された社会保障審議会の部会=9日午後、東京都内

  2. 2019120902937

    勤務医の環境改善に報酬増  診療報酬改定の流れ

  3. 2019120902936

    勤務医の環境改善に報酬増  診療報酬改定の流れ

  4. 2019120201828

    「大型サイド」大阪空港の保安検査ミス 人材定着へ環境改善急務  大阪空港の保安検査ミス

  5. 2019120201826

    「大型サイド」大阪空港の保安検査ミス 人材定着へ環境改善急務  大阪空港の保安検査ミス

  6. 2019120201824

    「大型サイド」大阪空港の保安検査ミス 人材定着へ環境改善急務  9月26日、保安検査ミスで混雑する大阪空港南ターミナル

  7. 2019120201823

    「大型サイド」大阪空港の保安検査ミス 人材定着へ環境改善急務  9月26日、保安検査ミスで混雑する大阪空港南ターミナルの出発ロビー

  8. 2019120201822

    「大型サイド」大阪空港の保安検査ミス 人材定着へ環境改善急務  9月26日、保安検査ミスで混雑する大阪空港南ターミナルの出発ロビー

  9. 2019110803524

    タイラギの安定生産に重点  福岡市で開かれた有明海漁場環境改善連絡協議会=8日午後

  10. 2019101604501

    「時の人」 森崎めぐみさん  芸能界の労働環境改善を訴える「日本俳優連合」の国際事業部長の森崎(もりさき)めぐみさん

  11. 2019101400301

    避難所の環境改善に全力  決壊した堤防を視察後、取材に応じる赤羽国交相(中央)=14日午後、宮城県大郷町

  12. 2019091002810

    6日続伸、外部環境改善  日経平均株価の動き

  13. 2019073004452

    写真甲子園開会式(中越高) 【新潟日報へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる中越高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  14. 2019073004167

    写真甲子園開会式 【山陰中央新報社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる出雲北陵高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  15. 2019073004165

    写真甲子園開会式 【琉球新報社、沖縄タイムス社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる沖縄県立浦添工業高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  16. 2019073004163

    写真甲子園開会式 【四国新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる香川県立観音寺第一高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  17. 2019073004116

    写真甲子園開会式 【神戸新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる和歌山県立神島高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  18. 2019073004114

    写真甲子園開会式 【神戸新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる帝塚山学院高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  19. 2019073004092

    写真甲子園開会式 【中日新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる愛知県立小牧南高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  20. 2019073004081

    写真甲子園開会式 【西日本新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる久留米市立久留米商業高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  21. 2019073004042

    写真甲子園開会式 【上毛新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる新島学園高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  22. 2019073004039

    写真甲子園開会式 【四国新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる香川県立坂出高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  23. 2019073004037

    写真甲子園開会式 【河北新報社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる宮城県農業高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  24. 2019073003984

    写真甲子園開会式(生野高) 【神戸新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる大阪府立生野高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  25. 2019073003972

    写真甲子園開会式 【東京新聞へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる明治大学付属中野高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  26. 2019073003959

    写真甲子園開会式 【上毛新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる群馬県立富岡実業高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  27. 2019073003956

    写真甲子園開会式(豊川高) 【中日新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる豊川高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  28. 2019073003853

    写真甲子園開会式 【下野新聞へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる栃木県立足利工業高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  29. 2019073003851

    写真甲子園開会式 【神奈川新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる神奈川県立横浜清陵高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  30. 2019073003849

    写真甲子園開会式 【北日本新聞社へ配信】<2019年07月30日・北海道上川管内東川町>ステージで記念撮影に応じる中越高校の選手たち=、北海道上川管内東川町の農村環境改善センター (北海道新聞社・宮永春希撮影)

  31. 2019061001409

    「新華社」 中日協力、水環境保全の「湖南モデル」を構築  沅江(げんこう)市三眼塘村で新たに設置された汚水処理システム。(資料写真)中国湖南省長沙市でこのほど、中日協力プロジェクト「湖南省洞庭湖流域の農村水環境改善」の成果報告会が開かれた。3年にわたるプロジェクトは多くの成果を生み出し、湖の保全・再生モデルとして世界的にも有名な日本の琵琶湖の経験が湖南省へ効果的に導入された。「湖南モデル」はまもなく都市部から洞庭湖沿岸の農村へと広げられる。(長沙=新華社配信/陳徳輝)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019061001366

    「新華社」 中日協力、水環境保全の「湖南モデル」を構築  湘江南路飲用水源保護区で、河川敷清掃活動に参加した子どもたちに飲用水の水源保護に関する説明をする職員。(資料写真)中国湖南省長沙市でこのほど、中日協力プロジェクト「湖南省洞庭湖流域の農村水環境改善」の成果報告会が開かれた。3年にわたるプロジェクトは多くの成果を生み出し、湖の保全・再生モデルとして世界的にも有名な日本の琵琶湖の経験が湖南省へ効果的に導入された。「湖南モデル」はまもなく都市部から洞庭湖沿岸の農村へと広げられる。(長沙=新華社配信/閔捷)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019061001416

    「新華社」 中日協力、水環境保全の「湖南モデル」を構築  沅江(げんこう)市三眼塘村で村の定期水質検査を行う専門家。(資料写真)中国湖南省長沙市でこのほど、中日協力プロジェクト「湖南省洞庭湖流域の農村水環境改善」の成果報告会が開かれた。3年にわたるプロジェクトは多くの成果を生み出し、湖の保全・再生モデルとして世界的にも有名な日本の琵琶湖の経験が湖南省へ効果的に導入された。「湖南モデル」はまもなく都市部から洞庭湖沿岸の農村へと広げられる。(長沙=新華社配信/陳徳輝)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019061001419

    「新華社」 中日協力、水環境保全の「湖南モデル」を構築  5日、世界環境デーの記念イベントで、実験を通じた水環境保全の科学普及活動を行う湖南師範大学附属博才中学校の生徒。中国湖南省長沙市でこのほど、中日協力プロジェクト「湖南省洞庭湖流域の農村水環境改善」の成果報告会が開かれた。3年にわたるプロジェクトは多くの成果を生み出し、湖の保全・再生モデルとして世界的にも有名な日本の琵琶湖の経験が湖南省へ効果的に導入された。「湖南モデル」はまもなく都市部から洞庭湖沿岸の農村へと広げられる。(長沙=新華社配信/宋揚)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019061001401

    「新華社」 中日協力、水環境保全の「湖南モデル」を構築  5月27日、長沙市望城(ぼうじょう)区光明(こうめい)村で人工湿地の植物の剪定と雑草除去を行うスタッフ。中国湖南省長沙市でこのほど、中日協力プロジェクト「湖南省洞庭湖流域の農村水環境改善」の成果報告会が開かれた。3年にわたるプロジェクトは多くの成果を生み出し、湖の保全・再生モデルとして世界的にも有名な日本の琵琶湖の経験が湖南省へ効果的に導入された。「湖南モデル」はまもなく都市部から洞庭湖沿岸の農村へと広げられる。(長沙=新華社配信/呉向華)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019061001141

    「新華社」 中日協力、水環境保全の「湖南モデル」を構築  湘江(しょうこう)の湘府路大橋の南側で行われた週末河川敷清掃活動に参加した天鴻小学校の児童ら。(資料写真)中国湖南省長沙市でこのほど、中日協力プロジェクト「湖南省洞庭湖流域の農村水環境改善」の成果報告会が開かれた。3年にわたるプロジェクトは多くの成果を生み出し、湖の保全・再生モデルとして世界的にも有名な日本の琵琶湖の経験が湖南省へ効果的に導入された。「湖南モデル」はまもなく都市部から洞庭湖沿岸の農村へと広げられる。(長沙=新華社配信/閔捷)=2019(平成31)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019061001405

    「新華社」 中日協力、水環境保全の「湖南モデル」を構築  ゴミ分別ステーションでゴミの分別状況を説明する長沙市望城(ぼうじょう)区光明(こうめい)村の職員。(資料写真)中国湖南省長沙市でこのほど、中日協力プロジェクト「湖南省洞庭湖流域の農村水環境改善」の成果報告会が開かれた。3年にわたるプロジェクトは多くの成果を生み出し、湖の保全・再生モデルとして世界的にも有名な日本の琵琶湖の経験が湖南省へ効果的に導入された。「湖南モデル」はまもなく都市部から洞庭湖沿岸の農村へと広げられる。(長沙=新華社配信/閔捷)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019032700437

    「新華社」 日立電梯、中国のビジネス環境改善の「加速具合」を実感  日立電梯(中国)有限公司の水本真治総裁。(資料写真)中国市場と30年以上関わって来た日本企業の社員として、日立電梯(中国)有限公司(HitachiElevator(China)Co.,Ltd.)の水本真治総裁(62)は、中国の新たな外商投資法に大きな期待を寄せている。中国の立法機関は15日、「中華人民共和国外商投資法」を採択した。この法律は中国が改革開放当初に制定した「外資三法」に代わり、外国企業の投資分野における基本法となる。水本氏は「近年、推進されてきた『放管服』改革(行政簡素化と権限委譲、規制緩和と管理強化、行政サービスの最適化を目指す改革)によって、中国のビジネス環境は長足の進歩を遂げた。また、ネガティブリストのおかげで外資系企業も参入前内国民待遇を受けられるようになった。中国の外資への管理がますます円滑化・自由化し、安定的かつ透明で、予測可能な投資環境が作られることを期待する」と話す。(広州=新華社配信/日立電梯(中国)有限公司提供)=撮影日不明、クレジット:日立電梯(中国)有限公司/新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019040100090

    「新華社」 日立電梯、中国のビジネス環境改善の「加速具合」を実感  日立電梯が世界最高速のエレベーターを納入した超高層複合ビル「広州周大福金融中心」(右側の超高層ビル)。(資料写真)中国市場と30年以上関わって来た日本企業の社員として、日立電梯(中国)有限公司(HitachiElevator(China)Co.,Ltd.)の水本真治総裁(62)は、中国の新たな外商投資法に大きな期待を寄せている。中国の立法機関は15日、「中華人民共和国外商投資法」を採択した。この法律は中国が改革開放当初に制定した「外資三法」に代わり、外国企業の投資分野における基本法となる。水本氏は「近年、推進されてきた『放管服』改革(行政簡素化と権限委譲、規制緩和と管理強化、行政サービスの最適化を目指す改革)によって、中国のビジネス環境は長足の進歩を遂げた。また、ネガティブリストのおかげで外資系企業も参入前内国民待遇を受けられるようになった。中国の外資への管理がますます円滑化・自由化し、安定的かつ透明で、予測可能な投資環境が作られることを期待する」と話す。(広州=新華社配信/日立電梯(中国)有限公司提供)=撮影日不明、クレジット:日立電梯(中国)有限公司/新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019032700448

    「新華社」 日立電梯、中国のビジネス環境改善の「加速具合」を実感  広州市にある日立電梯ハイテク産業区。(資料写真)中国市場と30年以上関わって来た日本企業の社員として、日立電梯(中国)有限公司(HitachiElevator(China)Co.,Ltd.)の水本真治総裁(62)は、中国の新たな外商投資法に大きな期待を寄せている。中国の立法機関は15日、「中華人民共和国外商投資法」を採択した。この法律は中国が改革開放当初に制定した「外資三法」に代わり、外国企業の投資分野における基本法となる。水本氏は「近年、推進されてきた『放管服』改革(行政簡素化と権限委譲、規制緩和と管理強化、行政サービスの最適化を目指す改革)によって、中国のビジネス環境は長足の進歩を遂げた。また、ネガティブリストのおかげで外資系企業も参入前内国民待遇を受けられるようになった。中国の外資への管理がますます円滑化・自由化し、安定的かつ透明で、予測可能な投資環境が作られることを期待する」と話す。(広州=新華社配信/日立電梯(中国)有限公司提供)=撮影日不明、クレジット:日立電梯(中国)有限公司/新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019032602605

    「新華社」 ごみ分別進み美しさを取り戻した農村安徽省巣湖市  12日、安徽省巣湖市柘皐(しゃこう)鎮汪橋村の村民の家の前に置かれたごみ箱。中国安徽省巣湖市はここ数年、農村でごみ分別減量化処理を強く推し進め、環境改善に貢献してきた。2017年6月6日には、国の第1陣となる農村生活ごみ分類減量化処理・資源利用モデル市に指定されている。ごみの分別は現時点で市内160の村(居住区)全域で試行され、524の集落で分別が行われている。配備した2500人を超える清掃員は、ごみ分別の普及役も担っている。(巣湖=新華社記者/陳尚営)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019032602682

    「新華社」 ごみ分別進み美しさを取り戻した農村安徽省巣湖市  12日、ごみ分別の普及を目的に安徽省巣湖市の農村に設置されたパネル。中国安徽省巣湖市はここ数年、農村でごみ分別減量化処理を強く推し進め、環境改善に貢献してきた。2017年6月6日には、国の第1陣となる農村生活ごみ分類減量化処理・資源利用モデル市に指定されている。ごみの分別は現時点で市内160の村(居住区)全域で試行され、524の集落で分別が行われている。配備した2500人を超える清掃員は、ごみ分別の普及役も担っている。(巣湖=新華社記者/陳尚営)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019022602540

    自販機会社の従業員がスト  ストライキを実施し、労働環境の改善を訴える自販機会社の従業員=26日午後、東京都千代田区

  44. 2019032602576

    「新華社」 ごみ分別進み美しさを取り戻した農村安徽省巣湖市  20日、安徽省巣湖市五爪崗(ごそうこう)村でごみを捨てる村民。中国安徽省巣湖市はここ数年、農村でごみ分別減量化処理を強く推し進め、環境改善に貢献してきた。2017年6月6日には、国の第1陣となる農村生活ごみ分類減量化処理・資源利用モデル市に指定されている。ごみの分別は現時点で市内160の村(居住区)全域で試行され、524の集落で分別が行われている。配備した2500人を超える清掃員は、ごみ分別の普及役も担っている。(巣湖=新華社配信/馬積慧)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019032602731

    「新華社」 ごみ分別進み美しさを取り戻した農村安徽省巣湖市  18日、安徽省巣湖市黄麓鎮昶方(ちょうほう)村の入り口にあるごみ分別収集ステーション。中国安徽省巣湖市はここ数年、農村でごみ分別減量化処理を強く推し進め、環境改善に貢献してきた。2017年6月6日には、国の第1陣となる農村生活ごみ分類減量化処理・資源利用モデル市に指定されている。ごみの分別は現時点で市内160の村(居住区)全域で試行され、524の集落で分別が行われている。配備した2500人を超える清掃員は、ごみ分別の普及役も担っている。(巣湖=新華社配信/馬積慧)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019032602638

    「新華社」 ごみ分別進み美しさを取り戻した農村安徽省巣湖市  26日、安徽省巣湖市の農村の壁に書かれたごみ分別に関する標語。中国安徽省巣湖市はここ数年、農村でごみ分別減量化処理を強く推し進め、環境改善に貢献してきた。2017年6月6日には、国の第1陣となる農村生活ごみ分類減量化処理・資源利用モデル市に指定されている。ごみの分別は現時点で市内160の村(居住区)全域で試行され、524の集落で分別が行われている。配備した2500人を超える清掃員は、ごみ分別の普及役も担っている。(巣湖=新華社配信/馬積慧)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019010700830

    「新華社」 人と調和し共生するシラサギ福建省アモイ市  3日、環境改善後のアモイ白鷺洲公園の篔筜(うんとう)湖水域。その岸辺に植えられたマングローブはシラサギの休息の場となっている。中国福建省アモイ(厦門)市は、「鷺島(さぎしま)」とも呼ばれる。シラサギは市の鳥で、精神的象徴でもある。市民の環境保護意識の向上と一連の保護措置により、複数の水域で保護や整備が進み、市内の多くの水域でシラサギの姿が見られるようになった。国家重点公園に指定されているアモイ市の白鷺洲公園では冬に入り、シラサギの群れが湖面上を舞ったり、真っすぐな姿勢で止まったりする姿や、水面をかすめて餌を捕り、マングローブの間を飛び回る様子が見られる。シラサギ、花、樹木、曲がりくねった小道と林立する現代建築の組み合わせは、人と自然が共生・調和する美しい風景をつくり出している。アモイ市ではここ数年、サギ科鳥類の数が毎年3万羽に達している。国際基準では、アモイ海域の潮間帯と海から切り離して作った湖の生息環境は、国内的にも国際的にも同鳥類の生息地として重要な湿地とされている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018121420568

    「新華社」 王岐山氏、広東省を視察  10日、広州市従化区良口鎮米埗(べいほ)村で農村の住居環境改善の状況について説明を受ける王岐山氏。中国の王岐山(おう・きざん)国家副主席は7~12日、広東省を視察した。(広州=新華社記者/張領)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018111428602

    労働環境改善の取り組みを  三菱UFJリサーチ&コンサルティングの加藤真研究員

  50. 2018110116731

    「新華社」 放水でタリム川の環境改善、胡楊林に色鮮やかな秋  25日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県カルチュガ郷の胡楊(コトカケヤナギ)林で放牧する羊飼い。中国新疆ウイグル自治区の天山の南に位置するタリム川流域では10月中旬以降、胡楊の葉が緑から黄色に変わり、黄金色の上着を身に着けたように見える。タリム川下流への送水事業が開始された2000年以来、環境保全のための送水が19回行われ、累計放水量は76億2千万立方メートルに達した。長期にわたる持続的な放水により、タリム川下流で30年続いた渇水状態は過去のものとなり、生態系の悪化が緩和された。下流では動植物の種類が著しく増加し、水環境が効果的に改善されている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像