検索結果 169 件中 1 件 〜 50 件 "生きた化石"
  1. 2020042709485

    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護  張家界市永定区の犀牛潭ダム跡地。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020042709564

    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護  張家界市桑植県にある鴉雀洞発電所のダム堤体の撤去現場。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020042709566

    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護  撤去される前の永定区山羊渓発電所の建物。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)撤去される=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020042709571

    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護  張家界市永定区の山羊渓発電所跡地。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020042709570

    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護  張家界市桑植県の鴉雀洞発電所の建物跡地。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020042709501

    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護  張家界市永定区の竜潭発電所跡地。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020041403500

    世界的希少種のコウライアイサが飛来広西チワン族自治区  3月31日、水面上を低く飛ぶコウライアイサの群れ。野鳥愛好家がこのほど、中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県で国家1級重点保護野生動物のコウライアイサを発見し、その姿を撮影した。コウライアイサは1千万年以上前から生息していた中国の固有種で、開けた河川や湖沼に生息し、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020041403519

    世界的希少種のコウライアイサが飛来広西チワン族自治区  3月31日、水面上を低く飛ぶコウライアイサの群れ。野鳥愛好家がこのほど、中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県で国家1級重点保護野生動物のコウライアイサを発見し、その姿を撮影した。コウライアイサは1千万年以上前から生息していた中国の固有種で、開けた河川や湖沼に生息し、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020041403536

    世界的希少種のコウライアイサが飛来広西チワン族自治区  3月31日、水面上を低く飛ぶコウライアイサ。野鳥愛好家がこのほど、中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県で国家1級重点保護野生動物のコウライアイサを発見し、その姿を撮影した。コウライアイサは1千万年以上前から生息していた中国の固有種で、開けた河川や湖沼に生息し、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020041403546

    世界的希少種のコウライアイサが飛来広西チワン族自治区  3月31日、水面上を低く飛ぶコウライアイサ。野鳥愛好家がこのほど、中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県で国家1級重点保護野生動物のコウライアイサを発見し、その姿を撮影した。コウライアイサは1千万年以上前から生息していた中国の固有種で、開けた河川や湖沼に生息し、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020041403540

    世界的希少種のコウライアイサが飛来広西チワン族自治区  3月31日、水面上を低く飛ぶコウライアイサの群れ。野鳥愛好家がこのほど、中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県で国家1級重点保護野生動物のコウライアイサを発見し、その姿を撮影した。コウライアイサは1千万年以上前から生息していた中国の固有種で、開けた河川や湖沼に生息し、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020033004628

    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県  25日、スイ族の女性に馬尾繍を指導する伝承者。中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020033004587

    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県  25日、スイ族の女性に馬尾繍を指導する伝承者。中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020022024509

    Woolmaker 19 February 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: For the past twelve years, a rare species of wool-mill, a conifer that was thought to have died out over 50 million years ago, has been growing under the 18-metre-high glass dome in the university‘s Botanical Garden. The living fossil was only rediscovered in 1994 in a gorge near Sydney (Australia). Female and male flower cones are now growing on the branches for the first time. A unique opportunity for botanists to breed new specimens of the plant dinosaur. Photo: Horst Ossinger//dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  15. 2020022024496

    Woolmaker 19 February 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: For the past twelve years, a rare species of wool-mill, a conifer that was thought to have died out over 50 million years ago, has been growing under the 18-metre-high glass dome in the university‘s Botanical Garden. The living fossil was only rediscovered in 1994 in a gorge near Sydney (Australia). Female and male flower cones are now growing on the branches for the first time. A unique opportunity for botanists to breed new specimens of the plant dinosaur. Photo: Horst Ossinger/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  16. 2020022024470

    Woolmaker 19 February 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: Male flower cones hang from branches of a woolly plant. For the past twelve years, a rare species of wool-mill, a conifer that was thought to have died out over 50 million years ago, has been growing under the 18-metre-high glass dome in the university‘s Botanical Garden. The living fossil was only rediscovered in 1994 in a gorge near Sydney (Australia). Female and male flower cones are now growing on the branches for the first time. A unique chance for botanists to breed new specimens of the plant dinosaur. Photo: Horst Ossinger/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  17. 2020022024503

    Woolmaker 19 February 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: For the past twelve years, a rare species of wool-mill, a conifer that was thought to have died out over 50 million years ago, has been growing under the 18-metre-high glass dome in the university‘s Botanical Garden. The living fossil was only rediscovered in 1994 in a gorge near Sydney (Australia). Female and male flower cones are now growing on the branches for the first time. A unique opportunity for botanists to breed new specimens of the plant dinosaur. Photo: Horst Ossinger/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  18. 2020022024617

    Woolmaker 19 February 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: Lars Leonhard, the university‘s district gardener, is standing on a ladder and looking at flower cones of a rare woolly plant. For the past twelve years, a rare species of wool-mill, a conifer that was thought to have died out over 50 million years ago, has been growing under the 18-metre-high glass dome in the university‘s Botanical Garden. The living fossil was only rediscovered in 1994 in a gorge near Sydney (Australia). Female and male flower cones are now growing on the branches for the first time. A unique chance for botanists to breed new specimens of the plant dinosaur. Photo: Horst Ossinger/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  19. 2020033004573

    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県  スイ族の馬尾繍。(2019年12月24日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020033004568

    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県  スイ族の馬尾繍。(2019年12月24日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020033004575

    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県  馬尾繍を刺繍するスイ族の女性。(2019年12月24日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019112505221

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019112505318

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019112505319

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019112505410

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019112505418

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019112505424

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019112505392

    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019111104572

    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村  代頭村の民家内部。(資料写真)中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019111104703

    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村  10月25日、空から見た湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村の村落建築。(小型無人機から)中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019111104751

    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村  10月25日、代頭村。(小型無人機から)中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019111104704

    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村  10月25日、中国村落文化研究センター調査チームの研究者と話す地元の村民。中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019111104706

    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村  10月25日、居住区の周りには良田が広がっており、豚や牛、馬専用の小屋が建てられている。中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019111104700

    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村  10月19日、代頭村の独立式住居。中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019111104717

    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村  10月19日、村落の「衢」。「街衢相経」(がいくそうけい、整然と区画整理された土地)は中国の古くからの典型的な村落の構造だ。中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019111104749

    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村  10月19日、湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村の連棟式住居。中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019100700683

    オオサンショウウオ    オオサンショウウオは「生きた化石」。進化の歴史から取り残されたような姿で生き続ける=出稿1980(昭和55)年11月14日、撮影場所、年月日不明 55年内地 10299

  38. 2019090307549

    Offspring at the “terror birds“ 28 August 2019, Schleswig-Holstein, St. Peter-Ording: A few days old Seriema chick takes a sunbath in the West Coast Park. Seriemas are often referred to as “living fossil“. They are regarded as the last relatives of the “terror birds“ (Phorusrhacidae) which died out 18 000 years ago. Photo: Wolfgang Runge/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  39. 2019090307346

    Offspring at the “terror birds“ 28 August 2019, Schleswig-Holstein, St. Peter-Ording: A few days old Seriema chick takes a sunbath in the West Coast Park. Seriemas are often referred to as “living fossil“. They are regarded as the last relatives of the “terror birds“ (Phorusrhacidae) which died out 18 000 years ago. Photo: Wolfgang Runge/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  40. 2019090307640

    Offspring at the “terror birds“ 25 August 2019, Schleswig-Holstein, St. Peter-Ording: A few days old Seriema chick takes a sunbath in the West Coast Park. Seriemas are often referred to as “living fossil“. They are regarded as the last relatives of the “terror birds“ (Phorusrhacidae) which died out 18 000 years ago. Photo: Wolfgang Runge/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  41. 2019070902482

    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の作品を仕立てる韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019070902459

    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の作品を見せる韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019070902500

    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡に使う馬の尻尾の毛を選ぶ韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019070902473

    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡を制作する韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019070902475

    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬の尻尾の毛に絹糸を巻き付ける韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019070902503

    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の完成品を確認する、馬尾繡の無形文化遺産伝承者、韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019070902502

    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の図案の下書きをする韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019070902451

    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の展示品を整える韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019052903906

    公園に生きた化石「仙女エビ」が出現四川省成都  25日、成都東湖公園で夜間自然観察学習を行う子どもたち。中国四川省成都市で自然教育事業に携わる市民の黄さんは25日夜、同市の東湖公園で小学生向けの夜間自然観察学習を行った際、偶然「仙女エビ」(日本名:ホウネンエビ)を発見した。専門家によると、この生物はすでに2億年以上前から姿をほとんど変えずに生存しており、水のきれいな池などに現れるという。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019052903881

    公園に生きた化石「仙女エビ」が出現四川省成都  25日、成都東湖公園で発見された「仙女エビ」。中国四川省成都市で自然教育事業に携わる市民の黄さんは25日夜、同市の東湖公園で小学生向けの夜間自然観察学習を行った際、偶然「仙女エビ」(日本名:ホウネンエビ)を発見した。専門家によると、この生物はすでに2億年以上前から姿をほとんど変えずに生存しており、水のきれいな池などに現れるという。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像