検索結果 43 件中 1 件 〜 43 件 "生体認証"
  1. 2020063008994

    スマホ搭載や生体認証 あいさつする菅官房長官  政府の作業部会会合であいさつする菅官房長官(左端)=30日午後、首相官邸

  2. 2020063008984

    スマホ搭載や生体認証 あいさつする菅官房長官  政府の作業部会会合であいさつする菅官房長官=30日午後、首相官邸

  3. 2020030503876

    NECが公開したレジレス型店舗  NECは店舗内に設置した30数台のカメラと画像認識技術などを組み合わせることで、商品をレジに通さずに自動決済する機能を備えた「レジレス型店舗=写真」をマスコミ向けに公開した。次世代店舗のショーケースとして「並ばず、手ぶらで、スムーズな買い物」を提案。レジレスにより、レジ人員の人手不足の解消や商品スキャンによるレジ待ち時間の短縮などの効果を訴求する。公開したのは社員専用の店舗で、入退店時に顔認証で本人を特定する。利用者(社員)は購入したい商品を手に取ったまま、レジを介さずに商品を持ち帰れる。退店と同時に自動で決済し、給与システムと連動して精算する。給与天引き以外に、クレジットカードや各種電子マネーと連携した決済も順次予定する。レジレス型店舗は米アマゾン・ドット・コムが先陣を切り、その後、中国でも実用化が始まっている。国内では大手コンビニエンスストアなどが実証店舗で実用化に挑む中、ITベンダー各社は技術提供で競っている。大手電機では、富士通がローソンと協力して、手ぶらで決済できるレジレス型の実験店舗を川崎市の事業所内に開設した。期間は5月25日まで。本人認証は現在、スマートフォン専用アプリケーション(応用ソフト)による2次元コード「QRコード」を活用。3月16日からは、手のひら静脈と顔情報で本人を特定するマルチ生体認証を導入する。来店者は手のひらを認証端末にかざすだけで、スムーズに入店し、手ぶらで買い物ができる。NECと富士通の店舗の技術面での大きな違いは、本人を特定する認証技術。顔認証のNECと、手のひら静脈の富士通。レジレス店舗での実用化には火花が散る。=2020(令和2)年2月28日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  4. 2020013100510

    四川省の病院で省内初の「指静脈認証」決済始まる  20日、診察室で「指決済」する患者。四川省人民病院はこのほど、同省初となる社会医療保険カードによる支払いに画期的で先進的なテクノロジーを利用した「指静脈認証決済」システムを導入した。事前に指静脈情報を登録しておけば、診察後は会計のために列に並ぶ必要はなく、診察室で専用の機器に指の静脈情報を読み取らせるだけで支払いを済ませられる。(成都=新華社記者/董小紅)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020013100496

    四川省の病院で省内初の「指静脈認証」決済始まる  20日、患者が指静脈認証で医療費を支払った後、機器から出力されるレシート。四川省人民病院はこのほど、同省初となる社会医療保険カードによる支払いに画期的で先進的なテクノロジーを利用した「指静脈認証決済」システムを導入した。事前に指静脈情報を登録しておけば、診察後は会計のために列に並ぶ必要はなく、診察室で専用の機器に指の静脈情報を読み取らせるだけで支払いを済ませられる。(成都=新華社記者/董小紅)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020013100502

    四川省の病院で省内初の「指静脈認証」決済始まる  20日、外来診察の受け付けで指静脈を登録する患者。四川省人民病院はこのほど、同省初となる社会医療保険カードによる支払いに画期的で先進的なテクノロジーを利用した「指静脈認証決済」システムを導入した。事前に指静脈情報を登録しておけば、診察後は会計のために列に並ぶ必要はなく、診察室で専用の機器に指の静脈情報を読み取らせるだけで支払いを済ませられる。(成都=新華社記者/董小紅)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020010901331

    USA-CES 2020 International CES A view of the AT.Wallet that includes e-ink screen and fingerprint-based security by AuthenTrend Technology Inc. on display during the 2020 International CES, at the Sands Convention Center in Las Vegas, Nevada on Tuesday, January 7, 2020. The thin plastic Cryptocurrency device uses biometrics to temporarily unlock in order to display a QR code for deposits or to check balances. Photo by James Atoa/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  8. 2020062300950

    Biometric systems: Simply slow down facial recognition ILLUSTRATION - 15 July 2019, Munich: To the topic service report of June 19, 2020: Quickly upload a selfie and share it with friends: It‘s a lot of fun - but also serves as learning fodder for surveillance systems. Photo: Tobias Hase/dpa-tmn、クレジット:dpa-tmn/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  9. 2020062504211

    Biometric systems: Simply slow down facial recognition ILLUSTRATION - 15 July 2019, Munich: Quickly upload a selfie and share it with friends: It‘s a lot of fun - but also serves as educational food for surveillance systems. Photo: Tobias Hase/dpa-mag、クレジット:dpa-mag/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  10. 2019071200295

    KALANDIYA CHECKPOINT Palestinians Cross The Kalandiya Checkpoint A Palestinian uses his bio-metric card to cross the Israeli army controlled Kalandiya Checkpoint between Jerusalem and Ramallah, West Bank, on Thursday, July 11, 2019. Tens of thousands of Palestinian laborers cross the checkpoint weekly, to work in Israel. Israel has recently invested $11 million on renovations at the checkpoint, adding more security lanes, improved metal detectors, and automatic gates that verify Palestinian entry permits when they swipe Israeli issued bio-metric cards. Photo by Debbie Hill/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  11. 2019071200323

    KALANDIYA CHECKPOINT Palestinians Use Bio-Metric Cards To Cross The Kalandiya Checkpoint Palestinians use bio-metric cards to cross the Israeli army controlled Kalandiya Checkpoint between Jerusalem and Ramallah, West Bank, on Thursday, July 11, 2019. Tens of thousands of Palestinian laborers cross the checkpoint weekly, to work in Israel. Israel has recently invested $11 million on renovations at the checkpoint, adding more security lanes, improved metal detectors, and automatic gates that verify Palestinian entry permits when they swipe Israeli issued bio-metric cards. Photo by Debbie Hill/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  12. 2019071200314

    KALANDIYA CHECKPOINT A Palestinian Uses A Bio-Metric Card To Cross The Kalandiya Checkpoint A Palestinian uses a bio-metric card to cross the Israeli army controlled Kalandiya Checkpoint between Jerusalem and Ramallah, West Bank, on Thursday, July 11, 2019. Tens of thousands of Palestinian laborers cross the checkpoint weekly, to work in Israel. Israel has recently invested $11 million on renovations at the checkpoint, adding more security lanes, improved metal detectors, and automatic gates that verify Palestinian entry permits when they swipe Israeli issued bio-metric cards. Photo by Debbie Hill/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  13. 2019071200304

    KALANDIYA CHECKPOINT A Palestinian Uses A Bio-Metric Card To Cross The Kalandiya Checkpoint A Palestinian uses a bio-metric card to cross the Israeli army controlled Kalandiya Checkpoint between Jerusalem and Ramallah, West Bank, on Thursday, July 11, 2019. Tens of thousands of Palestinian laborers cross the checkpoint weekly, to work in Israel. Israel has recently invested $11 million on renovations at the checkpoint, adding more security lanes, improved metal detectors, and automatic gates that verify Palestinian entry permits when they swipe Israeli issued bio-metric cards. Photo by Debbie Hill/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  14. 2019071200362

    KALANDIYA CHECKPOINT Palestinians Use Bio-Metric Cards To Cross The Kalandiya Checkpoint Palestinians use bio-metric cards to cross the Israeli army controlled Kalandiya Checkpoint between Jerusalem and Ramallah, West Bank, on Thursday, July 11, 2019. Tens of thousands of Palestinian laborers cross the checkpoint weekly, to work in Israel. Israel has recently invested $11 million on renovations at the checkpoint, adding more security lanes, improved metal detectors, and automatic gates that verify Palestinian entry permits when they swipe Israeli issued bio-metric cards. Photo by Debbie Hill/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  15. 2019071200317

    KALANDIYA CHECKPOINT Palestinians Use Bio-Metric Cards To Cross The Kalandiya Checkpoint An Israeli soldier watches Palestinians use bio-metric cards to cross the Kalandiya Checkpoint between Jerusalem and Ramallah, West Bank, on Thursday, July 11, 2019. Tens of thousands of Palestinian laborers cross the checkpoint weekly, to work in Israel. Israel has recently invested $11 million on renovations at the checkpoint, adding more security lanes, improved metal detectors, and automatic gates that verify Palestinian entry permits when they swipe Israeli issued bio-metric cards. Photo by Debbie Hill/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  16. 2019071200335

    KALANDIYA CHECKPOINT Palestinians Use Bio-Metric Cards To Cross The Kalandiya Checkpoint Palestinians use bio-metric cards to cross the Israeli army controlled Kalandiya Checkpoint between Jerusalem and Ramallah, West Bank, on Thursday, July 11, 2019. Tens of thousands of Palestinian laborers cross the checkpoint weekly, to work in Israel. Israel has recently invested $11 million on renovations at the checkpoint, adding more security lanes, improved metal detectors, and automatic gates that verify Palestinian entry permits when they swipe Israeli issued bio-metric cards. Photo by Debbie Hill/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  17. 2019041600872

    スマートホーム、中国での普及が加速  9日、創維(スカイワース)のブースに展示された自動解錠、バイオメトリクス認証、クラウド暗号化技術を揃えたスマート電子錠。中国広東省深圳市で9日から開かれていた第7回中国電子情報博覧会(CITE)が11日、閉幕した。会場には、リビングから浴室、キッチン、家具のコントロールから音響・映像娯楽、さらにはエネルギーや医療、防犯セキュリティ、教育などに至る居住システム全体を網羅する家庭向けスマート製品が並んだ。インターネットや計算処理、ネットワーク通信、センサー・制御などの技術を総合したスマートホームは、次の「ブルーオーシャン市場」(未開拓市場)と呼ばれている。今では運営業者以外にもインターネット企業やテレビ企業、IT企業、ハードウェア企業など各業界がスマートホームの中国での発展を有望視しており、関連製品には大きな成長余地があると考えている。これらの企業は、音声やテレビ、ネットワークのゲートウェイ(入口)などのさまざまな方式で、他社に先んじてスマートホームの「玄関」を取り込もうとしている。(深圳=新華社記者/王豊)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2018122822159

    Start 35th Chaos Communication Congress ATTENTION: EMBARGOED FOR PUBLICATION UNTIL 27 DECEMBER 19:10 GMT! - 27 December 2018, Saxony, Leipzig: The Berlin hacker Jan Krissler alias Starbug, who is concerned with overcoming the method of vein recognition, which is considered safe, at the 35th Chaos Communication Congress (35c3) at the fair. Vein recognition is considered to be one of the most secure biometric methods for the identification of people. (to dpa “Berlin hackers overcome vein recognition“ from 27.12.2018) Photo: Peter Endig/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  19. 2018122822273

    Start 35th Chaos Communication Congress ATTENTION: EMBARGOED FOR PUBLICATION UNTIL 27 DECEMBER 19:10 GMT! - 27 December 2018, Saxony, Leipzig: The Berlin hackers Jan Krissler alias Starbug (l) and Julian Albrecht, who were concerned with overcoming the method of vein recognition, which is regarded as safe, at the 35th Chaos Communication Congress (35c3) at the trade fair. Vein recognition is considered to be one of the most secure biometric methods for the identification of people. (to dpa “Berlin hackers overcome vein recognition“ from 27.12.2018) Photo: Peter Endig/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  20. 2018122025482

    中国駐英大使、ノーベル経済学賞受賞者に初の生体認証ビザ交付  17日、英国ロンドンで、ノーベル経済学賞の受賞者、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのクリストファー・ピサリデス教授に生体認証ビザを交付する中国の劉暁明(りゅう・ぎょうめい)駐英大使(右)。中国の劉暁明(りゅう・ぎょうめい)駐英大使は17日、ノーベル経済学賞の受賞者、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのクリストファー・ピサリデス教授に在英中国大使館で初となる生体認証査証(ビザ)を交付した。生体認証ビザは、顔や指紋などの生体特徴を利用し、安全、秘密保持、便利という長所がある。ビザ発行または出入国審査の過程で収集・保管した外国人の生体特徴データを用いて、本人確認の効果的な照合と正確な識別を行う。(ロンドン=新華社配信/レイ・タン)=2018(平成30)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018122025500

    中国駐英大使、ノーベル経済学賞受賞者に初の生体認証ビザ交付  17日、英国ロンドンで、ノーベル経済学賞の受賞者、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのクリストファー・ピサリデス教授に生体認証ビザ交付した後、記念撮影をする中国の劉暁明(りゅう・ぎょうめい)駐英大使(右)。中国の劉暁明(りゅう・ぎょうめい)駐英大使は17日、ノーベル経済学賞の受賞者、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのクリストファー・ピサリデス教授に在英中国大使館で初となる生体認証査証(ビザ)を交付した。生体認証ビザは、顔や指紋などの生体特徴を利用し、安全、秘密保持、便利という長所がある。ビザ発行または出入国審査の過程で収集・保管した外国人の生体特徴データを用いて、本人確認の効果的な照合と正確な識別を行う。(ロンドン=新華社配信/レイ・タン)=2018(平成30)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2018122025501

    中国駐英大使、ノーベル経済学賞受賞者に初の生体認証ビザ交付  17日、英国ロンドンで、ノーベル経済学賞の受賞者、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのクリストファー・ピサリデス教授と話をする中国の劉暁明(りゅう・ぎょうめい)駐英大使(右)。中国の劉暁明(りゅう・ぎょうめい)駐英大使は17日、ノーベル経済学賞の受賞者、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのクリストファー・ピサリデス教授に在英中国大使館で初となる生体認証査証(ビザ)を交付した。生体認証ビザは、顔や指紋などの生体特徴を利用し、安全、秘密保持、便利という長所がある。ビザ発行または出入国審査の過程で収集・保管した外国人の生体特徴データを用いて、本人確認の効果的な照合と正確な識別を行う。(ロンドン=新華社配信/レイ・タン)=2018(平成30)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018102433805

    Afghanistan Elections 20.10.2018 An election official scans a voter‘s finger with a biometric device at a polling station during parliamentary elections in Kabul, Afghanistan, October 20, 2018. Sayed Ali / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  24. 2018070200545

    無人スーパー開業から半年、万引きゼロ天津  29日、天津中新生態城にある京東の無人スーパーを訪れた顧客。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の展開する無人スーパーが今年1月、天津中新生態城(エコシティ)に正式にオープンした。同スーパーはモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、バイオメトリクス(生体認証)などの技術を利用し、全てのプロセスでセルフ形式のショッピングを実現している。オープンから半年が過ぎたが、万引きの発生件数はゼロだという。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018070200570

    無人スーパー開業から半年、万引きゼロ天津  29日、天津中新生態城にある京東の無人スーパーで、品出しをする従業員。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の展開する無人スーパーが今年1月、天津中新生態城(エコシティ)に正式にオープンした。同スーパーはモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、バイオメトリクス(生体認証)などの技術を利用し、全てのプロセスでセルフ形式のショッピングを実現している。オープンから半年が過ぎたが、万引きの発生件数はゼロだという。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018070200600

    無人スーパー開業から半年、万引きゼロ天津  29日、天津中新生態城にある京東の無人スーパーで買い物をする顧客。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の展開する無人スーパーが今年1月、天津中新生態城(エコシティ)に正式にオープンした。同スーパーはモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、バイオメトリクス(生体認証)などの技術を利用し、全てのプロセスでセルフ形式のショッピングを実現している。オープンから半年が過ぎたが、万引きの発生件数はゼロだという。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018070200607

    無人スーパー開業から半年、万引きゼロ天津  29日、天津中新生態城の京東による無人スーパーで、スマホで二次元バーコードをスキャンする顧客。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の展開する無人スーパーが今年1月、天津中新生態城(エコシティ)に正式にオープンした。同スーパーはモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、バイオメトリクス(生体認証)などの技術を利用し、全てのプロセスでセルフ形式のショッピングを実現している。オープンから半年が過ぎたが、万引きの発生件数はゼロだという。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018062805438

    International CeBIT fair in Hanover Face recognition, biometric data, data security, general, feature, border motif, symbol photo, international fair CeBIT in Hannover, on 11.06.2018. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  29. 2018090722025

    アドハーの生体認証を活用した現金の預け払いシステム  アドハーの生体認証を活用した現金の預け払いシステムが開発された。預金者は、現金自動預払機(ATM)が無い村やスラムでもお金を預け払いできる。スマートフォンに接続された左側の赤い端末が指紋認証リーダー=2017(平成29)年9月12日、インド・ニューデリー、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  30. 2018090722024

    アドハー・ペイを利用する女性  金融サービス店が導入したIDFCのアドハー・ペイを利用し、携帯電話料金のプリペイド(前払い)と送金手続きをする女性。専用機器にアドハーで登録した指紋を読み取ると、数分で取引が完了した。=2017(平成29)年9月12日、インド・ニューデリー、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  31. 2017030600521

    指認証、手ぶらで入出金 生体認証サービスの実演  指の静脈データを照合する生体認証で、預金を出し入れできるサービスの実演をする山口FGの社員=6日、山口県下関市

  32. 2016091600911

    生体認証で予約サイト利用  生体認証を使った新サービスのイメージ

  33. 2016091600910

    生体認証で予約サイト利用  生体認証を使った新サービスのイメージ

  34. 2018080600407

    Biometric data collected in St. Petersburg Visa Center 18.09.2015 A demonstration of biometric information collection in St. Petersburg Visa Center. Alexei Danichev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  35. 2015030200583

    視線向けてロック解除 富士通のスマートフォン  富士通が開発した、目の虹彩の模様を読み取る生体認証機能を搭載したスマートフォンの試作機=2日午後、東京都港区

  36. 2014101100561

    献血、生体認証で便利に 献血ルーム受付の生体認証  献血ルームの受付で、指の静脈を使った生体認証を利用する女性(手前)=9月、東京・有楽町

  37. 2009120700216

    生体認証破り不法入国容疑 細工された指紋  「生体情報認証システム」を破り、不法入国したとして逮捕された中国人の女の細工された指紋。上が手術前、下が手術後=7日午前 「セレ517」

  38. 2009120700077

    生体認証破り不法入国容疑 細工された指紋  「生体情報認証システム」を破り、不法入国したとして逮捕された中国人の女の細工された指紋。上が手術前、下が手術後=7日午前

  39. 2007092000074

    USJ、1秒で顔パス 生体認証システム USJが導入を予定している年間入場券の保有者が顔認証で入場できるシステム(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン) 【】 

  40. 2007012900202

    生体認証で出国審査簡素に 自動化ゲート 成田空港で公開された実証実験で、出国審査場に設置された自動化ゲートによる本人確認を再現する女性=29日午後 【】 

  41. 2005072100003

    顔で生体認証の貸金庫 貸金庫の生体認証システム 顔で本人確認をして入室する貸金庫の生体認証システム=北九州市八幡西区の遠賀信用金庫医大前支店 【】 

  42. 2005032300226

    偽造カードに対策あれこれ 生体認証ATM 大手行では手のひらの静脈で本人確認する現金自動預払機(ATM)も登場=04年9月、東京・丸の内の東京三菱銀行 【】 

  43. 2004110900198

    生体認証で預金を守れ 公開されたATM 9月27日、東京三菱銀行が公開した、手のひらの静脈で本人確認する現金自動預払機(ATM)=東京・丸の内 「フロントライン」【】 

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像