検索結果 235 件中 1 件 〜 50 件 "生態保護"
  1. 2020091400296

    三江源国家公園、年内に正式設立へ青海省  青海省玉樹チベット族自治州雑多県昂賽(こうさい)郷は三江源国家公園の瀾滄江源流域パーク内に位置し、パーク内の牧畜民が生態保護のために重要な役割を担っている。テントから出る昂賽郷年都村二社の牧畜民。(8月22日撮影)2016年3月に中国初の国家公園試行事業として運用が始まった青海省の三江源国家公園は、計画に基づき年内に正式に設立されることが決まった。同公園は①青海チベット高原の生態系保護修復のモデルエリア②人と自然が調和し共生する先行エリア③青海チベット高原の大自然保護と生態文化の伝承エリア-を目標としている。総面積は12万3100平方キロで、二つの自治州の4県53村にまたがり、居住する牧畜民は7万人を超える。「三江源」は長江と黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域を意味し、同省南部の青海チベット高原の奥地にある。中国の重要な「生態障壁」となっている。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081205481

    特徴的な海洋経済が漁民を裕福に山東省南隍城島  9日、早朝の南隍城島の風景。(小型無人機から)中国山東省煙台市の長島総合試験区南隍城島は近年、海洋生態保護レッドラインを厳守しながら、網いけす養殖や立体生態養殖などの特徴的な海洋経済を秩序立てて発展させている。2019年の南隍城島における海洋漁業の総生産高は8800万元(1元=約15円)に達した。(煙台=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081205435

    特徴的な海洋経済が漁民を裕福に山東省南隍城島  9日、南隍城島で漁で使用する網を整理する漁民。中国山東省煙台市の長島総合試験区南隍城島は近年、海洋生態保護レッドラインを厳守しながら、網いけす養殖や立体生態養殖などの特徴的な海洋経済を秩序立てて発展させている。2019年の南隍城島における海洋漁業の総生産高は8800万元(1元=約15円)に達した。(煙台=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020081205325

    特徴的な海洋経済が漁民を裕福に山東省南隍城島  9日、南隍城島で収穫したばかりの昆布を干す漁民。中国山東省煙台市の長島総合試験区南隍城島は近年、海洋生態保護レッドラインを厳守しながら、網いけす養殖や立体生態養殖などの特徴的な海洋経済を秩序立てて発展させている。2019年の南隍城島における海洋漁業の総生産高は8800万元(1元=約15円)に達した。(煙台=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020081205458

    特徴的な海洋経済が漁民を裕福に山東省南隍城島  9日、南隍城島の浜辺に並ぶ昆布。(小型無人機から)中国山東省煙台市の長島総合試験区南隍城島は近年、海洋生態保護レッドラインを厳守しながら、網いけす養殖や立体生態養殖などの特徴的な海洋経済を秩序立てて発展させている。2019年の南隍城島における海洋漁業の総生産高は8800万元(1元=約15円)に達した。(煙台=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020081205357

    特徴的な海洋経済が漁民を裕福に山東省南隍城島  9日、南隍城島で収穫したばかりの昆布を干す漁民。中国山東省煙台市の長島総合試験区南隍城島は近年、海洋生態保護レッドラインを厳守しながら、網いけす養殖や立体生態養殖などの特徴的な海洋経済を秩序立てて発展させている。2019年の南隍城島における海洋漁業の総生産高は8800万元(1元=約15円)に達した。(煙台=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020081205393

    特徴的な海洋経済が漁民を裕福に山東省南隍城島  9日、南隍城島で収穫したばかりのホタテの殻をむく漁民。中国山東省煙台市の長島総合試験区南隍城島は近年、海洋生態保護レッドラインを厳守しながら、網いけす養殖や立体生態養殖などの特徴的な海洋経済を秩序立てて発展させている。2019年の南隍城島における海洋漁業の総生産高は8800万元(1元=約15円)に達した。(煙台=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020081205482

    特徴的な海洋経済が漁民を裕福に山東省南隍城島  8日、南隍城島の海上養殖エリアを通過する漁船。(小型無人機から)中国山東省煙台市の長島総合試験区南隍城島は近年、海洋生態保護レッドラインを厳守しながら、網いけす養殖や立体生態養殖などの特徴的な海洋経済を秩序立てて発展させている。2019年の南隍城島における海洋漁業の総生産高は8800万元(1元=約15円)に達した。(煙台=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020081205448

    特徴的な海洋経済が漁民を裕福に山東省南隍城島  8日、南隍城島の海上養殖エリアを通過する漁船。(小型無人機から)中国山東省煙台市の長島総合試験区南隍城島は近年、海洋生態保護レッドラインを厳守しながら、網いけす養殖や立体生態養殖などの特徴的な海洋経済を秩序立てて発展させている。2019年の南隍城島における海洋漁業の総生産高は8800万元(1元=約15円)に達した。(煙台=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020081205454

    特徴的な海洋経済が漁民を裕福に山東省南隍城島  8日、南隍城島の海上養殖エリア。(小型無人機から)中国山東省煙台市の長島総合試験区南隍城島は近年、海洋生態保護レッドラインを厳守しながら、網いけす養殖や立体生態養殖などの特徴的な海洋経済を秩序立てて発展させている。2019年の南隍城島における海洋漁業の総生産高は8800万元(1元=約15円)に達した。(煙台=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020081205464

    特徴的な海洋経済が漁民を裕福に山東省南隍城島  8日、南隍城島の海上養殖エリアで海産物を採る漁船。中国山東省煙台市の長島総合試験区南隍城島は近年、海洋生態保護レッドラインを厳守しながら、網いけす養殖や立体生態養殖などの特徴的な海洋経済を秩序立てて発展させている。2019年の南隍城島における海洋漁業の総生産高は8800万元(1元=約15円)に達した。(煙台=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020081205354

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県謝村鎮海蓮村でドジョウの養殖を専門に手掛けている鄧宝民(とう・ほうみん)さんは、トキ生態保護園に定期的にドジョウを届けている。園内で人工飼育されているトキに対する野生化訓練のための餌を確保すると同時に、養殖農家の増収にもつながっている。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020081204683

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020081204694

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020081204482

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  望遠鏡を使って鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020081204614

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区を見回る同保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020081204435

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の牧畜民に鳥類の生息状況を聞く同保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020081204559

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  鳥類の個体群数を把握するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020081204548

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探す鳥たち。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020081204562

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  事務室でゴビズキンカモメに関する資料を調べるゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020081204384

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020081204477

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020081204390

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  事務室で図鑑で調べ物をするゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020081204551

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020081204600

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区を車で見回る同保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020081204473

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  空から見た桃力廟-アルシャー湾海子。(7月28日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020081204414

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  事務室でゴビズキンカモメに関する資料を調べるゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020081204578

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  展望塔から鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020081204377

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020081204571

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って鳥類の様子を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020080303763

    古今東西が入り交じる「海上の花園」マカオを空中散歩  7月24日、マカオのコタイ(路氹)生態保護区。(7月24日撮影)中国マカオ特別行政区は、ノスタルジックとモダンが融合した観光都市として知られる。「海上の花園」と呼ばれるこの都市を空から見ると、目新しく独特な風景を楽しむことができる。「海の上にまちがあり、まちの中に海がある」と言われるくらい、海との関わりが深いマカオは、夕暮れになるときらびやかなイルミネーションの美しさに包まれ、訪れる人々を魅了してやまない。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020080303612

    古今東西が入り交じる「海上の花園」マカオを空中散歩  7月24日、マカオのコタイ(路氹)生態保護区。中国マカオ特別行政区は、ノスタルジックとモダンが融合した観光都市として知られる。「海上の花園」と呼ばれるこの都市を空から見ると、目新しく独特な風景を楽しむことができる。「海の上にまちがあり、まちの中に海がある」と言われるくらい、海との関わりが深いマカオは、夕暮れになるときらびやかなイルミネーションの美しさに包まれ、訪れる人々を魅了してやまない。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020070600371

    国の支援でよみがえるバルクル草原新疆ウイグル自治区  6月27日、バルクル草原のウマ。中国新疆ウイグル自治区は今年、中央財政から交付された林業生態保護回復資金1330万元(1元=約15円)の後押しを受け、バルクル草原で退化した草原の追いまきと改良、人工草地の拡充とかんがい、草原の虫・ネズミ害対策を実施した。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020070600390

    国の支援でよみがえるバルクル草原新疆ウイグル自治区  6月27日、バルクル草原の牧畜民テント。中国新疆ウイグル自治区は今年、中央財政から交付された林業生態保護回復資金1330万元(1元=約15円)の後押しを受け、バルクル草原で退化した草原の追いまきと改良、人工草地の拡充とかんがい、草原の虫・ネズミ害対策を実施した。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020070611371

    国の支援でよみがえるバルクル草原新疆ウイグル自治区  6月27日、バルクル草原のウシとヒツジの群れ。中国新疆ウイグル自治区は今年、中央財政から交付された林業生態保護回復資金1330万元(1元=約15円)の後押しを受け、バルクル草原で退化した草原の追いまきと改良、人工草地の拡充とかんがい、草原の虫・ネズミ害対策を実施した。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020070600297

    国の支援でよみがえるバルクル草原新疆ウイグル自治区  6月27日、バルクル草原のヒツジ。中国新疆ウイグル自治区は今年、中央財政から交付された林業生態保護回復資金1330万元(1元=約15円)の後押しを受け、バルクル草原で退化した草原の追いまきと改良、人工草地の拡充とかんがい、草原の虫・ネズミ害対策を実施した。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020062204503

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、作業する刺繍娘ら。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社配信/黎徳華)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020062204500

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、生徒(右)に刺しゅう技術を教える刺繍娘(左)。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社配信/黎徳華)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020062204502

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、作業する刺繍娘ら。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020062204593

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、牡丹を刺しゅうする刺繍娘。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020061201870

    習近平氏、寧夏回族自治区銀川市を視察  9日、銀川市の賀蘭山東麓にあるブドウ栽培園で、賀蘭山の生態保護強化の状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は9日、寧夏回族自治区銀川市を視察した。(賀蘭=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020061201903

    習近平氏、寧夏回族自治区銀川市を視察  9日、銀川市の賀蘭山東麓にあるブドウ栽培園で、賀蘭山の生態保護強化の状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は9日、寧夏回族自治区銀川市を視察した。(賀蘭=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020061201901

    習近平氏、寧夏回族自治区銀川市を視察  9日、銀川市の賀蘭山東麓にあるブドウ栽培園で、賀蘭山の生態保護強化の状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は9日、寧夏回族自治区銀川市を視察した。(賀蘭=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020061201940

    習近平氏、寧夏回族自治区を視察  9日、賀蘭山東麓にあるブドウ栽培園で、賀蘭山の生態保護強化の状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は8〜10日、寧夏回族自治区を視察した。(賀蘭=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020061112033

    習近平氏、寧夏回族自治区を視察  8日、呉忠市を流れる黄河を訪れ、流域の生態保護の強化状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は8日、寧夏回族自治区を視察した。(呉忠=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020061112022

    習近平氏、寧夏回族自治区を視察  8日、呉忠市を流れる黄河を訪れ、流域の生態保護の強化状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は8日、寧夏回族自治区を視察した。(呉忠=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020061112109

    習近平氏、寧夏回族自治区を視察  8日、呉忠市を流れる黄河を訪れ、流域の生態保護の強化状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は8日、寧夏回族自治区を視察した。(呉忠=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020061112013

    習近平氏、寧夏回族自治区を視察  8日、呉忠市を流れる黄河を訪れ、流域の生態保護の強化状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は8日、寧夏回族自治区を視察した。(呉忠=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020061112184

    (21)習近平氏、寧夏回族自治区を視察  8日、呉忠市を流れる黄河を訪れ、流域の生態保護の強化状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は8日、寧夏回族自治区を視察した。(呉忠=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020042301880

    習近平氏、陝西省を視察  20日、陜西省商洛市柞水県にある秦嶺牛背梁国家級自然保護区で秦嶺の生態保護の状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は20日、陜西省を訪れ、調査研究を行った。(商洛=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像