検索結果 51 件中 1 件 〜 50 件 "生活用具"
  1. 2020101704956

    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市  9日、「郷村の記憶」博物館に展示された昔の生産・生活用具。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020092100338

    野宿者立ち退きで法廷闘争 生活用具を運ぶ上林さん  あいりん総合センターの近くで生活用具を運ぶ上林正雄さん=14日、大阪市西成区 「大型サイド」大阪・西成のあいりん地区

  3. 2020092100335

    野宿者立ち退きで法廷闘争 ホームレスらの生活用具  あいりん総合センター敷地に置かれたホームレスらの生活用具=14日、大阪市西成区 「大型サイド」大阪・西成のあいりん地区

  4. 2020091801816

    上海で唐代の沈没船「黒石号」の文化財展  14日、上海博物館で開催された「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」の没入型展示。中国上海市の上海博物館で14日、「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」が始まった。中国・シンガポール国交樹立30周年を記念する特別展で、シンガポールのアジア文明博物館との共催となる。千年以上前の唐代の沈没船「黒石号」に積まれていた陶磁器、金や銀、銅の金属器、生活用具などを展示する。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020091801814

    上海で唐代の沈没船「黒石号」の文化財展  14日、上海博物館の「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」で展示された唐代揚州産の銅鏡。中国上海市の上海博物館で14日、「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」が始まった。中国・シンガポール国交樹立30周年を記念する特別展で、シンガポールのアジア文明博物館との共催となる。千年以上前の唐代の沈没船「黒石号」に積まれていた陶磁器、金や銀、銅の金属器、生活用具などを展示する。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020091801796

    上海で唐代の沈没船「黒石号」の文化財展  14日、上海博物館の「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」で展示された黒石号の文化財「長沙窯磁碗」。中国上海市の上海博物館で14日、「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」が始まった。中国・シンガポール国交樹立30周年を記念する特別展で、シンガポールのアジア文明博物館との共催となる。千年以上前の唐代の沈没船「黒石号」に積まれていた陶磁器、金や銀、銅の金属器、生活用具などを展示する。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020091801791

    上海で唐代の沈没船「黒石号」の文化財展  14日、上海博物館の「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」で展示された黒石号の文化財「白釉緑彩磁器」。中国上海市の上海博物館で14日、「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」が始まった。中国・シンガポール国交樹立30周年を記念する特別展で、シンガポールのアジア文明博物館との共催となる。千年以上前の唐代の沈没船「黒石号」に積まれていた陶磁器、金や銀、銅の金属器、生活用具などを展示する。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020091801756

    上海で唐代の沈没船「黒石号」の文化財展  14日、上海博物館で開催された「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」の会場。中国上海市の上海博物館で14日、「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」が始まった。中国・シンガポール国交樹立30周年を記念する特別展で、シンガポールのアジア文明博物館との共催となる。千年以上前の唐代の沈没船「黒石号」に積まれていた陶磁器、金や銀、銅の金属器、生活用具などを展示する。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020091801730

    上海で唐代の沈没船「黒石号」の文化財展  14日、上海博物館で開催された「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」の入り口。中国上海市の上海博物館で14日、「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」が始まった。中国・シンガポール国交樹立30周年を記念する特別展で、シンガポールのアジア文明博物館との共催となる。千年以上前の唐代の沈没船「黒石号」に積まれていた陶磁器、金や銀、銅の金属器、生活用具などを展示する。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020091801739

    上海で唐代の沈没船「黒石号」の文化財展  14日、上海博物館の「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」で展示された唐代の金杯(陝西歴史博物館蔵)。中国上海市の上海博物館で14日、「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」が始まった。中国・シンガポール国交樹立30周年を記念する特別展で、シンガポールのアジア文明博物館との共催となる。千年以上前の唐代の沈没船「黒石号」に積まれていた陶磁器、金や銀、銅の金属器、生活用具などを展示する。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020091801755

    上海で唐代の沈没船「黒石号」の文化財展  14日、上海博物館の「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」で展示された唐代の陶磁器。中国上海市の上海博物館で14日、「宝暦風物‐黒石号沈船出水珍品展」が始まった。中国・シンガポール国交樹立30周年を記念する特別展で、シンガポールのアジア文明博物館との共催となる。千年以上前の唐代の沈没船「黒石号」に積まれていた陶磁器、金や銀、銅の金属器、生活用具などを展示する。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080602180

    伝統工芸「草編み」の技術伝える職人河北省曲周県  2日、自宅で草編み工芸品を作る楊振国さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県白寨郷魯新寨村に伝わる草編み製品の制作技術は100年以上の歴史を持つ。地元の職人はかつて、草編みの技術を使ってさまざまな生活用具を作り、市場で現金に換えて生活費の足しにしていた。暮らしが豊かになると、草編み製品は日用品としてだけでなく、手工芸品として好まれるようになった。同村の草編み技術伝承者で今年61歳の楊振国(よう・しんこく)さんは、幼い頃に父親に従って草編みの技術を習得し始め、すでに50年以上になる。高い技術を持つ楊さんの手の中で、農作物の茎などの原料が精緻な工芸品に姿を変えていく。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080602250

    伝統工芸「草編み」の技術伝える職人河北省曲周県  2日、自宅で草編み工芸品を作る楊振国さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県白寨郷魯新寨村に伝わる草編み製品の制作技術は100年以上の歴史を持つ。地元の職人はかつて、草編みの技術を使ってさまざまな生活用具を作り、市場で現金に換えて生活費の足しにしていた。暮らしが豊かになると、草編み製品は日用品としてだけでなく、手工芸品として好まれるようになった。同村の草編み技術伝承者で今年61歳の楊振国(よう・しんこく)さんは、幼い頃に父親に従って草編みの技術を習得し始め、すでに50年以上になる。高い技術を持つ楊さんの手の中で、農作物の茎などの原料が精緻な工芸品に姿を変えていく。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020080602265

    伝統工芸「草編み」の技術伝える職人河北省曲周県  2日、自宅で子どもに草編みの技術を教える楊振国さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県白寨郷魯新寨村に伝わる草編み製品の制作技術は100年以上の歴史を持つ。地元の職人はかつて、草編みの技術を使ってさまざまな生活用具を作り、市場で現金に換えて生活費の足しにしていた。暮らしが豊かになると、草編み製品は日用品としてだけでなく、手工芸品として好まれるようになった。同村の草編み技術伝承者で今年61歳の楊振国(よう・しんこく)さんは、幼い頃に父親に従って草編みの技術を習得し始め、すでに50年以上になる。高い技術を持つ楊さんの手の中で、農作物の茎などの原料が精緻な工芸品に姿を変えていく。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020080602298

    伝統工芸「草編み」の技術伝える職人河北省曲周県  2日、自宅で草編み工芸品を作る楊振国さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県白寨郷魯新寨村に伝わる草編み製品の制作技術は100年以上の歴史を持つ。地元の職人はかつて、草編みの技術を使ってさまざまな生活用具を作り、市場で現金に換えて生活費の足しにしていた。暮らしが豊かになると、草編み製品は日用品としてだけでなく、手工芸品として好まれるようになった。同村の草編み技術伝承者で今年61歳の楊振国(よう・しんこく)さんは、幼い頃に父親に従って草編みの技術を習得し始め、すでに50年以上になる。高い技術を持つ楊さんの手の中で、農作物の茎などの原料が精緻な工芸品に姿を変えていく。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020080602046

    伝統工芸「草編み」の技術伝える職人河北省曲周県  2日、自宅で草編み工芸品を作る楊振国さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県白寨郷魯新寨村に伝わる草編み製品の制作技術は100年以上の歴史を持つ。地元の職人はかつて、草編みの技術を使ってさまざまな生活用具を作り、市場で現金に換えて生活費の足しにしていた。暮らしが豊かになると、草編み製品は日用品としてだけでなく、手工芸品として好まれるようになった。同村の草編み技術伝承者で今年61歳の楊振国(よう・しんこく)さんは、幼い頃に父親に従って草編みの技術を習得し始め、すでに50年以上になる。高い技術を持つ楊さんの手の中で、農作物の茎などの原料が精緻な工芸品に姿を変えていく。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020080602100

    伝統工芸「草編み」の技術伝える職人河北省曲周県  2日、自宅で子どもたちに草編みの技術を教える楊振国さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県白寨郷魯新寨村に伝わる草編み製品の制作技術は100年以上の歴史を持つ。地元の職人はかつて、草編みの技術を使ってさまざまな生活用具を作り、市場で現金に換えて生活費の足しにしていた。暮らしが豊かになると、草編み製品は日用品としてだけでなく、手工芸品として好まれるようになった。同村の草編み技術伝承者で今年61歳の楊振国(よう・しんこく)さんは、幼い頃に父親に従って草編みの技術を習得し始め、すでに50年以上になる。高い技術を持つ楊さんの手の中で、農作物の茎などの原料が精緻な工芸品に姿を変えていく。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020080602242

    伝統工芸「草編み」の技術伝える職人河北省曲周県  2日、自宅で草編み工芸品を作る楊振国さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県白寨郷魯新寨村に伝わる草編み製品の制作技術は100年以上の歴史を持つ。地元の職人はかつて、草編みの技術を使ってさまざまな生活用具を作り、市場で現金に換えて生活費の足しにしていた。暮らしが豊かになると、草編み製品は日用品としてだけでなく、手工芸品として好まれるようになった。同村の草編み技術伝承者で今年61歳の楊振国(よう・しんこく)さんは、幼い頃に父親に従って草編みの技術を習得し始め、すでに50年以上になる。高い技術を持つ楊さんの手の中で、農作物の茎などの原料が精緻な工芸品に姿を変えていく。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020072802127

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の剣。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020072802157

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された「飾牌(しょくはい)」(装飾品)。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020072802161

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製のつえの持ち手。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020072802169

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製のくつわ。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020072802085

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館の内部の一角。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020072802142

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の流星錘(りゅうせいすい、中国の武器の一つ)。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020072801999

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製のきり。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020072802045

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館の外観。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020072802119

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の鈴。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020072802139

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の飾り物。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020072802164

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の鹿。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020072802175

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の鹿。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020072802102

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の「飾牌(しょくはい)」(装飾品)。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020072802137

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の鏡。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020072802086

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館の外観。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072802014

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の刀。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020072802019

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の装飾品。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020072801973

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の装飾品。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072802138

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された「鉄芯包金臥羊帯具(てつしんほうきんがようだいぐ)」(ベルトの金具)。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072802147

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の剣。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020072802101

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製のつえの持ち手。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020072802136

    遊牧民文化伝える逸品が集うオルドス青銅器博物館を訪ねて  13日、オルドス青銅器博物館に展示された青銅製の轅(ながえ)の装飾。轅とは馬車・牛車などの前方に突き出ている2本の棒を指す。中国内モンゴル自治区オルドス市東勝区にあるオルドス青銅器博物館には、「オルドス青銅器」を中心に青銅器2万点余りが展示されている。オルドス青銅器とは、中国北方の長城沿線で発見された春秋時代から前漢前期(紀元前8〜2世紀)に制作された青銅または金・銀製品を指す。その名はオルドス地域で最も早期に、最もその時代の特徴を備えた器物が発見されたことに由来する。学界では「北方系青銅器」や「中国北方青銅器」とも呼ばれる。「オルドス青銅器」は種類が多く、さまざまな形のものがあり、用途により兵器、生産・生活用具、装飾品および車馬器の3種類に大別される。いずれも原始的で素朴な民族風情、巧みな図案の構想、独特な芸術スタイルや特徴を色濃く残している。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018120622569

    長島愛生園 旧事務本館  重厚な鉄筋コンクリート造りで、開園当時に建てられた。現在は愛生園の模型や入所者の生活用具などを展示する歴史館となり、年間約1万2000人の見学者が訪れる=2018(平成30)年11月27日、岡山県瀬戸内市・長島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  42. 2018102406833

    ゆったりした時間が流れる古い町、新疆カシュガル  16日、カシュガルの町中で、生活用具を作る職人。秋も深まり、中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区では爽やかな天気が続いている。そんな心地よい日々の下、地元市民や観光客はこの古い町で、ゆったりした時間が流れる秋の1日をのんびりと楽しんでいる。(カシュガル=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2015090700618

    在日が生きた姿残したい 収集された写真や生活用具  「神戸コリア教育文化センター」が収集した、在日コリアンの写真や生活用具=神戸市

  44. 2015061000353

    “弥生の遺物”ざっくざく 福岡県の辻田遺跡  古代のロマン求めて  新幹線が行き交うなか、古代のロマンを求めて発掘が続く。福岡市の南に隣接する春日市上白水(かみしろうず)の辻田(つじばたけ)遺跡。福岡県教育委員会の発掘調査で弥生時代後期(3世紀)の農耕・生活用具、建築材など、当時の農耕集落で使われていたとみられる数百点の遺物が出土(写真ニュース「“弥生の遺物”ざっくざく 福岡県の辻田遺跡」4枚組の1)(53年内地 3960) 資料 93080

  45. 2012041400173

    生活用具の人形を展示 陶器を組み合わせた作品  鳥取県南部町の伝統行事「法勝寺一式飾り」で展示された、今年のえとの辰をテーマにした作品=14日

  46. 2010040700061

     49年カラーニュース 256―8 ◎小野田さんの生活用具など公開 三八式、九九式銃など=1974(昭49)年3月14日、厚生省(昭49年国内十大ニュース7)

  47. 2002011800078

    アイヌ用具が民俗文化財に アイヌ生活用具 重要有形民俗文化財に指定するよう答申された、北海道二風谷(にぶたに)および周辺地域のアイヌ生活用具コレクション 【】 

  48. 2001041400093

    生活用具で一式飾り 法勝寺一式飾り  食器など生活用具を使った一式飾り=14日午後、鳥取県西伯町の法勝寺  

  49. 1998120200091

    高雄市の選挙5日投票 建国党の候補者事務所 有権者の関心を引くため、1950年代の台湾の生活用具などが展示された台湾の独立派野党「建国党」の立法委員(国会議員)候補者事務所=1日、台湾南部・高雄市(共同)  

  50. 1997011000049

    樺太アイヌの民具を図録に 井上紘一北海道大教授 )、社会59S  樺太アイヌが使っていた生活用具の図録の出版計画を進めている北海道大スラブ研究センターの井上紘一教授  「極東」 

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像